大窪シゲキの9ジラジ

広島県の中高生応援番組!

EVERY MON-THU 20:00~22:00

EVERY MON-THU:OKUBOX
WEDNESDAY:YAMAMON
THUESDAY:PICARIN
MONDAY:EMOCCHAN
9JIRA!!

TOPICS

    • 9ジラジTwitterアカウントへ!!
    • 9ジラジLINEアカウントへ!!
    • 9ジラジリスエスト&メッセージはこちらから!!

    信じて、見守ってあげて

    信じて、見守ってあげて

    1539669633952.jpg

    ある日の9ジラジに大人の女性から相談がありました。

    「皆さんは母親のことをどう思っていますか? 

    娘と仲良くしたいのに、いつもイヤホンをしてスマホで動画を見たりゲームをしたりしてばかり。

    家族で話をしていても会話に入ろうとしません。

    話しかけると意見が食い違い、言い合いになり、

    最後には大きな声を張り上げてしまいます。正論を言っちゃうから駄目なのでしょうか」

     

    同じような悩みを持つ親はラジオの前にもたくさんいらっしゃいます。

    だから僕はすぐに返答しました。

    「真っすぐに正論をぶつけられると反抗したくなります。

    僕なんか、テスト期間中に『シゲキ君! 勉強しなさいよ』と親に言われただけで

    『この後やるし!ってか名前で呼ぶなよ。恥ずかしい!』と

    イライラしたのを覚えています。

    でも、自分が興味を持っていることに関心を持ってくれたり、

    一緒になって羽目を外してくれたりすると心を開いて、素直になれました。・・・・・・・・・・・

     

    続きはこちらからご覧ください⇒信じて、見守ってあげて

     

    9ジラジ新聞の感想をお待ちしています▽

    メールはこちら👉 ぽちっ

    FAX:082-252-2050

    親子で本音、互いに成長

    親子で本音、互いに成長

    1538462956558.jpg

     みんなで子どもの未来を考えるイベント

    『キッズ 博覧会 2018 in HIROSHIMA』が

    9月22日に広島市南区の県立広島産業会館で開かれました。

     

     9ジラジチームもブースを出しました。

    その名も『にしき堂 presents 広島FM キッズラジオDJ体験』です。

    小学生たちには、もみじまんじゅうの食レポと、番組担当者のように曲紹介をしてもらいました。

    打ち合わせをしてからの挑戦でしたが、本番中は僕のムチャぶりにもアドリブで応えてくれました。

     

    「お母さんの好きなところは?」と聞けば

    「片付けしなくて怒られるけど、怒っても怖くないところ」と返答。

    「じゃあ、これからは片付けをする? 家族の前で約束をしようか?」と言うと

    「えへへ」と笑顔でかわす女の子。会場は優しい空気に包まれました。・・・・・

     

    続きはこちらからご覧ください⇒親子で本音、互いに成長

    9ジラジ新聞の感想お待ちしています▽

    メールはこちら👉 ぽちっ

    FAX:082-252-2050

    あの映画、9ジラー出演

    あの映画、9ジラー出演

    gijiowshgisa.jpg

    全国で話題の映画『カメラを止めるな!』はご存じでしょうか? 

    公開当初は2館から始まり3週間で終わる予定でしたが、

    先週時点で上映館数は260館、観客動員数も120万人を突破しています。

    そんな社会現象にもなっている作品に広島出身の9ジラー(リスナー)が出演しています。

    彼女は浅森咲希奈さん。

    現在は東京で大学に通いながら女優活動をしています。

    「私、この作品に出ています」と聞いた時の感動と興奮は一生忘れないと思います。

    映画の宣伝で帰って来て広島FMにも出演。

    ラジオへの思いも語ってくれました。

    「友人に薦められて聴いていたのが9ジラジでした。

    番組にメッセージを送ると紹介してくれる。それが単純にうれしかったです。

    お悩み相談では顔も知らない同世代の悩みに共感してうなずくこともありました。

    ラジオを通してつながりを感じる日々は、私にって、青春の1ページでした。・・・・

     

    続きはコチラからご覧ください⇒あの映画、9ジラー出演

    9ジラジ新聞の感想をお待ちしています▽

    メールはこちら👉 ぽちっ

    FAX:082-252-2050

    復興へ 今できることを

    復興へ 今できることを

    njgeobveus.jpg

    ご無沙汰しています。

    約2カ月ぶりに9ジラジ新聞が紙面に帰ってきました。

    そして、ラジオには大学生の9ジラー(リスナー)たちが帰省して声を届けてくれています。

    今年春から東京の大学に通い始めたラジオネーム【カッシゲキ】もその一人。

    スタジオ出演は今回が初めてでした。

    救急救命士の夢を持つ彼は7月の西日本豪雨災害の後に

    「ボランティア活動をするために地元へ帰ります」と故郷への思いを聞かせてくれました。

    帰広後は何度も被災地を訪れて多くの汗を流してくれました。

    さらに身をもって感じたことを中高生に話してくれました。

     

    「できることをできる範囲でやっていこう。

    まずは自分の体を第一に考えて行動してほしい。

    小さなことでも積み重ねれば大きな力になるはず」。・・・・・・・

     

    続きはこちらからご覧ください⇒復興へ 今できることを

    9ジラジ新聞の感想もお待ちしています▽

    メールはこちら👉 ぽちっ

    FAX:082-252-2050

    ポルノ凱旋 後輩と熱演

    ポルノ凱旋 後輩と熱演

    fwefawfawf.jpg

     

     広島出身の『ポルノグラフィティ』が20周年イヤーのキックオフイベントとして、

    今年9月8日と9日に、

    県立びんご運動公園陸上競技場で『しまなみロマンスポルノ'18』を開催します。

    僕がラジオDJデビューした頃から番組に登場して頂いているお二人の凱旋(がい・せん)ライブ。

    昭仁さんと晴一さんに感謝の気持ちを込め、

    自称応援団長としてラジオからも盛り上げています。

     

    その一環として6月9日に

    『9ジラジ公開録音 with ポルノグラフィティ in しまなみ supported by 尾道市文化協会』

    と題し、メンバーの故郷にある因島市民会館でイベントをしました。

    公開録音の始まりは『尾道北高』の書道部がステージに飾るタイトルの大書パフォーマンス。

    『ポルノグラフィティ』も見届けた後に、大きな拍手を送っていました。

     

    続きはこちらからご覧ください⇒ポルノ凱旋 後輩と熱演

    9ジラジ新聞の感想もお待ちしています▽

    メールはこちら👉 ぽちっ

    FAX:082-252-2050

    優しい気持ち、香りに乗せ

    優しい気持ち、香りに乗せ

    hdehesh.jpg

    先日、広島市内のマリーナホップで開催された、

    音楽とお買い物を楽しめるイベント

    『Music&Marche M―エメ―』で司会を担当していた時、

    ある9ジラー(リスナー)に話しかけられました。

     

    「11年ぐらい前に横川駅で9ジラジのインタビューを受けました。

    ラジオっ子だった自分は大興奮。学校で自慢したことは今でも大切な思い出です」。

    緊張しながらも声をかけてくれたのは、29歳に成長した仲尾光平くん。

    彼はさらに聞かせてくれました。

    「ステージでトークする姿を見てうれしかったです。

    青春の1ページに色濃く残る大窪さんが、

    今でもしゃべり続けていることに勇気をもらった気がします。

    新しい仕事を始めて1年半の自分からすると、一つの活動を継続して事を成す。

    そんな姿に憧れのようなものを抱き『また話してみたい』と思いました。

    あの日と変わらず、自分の話を真剣に聞いて下さり、

    あの頃に戻ったような不思議な感覚です」・・・・・

     

    続きはこちらからご覧ください⇒優しい気持ち、香りに乗せ

    9ジラジ新聞の感想をお待ちしています▽

    メールはこちら👉 ぽちっ

    FAX:082-252-2050

    頑張るとは? 答えに笑顔

    頑張るとは? 答えに笑顔

    twq3twegywe.jpg

     

    ある日の9ジラジに高校生から悩みが届きました。

    「相談があります。ふと思ったんですが、頑張るってなんなんですかね?

    しんどいことを無理するってことですか? 大窪さんたちの意見が聞きたいです」

     

    確かに大人でも気になります。

    普段よく口にする言葉ですが、深く考えたことはないかもしれません。

    僕ら番組スタッフは知恵と経験を絞り出して生放送中にアドバイス。

    「その事柄に真摯(しんし)に向き合い、100%の力で真剣に取り組むことだと思うよ」

    「自分が成長するための過程だと思います。頑張るは夢への道のり」

    「頑張ることを頑張りすぎると『無理する』になるんじゃないかな。・・・・・・・

     

    続きはこちらからご覧いただけます⇒頑張るとは? 答えに笑顔

    9ジラジ新聞の感想もお待ちしています▽

    メールはこちら👉 ぽちっ

    FAX:082-252-2050

    浴衣着れば自信輝く

    浴衣着れば自信輝く

    gersgwesrgrse.jpg

    5月13日にイオンスタイル広島府中で

    『9ジラジゆかたファッションショー』を開催しました。

    このイベントはイオンで発売されている最新の浴衣を中高生9ジラー(リスナー)が着てモデルとなり、

    ステージでお披露目するイベントです。

    番組で事前に出演者の募集をしたときに

    「挑戦してみたい。今までの自分から変わりたい。そのきっかけにしてみたい」

    という声がありました。

    僕らはそんな熱意を感じていました。

     

    そして、当日。

    選ばれた6人は浴衣を着付けてもらい、

    髪を総合学園ヒューマンアカデミー広島校ヘアメイクカレッジの学生さんに

    担当してもらいました。

    きれいに仕上げてもらった姿からは、

    照れながらも満足げな顔をのぞかせてくれたような気がします。・・・・・・・

     

    続きはこちらからご覧ください⇒http://www.asahi.com/area/hiroshima/articles/MTW20180529350960001.html

    9ジラジ新聞の感想をお待ちしています▽

    メールはこちら👉 ぽちっ

    FAX:082-252-2050

    トーク術、楽しく笑顔で

    トーク術、楽しく笑顔で

    fsajkgfvupioawg.jpg

     今回電話で相談してくれたのは高校2年生の女の子。

    「将来は声の仕事がしたいです。

    自分のトークや演技でたくさんの人に楽しんでもらって、

    笑顔になってもらうのが夢なんで、人を引きつけるためのトーク術が知りたいです。

    プロのお二人から教えて頂けませんか?」

     

     この日の担当だった小嶋沙耶香アナウンサーと僕はしゃべりのプロとして全力で対応しました。

    「まずは自分が楽しむことが一番。

    魅力的になるために、色んな経験を積んでおくことも大切だけど、

    今、何かしていることはあるかな?」と聞くと

    「自分がなりたいと思う人を観察したり、

    うまい人の話し方をまねてみたりしています」と返答。・・・・・・・

     

    続きはこちらからご覧ください⇒トーク術、楽しく笑顔で

    9ジラジ新聞の感想をお待ちしています▽

    メールはこちら👉 ぽちっ

    FAX:082-252-2050

    挑もう、夢の舞台へ

    挑もう、夢の舞台へ

    gegesgesgh.jpg

     

    舞台女優を目指している高校3年生の女の子から

    9ジラジに電話でお悩み相談がありました。

     「私は小学生の時からミュージカルを習っています。

    ステージから生で伝わってくる熱量や空気感に魅了され、

    舞台のことを勉強する大学に行きたいのですが、

    父親を納得させるのが難しいです。

    以前、少し口にしてみたら『卒業後は就職でしょう』と言われてしまいました。

    でも、夢なんです。どうすれば説得できますか?」

     

     僕はこれまでの経験をもとに伝えました。

    「本気度を試すために一度は反対するのが親なんじゃないかな。

    覚悟はあるのか、心配もあるんだと思うよ。・・・・・・・・

     

    続きはこちらからご覧ください⇒挑もう、夢の舞台へ

    9ジラジ新聞の感想もお待ちしています▽

    メールはこちら👉 ぽちっ

    FAX:082-252-2050