大窪シゲキの9ジラジ

広島県の中高生応援番組!

EVERY MON-THU 20:00~22:00

EVERY MON-THU:OKUBOX
WEDNESDAY:YAMAMON
THUESDAY:YASU
THUESDAY:PICARIN
9JIRA!!

TOPICS

    • 9ジラジTwitterアカウントへ!!
    • 9ジラジLINEアカウントへ!!
    • 9ジラジリスエスト&メッセージはこちらから!!

    近畿大学工学部 presents てくたまラジオ 安古市高校 科学研究部!

    理系高校生の活動を応援する

    「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」!

    毎月第1・第3木曜日にお届けしまーす☆彡

    「てくたま」っていうのは近畿大学工学部のキャラクターで「テクノロジーのたまご」のことです!

     

    今回紹介するてくたまは、安古市高校 科学研究部!

    てくたま安古市_200903_8.jpg

    科学研究部のみんなは、「線香の煙」に関する研究をしているんです(^_-)-☆

    具体的にいうと、

    線香の煙は、風が当たると2本の筋状になって広がりながら、上昇することが分かり構造変化について研究をしているんだそうです!

    この構造変化の観察は、線香の煙に横から平な光を当てて行っています!

    機械がこちら▽

    てくたま安古市_200903_3.jpg

    この機械!なんと1年生が作ったそうです!

    煙の構造変化を観察してわかったのは、

    上昇するにつれて煙の断面が「ドーナツ型」から「三日月型」そして「C型」

    最後に「両端渦巻き型」へと構造が変化するということ!

     

    てくたま安古市_200903_7.jpg

    オオクボックスも実際に実験を見せてもらいましたが、びっくりしていました(; ・`д・´)

    てくたま安古市_200903_0.jpg

     

    てくたま安古市_200903_6.jpg

    1年生の山内君が解説もしてくれました!

    この装置は、線香が乗った台車がモーターで左右に動くことで線香が風を受けているときを再現できて、

    パソコン、マイクロコンピューターにもつながっているすごい装置なんです!

    てくたま安古市_200903_4.jpg

     

    この研究をすることで、部員のみんなが出した結論は、

    風が当たらない時には上昇する線香の煙のレイノルズ数が7~10程度ということ、

    無風状態では線香の煙は層流で上昇することが明らかになったということだそうです!

     

    レイノルズっていうのは、気体や液体の流れの乱れ具合のことで、

    レイノルズ数が小さいと乱れなく流体は流れるそうです!

    例えば蛇口の水は大きくひねると乱れながら水は落ちるけど、あまりひねらなければ乱れなく落ちるので、

    これはレイノルズ数が小さいってことです(^_-)-☆

    てくたま安古市_200903_1.jpg

    さらに!煙に風が当たる場合の構造変化を起こす原因は粘性流体が円柱(線香)を通過するときに生じる

    「双子渦・後流」ではないかと予想したそうです!

    線香に風が当たると線香本体の風下側に「双子渦・後流」が形成され、

    それが浮力による上昇気流に乗ることで、三日月型・C型・両端渦巻き型に発達していくと考えたと教えてくれました(*'▽')

    てくたま安古市_200903.jpg

    これらの研究を昨年、

    JSECという全国大会で発表した時、

    研究を見た方から面白い研究なので「学会」で発表してみたら?と言われたようです!

    ずっと研究をしてきた結果が実ったと思い、涙が出そうになったと話してくれました!

    てくたま安古市_200903_2.jpg

    1年生の松浦君も実験を受け持っていて、

    筒を立てて、その中で力学台車を動かして線香に風を当てて

    線香の煙の構造を観察!その方法でも双子渦ができることがわかりました!!

    てくたま安古市_200903_5.jpg

     

    全国大会でも認められるレベルの研究!

    本当にすごいよね!これからも研究を続けていてまた9ジラジに教えてください('◇')ゞ

    実際に線香の煙の構造変化の実験を行っている動画を

    9ジラジのTwitterにアップしているので見てみてね⇒Twitter

     

    今回は、1年生の山﨑くんが写真を撮ってくれました!

    素敵な写真をありがとう!!

     

    そして!てくたまラジオを応援してくれている近畿大学工学部では、

    現在、「クローズキャンパス」のページが立ち上がっています!

    オオクボックスが先生にインタビューしているオシャレで、楽しい動画もあるので是非見てね!

    さらに!

    10月31日(土)に中2、中3、高校生を対象にした

    自作顕微鏡で発酵微生物の観察をする公開講座があり、参加者を募集中なんです!

    こちらもチェックしてみてね('◇')ゞ⇒HP

     

    次回のてくたまラジオは10月1日(木)!お楽しみに☆彡

    てくたまラジオ 近畿大学工学部 潜入レポート

    毎週第4木曜日に月イチでお届けする

    「てくたまラジオ 近畿大学工学部 潜入レポート」!

    オオクボックスが近畿大学工学部に潜入して先生の研究を取材してくるコーナーです(*´ω`*) 

     

    今回は、建築学科の小川晋一先生と土井一秀先生に会いに行きました!

    建築学科_200827_8.jpg

    お2人は「建築意匠研究室」というゼミをされていて、

    この意匠の意は「心」という意味を持ち、

    意匠とは心をデザインするという事なんです。

    建築とは、様々な建築技術・想いを総合してまとめていくこと。

    これが意匠なのです!!!

    小川先生も土井先生も設計事務所を運営されていて、

    学生たちは建築現場に近いところで日々学んでいます!!

    とっても勉強になりそうですよね(´ω`*)

     

    建築学科での学びについても、教えていただきました!

    建築学科では、世界の色んな建物やいろんなものを見ながら、自分で模型や設計の図面を作っているそうです!

    建築学科_200827_1.jpg

    建築学科_200827_2.jpg

    建築学科_200827_5.jpg

    建築学科_200827_4.jpg

    実際に学生が制作した模型です!オシャレ!!

     

    その他にも、材料や構造、設備、環境工学、防災工学、

    工事、施工法などいろんな建築技術を学び、多くの技術を

    うまく総合して1つの建物に収れんしていくことが大切なんだそうです!

    そういったことから

    建築や設計の仕事は、よくオーケストラの指揮者に例えられるんだとか(^^♪

     

    先生たちの研究室ならではの学びについて伺うと、

    イギリスの大学とニューヨークの大学で交換留学をしていて毎年設計の授業を合同でやります!と教えてくれました☺

    「とにかく世界を見ろ!」と指導しているそうです★

    海外で刺激を受ける学生は、アイデアが豊富になりそうですよね(*'▽')

    さらに!

    近畿大学工学部は工学系なので、工学の勉強もしっかりしつつ、

    意匠なので本、文学、哲学、思想、音楽、美術を好奇心をもって学べば、

    意匠建築に活かされます!とメッセージもいただきました(#^^#)

     

    やりがいについて教えていただきました!

    「建築意匠研究室」の卒業生がどんどん有名な建築家になっている事!

    今の学生も頑張っていて、様々なコンペで全国2位や5位など

    素晴らしい結果を残す学生がたくさんいて

    彼らのモチベーションはすごくて、刺激をもらっている!

    ということです!!!!

     

    最後に10代へメッセージもいただきました!

    小川先生「実際に世界を旅して、みて、触って、聴いて、また本物の空間に入って色々な体験と感動をしておくことが将来につながると思います!」

    土井先生「好奇心に勝る才能はない!なんでも見て、触って、感じて欲しいです!

    音楽、映画、本、スポーツ、美術、友達、旅行、学校の勉強もすべて必ずどこかで役立ちますよ!」

     

    建築学科の1階は超オシャレ!☆彡

    小川先生がデザインされたソファーもありました(*´▽`*)

    S__22036494.jpg

    S__22036497.jpg

    学生さんが作ってくれたそうです!

    こんな素材のソファー初めて見たーーー👀

    S__22036496.jpg

    その他にも学生がデザインし、作った模型も多く展示されています!

    建築学科_200827_0.jpg

    建築学科_200827.jpg

    今回の取材の様子は、近畿大学工学部のHPに動画コンテンツとしても掲載されています!

    是非見てください(^^♪

    HPをチェック!

     

    さらに!もう1つチェックしていただきたいのは、

    近畿大学工学部のクローズキャンパス特設ページ\(^o^)/

    近畿大学工学部のことをより詳しく知ることが出来ます(^^♪

    ポチ!

    オオクボックスがいろんな先生方にインタビューしている動画もあるので見てね!

     

    小川先生!土井先生!ありがとうございました(*^^)v

     

    次回の潜入レポートは9月24日(木)OAです!

    お楽しみに☆彡

    近畿大学工学部 presents てくたまラジオ 福山工業高校 計算技術研究部!

    理系高校生の活動を応援する

    「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」!

    毎月第1・第3木曜日にお届けしまーす☆彡

    「てくたま」っていうのは近畿大学工学部のキャラクターで「テクノロジーのたまご」のことです!

     

    今回紹介するてくたまは、福山工業高校 計算技術研究部

    今回は3年生の佐藤くん、平川くん、柿原くんの登場です(*^^)v

    福山工業高校_200806_19.jpg

    福山工業高校_200806_13.jpg

    福山工業高校の計算技術研究部では、

    VRを活用した活動しているんをしているんですが、

    具体的にどんな活動なのか、インタビューしました(*^^)v

     

    福山工業高校計算技術研究部は、

    普段は3DCGを使ってVRコンテンツを作って広島の歴史継承の活動を行っているんです。

     

    VRというのはバーチャル・リアリティーの略で日本語で言うと「仮想現実」。

    専用のVRゴーグルをつけることで目の前にある現実とは違う現実を体験することができます!

    ゴーグルがこちら▽

    福山工業高校_200806_18.jpg

    さっそくオオクボックスは、「VR高所体験」をしました!!

    福山工業高校_200806_1.jpg

     

    これは、上空200メートルまで上がり、ほっそい板の上を歩くというもの!!

    話を聞くだけですごそう、、、、、!!!

    オオクボックス渡り切れるのか??と思ったら・・・・・・・

    福山工業高校_200806.jpg

    上空にあがるだけでギブアップ( *´艸`)

    オオクボックスが見ていたのはこんな画面!

    vgdfasgdasg.JPG

    fasdasfvas.JPG

    これは確かに怖い・・・・(笑)

    でも、ちょっとくらい歩いてほしかったけどなあ・・・

    よくよく話を聞くと、成功率は2割!!難しいんだね(@_@)

    このVR映像どうやってつくっているかっていうと、

    パソコンのソフトを使ってマウスとキーボードで作っていきます!

    映像と同じように実際に板を設置するのは、

    映像と現実が違うとびっくりしてケガに繋がるためそれを防止する目的なんだって!

    福山工業高校_200806_0.jpg

    後は上空に上がるときはよりリアルにするため、風を送ったりしています!ほんとにリアルな映像!建物の色もこだわってつけられています!

    オオクボックスは他にも福山城周辺をジェットコースターで走るVR福山城も体験!

    福山工業高校_200806_15.jpg

    福山工業高校_200806_17.jpg

    はい・・・・

    オオクボックス、怖くなって途中でギブです。

    みんなが周りにいてくれるのは、体験している人が怪我しないようにサポートしているんです!


    福山工業高校_200806_14.jpg

    近畿大学工学部の佐々木さんも一緒に体験したのですが、

    もともとジェットコースターが苦手だったけど見事に完走!

    ただ、、、とっても怖かった。。。。と言われておりました(*^^)v

     

    そして、次に「VR爆心地」も体験しました。

    このVRでは、被爆前後の爆心地周辺の街の様子を見ることができます。

    福山工業高校_200806_7.jpg

    今の原爆ドームや平和公園がある場所は、原爆投下前、たくさんの家やお店、病院もありました。

    福山工業高校_200806_8.jpg

    VRの世界では、コントローラーを使って、その街の中を自由に歩くことができるんですが、

    お店の中にも入ったりできます。

    1.jpg

    222.jpg

    このVR映像は、8月6日 8時15分の瞬間も被爆者の方の手記や体験談から制作されているんです。

     

    オオクボックスは体験しながら、平川くんに解説もしてもらいました。

    街を歩いていると、サイレンが聞こえてきます。

    そして、島病院がみえるのですがそこが爆心地。

    空を見上げるとB29が飛んでいます。

    何か落ちてきていることにオオクボックスが気づいたのですが、それが原子爆弾でした。

    福山工業高校_200806_10.jpg

    大きな光とともに画面が真っ白に。

    そして、被爆直後の世界になります。

    doom.jpg

    福山工業高校_200806.jpg

    上昇気流でほこりが持ち上げられているので、真っ暗です。

    これはきのこ雲の中にいるということになります。

    この部分も被爆者の方にお話を聞いて再現したんだそうです。

     

    このVR爆心地。

    柿原君は、建物を作りました。

    CGで作成したんですが、今残っていない町なので資料を探すのが大変で、

    当時の建物の作り方を調べて参考にし、制作したんだそうです。

    あと当時の写真に写りこんでいる建物も参考にしましたと教えてくれました。

     

    このVRが完成したことで、被爆者の方から

    「今の世代が新しい形で残してくれるのは嬉しい。」とお声をいただいたそうです。

    今後は、中島地区も増やしてして行こうと考えていて、

    すでに平和公園に取材に行き、建物の高さや位置を計算したり、

    現地で被爆者の方にVRを見てもらって、「ここにこんな建物がありました」と、

    実際に見てもらって確認してもらったそうです。

     

    10代が少ない資料から多くの努力をして

    VRで被爆前後の広島の街を再現しています。

    必ずこの活動はこれからの広島にいや世界にとって大切なものとなると思います!

    福山工業高校_200806_20.jpg

    白衣にメッセージも書いてもらいました!!

    福山工業高校_200806_2.jpg

    福山工業高校のみなさん。ありがとうございました!!

     

    次回のてくたまラジオは9月3日(木)!

    お楽しみに!!

    てくたまラジオ 近畿大学工学部 潜入レポート

    毎週第4木曜日に月イチでお届けする

    「てくたまラジオ 近畿大学工学部 潜入レポート」!

    オオクボックスが近畿大学工学部に潜入して先生の研究を取材してくるコーナーです(*´ω`*) 

     

    今回は、「音」の研究をしている

    情報学科の荻原昭夫先生に会いに行きました!

    twaefeasfas.jpg

    先生は高校生の時に放送部に所属!

    しゃべるより機械をさわる裏方をされていたそうで、その時の楽しい日々が

    今パソコンを使って音を加工したり分析するお仕事につながっているんだそうです!

    先生は、目に見えない「音」が見えたらいいなという思いを持って研究をされています(^_-)-☆

     

    でも「音」って目で見えないよね・・・・

     

    そう!!!本来「音」は目に見えないんですが、

    コンピューターで分析することで画面上に音を表示することが出来るんです!

    音が空間のどのあたりに存在するかということを映像で表すことを

    音の可視化というんだそうです!

    fasfeawfwa.jpg

    先生たちはこれをサラウンド、3次元の音でやろうとしていて

    この研究をしている人はなかなかいないんだとか(`・ω・´)

    博士後期課程1年生の女性の大学院生が「音を見えるようにしたい」

    「いろんな方に音に親しみを持ってほしい」っていう思いを持っていて

    一緒に研究を行っているんですよ!

     

    じゃー、音が目に見えると、どんなことに役立つのかな??

     

    『サラウンド音響の環境を作るのに役立つんです!!!』

     

    サラウンド音響はみんなの身近にもありますよ!例えば映画館!

    映像で右から飛行機が飛んできて左に飛んでいく時

    音も右から左に移動しているんです!

    みんなが座っている席の周辺にはたくさんのスピーカーが設置されていて

    そのたくさんのスピーカーを使って音が移動しているので

    映像にさらなる迫力を加えたり、想像作品の没入できるんです!

     

    そしてこれから映画館のようにおうちで映画を楽しむ方が増えていくので

    サラウンド音響の需要は高まります!

    でもサラウンド音響の設定は、かなり耳にいいプロにしかできないことなんです!

    そこで、「音の可視化」のシステムの手助けによって

    一般の人でもベストな位置にスピーカーを配置して、

    ベストな場所にいい音を届ける、音の調整ができるようになるんです!(*'▽')

    hrshsdhtes.jpg

    ↑ここは、9.2chのサラウンド音響システムがあるお部屋!

    ここで映画をみたり、eスポーツ、ゲームをすると

    音に囲まれて、まさにその世界に飛び込んだような気分になるんだって!

    音って面白いね!

     

    この研究はまだスタートしたばかりなので、5~10年の間に完成させたい!と

    先生は語ってくださいました!

     

    先生の研究が完成したら、僕も最高の位置にスピーカーを設置したい!

     

    荻原先生、楽しいお話、ありがとうございました(/・ω・)/

     

    今回の取材の様子は、、、

    近畿大学工学部のホームページに動画コンテンツとして掲載されているので、

    是非ご覧ください!⇒HP

     

    次回の潜入レポートは8月27日(木)です!

    お楽しみに(*´▽`*)

    近畿大学工学部 presents てくたまラジオ 広島皆実高校 自然科学部!

    理系高校生の活動を応援する

    「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」!

    毎月第1・第3木曜日にお届けしまーす☆彡

    「てくたま」っていうのは近畿大学工学部のキャラクターで「テクノロジーのたまご」のことです!

     

    今回紹介するてくたまは、広島皆実高校 自然科学部!

    てくたま皆実高校_200716_5.jpg

    今回はプログラミングをやっている部活に行ってきました(*^^)v

    取材に行った日がなんと3年生部員の引退の日・・・・!!!

    3年生にもばっちりインタビューしてきました!

    話を聞いたのは、上田くん、川相くん、倉岡くん、久保くん!(^^)!

    てくたま皆実高校_200716_2.jpg

    てくたま皆実高校_200716_6.jpg

    てくたま皆実高校_200716_1.jpg

    てくたま皆実高校_200716_0.jpg

    久保くんは、唯一アプリも作れるすごい人なんです★

    テトリスの皆実高校版「ミナリス」を作って文化祭で披露もしたんだって(*´ω`*)

    すごいよね!!

     

    自然科学部で取り組んでいるのは「競技プログラミング」!

    プログラミングとは、コンピュータにどう動くのか指示をするプログラムを書くことで、

    家電製品やスマートフォンもプログラムが仕込まれているから動くんです('ω')ノ

    てくたま皆実高校_200716_4.jpg

    こんな感じで文字や記号で指示を出します!!

    勉強していないと何のことだかさっぱりですよね。。。。

    僕も全然理解できないけど、すごいことをやっているんだなってことは伝わってきます!!

    9ジラーのみんなもそんな感じなんじゃないかな?

     

    そして!

    「競技プログラミング」は、出された問題を解くためのプログラムをつくる競技で、

    スーパーコンピューティングコンテスト2020という大会では、

    インターネットで予選の問題が発表されて2週間かけてプログラムを作りメールで提出するんだそうです(*_*)

     

    広島皆実高校の自然科学部のみんなもこの大会に参加していて、

    家で徹夜をしたこともあったんだって!

    「よし!完成した!と思って実行をした瞬間に、

    うまくいっていなくて画面上にエラーがたくさん出て、終了ーーーってなることもあります」と話してくれました!

    そんなことになったらすっごく落ち込んじゃいそう。。。

     

    大会では皆実高校は2チームが予選を突破し、本選に出場する予定でしたが、

    コロナウイルスの影響で中止になってしまったんです。

    みんなは、ショックだけど達成感もあるので満足しています!と語ってくれました('◇')ゞ

     

    みんなの周りにある家電製品もそうだし、

    生活している中で触れるものでプログラムが組み込まれているものはたくさんあるので、

    身近な存在として覚えておいてね(*'ω'*)

     

    取材中の写真は1年生の森田くんが撮ってくれました!

    素敵な写真をありがとう📷!

     

    最後にみんなで白衣にメッセージも書いてくれました★

    てくたま皆実高校_200716_3.jpg

    名言も出ました!!!

    てくたま皆実高校_200716.jpg

    今回も素敵なてくたま達に出会えました(*^▽^*)

    広島皆実高校 自然科学部のみなさんありがとうございました!!

     

    次回のてくたまラジオは8月6日(木)!

    福山工業高校 計算技術研究部に行った様子をお届けします☺

    お楽しみに!!

    近畿大学工学部 presents てくたまラジオ 呉工業高校 電子機械研究部!

    理系高校生の活動を応援する

    「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」!

    毎月第1・第3木曜日にお届けしまーす☆彡

    「てくたま」っていうのは近畿大学工学部のキャラクターで「テクノロジーのたまご」のことです!

     

    今回紹介するてくたまは、呉工業高校 電子機械研究部!

    fsdafasfds.jpg

    今回は、コロナウイルス対策をしっかりしつつ、久しぶりの学校取材!

    部長の岩坪くんと、藤岡くんを中心にお話を伺いました(^O^)/

    ngrnrnsd.jpg

    呉工業高校の電子機械研究部では、主に3つの内容の活動をしています!

    ・技能を磨く活動で大会や検定に挑戦!

    ・ものづくりでロボット大会やコンテストに向けた作品づくりをする!

    ・eスポーツ!

     

    今回はeスポーツのことを中心に話を聞いたんですが、

    新入生にも大人気でeスポーツがやりたくて入部した生徒がたくさんいました(^_-)-☆

    fdasfasgas.jpg

    取り組んでいるゲームは

    「リーグ・オブ・レジェンド」と「ロケットリーグ」の両方を頑張っているんだそうです!

    ロケットリーグはスポーツジャンルのゲームで、

    ジャンプやロケットダッシュが可能な「ロケットカー」を操作してサッカーをするゲームなんです(*^^)v

     

    ロケットリーグが得意な上田くんにも出会いました!

    演出が派手で、自由度が高いところがこのゲームの魅力なんだとか!

    実は戦略性が高いゲームみたいで、日々練習を繰り返しているんだそうで(^O^)/

     

    1年生にもお話を聞きましたよー☆

    みんな部活の様子を教えてくれました!!

    中には、運動部に入ろうと思っていたけど、ゲーム魅力に惹かれて

    電子機械研究部に入った1年生もいたんです(*´▽`*)

    rwnsrsnaeddc.jpg

    yntnsadnasz.jpg

    nrtsrzfbensbn.jpg

    njtwebhafr.jpg

    部の目標は、まずは1勝!ゆくゆくは全国大会に出場すること♪

    今年も「STAGE:0」と「全国高校生対抗eスポーツ選手権」に出場する予定なんだそうです💛

    応援しています!!!

     

    オオクボックスもちょっと体験させてもらいました!!

    fdsadfsafa.jpg

    ちなみに部長の岩坪くんは将来「アプリの開発」をすることが夢!

    副部長の藤岡くんは、「臨床工学技士」になることが夢なんだって!

    実際にリーグオブレジェンドをしている様子も見学したんですが、

    クリックのスピードが速すぎ・・・(`・ω・´)

    声を掛け合いながら取り組んでいました!

    チームワークも大切なんです(^^)/

     

    白衣にメッセージも!!

    basfawereaba.jpg

     

    このブログの写真は、カメラが得意な木下くんが撮ってくれました!!

    素敵な写真をありがとう\(^o^)/

    沢山の部員さんとお話出来て楽しかったです(*^^)v

     

    呉工業高校 電子機械研究部のみんな!

    ありがとうございました(^_-)-☆

    hbaewrheashbse.jpg

    ↑おまけオオクボックス

     

    次回のてくたまラジオは、来月7月16日(木)!

    お楽しみに☆彡

    てくたまラジオ 近畿大学工学部 潜入レポート!機械工学科ゴイト先生!

    毎週第4木曜日に月イチでお届けする

    「てくたまラジオ 近畿大学工学部 潜入レポート」!

    オオクボックスが近畿大学工学部に潜入して先生の研究を取材してくるコーナーです(*´ω`*) 

     

    今回は、「風力発電」の研究をしている

    機械工学科のゴイト・ジェイ・プラカス先生に会いに行きました!

    gegweg.jpg

    ゴイト先生は学生の時に日本に来て、

    日本のことが大好きになり日本で研究をされているんです(*^^)v

     

    先生がされているのは、大型風力発電システムの性能を向上させる研究!

    具体的には、たくさんの風車を一カ所に設置した

    風車の集まりである「ウィンドファーム」で、

    効率よくたくさんの発電をするためにはどうしたらいいのかを研究されています(/・ω・)/

    dadads.jpg

    ポイントは2つあるということです!

    それは、風車の設置距離と風の流れ(*´ω`)

    風車の間の距離を短くしすぎると個々の風車の発電効率が低くなり、

    逆に距離を開けるとその分、土地代や送電線が長くなってコストがかかるんだそうです!

    ベストな形を見つけるのは難しそう・・・・

    hjrjerjej.jpg

    ちなみに、風速は11~12㎞の風速が1番効率よく発電できるんだそうです!

    風が強すぎると風車が壊れるので、台風の時は止めているんだって!(@_@。

     

    egwegwegr.jpg

    屋上に「風速計と風向計」があって見せていただきました!!

    wegwegwegwe.jpg

    日々データを取って研究に活かしているんだそうです!(^^)!

    オオクボックスも興味津々!!

     

    これからの時代に環境にも優しい風力発電が必要!とゴイト先生は語ってくれました(*'ω'*

    地球にやさしい発電!!もっともっと研究が発展していくことを願っております!!

    ゴイト先生ありがとうございました(/・ω・)/

     

    今回の取材の様子は、、、

    近畿大学工学部のホームページに動画コンテンツとして掲載されているので、

    是非ご覧ください!⇒HP

     

    次回の潜入レポートは7月23日(木)です!

    お楽しみに(*´▽`*)

    近畿大学工学部 presents てくたまラジオ!高陽高校 映像情報研究部!

    理系高校生の活動を応援する

    「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」!

    毎月第1・第3木曜日にお届けしまーす☆彡

    「てくたま」っていうのは近畿大学工学部のキャラクターで「テクノロジーのたまご」のことです!

     

    今回紹介するてくたまは、高陽高校 映像情報研究部

    今回は、ビデオ電話をつないでリモート収録を行いました!!

    出演してくれたのは部長の佐々田くんと、副部長の下野くんです!

    hujserhjredhj.jpg

    2人が取り組んでいるのは、今大注目の「eスポーツ」なんです(^_-)-☆

     

    普段は学校行事を撮影してオープンスクールで流したりもしていて、

    3年前からは「eスポーツ」にも取り組んでいるんだそうです(^O^)/

     

    「eスポーツ」に取り組み始めたのは、副部長の下野くんが

    中学生の時からやりたいと思っていて、先生に相談!

    ゲームだから難しいかなあと思っていたけど、

    顧問の先生や校長先生が前向きにやってみよう!と許可してくれたからなんだって(*´▽`*)

    先生たちに下野君の思いが届いたんです!

     

    高校生のeスポーツの大会は2つあるのですが、

    どちらにも出場したことがあります!と教えてくれました!

    毎回「リーグ・オブ・レジェンド」で参加しているんだとか!

    リーグオブレジェンドは、5対5で戦い相手陣地のネクサスという塔を倒すゲームです('◇')ゞ

    勝つためにはチームワークも必要です!

     

    休校中は週3でオンライン上で部活をしていて、

    親に少しやりすぎじゃない?と言われちゃいこともあるそうです!

    でも「世界の大会で優勝すれば億だよ!」教えると

    応援してくれるようになった(笑)というエピソードも語ってくれました!

    夢のようなチャンスがあるスポーツですよね☺

     

    今後は STAGE:0という大会があり、8月に中国ブロック大会、9月に決勝をオンラインで実施する予定なんだそうです!

    佐々田君は「まだ1勝したことが無いので、1勝を目指したいです!」

    下野君は、「やっと設備が整ってしっかり練習をして臨めるので、1勝したいです!ブロック大会も進んでみたい!」と

    目標を教えてくれました!!

     

    2人の青春はまさにeスポーツ(*´▽`*)

    これからどんどん勝利を重ねていってほしいですね☆彡

    佐々田くん!下野くん!ありがとうございます!

     

    次回のてくたまラジオは7月2日(木)!!

    呉工業高校 電子機械研究部を取材した様子ををお届けします!

    お楽しみに!!💛

    近畿大学工学部 presents てくたまラジオ 呉青山高校情報科学部!

    理系高校生の活動を応援する

    「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」!

    2014年からスタートし、今年で7年目です(^^♪

    毎月第1・第3木曜日にお届けしまーす☆彡

    「てくたま」っていうのは近畿大学工学部のキャラクターで「テクノロジーのたまご」のことです!

     

    今回紹介するてくたまは、呉青山高校 情報科学部

    いつもは学校に行って部活中に取材をさせてもらうんですが、

    先週まで学校が休校中だったので、部を代表して林君と、ビデオ電話をつないでリモート収録を行いました!!

    vsvdsavdsavs.jpg

    今大注目の「eスポーツ」をやっている部活なんですが、オオクボックスもわからないことが多いんです・・・・・・・

    しかし!!!

    林君がとっても丁寧に教えてくれました(*´▽`*)

     

    まず「eスポーツ」は、

    エレクトロニック・スポーツの略でコンピューターゲームで対決するスポーツ競技なんです!

    世界大会では賞金がすごくて、ストリートファイターで25万ドル!!

    日本円にすると約2500万円の賞金が出たこともあるんだそうです('◇')ゞ

     

    林君たちは去年、「第2回全国高校eスポーツ選手権」に出場し、

    「リーグオブレジェンド」というゲームをプレー!

    このゲームは相手陣地にあるネクサスという塔を壊せば勝ちになる5対5の対戦ゲームです🎮

    チームワークも重要になるんだそうです(/・ω・)/

     

    林君が得意なのは遠距離で火を出すキャラクターとのこと!

    相手キャラクターとの相性もあるので、どのキャラでどういう戦い方をするのかも大切なんだそうです!!

    dasvsavdsa.jpg

    ちなみに、去年出場した大会は準々決勝まで進んだそうです!(^^)!

    「勝った時は嬉しいけど、次はもっと強いチームが出てくる!と思うと緊張が続きました。

    負けたらすごく悔しいです。」と林君は振り返ってくれました!

     

    休校中も部員同士でオンラインで試合をしたり、

    うまい人の動画を見て研究するなど部活に取り組んでいたそうです(^_-)-☆

    新入生も募集中!!!!

    気になったら、呉青山高校の情報科学部のチェックしてみてね⇒HP

    林君たくさんeスポーツについて教えてくれてありがとうございました!

     

    次回のてくたまラジオは6月18日(木)!!

    広島県立高陽高校 映像・情報研究部の部長と副部長にテレビ電話でインタビューした様子をお届けします!

    お楽しみに!!💛

    近畿大学工学部 presents てくたまラジオ in 広島県立広島高校 科学研究部!

    近畿大学工学部 presents てくたまラジオ

    理系のお勉強を頑張っている高校生を応援するコーナー!

    この「てくたま」っていうのは、「テクノロジーのタマゴ」のことで、

    近畿大学工学部のキャラクターのこと!

    今年度最終回の今回は、広島県立広島高校の科学研究部に取材へ行ってきました!

     

    2年生は全員男子で、1年生が全員女子という部活で、

    部員それぞれがテーマを決めて研究をしているんだって!すごい☆

     

    まずお話を伺ったのはこの2人!

     

    tekutamahirosimakou (4).jpeg

    中本くんによると、部活では星の観察をみんなでしたりするんだって!

    今でも夏の大三角形が見えるんだって☆彡

    そして丸木くんは「科学オリンピック」に出場したそうです!

    科学オリンピックとは、6人で1チームを作って、

    物理・化学・生物・地学・数学・情報の

    6つの分野をそれぞれ担当して、

    筆記競技と実技競技の2種目で合計点を競う大会!

    結果はまだ出ていないけれど、3位以内に入っていたい!

    とお話ししてくださいました!

     

    そして文化祭では液体窒素を使ったペットボトルロケットを作ったそうで、

    なんと校舎の3階くらいまで飛ぶんだそうで、

    子供たちが喜んでくれたのが嬉しかったんだって!

     

    そんなみんなに理系の魅力について聞いてみました!

    中本くんは、

    「1つのパズルをつくっているみたいで、

    大きなパズルをずっとやっているみたいで楽しい!」と。

    そして矢野くんは、

    「やっぱりパズル!

    でっかいパズルをやっている気持ちになるし、

    パズルに当てはめていくのが楽しいです!」

    ...あれ!?矢野くん?(笑)

    それはさっき中本くんが・・・・

     

    tekutamahirosimakou (5).jpeg

    さらに今後どんな研究をしたいか聞いてみると、

    丸木くん「電池の研究をもっとしたい!」

    中本くん「今やっている研究を続けてグレードアップしたい!」

    金口くん「今の研究を進めて自分の興味を広げたい!」

    と教えてくれました!

     

    ここにきて金口くんから新情報!

    さっきの理系の魅力はパズル!と表現していたのは

    矢野くんではなく中本くんが一番最初ですよ!と教えてくれました(笑)

    そんな矢野くんは、

    「今後は他人のマネばかりではなく、

    先行研究を自分の研究に生かしていける人になりたいです!(笑)」

    とお話ししてくれました!

     

    tekutamahirosimakou (2).jpeg

     

    本当に愉快なてくたまたちばかりでした!

    当日は、放送部9ジラーが取材に来てくれて、

    ビデオで取材の様子を撮影してくれました☆

     

    広島県立広島高校 科学研究部のみんな、ありがとうございました!

    tekutamahirosimakou (3).jpeg

     

    そして今年度のてくたまラジオのコーナーは今回が最終回!

    今年度も12校の学校で、いろんな「てくたま達」と出会うことができました!

     

    近畿大学工学部と9ジラジは、

    これからも10代を全力で応援しています!

    てくたまの皆さん、そして先生方

    心からありがとうございました!