大窪シゲキの9ジラジ

  • 9ジラジTwitterアカウントへ!!
  • 9ジラジインスタアカウントへ!!
  • 9ジラジLINEアカウントへ!!
  • 9ジラジリスエスト&メッセージはこちらから!!

てくたまラジオ 近畿大学工学部 SDGs宣言!

毎月第2・4木曜日にお届けする

「てくたまラジオ 近畿大学工学部 SDGs宣言」!

東広島市にある近畿大学工学部の6つの学科から先生や学生をお迎えして

大学で行っている「SDGs」にまつわる様々な研究をご紹介していきます!

「SDGs」というのは、2030年に向けて、持続可能な社会を

つくっていくためにできた世界中のみんなで取り組む17の目標です。

ラジオのコーナーと一緒にチェックしてほしいのが今後アップされる

「近畿大学工学部 未来のためにできること」という動画!

SDGsにまつわる研究を動画で紹介しているので

ラジオと動画の両方をチェックしてほしいと思います!


7月13日のコーナーには

近畿大学工学部 電子情報工学科の中田俊司先生と

電子情報工学科4年の南部彩香さんが登場!

230713sdgs.jpg

『電子情報工学科』では

ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク技術を修得して

未来を担うICTスペシャリストを目指すことができる学科です!

中田先生は「電気エネルギーを制御する研究で、

特にキャパシターに効率よく蓄電する研究」をしています!

 

キャパシターっていうのは

電気を蓄えて放電することができる蓄電装置のこと!

パソコンやスマートフォンに入っているバッテリーよりも

約10倍早く充電ができて10倍速く放電することができるすごいもの!

しかもバッテリーだとだいたい充放電が3000回くらいまでなんだけど、

キャパシターだと100万回の充放電ができるんです!

キャパシターは活性炭、『炭』でできているので、

大量生産ができるようになるとコストも抑えることができるし、

炭なのでリサイクルしやすいと考えられている、ほんとすごいモノ!!

 

先生の研究は

電力不足などのエネルギー課題や化石燃料からの脱却につながる研究ですので

SDGsでいうと7番の「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」と

13番の「気象変動に具体的な対策を」に当たります!

 

そして学生の南部さん!

高校生の時に近畿大学工学部のオープンキャンパスに参加して

電子情報工学科の模擬授業でパソコンを使ってアニメーションを

つくることにチャレンジしてすごく楽しかったから進学を決めたそうです!

 

大学に入って中田先生には電気回路や電力のしくみについて教えてもらい

授業がとてもわかりやすいので高校生の時に苦手だった電気に

興味を持つことができたそうです!

南部さんの声から、大学生活が充実していることが伝わりました♪

 

★中高生へのメッセージ★

中田先生からは、

電子情報工学科は、電気電子におけるハードウェア技術と情報通信における

ソフトウェア技術の両方をバランスよく学べる学科です。

より先進的な研究を一緒にしましょう!ぜひ近畿大学工学部に来てください!

 

南部さんからは、

工学部のオープンキャンパスが7月23日と8月5日に実施されるので、

ぜひ参加してください!

夏に向けて暑い日々が続きますが、美味しいものを食べたり、

ラジオで音楽を聴いたりして、エネルギーをたくさん充電してお過ごしください。

 

お2人の研究や人柄がたっぷりと伝わる動画が

「近畿大学工学部 SDGs宣言!」という特設サイトで近日公開されます!!!!

 

お2人の登場シーンに注目ですよ♪

そんな乗り物があるの?!とワクワクです♪

 

次回の「てくたまラジオ 近畿大学工学部 SDGs宣言」は

7月27日(木)建築学科のご紹介です!お楽しみに!

近畿大学工学部 presents てくたまラジオ!

近畿大学工学部と9ジラジが

理系高校生を応援する「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」のコーナー!

「てくたま」というのは「テクノロジーのたまご」のことで、

理系の研究や取り組みをしている9ジラー達が登場します!

 

LINE_ALBUM_てくたま福山工業_230706_7.jpg

今回は広島県立福山工業高等学校 染織システム研究部にインタビュー!

福山工業高校には染織システム科という学科があって、

染織システム研究部では学校での学びを活かして

染めや織り物に関する活動をしているそうなんです!

 

LINE_ALBUM_てくたま福山工業_230706_1.jpg

インタビューに答えてくれた大塚くんによると、

染織システム研究部では藍染めや絞り染め、型染といった、

染に関わる活動をしていて、藍染めでは「のれん」

絞り染めでは「Tシャツやハンカチ」などを作っているのだとか♪

 

LINE_ALBUM_てくたま福山工業_230706_3.jpg

草木染め、柿渋染め、藍染めなど、染めには色々な種類があって、

特に藍染めのグラデーションは職人でも難しいといわれているそうです。

↑↑の写真の真ん中が、藍染めのグラデーションで染めたのれん!

濃・中・淡と色に差を出すために染める回数を変えてグラデーション。

こののれん、瀬戸内海のしまなみをイメージしたものだそうですよ♪

 

LINE_ALBUM_てくたま福山工業_230706_0.jpg

もうひとりインタビューに答えてくれたのは、部員の東間さん!

彼女が手に持っているのは自分で染めた最高傑作のTシャツ!

Tシャツの数か所をゴムで絞った状態で染めると、独特の染めになるそうです。

青色と黒色で作って、表と裏で柄が違うみたいですよ!!

 

LINE_ALBUM_てくたま福山工業_230706_4.jpg

さらに東間さんは「織り」についても教えてくれました!

織りには「三原組織」と呼ばれるものがあって、

「平織」「綾織」「朱子織」の3つがあるのだとか。

小さな正方形のコースターと、写真手前のランチョンマットは

デニムループを使って「平織」で織ったもの!

経糸と緯糸を1本ずつ交差させて織るので、丈夫な織物が出来ちゃいます!

ハンカチや夏服を作るのに向いているそうなので、

9ジラーのみんな、織り方を調べて自由研究でチャレンジするのもアリかも・・・??

 

LINE_ALBUM_てくたま福山工業_230706_5.jpg

部員の高橋くんと岡田くんは中学生9ジラーへのメッセージを届けてくれました!(笑)

「福山工業高校の染織システム科は少人数だからこその団結力があります!

 ぜひ!みんな来てください!!」

 

LINE_ALBUM_てくたま福山工業_230706_6.jpg

最後はお土産をたくさん頂きました!!

染織システム研究部のみんな!本当にありがとうございました!!

 

次回のてくたまラジオは7月20日(木)!

広島県立安古市高等学校 科学研究部のてくたまに取材した様子をお届けします♪

近畿大学工学部 presents てくたまラジオ!

近畿大学工学部と9ジラジが

理系高校生を応援する「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」のコーナー!

「てくたま」というのは「テクノロジーのたまご」のことで、

理系の研究や取り組みをしている9ジラー達が登場します!

 

LINE_ALBUM_国泰寺てくたま2023_230615_8.jpg

今回は広島県立広島国泰寺高等学校 科学部生物班にインタビューした様子をお届けしました♪

 

LINE_ALBUM_国泰寺てくたま2023_230615_1.jpg

さすが生物班、生き物の絵が上手です・・・!

机の上のウーパールーパー、、、気になりますね!(笑)

 

LINE_ALBUM_国泰寺てくたま2023_230615_5.jpg

インタビューに答えてくれたのは2年生の山田くん、田尾さん、藤原くん!

それぞれが頑張っている研究について教えてくれました~♪

 

LINE_ALBUM_国泰寺てくたま2023_230615_2.jpg

山田くんが教えてくれたのは「淡水環境でのマイクロプラスチック」についての研究!

淡水生物を使って、実際のフィールドで活用できる「汚染指標」を作成しているそうなのですが、

そもそも「汚染指標」というのは、

生物を使ってマイクロプラスチックによってどれくらい汚れているかを調べるものだとか。

 

今はタニシやカワニナなどの生物にマイクロプラスチックを食べさせて、

どの生物が汚染指標に適しているかを調査中。

「今のところ「ろ過摂食」という、食べ物をこしとって食べる方法をとる生物が

 汚染指標に適していると思います!」

という予想も教えてくれました!

 

LINE_ALBUM_国泰寺てくたま2023_230615_3.jpg

田尾さんはフナムシについて研究しています!

フナムシの仲間(遠い親戚みたいなもの)であるオカダンゴムシは、

ふだんは湿った場所にいるのですが、乾燥した所におくとすごく動く!という先行研究があって、

フナムシだったらどうなるのかを研究しているのだとか!

 

今のところ、フナムシとオカダンゴムシでは違う性質があった!!といいたいところですが、

昨年度行った実験が完全な対照実験になっていなかったことに気づいて、実験のやり直し中。

 

ですが飼育に関しては、フナムシの繫殖に成功したそうです!

冬を越して春になったら小さいフナムシが生まれていたみたいです!

生まればかりのフナムシは2mm!

今飼育している2cmほどのフナムシになるまで

どんなふうに、どれくらいの時間をかけて成長していくのか、今から楽しみだと話してくれました~♪

 

LINE_ALBUM_国泰寺てくたま2023_230615_0.jpg

こちら、田尾さんが大好きなフナムシです!

おちょぼ口がキュート♡なのだとか!

 

LINE_ALBUM_国泰寺てくたま2023_230615_4.jpg

藤原くんは、赤潮プランクトンとケイ酸イオンとの

相関関係を明らかにするために研究をしているそうです!

 

赤潮が発生しているところを目撃してショックを受けて、

ケイ酸イオンとの相関関係が分かれば世界中の港でケイ酸を指標にして、

赤潮の発生を予防、対処することができると思って、この研究を始めたのだとか。

 

今は珪藻類という比較的カタいプランクトンを使った研究をしていて、

このプランクトンは体を作るのにケイ酸イオンが必要なので、

ケイ酸イオンが増えると、体を作る物質が海中に多いということになるので

その分プランクトンが増えやすいのではないか?

逆にケイ酸イオンが海中で少なくなると、プランクトンが減るのではないか?

と仮定して研究しているそうです!

 

実際の研究方法は、

プランクトンを培地に入れて、ケイ酸イオンの量を増やしたり減らしたりして

プランクトンがどういう増え方をするのかを調べる。という方法!

実際にケイ酸イオンが多くなることで、赤潮プランクトンが増えることが分かれば

港でケイ酸イオンの指標を計って、多いと赤潮が発生しやすいから危険性があると予測できるそうです!

 

LINE_ALBUM_国泰寺てくたま2023_230615_6.jpg

 

LINE_ALBUM_国泰寺てくたま2023_230615_7.jpg

海に関する研究をしている藤原くんは、もちろんお魚も「さかなクン」も大好き!

白衣にたくさんの海の仲間たちを描いています!!ウマイ!

 

3人とも大好きな、興味を持った分野について徹底的に研究!

何かを愛するって・・・スバラシイです!!

6月17日(土)に広島国泰寺高校の文化祭があるので

科学部生物班に遊びに来てください!とのこと!

元気なてくたま達がたくさんいるのでぜひ文化祭に足を運んでみてください♪

 

科学部生物班のみんな!そして写真を撮ってくれた岩山くん!ありがとうございました!!

 

次回のてくたまラジオは7月6日(木)!

広島県立福山工業高等学校 染織システム研究部のてくたまに取材した様子をお届けします♪

近畿大学工学部 presents てくたまラジオ!

今年度も始まりました!

近畿大学工学部と9ジラジが

理系高校生を応援する「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」のコーナー!

「てくたま」というのは「テクノロジーのたまご」のことで、

理系の研究や取り組みをしている9ジラー達が登場します!

 

今回は、広島県立祇園北高等学校のスポーツデータチームにインタビュー!

LINE_ALBUM_てくたま祇園北230601_230601_0.jpg

スポーツデータチームは、野球部に所属している部員や

科学研究部に所属している部員で結成されたチーム!

部活動間で連携を取って,グランドとパソコンの画面を行き来しながら、

スポーツのデータ解析研究に励んでいます!

 

LINE_ALBUM_てくたま祇園北230601_230601_5.jpg

これまで「高校野球におけるスタートダッシュの重要性」という研究をして、

高校野球は尻上がりでなく、出だしが大事だということをデータで証明しました!

 

以前てくたまラジオで、この研究についてお伝えしているのですが・・・

素晴らしい賞を受賞したとのことで、再び取材させていただきました!!

取材に答えてくれたのは3年生の竹田くんと辻くん、2年生の吉田さん♪

 

LINE_ALBUM_てくたま祇園北230601_230601_10.jpg

 

竹田くんと辻くん!

なんと「中高生・スポーツデータ解析コンペティション2022」の自由部門で

最優秀賞を受賞したそうです!!

LINE_ALBUM_てくたま祇園北230601_230601_8.jpg

この大会は全国の中高生がスポーツを題材にした研究成果を競う大会!

事前に与えられたデータを用いて研究を行う「規定部門」と、

自分たちで取得したデータを用いて研究を行う「自由部門」があって、

祇園北高校は「自由部門」で出場して「最優秀賞」に輝いたのだとか!!

 

この自由部門での研究発表ではスポーツや野球ではスタートダッシュが重要ということに着目して、

祇園北高校野球部の過去3年間、合計262試合と、2022年夏の甲子園・地方予選から

合計19都道府県1047試合の結果をもとに、先制点をとったチームの勝率を解析!

teku230601syukei.jpg

↑こちらの資料を集計!すごい分厚いね!


その結果・・・

「祇園北高校野球部の初回に先制する確率は51%、先制したチームの勝率が65%以上、

 初回に先制したチームが勝利するのが67%以上となり、

 戦力差の小さい甲子園予選や準々決勝以上でも同じことが言える」

ということが分かったそうです!!

teku230601deta.jpg

さらに2年生の吉田さんも一緒に参加した

「第2回野球データ分析競技会」では決勝に進出!!

課題は「大谷翔平はどうすれば本塁打王をとれるのか」というテーマで、

祇園北高校は、ア・リーグ2022年本塁打王のアーロン・ジャッジと大谷選手を比較

どのコースでホームランが多いか調べたのだとか。

 

すると飛距離が大きいインコースで差が出ていることがわかったので、

「大谷翔平選手がインコースでホームランを量産することができたら本塁打王になれると思います!」

と語ってくれました!!

 

大学生や大学院生も参加する大会に高校生が決勝に行くのは、全国の県立高校では史上初の快挙!

決勝は東京で行われ、前日に与えられたデータを1日で解析して研究発表をしたそうです!

残念ながら受賞とはなりませんでしたが、

評論家や、全日本社会人監督の前で発表をして、とても良い経験になったとも教えてくれました♪

teku2306013nin.jpg

データ分析で運動部の活動に貢献!

スポーツデータチームの研究が、今後のスポーツ界の指導方法を変えていくかも・・・!?

祇園北高校 スポーツデータチームのみんな!

貴重な研究のお話、心からありがとうございました!!

写真は1年生の石井君!ありがとうございました!

1年生の石井くんと瀬川くんは、祇園北高校のスポーツデータの活動に憧れて

祇園北高校に入学したそうです!これからの活躍が楽しみですね!

↓この写真は顧問の西先生撮影。

 青春ぽい写真が撮れる所を昨日から探してて、ココ!ココがいいんです!

 と楽しそうな西先生♪いつもお世話になっておりまーす!

LINE_ALBUM_てくたま祇園北230601_230601_9.jpg

次回のてくたまラジオは6月15日(木)!

広島県立広島国泰寺高等学校 科学部生物班のてくたまに取材した様子をお届けします♪

近畿大学工学部 presents てくたまラジオ!

近畿大学工学部と9ジラジが

理系高校生を応援する「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」のコーナー!

「てくたま」というのは「テクノロジーのたまご」のことで、

理系の研究や取り組みをしている9ジラー達が登場します!

 

今回は、広島県立府中東高等学校 インテリア工作部にインタビュー!

LINE_ALBUM_府中東_230302_5.jpg

インタビューに答えてくれたのは3年生の内田くん!

手に持っているのは・・・木製のラジオ!?

実はこれ、スピーカーみたいになっているところをスライドすると、

スマホを入れられるようになってます!

 

昨年てくたまラジオのコーナーで府中東高校インテリア工作部の取材をさせていただいたときに、

オオクボックスが

「スマホでラジオをよく聞くから、スマホが入るラジオ型の入れ物がほしい!」って

話をしたら・・・なんと!内田くんが作ってくれたんです!!

LINE_ALBUM_府中東_230302_0.jpg

↑↑こんな感じでスピーカー風の扉をスライドして、中にスマホを置く!

ラジオから音が流れているように見えて、実は中のスマホから・・・オシャレっ!!

さらに右側は引き出しになっていて、小物を入れることもできます♪

引き出しの取っ手は、ラジオの周波数を合わせるダイヤル風!

 

LINE_ALBUM_府中東_230302_3.jpg

内田くんは3年生の課題研究としてこのケースを作ったそうです!

色々工夫していくうちに、始めに書いた図面とは全く違うものになったのだとか。

完成したときは達成感がすごくて、

府中東高校でものづくりを学んで、自分が成長してきたことを実感できたそうです・・・!

 

インテリア工作部のみんなも木製ラジオ型ケースを大絶賛!

「スマホを入れるだけじゃなくて引き出しもついてるのがスゴイ!」

「細部までこだわって作っていてスゴイ!」

「取っ手がダイヤルになってるのがステキ♪」

作ったものを褒め合える環境、イイです!!!

 

LINE_ALBUM_府中東_230302_1.jpg

頂いたケース、今はオオクボックスの机に飾ってあります!

内田くん!インテリア工作部のみんな!ありがとうーーーー!!!

 

今年度のてくたまラジオは、今回で最終回!

お世話になったてくたまのみんな!先生方!

心からありがとうございました♪♪

近畿大学工学部 presents てくたまラジオ!

近畿大学工学部と9ジラジが

理系高校生を応援する「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」のコーナー!

「てくたま」というのは「テクノロジーのたまご」のことで、

理系の研究や取り組みをしている9ジラー達が登場します!

 

今回は、広島県立宮島工業高等学校 機械科にインタビュー!

LINE_ALBUM_スイシン20230118_230202_24.jpg

機械科の3年生が課題研究で作っている

「Mシューター」と「コマ」について教えてもらいました!

 

教えてくれたのは・・・藤本くんと林くん!

LINE_ALBUM_スイシン20230118_230202_25.jpg

 

LINE_ALBUM_スイシン20230118_230202_23.jpg

Mシューターは腕時計みたいに腕につけて、

バネを引くと物体を発射して、狙いを定めた場所に命中させることができる!というもの!!

先輩たちの研究を引き継いで作っていて、

元々はアメコミヒーローのアイテムを現実でどこまで再現できるか?という興味から

研究が始まったのだとか・・・!

 

LINE_ALBUM_スイシン20230118_230202_19.jpg

機械加工と3Dプリンターの2通りの方法でMシューターを作って、

機械加工で作った方は威力はあるけど、発射方向が定まらなかったり、重かったり。

3Dプリンターで作った方は軽くて小型にできたものの、

発射するときの引き金を引く動きがスムーズじゃないし、

弾を込めるときに気をつけないと暴発してしまうことも!

それぞれの作り方に課題があったので、今後はもっと研究を重ねて、

後輩たちにデータを残して卒業したい!と語ってくれました!

 

LINE_ALBUM_スイシン20230118_230202_21.jpg

そしてもうひとつがコマ!

こちらは旋盤という金属を削る機械で回転軸を作って、

軸と円盤部分の力が釣り合うように細かく加工をして作ったそうです。

 

レーザー加工機という機械を使って、アクリル板の切り抜きと模様の彫刻もチャレンジしたのだとか!

細かな模様を正確に彫刻する...すごく技術が必要そうな作業...!!

 

LINE_ALBUM_スイシン20230118_230202_18.jpg

さらにこのコマ!「重心と手持ちの位置を自分で任意に設定できる」ので、

同じコマでも違った回り方をするそうです!!

どっちが長く回り続けるか、勝負すると楽しそう♪

 

 

色々なものづくり・研究をしている宮島工業高校ですが、

現在、機械科やインテリア科など全ての学科でオリジナルブランドを作る

「宮工ブランド」という活動もしているのだとか!

 

第2弾は「ひらめけ!宮工 牡蠣のマドレーヌ型 宮島かきのしょうゆ de 米粉マドレーヌ」!

レシピとマドレーヌを焼くときの型を生徒たちが作ったそうですよ!

LINE_ALBUM_スイシン20230118_230202_22.jpg

牡蠣の形を表現するために、焼き型に段をつけて立体的にしています!

 

LINE_ALBUM_スイシン20230118_230202_20.jpg

9ジラジチームも試食させていただきました!

牡蠣のしょうゆの味!甘いのにしょっぱい!?おいしい!!

 

機械科のみんな!色々教えてくれて、本当にありがとうございました!!

 

次回のてくたまラジオは3月2日(木)!

広島県立府中東高等学校 インテリア工作部のてくたまに取材した様子をお届けします♪

お楽しみに★

近畿大学工学部 presents てくたまラジオ!

近畿大学工学部と9ジラジが

理系高校生を応援する「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」のコーナー!

「てくたま」というのは「テクノロジーのたまご」のことで、

理系の研究や取り組みをしている9ジラー達が登場します!

 

今回は、広島県立大門高等学校 理科部にインタビュー!

LINE_ALBUM_大門高校_230105_10.jpg

今回は部長の鈴木君と副部長の矢冨さんから、それぞれの研究について聞いてみました!

 

LINE_ALBUM_大門高校_230105_4.jpg

鈴木君チームの研究は・・・

「ハツカダイコンを使ったアレロパシーについての研究」!

「第60回広島県高等学校生徒理科研究発表会」で優秀賞を受賞したそうです!!

 

LINE_ALBUM_大門高校_230105_7.jpg

アレロパシーというのは、植物に含まれている物質が他の植物に何らかの影響を与えること。

植物の生育を助けたり抑制したりする作用があって、わかりやすくいうと

植物同士が化学物質を出してテレパシーをしているようなものなのだとか!

 

2年研究してきて、1年目はアレロパシーがあるかどうかの研究で、

2年目はアレロパシーがどういう条件でよく作用するのかを研究したそうです!

 

1年目でハツカダイコンにアレロパシーがあることが分かって、

2年目はハツカダイコンを入れる容器の大きさを変えて、

小さい容器の方がアレロパシーがよく出ることが判明!

アレロパシーは植物を無農薬で成長させるので、この仕組みが解明されると

食料の生産性が高くなって、食糧難の対策に役立つかも・・・!?

 

LINE_ALBUM_大門高校_230105_3.jpg

続いて矢冨さんチームの研究は・・・

「大門高校周辺のチョウとチョウが餌とする植物の研究」!

「第60回広島県高等学校生徒理科研究発表会」で最優秀賞を受賞したそうです!!

 

LINE_ALBUM_大門高校_230105_6.jpg

まず大門高校の周辺のどんなチョウ・植物がいるのか調べるために、

チョウ類は調査ルートを一定に歩いて5m範囲内で目撃したチョウの種類と個体数を記録して、

植物は図鑑などで調べて種類を特定したのだとか。

先輩たちが過去行った研究のデータと比較しながら、

チョウの生息分布の特徴や環境評価というものを行ったそうです!

 

研究を続けて現在の時点でわかっていることは、

チョウと植物は密接に関係しているということ!

例えば草刈りでチョウの幼虫が餌とする食草が刈られると、

そこで見られるチョウの種、個体数が大きく変化するのだとか。

 

矢冨さんはチョウの研究を通じて、いずれ大門高校に

「バタフライガーデン」というチョウを呼び込むことを目的とした空間を作りたいそうです!

チョウが集まる学校って、なんだかロマンチック・・・!

 

理科部のみんな!色々教えてくれて、本当にありがとうございました!!

 

次回のてくたまラジオは2月2日(木)!

広島県立宮島工業高等学校 機械科のてくたまに取材した様子をお届けします♪

お楽しみに★

 

LINE_ALBUM_大門高校_230105_9.jpg

LINE_ALBUM_大門高校_230105_8.jpg

あ、こちらは理科部が管理しているチョウの標本です!

キレイでカッコイイ・・・部屋に飾ってみたいです!!

近畿大学工学部 presents てくたまラジオ!

近畿大学工学部と9ジラジが

理系高校生を応援する「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」のコーナー!

「てくたま」というのは「テクノロジーのたまご」のことで、

理系の研究や取り組みをしている9ジラー達が登場します!

 

今回は、呉市立呉高等学校の科学部にインタビュー!

LINE_ALBUM_烏骨鶏_221201_7.jpg

科学部では烏骨鶏(うこっけい)を飼育しているそうです!

烏骨鶏っていうのは・・・

 

LINE_ALBUM_烏骨鶏_221201_1.jpg

こんな鶏のこと!モフモフしててかわいい・・・!!

 

LINE_ALBUM_烏骨鶏_221201_3.jpg

科学部では7羽の烏骨鶏を飼育していて、それぞれに特徴があるのだとか!

鶏冠(頭にある赤い部分)の大きさや尾羽の長さで群れの中の強さの順位が決まっていて、

ボスは鶏冠が大きくて、尾羽もとっても長いそうです!!

 

・・・ただ!ボスが弱い子のエサまで取ってしまうことがあるみたいで、

そんなときは科学部のみんなが協力して、ボスにバレないように弱い子にエサをあげたり、

色々と工夫しながら飼育しているということでした!

ボス!たまには他の子に分けるのも大事だと思うよ!!

 

LINE_ALBUM_烏骨鶏_221201_4.jpg

インタビューでは、烏骨鶏についての知識だけではなく!

科学部のみんなが烏骨鶏のカワイイところをたっぷり教えてくれました♪

 

・・・すっかり烏骨鶏のトリコになった9ジラジチームは、

帰りに烏骨鶏の卵を頂きましたよ!!(笑)

LINE_ALBUM_烏骨鶏_221201_0.jpg

烏骨鶏はあまり卵を産まないので、ものすごく貴重なんです!

科学部のみんな!

色々教えてくれたうえに、お土産の卵まで!!

本当にありがとうございました!!!

 

LINE_ALBUM_烏骨鶏_221201_9.jpg

烏骨鶏もありがとね!(かわいい)

 

次回のてくたまラジオは1月5日(木)!

広島県立大門高等学校 理科部のてくたまに取材した様子をお届けします♪

近畿大学工学部 presents てくたまラジオ!

近畿大学工学部と9ジラジが

理系高校生を応援する「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」のコーナー!

「てくたま」というのは「テクノロジーのたまご」のことで、

理系の研究や取り組みをしている9ジラー達が登場します!

 

今回は、如水館高等学校のロボット研究部にインタビュー!

LINE_ALBUM_如水館_221103_8.jpg

如水館高等学校 ロボット研究部は、今年23年連続で「ロボット競技大会」の全国大会に出場!

「ロボット競技大会」は、

自立型と操縦型の2つのロボットを高校生が作って、

制限時間3分で決められた課題をクリアして合計点数を競う大会!

 

LINE_ALBUM_如水館_221103_5.jpg

大会の課題は、パイプとボールをロボットで取って、所定の位置に置くというもの!

この課題に挑戦した自立型と操縦型のロボット、どんな仕組みかというと・・・

 

LINE_ALBUM_如水館_221103_6.jpg

こちらが自立型!

スイッチを入れたらプログラム通り動きながら課題をクリアしていきます!

 

LINE_ALBUM_如水館_221103_1.jpg

こちらが操縦型!

ラジコンのようにコントローラーを使って動かします!

 

LINE_ALBUM_如水館_221103_7.jpg

今回インタビューに登場してくれたのは、

ロボットを巧みに操る、如水館高校2つのチームの操縦者!武田くんと内室さん!

ふたりからそれぞれのチームのロボットの特徴を教えてもらいました♪

 

LINE_ALBUM_如水館_221103_2.jpg

武田くんたちAチームのロボットの特徴は、

メカナムホイールという変わった形のタイヤ!

このタイヤのおかげで前後左右の動きが楽になるのだとか・・・!

 

LINE_ALBUM_如水館_221103_4.jpg

内室さんたちBチームのロボットの特徴は、

ボールとパイプを取るときに、ボールとパイプの間が均一になるように設計したこと!

取ったときに隣のボール・パイプに当たって落ちないように工夫したそうです♪

 

インタビューの最後は、

Aチームの操縦型ロボットの動きを見せてもらいました♪

ロボットの動きをラジオで伝えるために、

ロボット研究部の福本くんが実況をしてくれました~~~!

LINE_ALBUM_如水館_221103_9.jpg

 

ロボット研究部のみんな!

色々教えてくれて・・・ありがとうございました!!!

 

【INFORMATION】

次回のてくたまラジオは12月1日(木)!

烏骨鶏を育てている呉市立呉高等学校 科学部のてくたまに取材した様子をお届けします♪

近畿大学工学部 presents てくたまラジオ!

近畿大学工学部と9ジラジが

理系高校生を応援する「近畿大学工学部 presents てくたまラジオ」のコーナー!

「てくたま」というのは「テクノロジーのたまご」のことで、

理系の研究や取り組みをしている9ジラー達が登場します!

 

今回は、広島県立佐伯高等学校の塩田くんにインタビュー!

LINE_ALBUM_20221004_221006_2.jpg

友だちがインタビュー見学に来てくれました♪

 

塩田くんは「日本天文学オリンピック」という大会で優秀賞を受賞して、

これから「国際天文学オリンピック」という大会に、日本代表として出場するそうです!!

 

そもそも天文学というのは、宇宙そのものとその中にある天体について、

起源や性質、そして発生する現象などを研究する学問!

大会では天体に関する様々な問題を解くそうで、

どんな問題かというと、例えば・・・

 

「1日の長さをなるべく正確に求めなさい」という問題!

 

えっ!1日は24時間でしょ!!って思っちゃいますが、

実は「24時間」というのは平均で、実際は均時差という時間のズレがあるそうです!

地球の地軸が傾いていることや、地球が太陽の周りを楕円形で回っていることが要因になって、

こういった時間のズレが起きるのだとか。

 

天体に関する問題だと「この形は何座でしょう?」とかをイメージしがちですが、

実際は、ものすごい計算が必要になるんですね・・・!

 

LINE_ALBUM_20221004_221006_0.jpg

そんな国際天文学オリンピックに出場する塩田くんですが、

好きな天体は「突発天体」!

急に明るくなったり暗くなったり、明るさが不規則に変わる天体で、

地球からは2万光年くらい離れたところにあるそうです!

・・・ちなみに1光年は約9兆5000億km!!と、遠い・・・!!

宇宙について興味がある9ジラーは、

ぜひぜひ「突発天体」について調べてみてください♪

 

LINE_ALBUM_20221004_221006_1.jpg

インタビューの最後、塩田くんは

「友だちも地域の方も応援してくれているので、

 全力で挑戦して、入賞したいです!」

という決意を教えてくれました!

塩田くん!9ジラジチームも塩田くんの活躍を応援しています!!!

ありがとうございました♪♪

 

 

【INFORMATION】

次回のてくたまラジオは11月3日(木)!

如水館高等学校 ロボット研究部のてくたまに取材した様子をお届けします♪