大窪シゲキの9ジラジ

広島県の中高生応援番組!

EVERY MON-THU 20:00~22:00

EVERY MON-THU:OKUBOX
WEDNESDAY:YAMAMON
THUESDAY:YASU
THUESDAY:PICARIN
MONDAY:EMOCCHAN
9JIRA!!

TOPICS

    • 9ジラジTwitterアカウントへ!!
    • 9ジラジLINEアカウントへ!!
    • 9ジラジリスエスト&メッセージはこちらから!!

    9ジラジ平和特集 庄原市在住 土井昭二さん

    今週の9ジラジは「平和特集」として 広島生まれのアシスタントDJが

    それぞれの「ふるさと」をテーマに8月6日について 取材をした様子をお届けしています。

    水曜日は安広修平が担当です。

    YASUの地元でもある庄原市に住む土井昭二さんからお話しを伺いました。

    S__18276355.jpg

    土井昭二さんは、現在92歳。

    10代の頃は、庄原実業学校に通われていました。

    学校では、今の10代が受けているような国語や、数学の授業もあったけれど、

    ほとんどページが進むことはなく、

    基本的には戦争のために動いていたそうです。

    そのことで、友達と楽しく休憩時間に遊んだりといった思い出はほとんどないと教えてくださいました。

    その後、当時は人手が不足していたことで、学校を12月に卒業して1月からすぐに就職という流れがあり、

    土井さんは広島市南区の御幸橋の近くにあった専売局に就職。

    塩の管理をしていたと教えてくださいました。

    当時の広島は、戦時中だったので食料が不足しており、みんなで支えながらの生活だったようです。

    そして、就職をされて2年後の1945年8月6日。

    土井さんが、御幸橋近くの専売局の事務所で仕事中に原子爆弾が投下されました。

    光ったと思った瞬間にものすごい音がして、事務所のガラスすべて割れたとお話をしてくださいました。

    建物が丈夫だったことで、土井さん自身のお体は大丈夫だったようですが、窓の外を見るとそこには地獄の光景が広がっていたようです。

    木や建物は燃え続け、身に着けていたものをすべて吹き飛ばされた人々が、1人また1人と倒れていく様子だったようです。

    その後、会社の上司が白島に住んでいたので会いに行くために外を歩かれたそうです。

    その時に、川に積み重なるようにしてなくなっていた多くの人々、

    用水路に頭を突っ込んで亡くなっていた人、小学校でグランドで1列に並んだまま亡くなっていて子供たちを見て、

    なんともひどいことがおこった、地獄のようだったと教えてくださいました。

    その2年後に、土井さんは広島の会社を辞められて庄原に戻られました。

    土井さんの地元の山内町にある山内小学校が、当時仮病院となっており、広島市内から電車などで患者が運び込まれていたようです。

    土井さんは庄原に戻って農業をしながら、仮病院で亡くなった方を運ぶお手伝いもされていました。

    その時に、原爆の恐ろしさを体験した自分が先頭に立ってお墓を作ってあげなければという想いがあり、

    山内の方々から募金をあつめて、お墓を作られました。

    現在も、山内小学校に近くに慰霊碑として建てられています。

    自らも原爆を体験し、庄原に戻ってからもなくなったための方に活動をされてきた土井さんに、

    今の10代へメッセージをお願いすると、

    「戦争は絶対にしてはいけない。小さい子供も含め多くの人が死んでしまう。それが戦争。

    あんなことは絶対にしてはいけない。そして、この話を伝えていってください。」と想いを届けてくれました。

    9ジラーのみんなも、是非この想いをこれから何年も伝えていってほしいなと思います。

    僕(YASU)も、もっと学んで、考えて、自分にできることをやっていきたいと思います。

    よろしくお願いします。

    土井昭二さんこれからもお元気で過ごされてください!

    本当にありがとうございました。

     

    ※土井さんは、庄原に戻ってこられてから写真を撮るのが好きになったということで、

    お家には多くの写真が飾られていました!

    やさしい口調で、写真のことを1枚1枚丁寧に教えてくれました!

    S__18276360.jpg

    S__18276361.jpg

    S__18276362.jpg

    S__18276358.jpg

    ↑この写真は、賞もとった作品だそうです!

    S__18276359.jpg

    9ジラジ平和特集 東広島在住 高橋繁子さん

    今週の9ジラジは「平和特集」として
    広島生まれのアシスタントDJが
    それぞれの「ふるさと」をテーマに8月6日について
    取材をした様子をお届けしています。

    水曜日は東広島生まれのやまモンこと山本将輝が担当。

    やまモンは東広島に住む高橋繁子さんから
    戦時中の東広島についてのお話しを伺いました。
    takahasisann0807_2.jpg
    高橋さんは10代のころ、
    今の賀茂高校の前身となる賀茂高等女学校に通われていました。
    1年生のころは普通に授業があって英語も学んでいたそうです。
    文化祭では演劇で主役を演じられ、クラスの人気者!
    2年生になってからは戦争が色濃くなり、
    学校は被服廠になって校内にミシンが設置され、
    毎日のように兵隊さんの服を作ったり
    他には勤労奉仕で男手の足りないところへ
    田植えや稲刈りのお手伝いにも駆り出されたそうです。
    自由な時間はなく、唯一、空襲警報のときだけは
    避難のために学校外へ出ることができたそうです。
    賀茂高等女学校の制服はセーラー服で地元の子どもたちの
    憧れの制服だったそうですが、
    制服を着て登校していたのは僅かな期間だけでした。

    東広島の西条と言えば「酒蔵」が有名ですが、
    当時は戦争中だったこともあり今ほどの規模ではなかったと
    お話してくださいました。

    そして8月6日に原子爆弾が投下されました。
    その時高橋さんは登校中だったので東広島にいたのですが
    東広島からでもきのこ雲は見えたし、光も見えたそうです。
    しかしそれが原子爆弾だと知るのは何年も先のことになります。

    原子爆弾投下の11日後、賀茂高等女学校の生徒さんは救援活動を行うため
    広島市内へ向かうことになります。
    ただ高橋さんはお兄さんが被爆して亡くなり、
    お葬式のため活動には参加されませんでした。
    「もう1週間早く戦争が終わっていれば
     爆弾が落とされることはなかったのに・・・」と
    高橋さんは語ってくださいました。

    救援活動ではごはんの配膳をしたり、包帯を巻いたりと市内の至るところで
    活動をされましたが、子どもだったこともあり、
    手伝えることは少なかったそうです。

    その後、終戦を迎え授業も始まり徐々に日常を取り戻していかれました。
    東京へ戻ったという高橋さんの友人は
    「被爆した」ということを口にすることができなかったそうです。
    当時は「被爆した」という事実を知られると「傷がつく」と扱われ
    嫁ぐことが難しくなるためです。
    終戦を迎えても戦争は終わってないと感じさせられる事実でした。

    高橋さん自身は兄を亡くし女性だけの家族になってしまいました。
    今だとあまり問題はないように感じますが、
    当時は力仕事も多く「女性だけ」というのはすごく苦労があったそうです。
    今のように不自由のない生活は夢のまた夢、とおっしゃっていました。

    高橋さんは当時の体験を記録に残すため、
    「姫さゆり」という手記を同年代のみなさまと制作されました。
    原爆から50年間、当時の話を語ることはなかったそうですが、
    「貴重な体験だから後世に残すべき」と考え、制作に踏み切られたそうです。

    最後に高橋さんは
    「若い世代の方には今の時代にふさわしくがんばってほしい。
     未来に向かって進んでほしい」とメッセージをくださいました。

    お話を通じて「今の生活は当たり前ではない」と
    改めて考え直すことができました。
    若い我々にできることは一体何なのかしっかりと考えていきたいと思います!
    貴重なお話をしていただき、本当にありがとうございました!
    takahashisan0807.jpg
    またおいしいお土産を持って遊びに行かせていただきます!!

    9ジラジ平和特集 翠町中学校演劇部

    今夜は、9ジラジ平和特集で小竹彩花が翠町中学校の演劇部にインタビューした様子をお届けしました。

    midoric2.jpg

    翠町中学校は戦時中に「第三国民学校」と呼ばれていて原子爆弾によってたくさんの方が亡くなられました。

    そういった経緯があって平和学習が盛んで、

    今年も8月4日に演劇部による原爆を題材にした「平和劇」が行われました。

     

    ぴかりんも中学生のころは演劇部に所属していて、「平和劇」を演じていたのですが、

    この演劇が今も続いているということでこの度、取材をさせていただきました。

     

    今も演劇部の部室には名前の入った台本が・・・!

    mdaihon.jpg

    midoric1.jpg

    midoric4.jpg

    今年の演劇部では「夏雲」というタイトルの劇に取り組んでいました。

     

    「夏雲」のあらすじは...

    主人公のアキは京都に住む中学生。

    学校の宿題で「ヒロシマ」について調べるため実際に広島へ行くことを決めます。

    そのことを知った両親は広島に被爆したおばあちゃんがいると伝え、

    アキは自身が被爆3世あることを知り、会いに行くことに。

    しかしおばあちゃんは被爆者の孫ということで差別を受けてほしくないという思いから

    アキを遠ざけるのですが「被爆3世である自分自身に向き合いたい」というアキの強い思いに

    徐々におばあちゃんも心を動かされていく...というお話です。

    インタビューでは、劇に対する想いをたくさん聞くことができました。

    mmonpe.jpg

    これは平和劇「夏雲」の中に出てくる

    被爆した少女を演じるときに着る衣装の「モンペ」です。

    ぴかりんが所属していた頃から代々使われている衣装なんだそうです。

     

    この役を演じた佐竹さんは、

    「体験したことがないことをどんな風に伝えればいいのかわからなかったので、

    被爆体験の本をたくさん読むなど、時間をかけて勉強をしました」と話してくれました!

    midori3.jpg

    主役が第1希望だったという奥野さんは、劇を見てもらった人に

     

    「過去にあった悲しい出来事を忘れないでほしい、ということを伝えたい」と語ってくれました。

    またアキのおばあちゃんを演じた遠地さんは、

    当時は被爆者ということを隠して生活していたという話に触れたときに、

    「その人に罪はないのに、色々言われてかわいそうだと感じた」と思いを教えてくれました。

    生徒のみんなが、それぞれ思いをもって平和劇に取り組んでいる様子を

    取材したことで知ることができました。

     

    また、翠町中学校では原爆の犠牲となった方を

    慰霊・追悼する式「慰霊祭」を毎年行っていて

    みんなで考えた「平和の誓い」や折り鶴を献納したり合唱をしています。

     

    平和の誓いにどんなことを書いたのか稲田さんに聞くと、

    「互いの違いを認め合えるようになろう」という言葉を、

    違いは絶対にある。宗教や肌の色・・・キリがないけど

    受け入れて認めることが大事だと思う。という思いを込めて書きました」と教えてくれました。

     

    また、翠町中学校では「空白の学籍簿」という、約40年前の翠中生徒会のメンバーが、

    戦争によって犠牲になった第三国民学校の遺族の方々から被爆当時の状況を明らかにする活動をしていて、

    当時の体験談などを1冊にまとめたものを読む時間があるそうです。

    mgakusekibo.jpg

    7月にこの空白の学籍簿を、演劇部のみんなが朝の時間に校内放送で朗読を担当し、

    実際に放送で読んだ副部長の山村さんは、

    「同じ学校の子がなくなったという悲しい事実。声に出して読むことで戦争の悲しさ、

    怖さを深く感じることができたと思います」と想いを話してくれました。midoric5.jpg

    midoric6.jpg

    最後に、みんなは8月6日をどんな風に過ごそうと思っているのか聞いてみると、

    稲田さんは、「テレビを見ながら黙とうをささげて、平和について考える日にしたい。」

    山村さんは、「お姉ちゃんと1年間かけて作った千羽鶴を平和公園に届けようと思う。」

    奥野さんも「先輩と同じように黙とうをして心を寄せたい」

    と教えてくれました。

     

    ぴかりんにとっても後輩たちが一生懸命に活動している姿は刺激になりました!

    これからも一緒に広島のことを発信していきましょう!

    翠町中学校のみなさんありがとうございました!

    9ジラジ平和特集 NPO法人PCV専務理事 住岡健太さん

    今夜は、9ジラジ平和特集で江本一真がNPO法人PCV専務理事の住岡健太さんにインタビューした様子をお届けしました。

    fdsadfasf.jpg

    住岡さんは、えもっちゃんの観音高校の先輩でもあり、

    「NPO法人PCV」という団体で活動をされています。

    この団体は、

    Peace Culture Villageの頭文字をとっている団体で、

    平和資料館を運営している平和文化センターの元理事長のスティーブン・リーパーさんが設立し、

    平和について考えるきっかけ作りを提供したり、平和な暮らし方を目指す「村」作りを三次で行われています。

    資料館のガイドや、学生向けのワークショップやフィールドワークなどを通して平和について考えるきっかけ作りをされていると教えていただきました。

     

    住岡さんが平和にまつわる活動をされようと思ったのは、

    スティーブン・リーパーさんと平和の考え方が一緒で、

    「反対する」様々な活動もあるけど、スティーブンはポジティブに建設的に考える活動家ということで、

    そこが考え方が一致されたんだそうです。

    さらに、

    住岡さんは広島生まれで祖母が被爆者だということもあり、広島を伝える使命を感じ活動をスタートさせたということです。

     

    平和についての定義を聞くと、

    これが「平和」という答えはないです。

    自分が自分らしく生きる、社会に貢献する仕事をする、楽しく生きるのが平和の一歩で、

    平和って何だろう!って生きていくことが僕の思う平和ですと教えてくれました。

    また、

    住岡さんは被爆者の高齢化がすすんでいて実際に被爆者の方にお会いしたり、

    あったりすることは今しかできないんです。

    これは「知る」ではなく、「体験」なんです。ぜひ「知る」ということを体験してほしいです。とメッセージを届けてくれました

    実際に住岡さんは、橋爪文さんのお話を聞いて「私たち被爆者が1人でも生きていたら、核を使う抑止力になる。だから私は生きる」という

    言葉に衝撃を受け、繋いでいかなければいけないと感じられたそうです。

     

    住岡さんは、

    若い世代に平和を発言する活動もされていて、

    母校の観音高校で1年生240名に「平和を自分事にする」というテーマで話をして、

    平和って大きくて何をしてもいいかわからないと思うので、

    半径50メートルで何ができるのか?大きくなくてもいいので自分ができることをやろうとメッセージを届けたと教えてくれました。

    具体的には、人と争わない方法として、

    自分の視点、相手の視点、自分と相手を客観的にみる視点を大切にするといいというお話をされたということです。

     

    今後住岡さんは、

    学生が主体になって、平和について考え、アクション出来る場を作りたい!

    平和公園で大学生が外国の方にガイドしたり

    発展途上国で高校生が家を建てるとか、、やりたい人ができる道を作りたい。

    誰かが1人動けばそれを見ている人がいます。誰かの頑張りがだれか勇気になると思っています。

    と目標を語ってくれました。

     

    最後に10代にメッセージで、

    僕は今、とても楽しいです!なので10代のみんな楽しく生きてください!とメッセージを届けてくれました。

    10代のみんなも住岡さんの活動に触れてみて欲しいと思います。

    住岡さんインタビューに答えていただき、ありがとうございました。

     

     

    • 1