大窪シゲキの9ジラジ

広島県の中高生応援番組!

EVERY MON-THU 20:00~22:00

EVERY MON-THU:OKUBOX
WEDNESDAY:YAMAMON
THUESDAY:YASU
THUESDAY:PICARIN
9JIRA!!

TOPICS

    • 9ジラジTwitterアカウントへ!!
    • 9ジラジインスタアカウントへ!!
    • 9ジラジLINEアカウントへ!!
    • 9ジラジリスエスト&メッセージはこちらから!!

    広島ええとこじゃけん!(後半) 出演:湯崎英彦 広島県知事 高校生平和大使 佐々木梨央さん 

    広島県と9ジラジがコラボレーションするコーナー

    「広島ええとこじゃけん」!

    今回は湯崎英彦 広島県知事と、高校生平和大使の佐々木梨央さんが生出演!

    dfhd.jpg

     

    コーナーの前半は湯崎知事から新型コロナウイルスに関するお話をお聞きして、

    後半では8月6日、原爆の日を迎えるということで、

    高校生第24代高校生平和大使の佐々木 梨央さんも登場して、

    オオクボックス3人で平和にまつわるお話をしました!

     

    まず佐々木さんに、高校生平和大使の活動について教えてもらいました。

    高校生平和大使は毎年全国の高校生を対象に募集されていて、今年は全国から35名が選ばれたそうです。

    核兵器廃絶と平和な世界の実現をめざして活動をしていて、

    日本国内の色々な地域で署名活動を行って、

    例年ならその署名をスイスのジュネーブにある国連欧州本部に届けたりしているとの事でした。

    また、8月7日から9日まで長崎に全国の高校生平和大使が集まって「シンポジウム」を行うそうです!

     

    佐々木さんのおじいちゃん、おばあちゃんが被爆されていて、

    佐々木さんは被爆3世なんだそうです。

    去年の平和大使に応募していたんだけど、残念ながら選ばれず

    「今年こそは!」という思いで2回目の応募をしたそうです!

    選ばれたときは驚きと喜びと合わせて頑張らないと!という気持ちになったそうです!

    家族もみんな喜んでくれて特にお母さんが喜んでくれたそうです!

     

    佐々木さんのおばあちゃんは4歳の時に被爆をされたんですが、幼くて記憶が薄かったことから

    おばあちゃんのお兄ちゃんの被爆体験を聞かせてもらったことがあるそうです。

    76年前の8月6日。おばあちゃんのお兄さんは当時5歳で

    日赤病院の近くにいて、音が聞こえてきたので空を見ると「B29」が飛んできたそうです。

    「B29だ!」と言った瞬間ものすごい閃光を浴びてたそうです。

    手が真っ赤に焼けて2階建ての家はつぶれたという体験を聞いたそうです。

     

    湯崎知事は、佐々木さんの言葉ひとつひとつに頷きながら、

    お話のなかで気になったことを質問されたり、

    佐々木さんの活動に対する思いを受け止めながら聞かれていました。

     

     

    高校生平和大使としての意気込みを佐々木さんに教えてもらいました。

    「被爆者の方の平均年齢がどんどん高くなっています。

     被爆者の方の話を後世に語り継ぐためにも私たち若い世代が動かないといけません。

     日本国内では、8月6日がどんな日で、原爆が投下された時間が8時15分ということを

     知らない人が増えていると聞きます。

     平和教育がない県の方の同世代にも知ってもらえるように、

     高校生平和大使として仲間と頑張っていきたいと思います!」

    と力強く語ってくれました。

     

    佐々木さんと湯崎知事と9ジラーたちと8月6日を前に大切な話ができました。

     

    佐々木さん心からありがとうございました。

    これからも全力で応援させてください!

    広島ええとこじゃけん!(前半) 出演:湯崎英彦 広島県知事 

    広島県と9ジラジがコラボレーションするコーナー

    「広島ええとこじゃけん」!

    今回は湯崎英彦 広島県知事と、高校生平和大使の佐々木梨央さんが生出演!

    dfhd.jpg

     

    コーナーの前半は湯崎知事から新型コロナウイルスに関するお話をお聞きして、

    後半では8月6日、原爆の日を迎えるということで、

    高校生第24代高校生平和大使の佐々木 梨央さんも登場して、

    オオクボックス3人で平和にまつわるお話をしました!

     

    新型コロナウイルスに関するお話では、

    まず7月31日から始まった広島県独自の「新型コロナ集中対策」について詳しく教えていただきました。

    この対策は9月12日までとなっていて、前回の対策より11日ほど早いタイミングで実施されています。

    湯崎知事は、早く行動制限を行うことで感染のピークを低くし、

    集中対策の期間を短くできると見込まれているそうです。

    またこの行動制限を実施しながらも、

    「県として病床や軽症者の方向けの療養ホテルの確保、

     PCR検査体制の強化など、できることを全て実施して、感染者の方の命を守り、

     これ以上の感染拡大を防ぐ対策を講じています」と語ってくださいました!

     

    行動制限が実施されている中で、私たちがどんな対策をすればよいのかも教えてくださいました!

    湯崎知事によると、生活に必要な買い物などを含めて、

    外出は2回を1回に、時間は1時間を30分にするなど、外出を半分にしてほしいそうです。

    さらに感染者が増えてきている広島市、廿日市市、三原市では、

    20時以降の外出を控えるようにしてほしいとのことでした。

     

    そして飲食時の飛沫防止や換気など、感染防止対策の徹底のお願いがありました!

    みなさん!ご飯を食べるときはしゃべらずに食べて、しゃべるときにはマスクを着用する

    「ノーマスク・ノートーク」を徹底しましょう!

    参加者の連絡先が分からない会食は避けるというのも大事です。

     

    また、湯崎知事は「感染拡大地域に行かない、呼ばない、来る場合は検査」についても

    お話してくださいました。

    このお願いについては、先週の「広島ええとこじゃけん!」のブログに詳しく書いてあるので、

    ぜひチェックしてみてください!

    先週のブログはこちらから

     

    新型コロナ集中対策に関するお話の次に、

    新型コロナウイルスのワクチンに関する情報を教えてくださいました。

    9ジラーから湯崎知事あてに、

    「ワクチン接種をしたいと思っているけど、

     部活の大会があるので、タイミングを見て予約してもいいですか?」という質問が届いていましたが、

    湯崎知事はこの質問に対して、

    「8月からようやく64歳以下の方への接種もスタートしています。

     ぜひタイミングを見て予約していただき、接種してください!」と答えてくださいました!

    新型コロナウイルスはどの年代でも、

    感染すると重症化リスクや後遺症が残るリスクがありますが、

    ワクチン接種が進んでいる65歳以上の感染者割合は減少しているので、

    接種のメリットは確実にあるのだそうです。

     

    ワクチン接種は一定割合以上の方が摂取することで

    集団免疫を獲得できて、結果として感染拡大を抑制できます!!

    9ジラー達はお父さんお母さん、かかりつけのお医者さんなどど相談して

    正しい情報を知った上で判断をお願いします!

     

    さ!後半の平和にまつわるお話は、次のブログにて!

    次のブログはこちらから

    広島ええとこじゃけん! 出演:湯崎英彦広島県知事

    広島県と9ジラジがコラボレーションするコーナー

    「広島ええとこじゃけん」!

    今月も湯崎英彦 広島県知事が生出演!

    新型コロナウイルスに関する「夏休みの過ごし方」について話してくださいました!

    fgjd.jpg

     

    7月と8月は夏休みやお盆などがあり、人の行き来や交流が活発になるシーズンです。

    5月の連休では、感染拡大地域からの人の流れが感染者急増のきっかけになりました。

    そこで「夏の過ごし方」として、

    「感染拡大地域に行かない、呼ばない、来る場合は検査」

    「飛沫感染予防と換気で楽しい食事」

    この2つを徹底していただきたい!とお話くださいました。

     

    現在東京を中心に、大都市で感染再拡大の傾向にあるので

    9ジラーの皆さんは、自分が感染拡大地域に行かないようにしましょう!

    お盆になると大都市から実家のある地域に帰省する方もいらっしゃると思います。

    同窓会などが企画されるから、帰ろうかな!!という方もいるかもしれませんが、

    多くの方が帰ってくると、感染爆発が起きてしまう可能性があります。

    今年の夏は、みんなが集まることは「オンライン」で行うようにしてください!

     

    さらに湯崎知事は、食事のときに気をつけるべきことも教えてくださいました。

    外食をするときは、飛沫防止対策としてパーテーションが設置されているか、

    換気がしっかり行われているかを確認するのが大事なのだそうです。

    また外食だけではなく、友だちと部屋で集まってお菓子を食べるときや、

    外でバーベキューをするときも感染防止対策を徹底して、

    もしもの時のために、連絡先が分からない人との会食は避けてほしいとも教えてくださいました。

    9ジラーのみんなも、友だちと一緒にご飯を食べるときは、

    食事が運ばれてくるまではマスクで会話!食べる時はしゃべらない!

    食べ終わったらマスクを着ける「ノーマスク・ノートーク」を意識してみてください!

     

    さらに湯崎知事は、10代から届いた質問にも答えてくださいました。

    ある9ジラーは、

    「真夏に自転車で登校するとき、

     あまりにも暑くてしんどいときは、マスクを一瞬外してもいいでしょうか?」

    という質問メッセージを送ってくれました。

    これに対して湯崎知事は、

    「気温、湿度が高い中でのマスク着用は熱中症のリスクがあり危険です!

     屋外で周りの人と2メートル以上の十分な距離を確保できる場合は、

     適宜マスクを外すなどの調整をしてください!

     こまめな水分補給や、衣服による体温調節も必要です!」

    と答えてくださいました!

     

    そして、新型コロナウイルスのワクチン接種についても教えていただきました。

    湯崎知事によると、新型コロナワクチンの副反応そのもので死亡したり、

    アナフィラキシー以外の重篤な副反応の報告は無い、とのことでした。

    人の遺伝情報に組み込まれることや妊娠の方に影響が出ることもないので、

    いまインターネットに出回っている情報をそのまま信じずに、

    まずはお医者さんに相談してみてほしい!と教えてくださいました!

     

    また「自分は若いから打たなくても大丈夫!」ということはなく、

    若い世代でも新型コロナウイルスに感染して重症化する方や、

    後遺症が出ている方もいらっしゃるそうです。

    ワクチン接種は、死亡者や重症者の発生をできるだけ減らし、

    感染拡大の防止にもつながるので、

    コロナ禍以前の日常を早く取り戻すために、ワクチンを接種してほしい!と語ってくださいました。

    ただ、2回目の接種をして免疫ができても、感染しなくなるわけではないので、

    ワクチン接種後も引き続き、基本的な感染予防対策を続けるようにしましょう!

     

    最後に10代へのメッセージを頂きました!

    「いつも感染対策をしてくださって、本当にありがとうございます。

     広島県も4連休前から感染者が増加しており、警戒段階に入っています。

     でも行動制限はできる限り避けたいです!

     皆で基本的な感染対策に取り組んで、感染拡大を食い止めましょう!」

     

    正しい情報を得ることは、自分と周りの人を守ることにつながります!

    9ジラーのみんな!湯崎知事に教えていただいたことをしっかり守りつつ、

    広島県や、自分が住んでいる市のホームページから

    正しい情報をチェックするようにしましょう!

     

    • 1