大窪シゲキの9ジラジ

広島県の中高生応援番組!

EVERY MON-THU 20:00~22:00

EVERY MON-THU:OKUBOX
WEDNESDAY:TANAKA SHOKI
MONDAY:HARADA MOE
THUESDAY:FUJII YUKA
9JIRA!!

TOPICS

    • 9ジラジTwitterアカウントへ!!
    • 9ジラジインスタアカウントへ!!
    • 9ジラジLINEアカウントへ!!
    • 9ジラジリスエスト&メッセージはこちらから!!

    9ジラジ!ヨリソイラジオ 第3回

    「9ジラジ!ヨリソイラジオ」

    毎月第4水曜日に、社会福祉士について学ぶコーナー!

    公益社団法人 広島県社会福祉士会のご協力でお届けします♪

    今回は「災害に強いまちづくり(被災者に寄り添う支援とは)」というテーマ!

    広島市安佐南区社会福祉協議会の﨑井 優香さんと、

    広島文化学園大学の河野 喬先生にお話を伺いました!

    yu7uil;.jpg

    﨑井さんが勤務されている「社会福祉協議会」は、

    「ふだんの くらしの しあわせ」を合言葉にお仕事をされているそうです。

    それぞれの頭文字をとると「ふくし」になりますね♪

    地域の皆さんの「ふだんのくらし」をより良く、

    「しあわせ」に近づけるために、

    住民の皆さんや福祉の専門職が集まって協議する、

    非営利の民間団体ということでした!

     

    なかでも﨑井さんは、地域のおじいさんおばあさんが集まる場所に行って、

    困ったことがないか世間話をしたり、

    ボランティアをしたいという希望がある方に、

    ボランティア先を紹介する仕事をされているのだとか。

    社会福祉士って、ボランティア活動にも深く関わっているんですね・・・!

     

    今回はそんな﨑井さんと河野先生から、

    災害が起きたとき社会福祉士の方はどんな活動をされているのかを

    教えていただきました。

     

    﨑井さんによると、大きな災害が起こったときは、

    社会福祉協議会が「災害ボランティアセンター」を立ち上げるそうです。

    災害ボランティアセンターは、

    被災された方々がどんな状態か、最優先で取り組む課題・ニーズは何かを

    寄り添いながら受け止めて、

    ボランティアしてくださる方を募集して繋げる役割があって、

    災害後の見守りや関りを数年かけて行うこともあるのだとか。

     

    実際に2018年の西日本豪雨災害や去年8月の豪雨による各地の被害の際は、

    﨑井さんは災害ボランティアセンターで、

    被災者とボランティアを調整する重要な役割を担っていたそうです。

    「当時、私たち職員だけでセンターを運営することはできなかったです。

     最後までやり遂げることができたのは、

     間違いなく地域の方やボランティアの皆さんがいたからです」

    放送では、そんな﨑井さんの本音も教えて頂きました。

     

    中高生のみんな、もし災害が起きたときに

    「災害ボランティアに参加したい」と思ったら、

    ぜひ社会福祉協議会が開かれている

    「災害ボランティアセンター」から参加してみてください。

    ボランティア保険をかけた状態で現場に入ることができるし、

    被災者の困りごとに沿ったボランティアを初めからスタートできます。

    さらに災害ボランティアセンターでは、看護師の方も協力されていて、

    活動中のケガや熱中症などの応急処置も対応できるそうです。

    「災害ボランティアセンター」は安心して活動できる環境が整っているので、

    ぜひチェックしてみてくださいね。

     

    さらに﨑井さんは、

    災害に強いまちづくりのために、今から私たちにできることも

    教えてくださいました!

    﨑井さんによると、

    避難が必要なとき周囲と声をかけあえるようにするために、

    まずは、自分の住む街について興味を持つことが大切ということでした。

    ご近所にお年寄りの方、障がいをおもちの方、赤ちゃんがいるお母さんなど・・・

    どんな方が住んでいるかを事前に把握しておいて、

    避難の時に早めに声をかけてあげられるようにしておくと良いですよね!

    あとは、おじいちゃんおばあちゃんに、

    スマホの防災アプリ(マイタイムライン)の使い方を教えてあげると、

    いいかもしれません!

     

    放送では他にも、

    過去に災害ボランティアセンターを経由して

    ボランティアに参加した10代のエピソードや、

    﨑井さんが災害時に経験されたことなど、

    色々なお話を聞かせていただきました!

    ぜひradikoのタイムフリーでチェックしてみてください▽

    radikoはこちら

     

    そして社会福祉士のお仕事に興味を持ってくれた9ジラーは、

    広島県社会福祉士会のホームページをチェックしてみてください!

    ホームページはこちら

     

    次回のコーナーは7月27日(水)にお届け!

    LGBTQをテーマに、社会福祉士の方が

    登場してくださる予定です!

     

    【9ジラジ!ヨリソイラジオの様子はAuDee(オーディー)で配信中♪】

    ここでしか聴けない音声コンテンツをインターネットで楽しめる

    AuDeeで「9ジラジ!ヨリソイラジオ」のコーナーの様子を

    お届けしています!

    こちらもぜひチェックしてみてください!

    AuDeeはこちら

    9ジラジ!ヨリソイラジオ 第2回

    「9ジラジ!ヨリソイラジオ」

    毎月第4水曜日に、社会福祉士について学ぶコーナー!

    公益社団法人 広島県社会福祉士会のご協力でお届けします♪

    今回は「スクールソーシャルワーカーが大切にしていること」というテーマ!

    スクールソーシャルワーカーの田中 敬子さんと、

    広島文化学園大学の河野 喬先生にお話を伺いました♪

    kju.jpg

    9ジラーたちが通っている学校にも

    スクールソーシャルワーカーの方がいらっしゃるかも?

    スクールソーシャルワーカーは社会福祉士などの資格を持っていて、

    学校のメンバーですが勉強を教える先生ではないんです!

    どんな支援をするかというと、学校のことだけじゃなく、家庭のこと、友達のこと、

    自分のことなど、悩みの相談に乗ってくれます!

    家族のお世話をがんばりすぎていたり、自分がほかの人と違うことに悩んだり、

    絡み合った心配事を解きほぐすのが役割なのだそうです。

     

    田中さんもスクールソーシャルワーカーとしてお仕事をされていますが、

    実はもともと小学校の教員だったそうです。

    ご家族の介護のために早期退職をして、毎日の介護で手いっぱいだったときに、

    病院や地域包括支援センターなどで働く社会福祉士の方々にお世話になったのだとか。

    そこで、はじめて社会福祉士とはどんな仕事かを知って、

    「不登校や家庭のことで悩んでいる生徒さんの力になりたい」と考えて、

    スクールソーシャルワーカーになったのだそうです。

     

     

    田中先生はスクールソーシャルワーカーのお仕事では、

    「悩み・問題を解決すること」にスポットを当てるのではなくて、

    生徒本人が「こうなりたい」という希望や目標に向かって

    一緒に歩んでいくことを心がけていらっしゃるそうです。

    無理やりに引っ張るのではなく、一緒に歩く。

    大切なことですね・・・!

     

    放送を聞いて、

    「自分の学校にもスクールソーシャルワーカーにいてほしい!」

    と思った9ジラーがいるかもしれないので、

    田中さんと河野先生に、

    スクールソーシャルワーカーとお話するための方法も聞いてみました!

     

    いくつか方法があるそうなのですが、

    やっぱり、まずは学校にいる先生(担任の先生、保健室の養護教諭)や、

    スクールカウンセラーの方に、お話をしてみるのがいいそうです。

     

    それが難しければ、

    SNS上に用意されている「聴いてくれる場所」にアクセスするルートもあります。

    「こころのLINE相談@広島県」という場があって、

    いまの自分の状況をメッセージで伝えると、

    支援の専門家につなげてくれる可能性があります。

    匿名で利用できるので、気になった9ジラーはぜひ利用してみてください!

     

    放送では他にも、

    田中さんがスクールソーシャルワーカーとして出会ってきた

    子どもたちとのエピソードや、

    スクールソーシャルワーカーについてのより深い解説をお届けしました!

    放送後もradikoのタイムフリーで聞けるのでぜひ聞いてみてください!

    radikoはこちら

     

    そして!

    社会福祉士やスクールソーシャルワーカーに興味を持ってくれた9ジラーは、

    広島県社会福祉士会のホームページをチェックしてみてね!

    ホームページはこちら

     

    次回のコーナーは6月22日(水)にお届け!

    災害被災者支援をされている方が登場する予定です♪

     

    【9ジラジ!ヨリソイラジオのAuDee(オーディー)配信がスタート!】

    ここでしか聴けない音声コンテンツをインターネットで楽しめる

    AuDeeで「9ジラジ!ヨリソイラジオ」のコーナーの様子を

    お届けしています!

    こちらもぜひチェックしてみてください!

    AuDeeはこちら

    9ジラジ!ヨリソイラジオ 第1回

    「9ジラジ!ヨリソイラジオ」

    毎月第4水曜日に、社会福祉士について学ぶコーナー!

    公益社団法人 広島県社会福祉士会のご協力でお届けします♪

    今回は「社会福祉士について」というテーマ!

    広島文化学園大学の河野 喬先生にお話を伺いました♪

    sdfhwse.jpg

    河野先生、実はアニメ「SPY×FAMILY」の大ファン!

    コーナーの最初はオオクボックスとアニメの話で盛り上がりました(笑)

    さらに!河野先生も先生の息子さんも!9ジラジを聞いてくださっているとか!

     

    そんな河野先生から、さっそく本題の!

    社会福祉士について色々お聞きしました♪

    社会福祉士は国家資格で、この資格を取るまでに、

    子どもからお年寄りまでの心理や医療、さらに法律や統計など

    幅広い専門知識を学ぶので!

    資格を持っていると広い視野で人助けの仕事ができるそうです!

     

    社会福祉士を持っていないと就けない仕事があったり、

    資格手当という特別なお給料がつくこともあるそうですが・・・

    河野先生からは、

    「この資格があると、モテます!」という一言も!

     

    では、実際に社会福祉士の皆さんはどこで働いているのか?

    ということですが・・・

    老人ホームで働いているのが社会福祉士さん!

    というイメージを持っていたりするかもしれませんが、

    実は社会福祉士は色々なところで働いているそうです!

    病院、役所や、地域の社会福協議会にいて、

    お金の心配や退院した後の不安を小さくするための相談を受けたり、

    困っている方に寄り添ってサポートされているのだとか!

    9ジラーたちの学校にいらっしゃるスクールソーシャルワーカーも、

    社会福祉士の方が多いそうです♪

     

    そんな社会福祉士になる方法ですが!

    いちばん身近な方法は、高校を卒業して「社会福祉士が取れる大学や専門学校」に進むこと!

    他には一般大学や短期大学などで学んだあとに通信教育などを受けたり、

    特定の実務経験を積んで国家試験を受ける道もあります。

    福祉に目覚めてから社会福祉士を目指しても、決して遅くないそうです!

     

    他にも、困っている人の相談に乗ることの難しさや、

    社会福祉士のお仕事にまつわるクイズなど!

    色々なことを教えていただきました♪

    河野先生!ありがとうございました!!!

     

    興味を持ってくれた9ジラーは、

    広島県社会福祉士会のホームページをチェックしてみてね!

    ホームページはこちら

     

    次回のコーナーは5月25日(水)にお届け!

    スクールソーシャルワーカーの方が登場する予定です♪

    • 1