大窪シゲキの9ジラジ

広島県の中高生応援番組!

EVERY MON-THU 20:00~22:00

EVERY MON-THU:OKUBOX
WEDNESDAY:YAMAMON
THUESDAY:YASU
THUESDAY:PICARIN
9JIRA!!

TOPICS

    • 9ジラジTwitterアカウントへ!!
    • 9ジラジインスタアカウントへ!!
    • 9ジラジLINEアカウントへ!!
    • 9ジラジリスエスト&メッセージはこちらから!!

    広島大学Radio Campus 第12回

    毎月第1、第3月曜日は「広島大学 Radio Campus」のコーナー!

    広島大学の先生にえもっちゃんがインタビューをして 先生の研究についてお話しを伺うコーナーです!

    今回は、「体育会」に所属する小林君、松本君の2人の学生にインタビューしてきました(*^^)v

    1555313480626.jpg

    「体育会」というのは広島大学内の運動部の取りまとめをする会になるんですが、

    小林君は「第56代広島大学体育会幹事長」、つまりは体育会のトップ!!!

    松本君は「体育会渉外局幹事」!

    そんな2人がどんな活動をされていくのかたっぷりお話を聞きましたよ☆

    体育会は具体的には、

    スポーツの普及、部活動の支援、覇気ある学風の樹立の3つを軸に活動しています。

    「スポーツ普及」のためにスポーツ大会の運営もしているんだとか!

    松本君は渉外局幹事として

    「広島大学体育会」に所属する人だけが受けられるサービスを提供してくれる

    "特約店"の獲得に向けて動いているみたい!!

    社会人と同じような動きをされているんです(´ω`*)

     

    最後に9ジラーに2人からメッセージを頂きました!

    小林くん

    「時間をかけて夢中になれることを探してほしいです!!」

    松本くん

    「自分のやりたいことを必死にやってほしいです!!」

     

    今回は、笑顔でインタビューに答えていただき

    小林くん、松本くんありがとうございました(^_-)-☆

     

    次回のこのコーナーは5/6(月)です!

    お楽しみに(*´ω`)

    広島大学 Radio Campus 第11回

    毎月第1、第3月曜日は「広島大学 Radio Campus」のコーナー!

    広島大学の先生にえもっちゃんがインタビューをして 先生の研究についてお話しを伺うコーナーです!

    今回は特別編!

    学生の方をスタジオにお迎えしてお届けしました☆彡

    今夜スタジオに来てくれたのは、

    文化サークル団体連合議長の島田雄大さん!!

    DSC_6817.JPG

    島田さんは文化サークル団体連合議長として、

    文科系サークルをとりまとめ、大学とサークルの橋渡しをされています!

     

    島田さんが所属している「ナゾサークル おにラビ」は

    広島ホームテレビの番組にも出演して、

    謎解きを作っているサークルなんです(*^^)v

     

    謎を作るのが得意なら、解くのも得意だろうということで、

    えもっちゃんとなぞなぞ対決をしました( *´艸`)

    結果は、見事島田さんの勝利!

    頭の回転がめっちゃ速いんです('ω')ノ

    さすが!!

     

    島田さんはこれからの活動について、

    「もっといろんな人に、様々な文化の面白さを伝えていきたいです!」とお話ししてくれました!

     

    <最後に島田さんから9ジラーにメッセージ>

    「とにかく色んな事に挑戦して、自分が面白いと思えることをがむしゃらに

    探してみてください。きっと自分がしたいことが見つかるはずです!」

    広島大学 Radio Campus 第10回

    毎月第1、第3月曜日は「広島大学 Radio Campus」のコーナー!
    広島大学の先生にえもっちゃんがインタビューをして
    先生の研究についてお話しを伺うコーナーです!

    今回は総合学部国際共創学科の学科長フンク・カロリン先生にインタビュー!
    kjashjlgfuwigfiw.jpeg
    ドイツ出身のフンク先生が研究しているのは「観光地理学」
    初めて日本に来た時、ドイツと日本の旅行の仕方(休暇の過ごし方)が
    あまりにも違いすぎてこの分野に興味を持ち、
    1年だけいるつもりが気づいたら30年に!

    どんなことが違っていたかというと
    ドイツでは観光と言えば2日間、車を走らせ別の地に行き、
    3週間くらい滞在してお家に帰る・・・というのが一般的だそう!
    対して日本は1泊2日、日帰りなんて日もあってあまり弾丸な観光が多い!
    この違いはフンク先生にとって衝撃的でこの研究を始めたそうです。

    「観光」には地域に与える様々なメリットがあって例えば・・・
    日本人はGWや紅葉シーズンなど決まった時期にしか観光をしない人が多く
    対して外国人観光客は時期を定めずいつでも来るので
    ホテルなどは常に人を雇うことができる・・・などなど
    観光によって地域を活性化させたり、
    観光によって起こる問題について考えることが先生の研究です!

    最後にフンク先生からメッセージ!
    できるだけいろんな場所へ自分の足で行ってみてください!
    携帯電話ではなく自分の足でね!笑


    次回の広島大学 Radio Campusは4月1日(月)の放送です!

    広島大学 Radio Campus 第9回

    毎月第1、第3月曜日は「広島大学 Radio Campus」のコーナー!
    広島大学の先生にえもっちゃんがインタビューをして
    先生の研究についてお話しを伺うコーナーです!

    今回は広島大学大学院理学研究科教授の山本卓先生にインタビュー!
    IMG_4978.jpg
    山本先生は「ゲノム編集」の研究をされています!

    「ゲノム」っていうのは【細胞の遺伝情報のこと】で
    これを書き換えることが先生の研究なんです!

    よく耳にする「遺伝子組み換え」っていうのは
    「本来持っていない遺伝子を入れること」でゲノム編集とは全く別物で
    「自然に起こることを再現する」というゲノム編集は
    安全性の面でも非常に注目度の高い研究なんだそうです!

    この研究が進むことで世の中にどんな影響があるのか聞いてみると・・・
    ●例えば海の微細藻類の中に油をためこむ生物がいますが、
     従来の5倍、10倍ためこめるようにして
     そこからガソリンを作れるようにしてエネルギー問題の解決を図る
    ●アレルギー物質の少ない食べ物の開発
    ●病気の治療やなぜその病気が発生するのかなどを研究することができる
    と先生は答えてくださいました!
    未来のテクノロジーを垣間見た気になりました!

    そういうのを聞くとえもっちゃんも困らされている
    「花粉症」を治す方法もゲノム編集でなんとかなるのではと思いましたが
    ●花粉の量を減らすスギの開発はされています・・・が、
     どうやってすべてのスギにゲノム編集をするのか考えないといけません。
     もしくは人間側の体質を変える治療法になるのでしょうか?
    という回答でした!
    人類が花粉症に打ち勝つにはまだまだ時間が必要なようです・・・!

    最後に先生からメッセージ
    ●自分の10代はずっと部活でした笑
     自分なりの動機付けをして信じて
     ブレないように進むことが成功につながると思います!

    次回の広島大学 Radio Campusは3月18日(月)の放送です!

    広島大学 Radio Campus 第8回

    毎月第1、第3月曜日は「広島大学 Radio Campus」のコーナー!
    広島大学の先生にえもっちゃんがインタビューをして
    先生の研究についてお話しを伺うコーナーです!

    今回先生ではなく教育学部3年の齋原みず稀さんにインタビュー!
    bfaligelighiwg.jpg
    齋原さんは保健体育の教員免許取得を目指して、
    健康学や体育・スポーツ学、体育科教育学等の
    各専門分野においての科学的認識を深め、各種スポーツ種目の実践を通して、
    理論に基づいた実践力と指導力を身につけるための勉強をされています。

    日々、勉強を頑張る齋原さんですが、
    昨年は「なでしこリーグ特別指定選手」に選ばれ、
    大学生でありながらサッカー選手としても活躍されていました!

    齋原さんのこれからの目標は全国大会出場、
    そして学生のためのオリンピックとも言われている
    ユニバーシアード競技大会がイタリアで開催される予定なので、
    もう一度日の丸が背負えるように頑張っていきたい!とのことでした!

    次回の広島大学Radio Campusは、3月4日です!
    お楽しみに☆

    広島大学 Radio Campus 第7回

    毎月第1、第3月曜日は「広島大学 Radio Campus」のコーナー!
    広島大学の先生にえもっちゃんがインタビューをして
    先生の研究についてお話しを伺うコーナーです!

    今回は広島大学大学院理学研究所の
    地球惑星システム学科の准教授でいらっしゃる薮田ひかる先生が
    スタジオにお越しになりました!

    DSC_6666.JPG

    「地球惑星システム学科」では地球を構成している大気、海、陸、
    そして深部で起こっている現象を、物理・化学・生物・地学の
    様々なプロセスが組み合わさったシステムとして考えていて
    簡単にいうと地球について学んでいる学科!
    地球だけでなく宇宙のことも学べる学科です!


    先生自身は宇宙から降ってくる隕石や宇宙塵を化学分析していて
    隕石に含まれている物質の種類と分布を明らかにすることで、
    太陽系の歴史と、地球や生命の起源を探っているそうです!
    隕石や小惑星を研究することで人類がエネルギー資源として利用できるような
    新しい金属や鉱物を入手することができる可能性もあるらしい!


    最近では探査機を使って宇宙から持ち帰るという技術が進んでいて
    小惑星表面の試料を採取して地球に持ち帰って分析を行う
    「はやぶさ2プロジェクト」には先生も深く関わっているとのこと!


    この研究はすぐに成果が出るものではなく長い時間のかかるものですが、
    「知りたい」という好奇心が先生を突き動かしています!
    宇宙や地球について知ってみたい!という好奇心のある人は
    ぜひこの地球惑星システム学科について調べてみてね!


    次回の広島大学Radio Campusは、2月18日です!
    お楽しみに☆

    広島大学 Radio Campus 第6回

    毎月第1、第3月曜日は「広島大学 Radio Campus」のコーナー!
    広島大学の先生にえもっちゃんがインタビューをして
    先生の研究についてお話しを伺うコーナーです!

    今夜は、「ええね広大!学生広報ディレクター」として活動している
    李 午梅(リ ウメイ)さん 
    貴船桃佳(きふね ももか)さん  
    古木 大志(ふるき たいし)さんの3人を
    お迎えしました!

    DSC_6655.JPG
    「ええね広大!学生広報ディレクター」とは
    広島大学の顔として、学生ならではの視点やアイデアで、
    大学の広報活動をしている学生さん。
    大学OBへのインタビューやSNSを通じて広島大学の魅力を発信しています!

    そんな3人に広大の「ええね!」な部分を聞いてみました!

    李さん⇒多彩なサークルや団体があることがええね!だと思います。
    テニス、サッカー、書道のような一般的な体育会系、
    文化系の部活、サークルはもちろんですが、
    個性豊かなサークルや団体も次々と広大生によって立ち上げられています。
    例えば、ボランティア団体「わくわく」、料理サークル、
    東広島市の魅力をウェブで発信する「マホラボ」などのような地元に根ざした団体です。
    人々に寄り添って地域活性化に若者の力と知恵を発揮しています。


    貴船さん⇒私は教育学部の、小学校の教員を養成するコースに所属していますが、
    先生になるのにうってつけの環境がそろっていることが「ええね!」です。
    授業では、実際にピアノを弾いたり歌ったり、絵本を描いたり、
    お菓子の模型を作る授業などもあります。
    教員志望の人のための資料がそろっている、就職情報資料室もおすすめです。
    私自身も空いた時間があれば足を運び、
    自分自身の将来について考えるようにしています。


    古木さん⇒留学プログラムや国際交流イベントに多種多様なものがあることが「ええね!」です。
    私自身も短期・長期含む複数のプログラムに参加しましたが、
    それぞれの興味や条件にあったプログラムがあるし、
    留学しても4年間で卒業することが可能です。
    僕は留学に行く前は、まったく英語が話せなかったのですが、
    留学後の今は英語でディスカッションをしたり、通訳もできるようになりました。
    TOEICも300点ぐらいアップしました!

    最後にみなさんから10代へメッセージ!

    自分たちの10代を振り返ると、後悔が意外とたくさんあります
    しかし、それらは今の自分を作ってくれたあたたかい思い出でもあります。
    だから、みなさんには今しか出来ないことをしてほしいし、
    その上で後悔がない10代を過ごしてほしいです!
    勉強、部活、友達関係、恋愛...などなど、それぞれ悩みは尽きないと思います。
    しかしいつかきっと懐かしいと笑える日が来るので、
    毎日を精一杯楽しんでください。応援しています!

    今日は心からありがとうございました!!!
    次回の広島大学Radio Campusは、2月4日です!
    お楽しみに☆

    広島大学 Radio Campus 第5回

    毎月第1、第3月曜日は「広島大学 Radio Campus」のコーナー!

    広島大学の先生にえもっちゃんがインタビューをして

    先生の研究についてお話しを伺うコーナーです!

    DSC_6548.JPG

    今夜は、大学院教育学研究科 音楽文化教育学講座 教授の

    枝川一也先生がスタジオに生出演してくださいました!

    先生は全く音楽が得意ではなかったけど、高校生の時に

    当時の先生に歌声を褒められたことから、「自分は歌が上手いのかも」

    という考えから音楽の道に進み始めたそうです!

     

    スタジオに登場した瞬間から素敵な歌声を披露してくださった

    枝川先生は、現役のオペラ歌手でありながら広島大学の教授を

    勤められており、「音楽」について日々研究をされています。

    研究と聞くと「論文を発表する・何かを発明する」という

    感じがしますが、演奏者にとっては「ステージなどで発表すること」が

    研究成果の発表になるそうです。

     

    先生が担当されている「音楽文化教育学講座」では、

    音楽を通して人間とは何か、どのように生きるべきかを学べます。

    学んでいる学生さんは、音楽の教師・研究科・演奏家を

    目指している人が多いそうです!

     

    先生にとって音楽とは、という質問に

    「人間の心をどうにかする、幸せにしてくれる。

    歌の中身は自分の気持ちを100%乗せたもの。ロックと同じ!

    "オペラは中身はロック。形・ラベルが違うだけ!"」と枝川先生。

     

    そんな先生は発声法についても研究をされているのですが、

    「いい声」について・・・

    "いい声"と言っても色んないい声があると思うのですが、

    例えばラジオならDJの気持ちが感情がいかに聞き手に伝わるか、

    それが一番伝わる声が一番いい声なのでは? とのこと。

    一概に低いから・響くからいい声、というわけではない!

    という事だそうです!

     

    さらに これからの時期、のどから風邪を引いてしまう10代も多い!

    ということで、先生が行っている「のどケア方法」をお聴きすると、

    ・話さない/歌わない/休ませる

    ・首に巻きものをして 絆創膏を口に貼って寝る(鼻呼吸をするため)

    ⇒リップクリームをつけてから貼るのがオススメ

     

    \最後に10代へメッセージ/

    「みなさんが求めなければ大学には何もない!

     でもみなさんが求める心があれば、ほとんどのものが学べます。

     広島大学は大きく多様性と広い心を持った大学なので

     頑張ってきてもらいたいなと思います!」

     

    枝川先生は、2月11日に東広島芸術文化ホールくららにて

    歌劇「仮面舞踏会」に出演されます!

    詳しくは、こちらから!!

     

    今日は心からありがとうございました!!!

    次回の広島大学Radio Campusは、1月21日です!

    お楽しみに☆

    広島大学 Radio Campus 第4回

    毎月第1、第3月曜日は「広島大学 Radio Campus」のコーナー!
    広島大学の先生にえもっちゃんがインタビューをして
    先生の研究についてお話しを伺うコーナー・・・なんですが
    今回は学生さんが登場!


    インタビューをさせてもらったのは
    経済学部4年の中山耕太郎くんと教育学部2年の石崎花奈さん!
    jklyyghrhgfkm.jpg
    2人は「OPERATION つながり」という学生ボランティア団体に所属していて
    西日本豪雨の際にも被災地へ行って支援を行いました。

    被災地に行ってみて、今の自分たちにできることに限りはあるけど
    できる限り力になりたいと話してくれた2人。
    自分たちで考えて行動するというボラティア活動を通じて成長し
    学生とは思えないくらいしっかりしていました!

    そんな2人は受験生の頃のお話しを聞いてみました!
    中山くん「家で勉強したくなかったのでとにかく授業に集中してました
         わからないところがあったら先生や友達に
         その日のうちに聞いてました」
    石崎さん「時間がなくて勉強の休憩を勉強でしてました」
    ↑石崎さんにとって英単語は休憩になるそうで、
     例えば「社会の勉強に行き詰まったら英単語で休憩!」という風に
     難しい勉強の合間に簡単な勉強をするという勉強法だったそうです。

    学生の"生"の声を聴いて、
    あらためて広島大学のすてきな部分を見ることができました!


    次回の広島大学 Radio Campusは年明けの1/7に放送です!

    広島大学 Radio Campus 第3回

    毎月第1、第3月曜日には「広島大学 Radio Campus」のコーナー!
    広島大学の先生にえもっちゃんがインタビューをして
    先生の研究についてお話しを伺うコーナーです!

    今夜は今年4月に作られたばかりの「情報科学部」の
    学部長である木島正明先生にお話しを伺いました!
    キャンパス3.jpg
    「情報処理能力」や「情報基盤」について学べるという「情報科学部」。
    例えばSNSを見ていれば色んな情報を知れますが
    「知った情報をどう扱うかを考えること」までを考えることが
    「情報処理能力」だそうです。

    今後の社会で「情報」を扱わない場面はなかなかないので、
    この学部で学んだ学生さんはいろんな企業に必要とされる人材になれるはず!
    と木島先生はお話ししてくださいました。

    そんな木島先生が専門にしているのは「金融工学」という分野。
    簡単に言うと「お金の流れを科学的に分析すること」。
    リーマンショックという世界的な不況がありましたが、
    こういった不景気が起きないようにすることが木島先生の研究の1つです。

    この研究は「医学のように直接人を救うことはできないけど
    経済が潤えば貧困は減り、間接的に人を救うことができる研究」だそうです。

    とても難しそうですが先生は
    「好きなことなのでつらいと感じたことはありません。
     10代のみなさんも好きなこと、
     興味を持ったことはどんどん突き詰めてください」と仰っていました!

    ちなみにお金の流れについて研究している先生は「投資」に関しても
    「失敗する確率は少ないです笑」とコメント。
    投資に興味のある9ジラーはぜひ木島先生にご指導を仰いでみては
    いかがでしょうか?笑

    次回の広島大学Radio Campusは先生ではなく
    「OPERATIONつながり」という学生ボランティア団体の方が登場となります!
    放送日は12/17(月)です!