« おはようございまー★メイン今日は・・・! »

2009年8月25日

東京学生LIFE 第2回

東京に住む大学生のリアルな1日を追う
月1回の期間限定コーナー!(毎月第3木曜日!)

●今回登場してくれたのは・・・
中央大学経済学部システム学科1年 重松寿星 くん

(前回登場してくれた國學院大學1年 西原 悠平くんの友達) 

基町高校出身、一人暮らし歴4ヶ月!
大学ではアナウンス研究会に入っているそう。
オオクボックスの未来のライバルか!?
shigematu-kun.jpg
今回は、彼の休日を追います!

重松くんが住んでいるのは、八王子という街。
(FUNKY MONKEY BABYSの地元としてもお馴染み)
そこから電車で揺られ、今日やってきたのは・・・
konnkai-yatte-kitanoha-.jpg

「町田」という街。都心からは電車で約1時間。
machida-ni-kimashita.jpg

待ち合わせ〜
machiawase.jpg
AM11:00 待ち合わせ。
今日は、広島時代からの友人
西原くんと休日を過ごす
toujyou-shita-no-ha-.jpg

落ち合ったとおもったら・・・マ●クでお茶!
広島から上京してきた2人は、
広島話や近況報告でゆるやかな時間を過ごす
machiawase-mac-de-otya.jpg

小一時間話したあとは、街ぶらへ。
町田の町並みは広島にも似ているそう。
machida-machi.jpg
他愛もない話をしながら
こうして、仲のよい友達と気兼ねなく過ごす時間が
勉学へのパワーにもなっているのか!?
shoppinug-matibura.jpg
そしてやってきたのは・・・

町田の人々にはなじみの『mina』。
ここで楽器や電化製品をチェックする。
shoppinngu-mi-na.jpg

まずは、お目当ての「島村楽器」へ。
piano-umi.jpg
いきなり店頭で演奏を始めた重松くん。相当の腕前!
西原くんも感心しっぱなしです。

続いては・・・洋服をチェック!
「買いたいね」 「うん、欲しいよね」
shopping-fuku.jpg
「なんか、これいいかも・・・」
shoppinngu-hoshii.jpg
でも、一人暮らし。財布の紐を管理するのは自分。
「悩む・・・」
shoppinngu-u-nnnayamu.jpg

結局、買わずに店を出た2人・・・
その後、インテリアや雑貨をチェック
shoppingu-fukafuka.jpg

下町の古きよき空気が残るお店もあれば
渋谷「109」の姉妹店もあったり。
この街は、重松くん曰く「色んなものがぎゅっと集まった街」
商店街に入れば・・・
syoutenngai.jpg
沖縄料理のお店や
syoutenngai-okinwaw.jpg
個性派ハンバーガーショップがあったり・・・
shoutenngai-humberger.jpg

なかでも、重松くん一押しのお店が【生煎饅頭屋】。
町田では知らない人はいないほどだそう。
manjyuu-kannbann-seisennmannjyuuya.jpg

お店の前はすごい行列!さすがです
manjyu-gyouretu.jpg

小さなお店の中を覗いてみると・・・
majyuu-teppann.jpg

ひとつずつ手作りしてます
mannjyuu-omisede-tedukuri.jpg
大きな鉄鍋で一気に焼き上げます
mannjyuu-jyuwa-jyuwa-.jpg
じゅわじゅわ
mannjyuu-jyuwa.jpg
店先には、ちゃんと「食べ方」指南もあり。
mannjyuu-tabekata.jpg

長い行列を待って、やっとありつけました!
manjyu-yatto-arituke-mashita.jpg
お箸を入れると、肉汁が溢れる!
mannjyuu-hashiwo-ireruto-nikujyuuga-.jpg

いただきまーす
itadakimasu-oishiso.jpg
うわ
itadakimasu-konnnano.jpg 
ほふほふ
itadakimasu-hofuhofu.jpg
はふはふ
manjyuu-hafuhafu.jpg
向かいにあるお店には
50種類ものソフトクリームがあるそう。
こちらもおススメだって。
muka-ni-aru-sofutokuri-mu-ya-ha-50.jpg

なんだか、お店紹介みたいになりましたが(汗)
東京・町田でしか味わえない饅頭、
「お越しになった際には是非!」(by 重松くん)

でも、その土地にしかないモノ、
その土地でしか出会えない人ってあるよね。

重松くんも、上京して
北は北海道から南は沖縄まで様々な出身地の友達が
できたそうで、
休日は、大学で出来た友達や
サークルの仲間と過ごすことが多いそう。

これも、東京で大学生活を送っている醍醐味のひとつかも。


重松くんにとって【東京】は・・・

「たくさんの出会いを与えてくれる」場所。
出会いに感謝しているし、
考え方も変わったし、物の見方も広がったそう。


将来は・・・
「今後は、英語の資格などを取って、
アナウンサーになりたい!」
と真っ直ぐな目で語ってくれました。
いつかHFMで、
重松くんの声が聴ける日が来ることを願いつつ・・・
来月の【東京学生LIFE】もおたのしみに〜♪

by くるみ