Chat&Drive 1/26(Sat)広島大学 産学・地域連携センター 兼 大学院総合科学研究科 匹田篤准教授(前編)

Chat&Drive、今週お迎えしたゲストは匹田篤さん。

 

 

130126hikita12.jpg 

 

広島大学 産学・地域連携センター 兼 大学院総合科学研究科の

准教授でいらっしゃいます。 

 

匹田先生は去年12月15日にご出演頂いた

GKデザイン総研広島の弥中敏和さんとお知り合いでも

あります。弥中さんともお仕事をしたことがあるということで

今回ご本人さまにご出演頂きました。

 

 

匹田先生の専門は、大きくわけて

メディア論・情報デザイン・科学教育の3つということで

今週は科学教育について伺いました。

 

 

130126hikita13.jpg収録にとあるセンサーをお持ち頂いたのですが・・・

 

 

 

130126hikita2a.jpg何だかわかりますか・・・?

これは二酸化炭素の濃度を測るセンサーです。

(広島市立広島工業高校が製作したものだそうです!)

 

匹田先生はこのセンサーを使って小中学生を対象に

授業を行っています。

 

 

匹田先生「庄司さん、二酸化炭素は空気中にどのくらい

あるかわかりますか?」

 

庄司「う~ん、70%くらいでしょうか!」

 

匹田先生「そんなにあると人間は生きていけない

ですね~」

 

 

大気中の二酸化炭素濃度は0.035%~0.04%程と言われ

これは小学5年生の教科書に載っていますが、

意外と忘れていた人多いんじゃないでしょうか?!

 

 

匹田先生はこのセンサーを広島県内の至るとこに

設置し、そのデータをインターネット上でみんなと

共有できればおもしろい事が出来るんじゃないか、

ということから研究を始めたんだそうです。

 

 

130126hikita3.jpg

匹田先生と向かった先は広島大学 東広島キャンパス。

 

 

hikita and shouji2.JPG

キャンパス内のこういった案内表示を

GKデザイン総研広島の弥中さんと手掛けたということです。

 

 

130126hikita9.jpg

来週はメディア論・情報デザインについても

たっぷり伺います♪

 

 

 

投稿者 MTadmin|12:30

Chat&Drive 1/19(Sat)陸上自衛隊 第13旅団 第13化学防護隊 梶谷健太郎さん

130119kajitani10.jpgChat&Drive、今週お迎えしたゲストは

陸上自衛隊 第13旅団 第13化学防護隊の3等陸曹

梶谷健太郎さん。

 

化学防護車と呼ばれる車両を操縦し、有毒化学剤や放射性物質に汚染された

地域のモニタリングや除染活動任務にあたっている方です。

 

 

130119kajitani1.jpg

高校卒業後、18歳で自衛隊に入隊した梶谷さん。

学生時代にニュースで化学防護隊の活躍を目にしたことが

きっかけで入隊を志したということでした。


 

梶谷さんが所属する13旅団は、中国5県の防衛警備の他
災害派遣などを主な任務としています。
各県に駐屯地があり、梶谷さんが属する第13化学防護隊は
海田市駐屯地にあります。
 
 
 
ということで海田市駐屯地にお邪魔しました!!
そして化学防護車のお目見えです。
130119kajitani6.jpg
で、でかい!!
とにかく巨大で大迫力!!
 
 
130119kajitani7.jpg
天井の高さは最も高いところで3m近くあるそうです。
 
 
さあどのくらいの大きさかというと・・・
DJ庄司と比較してみてください。
 
 
 
130119kajitani11.jpg
 
 
 
130119kajitani5.jpgタイヤのサイズが人の胸くらいの高さまであります。
そしてよく見ると車体にはスコップやツルハシなどが
はり付けてあります。
化学防護車だけじゃなく、自衛隊の車両には
悪路を走行する際に備えて、常に装備されているようです。
 
 
 
130119kajitani14.jpg
こちらは車の後ろ側。
右側にロボットアームのようなものが
付いています。
 
 
 
 
130119kajitani15.jpg
これはマニピュレーターと呼ばれるもので
外に出ることなく、車内から操作して汚染地域の土や小石を
採取することができます。
 
 
この化学防護車の最大の特徴はガスマスクなど特殊な
装備をつけることなく通常の格好で乗車し、
汚染地域に入ることが出来るところ。
 
汚れた外気を取り込み、清浄にする特殊な装置が付いて
いるんだそうです。
 
 
梶谷さんは実際にこの化学防護車に乗って
東日本大震災後、福島県で災害派遣活動任務を行ったという事です。
現地にはおよそ3ヶ月間滞在したそうですが、津波によって地形が変わっていて
地図通りの道を進めなかったことが大変だったと語っていました。
 
 
化学防護車の運転は一人では出来ず複数人が必要ですが、
運転席と後方にいる隊員とは顔を見る事が出来ず
声だけが頼りになるので、チームワークがとても重要だと
いうことでした。
 
 
 
 
ラストはN-ONEと一緒に記念撮影♪
 
130119kajitani16.jpg
130119kajitani8.jpg
130119kajitani12.jpg
 
梶谷さん、ご出演ありがとうございました!!
 
 
 
 
 
 
 
130119kajitani3.jpgちなみにこの海田市駐屯地の中には
ポプラがあるのですが・・・
 
 
 
 
130119kajitani4.jpg
自衛隊員さんが使う迷彩服やバッグなど
他のコンビニには無い商品がズラリ並んでいました!!
 
驚き!!
 
 
 
 
 

 
投稿者 MTadmin|12:30

Chat&Drive 1/12(Sat) 株式会社ヤマノホールディングス 東矢修さん(後編)

先週に引き続き、株式会社ヤマノホールディングス スポーツ事業部の

東矢修さんをゲストにお迎えしたChat&Drive。

 

 

130105powers00.jpg 

 今週はいよいよ東矢さんに持ってきて頂いたスキー板を

履いて初滑りします!!

 

 

 

それではそれぞれの板の説明です。 

 

130105powers.jpg

こちらはヘッドの"Xシェイプ"と呼ばれるモデル。

板の中央にくびれがあり、体重を乗せるだけで

ターンがしやすいのが特徴であるカーヴィングスキーです。

 

 

 

130105powers20.jpg

そして真ん中にある板がアルマダの"JJ"と呼ばれるモデル。

ロッカーボードと言われるタイプの板で新雪のふわふわした

コースも沈まず楽に滑れます。

板の幅が広く、先っちょとおしりが反れて少し浮いているのが

特徴です。

 

 

130105powers15.jpg

 

ブーツもカッコイイものを用意して頂きました!!

今回はサイズだけを測ってもらったのですが、お店で購入する場合は

O脚・X脚などお客さんの足にあったブーツを提供するので

履きやすさはさらにアップするそうです。

スキーもスノーボードも道具選びはとても大事だということですよ。

 

 

 

130105powers6.jpg

ばっちり決まってますね~!!

 

 

 

130105powers16.jpg

二つの板を試した感想をDJ庄司に聞いてみました!

 

まずヘッドのカーヴィングスキーについて。

「ちょっとヒザを入れるだけですぐ曲がりますね!!

昔のスキーとは全然勝手が違いますね!!」

 

そしてアルマダのロッカースキー。

「いや、これは楽しい!天にも昇る浮遊感を味わえますね~。

ふわふわ浮くから新雪も怖くないです!!」

 

と大喜び。

無理して長い板を履いていた時代とはまったく違うタイプの

スキー板に大興奮するDJ庄司でした。

 

このように今ショップには滑り方や好みに応じて

様々なタイプの板があるようで、ぜひ自分が楽しめる板を

見つけに来てください!ということでした。

 

今はスキー場に足が遠のいている方も

ぜひぜひお店で探してください♪

 

 

130105powers18.jpg

猫山にも遊びに来てニャー!!

 

 

 

 

 

 

130105powers9.jpg

こんなサイン色紙も見つかるかも・・・!

 

 

 

投稿者 MTadmin|12:30

Chat&Drive 1/5(Sat) 株式会社ヤマノホールディングス 東矢修さん(前編)

Chat&Drive、今週はPOWER'Sでお馴染み

株式会社ヤマノホールディングス スポーツ事業部の

東矢修さんをゲストにお迎えしました!

 

 

130105powers11.jpg

東矢さんはHFMの番組に何度か出演されたこともあり

「庄司アニキ!」「修ちゃん!」と呼び合うほどの仲です♪

 

今週は東矢さんとスキー板の新製品の試乗会へ

いざ庄原市のスノーリゾート猫山を目指しました!

 

 

 

130105powers8.jpg

ステップワゴンの広い車内にはスキー板もらくらく積めます♪

3列目を"くるりんぱ"して荷物を積んでも、5人乗れるので

ウィンタースポーツ好きな方にもぴったりな車です!!

 

 

 

130105powers1.jpg

 

ウィンタースポーツのプロショップ POWER'Sは県内に

4店舗。東矢さんは安佐南区八木の広島店にいらっしゃいます。

 

今の時期がスキー・スノーボードのピーク時期だそうですが、

スキー業界では既に次シーズンモデルのウェアの展示会や

板の試乗会などが行われ、それが4月頃まで続くそうです。

 

年齢の近いお二人はスキー全盛時代の話で一盛り上がり。

 

「あの頃はいかに長い板を無理して履くか競ってましたよね~!」

「そうですね!身長+15cmとかでしたよね!!」

 

その当時は長く真っすぐに伸びたスキー板というのが定番でしたが

今は全く違う発想の"カーヴィングスキー"と呼ばれる板が主流だそうです。

 

板にはじめからサイドカーブが付いていて、足を乗せる部分が

くびれています。曲がる時に膝に体重を乗せると自然にターンしてくれる

のが特徴で、14,5年前に登場して以来、圧倒的な人気を

誇っているということ。

 

滑るのが楽しみになりましたねー♪

 

 

 

130105powers13.jpgそんな話をしている間にスノーリゾート猫山に到着ー!!

 

 

130105powers2.jpg

130105powers4.jpg

実は収録日当日(12/12)はオープン前。

収録用に特別にコースをお借りしました・・・!!

 

 

130105powers12.jpg

一番右に写っているのはスノーリゾート猫山の

山口支配人です。

山口支配人、ありがとうございます!!

 

 

ということで次週は今シーズンまだ誰も滑っていない

コースを(無理言って)滑らせて頂きます!!

 

来週もお楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者 MTadmin|12:30

Chat&Drive 12/29(Sat) 車いすテニスプレイヤー 国枝慎吾選手(後編)

先週に引き続き、今週も車いすテニスプレイヤーの国枝慎吾選手を

お迎えしたChat&Drive。

 

121222kunieda6.jpg

 

目的地、広島市安佐南区にある

広島広域公園テニスコートに到着。

 

国枝選手はこちらの会場でこれまでにも何度か

プレーされたことがあります。

 

121222kunieda1.jpg

施設内には2008年に書かれた国枝選手のサインも

飾ってありました♪

 

121222kunieda14.jpg

今回はここ広域公園テニスコートのセンターコートで

テニスプレーを披露して頂きます!!

 

非常に広ーーいコートです。

観客がいないのがもったいない贅沢な収録でした!!

 

 

121222kunieda5.jpg

 

競技用の車いすに乗り変えて準備にかかります。

それではまずは車いすテニスのルールからご紹介!

 

"2バウンドまで許される"、それのみ!

あとは健常者のテニスと変わらないということでした。

 

ただフットワークが強みの国枝選手は大抵1バウンドで

処理するということで、相手に打ち返す余裕を与えません。

これが王者たる所以なんですね!

 

 

121222kunieda10.jpg

続いて車いす。

八の字に車輪をセットしますが、この角度は

選手によってバラバラなんだそうです。

角度をより深くすればターン性能が上がるが、

今度は直進のスピードが遅くなる。

国枝選手は昔から22度の角度に設定しているんだそうです。

 

テニスは手だけじゃなく足がとても重要。

よく"足ニス"と例えられるほどですが、

このチェアワークの早さとフットワークの良さが

他の誰にも負けない点だということで、国枝選手の強さの

秘訣につながっています。

 

 

121222kunieda4.jpg

腕だけでなく車いすの旋回を利用して打つ力強いショット。

間近で見るそのスピードはすさまじいものでした!!

 

国枝選手の強さを支えるもう一つの様子はメンタル面。

2006年にメンタルトレーニングを勧められ、世界の名選手を

指導してきたアン・クインさんというメンタルトレーナーの下に

つきます。

 

そこでアン・クインさんに「僕はNo.1になれますか?」という

質問をしたところ「なりたい、ではなく自分がNo.1なんだと断言しなさい」

と言われたそうです。

 

これは断言トレーニングと言われる自身を暗示にかけて

鍛える方法だそうです。ただ誰にでも効くものではなく

一番効果があったのは国枝選手だったそうです。

 

事実、そのトレーニングを始めた同年に

世界ランク1位に輝いたのでした!!

今でも国枝選手のラケットには「オレは最強だ」という文字が

書き込まれています。

 

国枝選手は「人生において挑戦し続ける事が、人間一番生き生きしている瞬間だ。

これからも挑戦し続ける人生を歩んでいきたい」と語っていました。

 

 

121222kunieda7.jpg

ラストは国枝選手と記念撮影♪

 

 

 

 

 

この後国枝選手はたくさんのママさんテニスプレイヤーに

囲まれていました!!

 

 

121222kunieda8.jpgここ広島でも大人気の国枝選手でした!!

 

 

 

 

 

投稿者 MTadmin|12:30