12/3(月)~サンクスリスナーズウィーク開催!

番組HP用ロゴ.jpg

投稿者 MTadmin|11:00

Chat&Drive 11/17(Sat) キリンビールマーケティング株式会社 下田代文康さん(後編)

Chat&Drive、今週はいよいよ下田代さんの会社

キリンビールマーケティング 中四国統括本部に到着です!

 

shimotashiro and shouji later 1.JPG

 

中にお邪魔するとテーブルの上にたくさんのお酒がっ!

ウィスキーとギネスのサージャー=泡立て器が並んでいます。

 

ここで下田代さんから

「まずは庄司さんをアイルランドにお連れしましょう!」との言葉が。

まずはギネスの歴史についてプロジェクターで説明して下さいました。

 

 

②.JPG

 

ギネスが生まれたアイルランドまでは日本から片道14時間。

アイルランドは北海道より少し小さいくらいの国土だそうです。

 

 

①.JPG

 

1759年に創業した世界NO.1スタウトビール。

クリーミーな泡が最大の特徴です。

 

このギネスのビール工場は、アメリカ・オバマ大統領をはじめ

世界各国の要人がアイルランドに訪れた際に足を運ぶ場所として

知られています。

 

 

③.JPG

 

253年の歴史がいかに古いかというと、

キリンビールが1907年、ハイネケンが1864年、バドワイザーが1852年、、、

と世界のビール会社と比較しても歴然です。

 

 

 

shimotashiro and shouji later 4.JPG

 

その歴史あるギネスビールをいよいよ試飲するタイムです♪

まずはサージャー専用の缶からグラスに注ぎます。

この時はなるべく泡を立てないように要注意!

 

 

 

shimotashiro and shouji later 6.JPG

 

 

次にグラスをサージャー=泡立て器 にセット。

 

shimotashiro and shouji later 7.JPG

 

下皿付近にあるボタンを押すと、

「ピーーィッ!」と音が鳴ります。

 

 

すると、、、

 

 

shimotashiro and shouji later 8.JPG

 

真っ黒だったグラスから細かな泡が立ち上り

一面、真っ白なグラデーションに変わっていきます!!

この泡が出来ていく過程をカスケードショーと呼びます。

美味しいギネスを味わう前のショータイムです。

 

 

この泡の動きが落ち着き、きれいに黒と白の境界線が

出来れば、パーフェクトパイント!

サージャーにセットしてから完成するまでの時間は、

 

 

④.JPG

 

119,5秒。

計算し尽くされた時間です。

 

 

ヨダレが止まらないDJ庄司。

さっそく頂まーす♪

 

 

shimotashiro and shouji later 9.JPG

 

shimotashiro and shouji later 10.JPG

 

ゴクゴク飲んでもクリーミーな泡は消えません。

「うーん、うまい!!」

と舌鼓を打っていると、食欲をくすぐる美味しそうな匂いが。

 

 

 

shimotashiro and shouji later 2.JPG

 

テーブルの上にはフィッシュ&チップスとカキフライが

運ばれてきました!!

魚とポテトがよくとれるアイルランドでは

フィッシュ&チップスはソウルフード。カキもよく食べられるということで

両方ともギネスにベストマッチング。

 

 

 

そしてなんとこのフィッシュ&チップスは下田代さんの同僚

キリンビールマーケティングの松永さんが朝早起きをして作ってくださったということ!

 

 

shimotashiro and shouji later 12.JPG

 

「フライの衣をとくのにギネスを使って、

まろやかで風味ある仕上がりにしています。」

とのこと。まさにベストマッチングな調理法です。

 

 

shimotashiro and shouji later 11.JPG

 

「とってもおいしゅうございます!」

 

 

 

さてさて、まだまだいきますよ。

 

ギネスを堪能した後は、シャンパーニュ・ポメリーの登場です!

 

 

shimotashiro and shouji later 13.JPG

 

左がポメリー ブリュット・ロワイヤル。ポメリー社のスタンダードクラスです。

そして右がキュベ・ルイーズ 1999。ビンテージシャンパーニュです。

 

 

shimotashiro and shouji later 15.JPG

 

ここでいよいよシニアワインアドバイザーの下田代さんによる

テイスティングの実践です!

 

 

 

テイスティングの流れは大きく分けて3つ。

 

 

shimotashiro and shouji later 16.JPG

 

まずは外観。ブリュット・ロワイヤルは

「グリーンがかった明るいイエロー。」

 

次に香り。

「グレープフルーツやライムのような柑橘系の香りに

少しヨーグルトのような香りも。」

 

最後に味わい。ティースプーン一杯分を口に含みます。

「アタックはシャープな酸が口の中に拡がり、エレガントな余韻が続く。」

 

時には百本単位でテイスティングする場合もあるため

口に含んだ後は飲み込まないそうです。

 

 

 

それではDJ庄司の番です。

 

shimotashiro and shouji later 17.JPG

 

「・・・うーん、アタックが良いですね!」

 

「・・・」

 

 

下田代さんは個人的にはシャンパンが特にお好きだそうで、

以前ワイン仲間6人でフランス・シャンパーニュ、アルザスを訪れた際は

8日間で123本=112.6本のシャンパンを飲み干した経験もあるそうです!

朝食のビュッフェにシャンパンが置いてあり飲み放題だったそうで、

朝シャンと呼んで楽しまれたそうです。

 

お酒は適量でお楽しみください♪

 

 

shimotashiro and shouji later 18.JPG

 

いつの間にかたくさんのお酒に囲まれて幸せな光景

 

 

 

shimotashiro and shouji later 21.JPG

 

こちらのジョニー・ウォーカーには

スモークサーモンがベストマッチング!

 

 

shimotashiro and shouji later 20.JPG

 

こちらはキリンビールで11/21から発売開始となる

「ジョニーウォーカー ゴールドラベルリザーブ」と「ジョニーウォーカー

プラチナムラベル18年」。

 

高級感溢れるウィスキーです。

 

 

ラストは下田代さんと記念写真♪

 

 

 

shimotashiro and shouji later 22.JPG

shimotashiro and shouji later 23.JPG

おいしいお酒、ごちそうさまでした!!

 

 

Chat&Drive、来週は新型軽自動車 ホンダ -ONEに乗って

山口県の秋芳洞までドライブに出かけます!!

N-ONEの性能と魅力をたっぷりお届けします。

来週もお楽しみに。

 

投稿者 MTadmin|22:22

Chat&Drive 11/10(Sat) キリンビールマーケティング株式会社 下田代文康さん(前編)

Chat&Drive、今週お迎えしたゲストは

キリンビールマーケティング株式会社の下田代 文康さん。

 

 

 

shimotashirosan and shouji12.JPG

 

鹿児島県出身、全国各支店での営業勤務ののち

首都圏統括本部に配属。現在は2010年から中四国統括本部

営業企画部の副部長として、広島でお仕事をされています。

 

shimotashirosan and shouji1.JPG

 

名刺を頂いてびっくり!!

下田代さんが取得されている資格の数が凄いんです!!

 

シニアワインアドバイザー、利酒師、焼酎アドバイザー、フードコーディネーター、

マナープロトコール検定1級などなど。

お酒と食に関わる、まさにプロフェッショナルです。

 

「資格はあくまでもスタートライン。そこから鍛錬を重ね

真のプロフェッショナルになってからこそ資格に価値が出てくる。」

そう語る下田代さん。非常に奥深いお言葉です。

 

 

shimotashirosan and shouji3.JPG

 

さてさて、ドライブトーク中はもちろんお酒は飲めませんが、

二人が手にしているのはキリン フリー。

 

2009年の発売以降これまでに

3回リニューアルを行っています。

 

人工甘味料を使用せず、麦芽とホップの素材の恵みが生きた

爽快なおいしさに進化した、ということですが、よりビールテイストに

近づけるためにキリンビバレッジのノウハウを活かしたり、

「キリンチューハイ氷結」の技術者なども開発に関わるなど

グループの総力を結集して生み出したのがキリン フリーだということです。

 

 

そんなお話を伺いながら到着したのは安芸郡府中町にある

キリンビールマーケティング 中四国統括本部。

 

shimotashirosan and shouji4.JPG

イオンモール広島府中のすぐ隣にあります。

 

 

 

shimotashirosan and shouji5.JPGエントランスに向かう途中で

「ん?あれは何だ?!」

 

 

shimotashirosan and shouji6.JPG

 

 

雄壮な姿でたたずむ麒麟さん像を発見!!

 

 

 

 

shimotashirosan and shouji7.JPG

さらには敷地内に神社もありました!!

 

 

 

shimotashirosan and shouji8.JPG

 

"麒酒司稲荷"とあります。

 

 

実はこの稲荷神社、キリンビール広島工場の開業当時に設置されたもので、

現在は移設されこちらの敷地内に残されています。

 

今でもご近所の方がお参りにやってきて、缶ビールをお供えして行かれるそうです。

 

 

 

 

 

 

shimotashirosan and shouji10.JPG

 

こちらはかつての広島工場の写真とその当時のビール瓶。

ずんぐりしている昔のビール瓶はオシャレ♪

 

 

 

 

shimotashirosan and shouji11.JPG

 

それでは来週はいよいよ中四国統括本部にお邪魔します!

 

Chat&Drive、来週もお楽しみに!!

 

投稿者 MTadmin|21:54

Chat&Drive 11/3(Sat) 美術監督 部谷京子さん(後編)

heyasan and shouji17.JPG

Chat&Drive、今週は呉市倉橋島からスタート!!

先週に引き続き、美術監督の部谷京子さんをお迎えして

後編パートをお届けしました♪

 

さてさて先週の放送では、映画「絆-きずな-」の中で役所広司さん演じる主人公が

墓参りをするシーンがここ倉橋島で撮影されたと紹介しました。

実際にはみかん畑だった場所をセットで墓地にしたということです。

 

部谷さんを乗せたNボックス プラスは、そのロケ地を探すため

島中を奔走~!!現地の人たちから当時の情報を聞き、

ついに目的地に到着しました!!

 

 

 

heyasan and shouji11.JPGこちらは倉橋町 鹿島の漁港付近。

今は木が生い茂っていますが写真中央の山肌が当時みかん畑だったロケ地です。

やっと発見!早速レッツゴー!

 

 

 

heyasan and shouji12.JPG

みかん運搬用のレールが残る急斜面をせっせと登りました。

 

 

 

heyasan and shouji13.JPG

写真で見る以上に急斜面!

部谷さんとDJ庄司、額の汗を拭いながら

やっとの思いで目的地に辿り着きました!!

 

 

 

 

 

いざお目見え!

こちらがお墓参りのシーンに使われた撮影場所です!!!

 

 

heyasan and shouji15.JPG

今はこの姿!

当然、当時の面影はありませんでした!!!

・・・しかし良く見ると段々畑の石壁は残ってますね。

 

 

heyasan and shouji14.JPG

斜面からは美しい瀬戸内海が臨めます。

「確かに、ここで間違いありませんね」と部谷さん。

無事、部谷さんの原点の場所にたどり着けました♪

 

 

 

heyasan and shouji16.JPG

一安心したところで収録再開。

部谷さんが代表を務めるダマー映画祭inヒロシマについて伺っていきました。

 

ダマー映画祭inヒロシマは2009年12月に広島で初めて開催した国際短編映画祭。

今年で4年目になります。今月16日(金)~18(日)の3日間、NTTクレドホールを

メイン会場として開催されます。

 

今年は68作品の応募があったということですが、国内はもちろん

海外勢の出品も多いという事。アジア圏の作品は評価が高く

特に韓国や台湾の作品は毎年グランプリを獲得するほど。

向こうでは、国策として映画作りを支援するという環境の良さが背景にあるんだそうです。

 

 

heyasan and shouji18.JPG

 

ダマー映画祭inヒロシマのほかには、

先月開催された東京国際映画祭の審査委員を務めたり

多摩美術大学で講義を行ったりと、美術監督としてのお仕事を

越えて幅広く活躍されています。

 

また現在、部谷さん自らがカメラを回している映像作品も

製作中とのこと!どのような作品で、いつ公開するかなどは

まだ先のことになるそうですが、部谷さんの作品を目にする日が待ち遠しいですね♪

 

heyasan and shouji19.JPG

部谷京子さん、2週に渡ってのご出演ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Chat&Drive、来週はワインテイスティングのプロフェッショナル!

キリンビールマーケティング株式会社の下田代文康さんをゲストシートに

お迎えします。来週もお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者 MTadmin|12:30

Chat&Drive 10/27(Sat) 美術監督 部谷京子さん(前編)

Chat&Drive、今週お迎えしたゲストは広島出身の美術監督

部谷京子さん。

 

heyasan and shouji.JPG

1992年に周防正行監督の映画「シコふんじゃった。」でデビュー。

「Shall we ダンス?」、「それでもボクはやってない」で日本アカデミー賞

最優秀美術賞を受賞するなど、日本を代表する美術監督の部谷さんです。

 

 

これまで数多くの作品に携わってこられた部谷さんですが、

最新作としては滝田洋二郎監督、岡田准一さん主演、宮崎あおいさんや

中井貴一さん、松本幸四郎さんなど豪華メンバーが出演された

大ヒット映画「天地明察」の美術を担当されました。

 

heyasan and shouji2.JPG

今週はどのように「天地明察」が作られていったのか、その流れを伺いました。

 

 

まず映画製作を実施するかどうかの会議が行われ、製作が決定したその日に

滝田監督ご自身がメインスタッフにそれぞれ電話をかけられるそうです。

 

「映画の製作が決まりましたので、部谷さんよろしくお願いします。」 と。

 

電話を受けたその日の部谷さんは踊りだしたくなるほど嬉しい気分になるんだそうです♪

 

その日のうちに本屋で天地明察の原作を購入し、一気に読み上げ

まず作品の世界にどっぷり浸ったそうです。

 

 

さてさて、天地明察の舞台は江戸時代。それまで800年に渡り使用されてきた

暦の誤りを見抜き、日本独自の暦を作り上げた安井算哲の姿を描く時代劇ということで

作品中には天体や天文機器などが多数登場します。

 

 

部谷さんは主人公 安井算哲の想いをもっと身近にイメージ

するため、製作に取り掛かるまで東京中のプラネタリウムに足を運んだそうです。

また監督や助監督ほかスタッフさんたちと国立天文台にも行き、

天体に関する勉強をされたんだとか。

 

「映画というのは、決してハリボテではなく裏付けを調べつくして

作られているんですよ。」と語っていました。

 

実際、映画「天地明察」の中で使われたいた天文機器などは

本当に観測できるものにするため、東大や京大の教授・専門家の意見を

あおいで作られたそうです。この徹底ぶりに驚きです!!

 

 

 

そんなお話しを伺いながら向かった先は呉市倉橋島。

 

heyasan and shouji7.JPG

倉橋島は広島で一番初めに映画の撮影場所になった部谷さんの思い出の地。

 

その映画は「絆-きずな-」。1998年公開の根岸吉太郎監督作品、

役所広司さん、渡辺謙さんが出演されています。

 

劇中に役所公司さんが瀬戸内海のある島で墓参りをする

シーンがあり、その場所が倉橋島だったのです。

 

撮影のためにみかんの段々畑に

地元の墓石屋さんに協力してもらいセットで墓を立てたそうです。

ということでそのロケ地を目指しました!!

 

heyasan and shouji9.JPG

、、、といっても倉橋島はとーっても広く、みかんの段々畑が

どこにあったのかは部谷さんの記憶を辿りながらドライブ。

海が見える高台だったというのがキーワード。

 

 

heyasan and shouji3.JPG

島に入るとすぐに墓石屋さんの看板が!

もしかしたら当時の事を知っているかもしれないということで

伺ってみたところ、

 

「あ~あの映画ね。それだったらうちじゃなく知り合いの墓石屋さんが

墓を作っとったよ。とりあえず"大迫"に行くとええよ~」

 

と情報ゲット!早速移動ー!

 

 

heyasan and shouji11.JPG

 

30分後、倉橋島 大迫に到着。

教えて頂いた墓石屋さんがありました。

 

heyasan and shouji4.JPG

「そうそう、ここですね!この字の彫り方が特徴なんですよ。

こちらに墓を作ってもらいましたね!!」と部谷さん。

 

残念ながらお店はお休みだったのですが、ご近所の方に伺ったところ

 

「あー、あの映画ね。ロケ地はここじゃなくて"宮ノ口"よ。」

 

再び移動ー!!

 

 

heyasan and shouji6.JPG

 

heyasan and shouji10.JPG途中郵便局で住所を確認しながら、何とか宮ノ口に到着です。

 

heyasan and shouji5.JPG

「うんうん!こんな景色だった気がしますよー!!」

 

 

 

さてさて、Chat&Driveは完全な旅番組になりました(?!)

 

目的のロケ地に辿りつくことができるのか、この続きは次週お届けしますー!

 

お楽しみに。

投稿者 MTadmin|12:30