Chat&Drive 9/22(Sat) 日本道路交通情報センター 座本栄理子さん

 

zamotosan shouji 1.JPG

今週からは待望のN BOX + に乗ってChat&Drive!

楽しみいっぱいのN BOX + の特徴はブログ後半で紹介します!

 

 

今週お迎えしたゲストは、ラジオのトラフィックインフォメーションでお馴染み

日本道路交通情報センターの座本栄理子さん。

 

zamotosan shouji 7.JPG

 

 

 

こちらは本番前の打ち合わせ室ですが、、、

 

zamotosan shouji 3.JPG

なぜかミッキーさんがいらっしゃいますね・・・?!

 

 

zamotosan shouji 4.JPG

ミッキーさんと座本さんの2ショット。

 

 

 

zamotosan shouji 6.JPG

ミッキーさんだけでなくマッキーさんも座本さんにご挨拶。

普段ラジオを通してでしかお話し出来ない方なので

貴重な"生"座本さんにみなさん感動です。

 

座本さんは昭和59年から放送を担当されていますが、

リスナーさんから「座本さんは昔から声の美しさが全く変わってませんよね!

なぜですか?」という質問を頂きました。

 

「うがい、手洗いを毎日心がけ、乾燥にも注意しています。

働いてから風邪をひいたり、熱を出したことはありませんね。」

 

健康な身体が若さの秘訣なようです。

 

 

zamotosan shouji 10.JPG

到着した先は広島県警察本部交通別館 基町庁舎。

こちらの建物の中に道路交通情報センターがあります。

 

 

zamotosan shouji 17.JPG

 

中にお邪魔すると、HFM・RCC・NHK用の放送ブースが

それぞれ3つ並んでいます。

 

zamotosan shouji 13.JPG

zamotosan shouji 14.JPG

HFMへのトラフィックインフォメーションはいつもこのブースから。

 

 

zamotosan shouji 12.JPG

zamotosan shouji 11.JPG

放送前に県内の道路状況と高速道路の状況を

専用のシステムでチェック。

 

zamotosan shouji 16.JPG

 

原稿は作らずメモ書きだけで交通情報を伝えているということです。

放送中にはブース前の巨大なパネルに速報も飛び込んでくることがありますが

それも瞬時にアナウンスに織り込みます。

プロフェッショナルです!

 

 

zamotosan shouji 19.JPG

座本さんの仕事を見学させて頂いている間、

田中さんとお会いしたのでパシャリ♪

 

田下さんにもお会いしたかったのですが、

この日はお休みでした。残念です。

 

 

ラストは座本さんと記念撮影。

 

zamotosan shouji 8.JPG

zamotosan shouji 9.JPG

座本さん、ご出演ありがとうございました~!!

 

 

 

 

さてさて、今回収録に使ったN BOX + ですが、

 

zamotosan shouji 2.JPGN BOXと同様、広ーい室内はそのまま、さらに遊び心がたっぷり♪

 

 

zamotosan shouji 20.JPG

フロントシート・リアシートを倒すとベッドモードに!

完全に足を伸ばせて寝ころべます。

 

 

zamotosan shouji 21.JPG

雨が降っても、釣りが楽しめそうです。

 

 

 

zamotosan shouji 22.JPG

ちょっと一休み・・・吹き抜ける風が気持ちよく

ホントにすやすやモードの庄司悟です。

 

ぜひお近くのホンダカーズ広島でこの心地よさを体感して下さい♪

 

 

Chat&Drive、来週は去年9月に宇品に誕生した

ライブハウス ブルーライブ 広島の上田支配人をお迎えします。

 

来週もお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

投稿者 MTadmin|12:30

Chat&Drive 9/15(Sat) 地域情報誌 アトリエリア製作者 貫田雅剛さん

kanchan and shouji2.JPG

 

Chat&Drive、今週ゲストシートにお迎えしたのは

貫田雅剛さん。

 

オリジナルのアニメキャラクターのイラストと共に広島の街の魅力を

紹介するインターネット上の地域情報誌 アトリエリアの製作者です。

 

アトリエリアはこちらでご覧ください

http://atelieria.jp/

 

 

kanchan and shouji1.JPG

貫田さんは先月8/18(土)8/19(日)に南区民文化センターで

開催されたサブカルの祭典「Hiroshima あにこむ 2012」の実行委員長も

務め、企画内容からHP製作などイベント全体のデザインを取り仕切りました。

 

当日は"痛車"の展示や"ボカロP"と呼ばれるクリエイターの人たちの

トークショーなどを行い、2日間で約1万人が訪れたということです!!

 

色んなジャンルのサブカルチャーを集め、これだけの規模で行った

イベントは広島には前例がないということ。

 

 

貫田さんにサブカルの魅力を伺いながら到着した先は

 

kanchan and shouji24.JPG

kanchan and shouji13.JPG

竹原市の町並み保存地区。

 

kanchan and shouji9.JPG

kanchan and shouji8.JPG

kanchan and shouji14.JPG

ここ竹原の町並み保存地区にはあるアニメの影響で

"聖地巡礼"に訪れるファンの人が絶えません。

そのアニメとは、ご存じ たまゆら です。

 

ここ西方寺もたまゆらの舞台になりました↓

 

kanchan and shouji15.JPG

kanchan and shouji16.JPG

kanchan and shouji17.JPG

階段を上がって見晴らしの良いお堂を目指します。

 

 

kanchan and shouji18.JPG

kanchan and shouji19.JPG

竹原の風情ある町並みを一望できます。

 

さて貫田さんと竹原がどう関係するかと言いますと、、、

貫田さんが今やられている地域情報誌 アトリエリア製作の

きっかけの一つに、たまゆらがありました。

 

アニメの舞台になったことで、その地域にファンが訪れ

地域振興につながる・・・。そしてまだまだ伝えきれていない

地域の魅力が広島にはたくさんあり、それを発信していく必要がある。

そんな想いからアトリエリアを始めたということです。

 

 

kanchan and shouji22.JPG

貫田さん自身が描いたイラストと尾道や三段峡、宇品など

それぞれの街並みが観光情報とともに写真に収められています。

すべて無料で見る事が出来ますので、これまでにない観光ガイドとして

ぜひ役立ててみてください!!

 

 

 

kanchan and shouji20.JPG

貫田さんが持っているこのカメラはローライ35と呼ばれるもの。

たまゆらの主人公愛用のカメラですが、たまゆらのOA後日本の市場からは

消え、貫田さんはアメリカのオークションで手に入れたということです。

 

 

kanchan and shouji21.JPG

猫のカメラケースは貫田さんの手作り!!

カメラを入れたとき、ストラップが猫のしっぽのように外に出ます。

かわいい!

 

 

西方寺の他にも町並み保存地区は楽しみいっぱい♪

 

kanchan and shouji23.JPG

階段で「シェ~」。

 

kanchan and shouji25.JPG

kanchan and shouji10.JPG

こちらはニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝さんの

記事。竹鶴さんの実家でもあり日本酒で有名な竹鶴酒造も

こちらにあります。

 

kanchan and shouji11.JPG

kanchan and shouji12.JPG

竹鶴酒造のみなさんと一緒に写真も撮らせて頂きました♪

 

 

kanchan and shouji3.JPG

収録後は道の駅たけはらで一休憩。

 

 

kanchan and shouji4.JPG

kanchan and shouji5.JPG

kanchan and shouji6.JPG

道の駅の中にはたまゆらコーナーがありました!

 

kanchan and shouji26.JPG

道の駅で売られていたぶどう味のソフトクリーム。

竹原出身アヤノンおすすめ!

甘さ控えめ、程良い酸味がオイシィー!!

 

 

ラストは貫田さんと記念撮影♪

 

kanchan and shouji27.JPG

kanchan and shouji28.JPG

 

 

 

 

Chat&Drive、来週はトラフィックインフォメーションでお馴染み

日本道路交通情報センターの座本栄理子さんをゲストシートにお迎えします。

来週もお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

投稿者 MTadmin|12:30

Chat&Drive 9/8(Sat) 広島経済大学 スポーツ経営学科 藤口光紀教授

今週ゲストシートにお迎えしたゲストは

群馬県出身のサッカー元日本代表選手、そしてスポーツ経営学の

大学教授でもいらっしゃる藤口光紀さんです。

 

shouji and fujiguchi1.JPG

高校時代にサッカーに出会い、1972年慶應義塾大学在学中に

日本代表選手に選ばれます。大学卒業後は浦和レッズの前身となる

三菱重工サッカー部の一員として、日本サッカーリーグで活躍され

1982年に現役を引退。その後チームマネジメントや試合運営に携わり、

2006年に浦和レッズ代表取締役社長に就任。

 

現在は去年4月に開設した広島経済大学経済学部のスポーツ経営学科で

教授を務められています。

 

 

shouji and fujiguchi2.JPG

現役時代はサッカーの神様 ペレとも対戦経験のある藤口さん。

現役バリバリのペレと対戦した思い出は今でも鮮明に覚えているとのこと。

ペレを初めて見た時は、ペレの全身が光に纏われているように見えたそうです!!

 

そして引退後1993年のJリーグ開幕時には浦和レッズの広報担当としてクラブの

立ち上げに貢献されました。

 

浦和レッズの当時のチーム名は「三菱浦和フットボールクラブ」。

これは当時マネジメントを担当されていた方の中に

マンチャスター・ユナイテッドの熱烈なサポーターがいっらしゃり、

 

M=三菱 ・ マンチェスター

U=浦和 ・ ユナイテッド

F=フットボール

C=クラブ

 

とかけて名付けたそうです。

 

ネーミングからホームスタジアムの選定まで

強いこだわりを持ってクラブ運営をされていたということです。

 

 

そんなお話しを伺いながら、広島市安佐南区祇園にある広島経済大学に

到着。

 

shouji and fujiguchi15.JPG

 

shouji and fujiguchi18.JPG

 

shouji and fujiguchi19.JPG

 

shouji and fujiguchi20.JPG

野球部員と遭遇。

「こんにちわー!」と元気よく挨拶。

 

shouji and fujiguchi23.JPG

shouji and fujiguchi22.JPG

立派なグラウンドで藤口教授と野球観戦もしました♪

 

 

 

shouji and fujiguchi3.JPGこちらは大学構内。ずらーっと研究室が並んでいます。

 

 

shouji and fujiguchi6.JPG藤口教授の研究室に「お邪魔します!」

 

 

shouji and fujiguchi7.JPG

中国新聞主催のスポーツビジネス座談会の記事や

 

shouji and fujiguchi8.JPG藤口ゼミの写真が飾られていました。

 

 

 

shouji and fujiguchi11.JPG

ソファに座って収録再開。

 

もともと体を動かすための手段であったスポーツが

資源となりビジネスに発展していき、スポーツマネジメントという

学問が誕生しました。

 

shouji and fujiguchi9.JPG

藤口教授が新学期の授業を始めるまえに

必ず生徒に伝える言葉は「パッション・ミッション・アクション」。

 

スポーツマネジメントの仕事で大事なのは

スポーツに対する情熱=パッション。

その情熱を正しい方向に注ぐ使命=ミッション。

情熱と使命を持って具現化していく=アクション。

 

 

shouji and fujiguchi10.JPG

スポーツという1つのスタイルを通じて経営を学ぶ。

それがスポーツ経営学だと教わりました。

 

 

 

shouji and fujiguchi14.JPGラストは記念撮影♪

研究室がお隣のスポーツ経営学科の濱口教授と岡安准教授にも

お会いしました。

(左から藤口教授、濱口教授、岡安准教授)

 

 

shouji and fujiguchi17.JPG

 

 

Chat&Drive、来週は広島の街の魅力を紹介する

地域情報誌アトリエリアの製作者 貫田雅剛さんを

ゲストシートにお迎えします♪

 

 

来週もお楽しみに!

 

 

 

投稿者 MTadmin|12:30

Chat&Drive 9/1(Sat) 平田観光農園 代表取締役会長 平田克明さん

hiratakannkounouen29.JPG

Chat&Drive、今週訪れた場所は三次市上田町。

 

 

hiratakannkounouen31.JPG

"フルーツの森"、といえばそう

平田観光農園までドライブしてきましたー!!

 

 

hiratakannkounouen1.JPG

お迎えしたゲストは代表取締役会長の平田克明さんです。

旧広島市民球場7個分、およそ15ヘクタールの広さの農園では

1年を通して様々な種類のフルーツを収穫することができます。

 

 

hiratakannkounouen2.JPG

hiratakannkounouen4.JPG

hiratakannkounouen3.JPG

フルーツは8月後半から9月頃が最盛期!

1年の中でも特にフルーツ狩りでにぎわう時期。

今はプラム、りんご、ブルーベリー、ぶどう、和なしなどが

旬です♪

 

 

 

hiratakannkounouen9.JPG

hiratakannkounouen8.JPG

到着してそうそう、ハウスの中へお邪魔。

 

 

hiratakannkounouen10.JPG

hiratakannkounouen11.JPG

おいしそうに熟れたプラムがたくさん☆

 

 

hiratakannkounouen12.JPG

一口かじるとジューシーな果汁が溢れでてきます♪

もぎたてのプラムは太陽に当たっていて少し温かく、

普段冷蔵庫で冷やされたフルーツとは違い

新鮮で甘みたっぷり、とにかくオイシィー!!

何個でも食べられますね、ホント。

 

 

 

hiratakannkounouen33.JPG

プラム園を出た後向かったのは

「noqoo(ノクー)」というカフェ。

 

 

hiratakannkounouen14.JPG

hiratakannkounouen13.JPG

日本家屋を移築して作られたそうですが

中は涼しく、オシャレな雰囲気です。

 

 

hiratakannkounouen17.JPG

のどかな農園の風景を眺めながらソファでアイスコーヒーを一杯。

 

 

hiratakannkounouen16.JPG

フルーツ狩りをして汗ばんだ体をクールダウンしてくれる

最高の休憩場所です。

 

 

hiratakannkounouen15.JPG

アイスコーヒーの他にもメニューがありますが、

オススメなのが農園フルーツカレー。

 

hiratakannkounouen25.JPG

hiratakannkounouen26.JPG

プラムとプルーンがたっぷり入っていて

コクのある甘みが特徴のカレーです。

おかわり必至です!

 

 

hiratakannkounouen24.JPG

 

さてさて、noqooを出て次に向かった先は・・・

 

hiratakannkounouen18.JPG

hiratakannkounouen19.JPG

ぶどう園。

一房一房丁寧に袋につつまれています。

 

 

hiratakannkounouen21.JPG

こちらはデラウェア。

 

hiratakannkounouen22.JPG

そしてこちらはヒムロット。

 

 

hiratakannkounouen23.JPG

たくさんのぶどうに囲まれながら収録を再開。

 

平田会長は農園の経営をされる以前は長野県の果樹試験場に

就職され、ぶどうの研究を行っていました。

そこで開発したのが種なしぶどうの技術。

 

デラウェアも種なしぶどうの1つで、もともとは種のある品種だったそうです。

 

デラウェアはトウモロコシのようにたくさんの実が生りやすい品種で

そのままだと実割れしてしまい商品価値が無いぶどうだったそうですが

実割れしないように茎を伸ばすため、ジベレリンという植物ホルモンを

与えたところ、偶然種がなくなったことに気付いたそうです。

 

種なしぶどうが偶然から生まれた技術とは、驚きでした・・・!

 

 

hiratakannkounouen30.JPG

 

hiratakannkounouen27.JPGラストは平田会長と記念撮影♪

 

 

ぜひみなさんも平田観光農園でフルーツ狩りを楽しんでください。

 

 

そしてお土産は

 

hiratakannkounouen28.JPG

特製ジャムがオススメですよ♪

 

 

平田観光農園の地図はコチラ

 

 

Chat&Drive,来週は広島経済大学 経済学部 スポーツ経営学科

教授の藤口光紀さんをゲストシートにお迎えします。

来週もお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこのブログの冒頭の写真のカラクリはコチラ

 

 

hiratakannkounouen32.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者 MTadmin|12:30

Chat&Drive 8/25(Sat) 新光時計店4代目店主 松浦敬一さん

oosakishimojima34.JPG

Chat&Drive、今週はホワイトのステップワゴンに乗って遠出ドライブ!

目的地は大崎下島の港町、呉市豊町の御手洗です。

 

 

 

oosakishimojima3.JPG

車内ではDJ庄司悟が準備中。

あれ?珍しく腕時計を付けていますね・・・!

 

 

oosakishimojima4.JPG

大崎下島の御手洗までは広島市内から車でおよそ2時間。

大きな橋を4本渡って大崎下島に入島。

 

 

素晴らしい自然の景色が目の前に広がってきました♪

 

oosakishimojima5.JPG

 

oosakishimojima6.JPG

oosakishimojima7.JPG

 

oosakishimojima8.JPG

 

oosakishimojima9.JPG

 

 

海の青と山の緑の絶妙なコントラスト。

 

oosakishimojima1.JPG

 

 

あまりの自然の美しさにテンションMAXー!!

oosakishimojima2.JPG

良い表情ですね♪

 

 

ここ御手洗は江戸時代より、人と情報が集まる要衝地として

発展した町です。今は町並み保存地区として、江戸時代の

風情を残す建物が多く残っています。

 

oosakishimojima10.JPG

 

oosakishimojima11.JPG

 

oosakishimojima12.JPG

 

さて今週訪れたのは、ここ御手洗の町並み保存地区にある時計店です。

 

 

 

oosakishimojima13.JPG

 

oosakishimojima14.JPG

 

oosakishimojima15.JPG

 

こちらがその新光時計店。

150年前からこの地でお店を構えている日本で最も古いと言われる

時計店です。

 

 

今週お迎えしたゲストは新光時計店4代目店主の松浦敬一さん。

 

oosakishimojima18.JPG

 

松浦さんのもとには全国各地、果ては海外からも

他店で修理不可能とされた時計が集まってきます。

 

 

 

oosakishimojima16.JPG

oosakishimojima35.JPG店内には修理した時計を郵送するための

ダンボールがたくさん並べられています。

 

 

oosakishimojima20.JPG

新光時計店には懐中時計や腕時計、その他大きな壁掛け時計や柱時計など

年中修理の依頼が絶えません。

中には100年以上昔の時計の修理をされることもあります。

 

 

なぜ他店では不可能な修理が新光時計店では可能なのか・・・。

 

その理由の一つには昔使われていた時計の部品の在庫が

圧倒的に多いというポイントがあります。

 

oosakishimojima21.JPG

こちらは懐中時計に使われるガラス。大正時代から蓄えてきたものも多く

他店でこれだけの量を抱えているところは少ないということでした。

 

 

そして時計の修理依頼が多い最大の理由は技術力。

時計修理は、まず70%の状態で時計が動く。

100%は新品と同様。

 

松浦さんは150年の伝統と技術で100%修理を目指しています。

 

 

こちらは松浦さんの作業場↓

 

oosakishimojima23.JPG

 

oosakishimojima24.JPG

 

oosakishimojima36.JPG

時計修理に欠かせないのが自然光なんだそうです。

紙1枚の隙間を見なければいけない修理では、蛍光灯の光よりも

自然光の方が数倍も作業がはかどるということ。

 

作業場は通りに面し、明るい自然光が注いできます。

街中と比べ人通りも車通りも少なく修理に集中できるこの環境も、

新光時計店が昔から続いてきた理由の1つなんですね。

 

 

 

oosakishimojima27.JPG

oosakishimojima26.JPG

ラストは松浦さんと記念写真♪

 

 

 

その後

大崎下島の魅力に取りつかれたChat&Driveスタッフ一同は

ドライブを再開!

 

 

oosakishimojima28.JPG

 

 

oosakishimojima29.JPG

 

oosakishimojima30.JPG

 

oosakishimojima31.JPG

 

oosakishimojima32.JPG

 

oosakishimojima33.JPG

 

大浜海浜公園に沈む夕日を見に、ぜひみなさんもドライブで訪れてみてください!!

 

 

 

 

 

 

Chat&Drive,来週は 三次市にあるフルーツの森 平田観光農園の

平田克明さんをゲストシートにお迎えします♪

来週もお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者 MTadmin|12:30