最近の記事

次週予告

今年もお世話になりました!来年もよろしくお願いしますあなたにネッ中!

アーカイブ

« 昭和の鉄道博士 窪田 正実さん | このブログのトップへ | 宮島 日本文化体験施設okeiko Japan代表 橋口栄さん »

人形作家 二代目 辻村寿三郎  川崎員奥さん

今日の『ひろしま・だんRUNトーク』 のコーナーは、

人形作家 二代目 辻村寿三郎  川崎員奥さんにお越しいただきました。

ゲスト0716.jpg

まずは、先代の辻村寿三郎さんがどんな方なのか教えていただきました。

人形師、着物デザイン、舞台、映画等の衣裳デザイン、など多岐にわたり、世界的に有名で、

少年時代を三次で過ごしたため、広島とも縁がある方だそうです。

川崎さんは、1991年から先代の下で学ばれ、創作人形の発表、人形芝居上演、舞台衣装デザインなどの活動を続けられています。

そして今年2月に二代目辻村寿三郎を襲名されました。

人形師になったきっかけは、40代のころ、東京で生け花を教えられていた時に、

人のつながりで先代と知り合われ、広島出身という共通点から、家に招かれるほどの仲になったことだそうです。

先代からは、

「人形を見たら、その人が分かるから、引き出しをいっぱい作りなさい。ボキャブラリーを増やし感性を磨きなさい」

と教えられたんだそうです。

 

川崎さんは歌も好きで、シャンソンのリサイタルをすることもあるんだそうですよ!!

川崎さん、ありがとうございました。

投稿者 MTadmin|09:27