最近の記事

次週予告

アーカイブ

« 2021年9月 | このブログのトップへ | 2021年11月 »

 Archive: 2021年10月

エディオン蔦屋家電 書籍担当 吉田泰則さん

今日の『ひろしま・だんRUNトーク』 のコーナーは、

読書の秋にちなんで、エディオン蔦屋家電の書籍担当 吉田泰則さんをお迎えしました。

ゲストさま1029.jpg

エディオン蔦屋家電は

「居心地のいい時間を楽しむ新しい発見に出会える家電店」をコンセプトに、

各フロアにはソファを配置し、ゆっくり過ごせる空間が広がっています。

館内のカフェで買った飲み物を手に、ソファでくつろぎながら読書ができます。

 

今日は書籍担当の吉田さんの読書の秋にお勧めする1冊を教えていただきました✨

『新久千映のお酒バンザイ!』 発行 ㈱KADOKAWA 著者 広島在住新久千映さん

飲食に関するコミックエッセイで、書店もですが、

アパレル、商店街含む小売や飲食店が元気だと暮らす街でも旅先でも楽しいと考えておられ、

そんな楽しいことを思い出せる本なんだそうです。

 

読書の秋、エディオン蔦屋家電で豊かな時間を過ごされてみるのもいいかもしれません🎶

吉田さん、ありがとうございました!

LINEで送る
投稿者 MTadmin|13:22

横川ゾンビナイト企画運営本部長 粟河瑞穂 さん

今日の『ひろしま・だんRUNトーク』 のコーナーは、

「横川ゾンビナイト」企画運営本部長の粟河瑞穂さんをお迎えしました!

ゲストさま1022.jpg

 

横川で10月25日から開催されるイベント「横川ゾンビナイト」は、

2015年に始まったイベントで今年で7回目。

ハロウィンに合わせて「ゾンビ」をテーマに企画されています。

コロナ禍で密を避けるため、昨年から会期を1週間にして開催されます。

横川駅前や商店街を中心に、ゾンビをテーマにした様々な企画を実施します。

 

これまではゾンビになりきれるフェイスペイントなどありました。

去年からはマスクにするなど工夫をされてきたそうです。

地元の商店などとコラボして、大人から子供まで楽しめるイベントになっているそうです。

 

今年のゾンビナイトは10月25日から毎日日没から20時まで開催されます。

① 【横川ゾンビNO密パトロール隊】・・・期間中、不定期にゾンビが出没。突然踊りだしたり大道芸をしたり...。密になりそうなら逃げよう!

② 【横川アドベンチャー】・・・30、31日の土日、小学生以下を対象に、商店街を回ってミッションをクリアするイベントを開催(先着500名)

③ 【ゾンビストーリーラリー】・・・全国から寄せられたゾンビストーリーを元にその世界観を店舗や街中で再現。横川商店街に点在するストーリーボードを探してみよう!

●そのほかにも、フォトスポットがあったり、歌やダンスのステージイベントもあるそうです✨

詳しくはコチラから✨

 

 

そして今回は、芸備線でつながる「三次」ともコラボした企画「横川ゾンビと三次もののけ謎解き」もあるそうです!

現在開催中で、来年1月末まで実施されています。

詳しくはこちらをご覧ください✨

 

粟河さん、ありがとうございました。

LINEで送る
投稿者 MTadmin|13:40

ボウリングショップ アップ  竹内教泰さん

今日の『ひろしま・だんRUNトーク』 のコーナーは、

スポーツの秋を迎えたということで、

ボウリングショップアップの竹内教泰さんにお越しいただきました。

ゲストさま1015.jpg

ボウリングショップアップは、

中区平野町にあって、ボウリング用品販売・加工専門店のプロショップです。

本店は、ボウリング場外の独立店舗として営業しており、広電ボウル内にも店舗があります。

竹内さんは、マイボールに指の穴をあける、ドリラーをしていらっしゃいます。

 

今日は、ボウリングのボールの選び方やスコアアップのコツなどを教えていただきました!

スコアアップのコツは、立ち位置を毎回同じにするといいそうですよ✨

また、ボウリングは有酸素運動なので、健康にもいいそうです!

 

ボウリング、やりたくなりました♪

竹内さん、ありがとうございました!

LINEで送る
投稿者 MTadmin|13:36

ハワイ移民資料館「仁保島村」館長 川﨑壽さん

今日の『ひろしま・だんRUNトーク』 のコーナーは、

ハワイ移民資料館「仁保島村」館長の川﨑壽さんにお越しいただきました。

ゲストさま1008.jpg

 

川﨑さんが館長を務められるハワイ移民資料館「仁保島村」は

1996年に仁保で開館しました。「仁保島村」とはかつての地名で、

明治時代には仁保からたくさんの人がハワイに移民したそうです。

労働者が不足していたハワイからの要請で、明治政府が募集したところ、

最初に手を挙げたのが、広島や山口だったことから、広島からの移民が多かったそうです。

 

資料館には、ハワイ移民が持ち帰ったものを中心に展示されています。

広島からの移民がなぜ多いのか、ハワイでの生活ぶりはどうであったか、

資料に語らせる手法をとっているんだそうです。

資料の中には、ハワイやアメリカの資料館でも見ることができないものもあります。

そして去年「ハワイ日本人移民史」を出版されました。

30年かけて資料を集め、研究されてきた内容が詰め込まれています!

今後は今回作った本を英語に訳して、ハワイやアメリカに住む移民4世5世に正しい移民史を伝えたいとおっしゃっていました。

 

川﨑さんありがとうございました。

LINEで送る
投稿者 MTadmin|13:17

老人会「Aナイスクラブ」会長 沖 武宏さん

今日の『ひろしま・だんRUNトーク』 のコーナーは、

老人会「Aナイスクラブ」会長の沖 武宏さんにお越しいただきました。

ゲスト様1001.jpg

「Aナイスクラブ」とは、安佐南区にある住宅団地「Aシティ」に住む、

60歳以上の方が参加できる、老人会のことで、

ちょうど20年前の、2001年10月1日に設立して、今年で20周年を迎えられました。

今年7月現在、会員は100世帯、135人が参加されています。

会員どうしの親睦を深めて、健康で明るい生活を図るとともに、

社会福祉、老人福祉を行うことを目的に活動されています。

実際には、毎月会報誌を発行されたり、社会見学、健康ウォーキング、バス旅行などの行事などなど、

様々な活動をされています。

中でもごみ拾いは、毎月されていて松井市長に表彰されたんだそうです✨

 

これからも内容が充実した、日本一の老人会を目指されるそうです!!!

沖さん、ありがとうございました。

LINEで送る
投稿者 MTadmin|13:31