最近の記事

次週予告

アーカイブ

« 2022年2月18日 | このブログのトップへ | 2022年3月 4日 »

 Archive: 2022年2月25日

有限会社 はなぞの野呂高原 今井満さん

今日の『ひろしま・だんRUNトーク』 のコーナーは、

広島県ラン展実行委員「有限会社 はなぞの 野呂高原」の今井満さんにお話を伺いました。

ゲストさま0225.jpg

今井さんは、普段ランをはじめ、バラなどの生産・販売のお仕事をされています。

呉市川尻町「野呂山野呂高原ロッジ」の近くにある「はなぞの野呂高原」は、

山頂の寒冷な気温を利用し,約1,500坪の広大な敷地で、

コチョウランとバラの生産・販売を行っています。

週末金曜土曜にはハウス内の見学と販売を行っています。入場料は無料です。

 

 

洋ランは、主に、東南アジア、南アメリカ、アフリカの赤道付近の熱帯雨林原産の植物です。

品種は700属15000種あるといわれており、

木の上で育つものと、土の上で育つものがあります。

育て方が非常に難しくて、高価なイメージもありますが、

実は温度が必要なものとそうでないものがあり、温度の必要でないものは育てやすかったり、

水遣りも毎日あげなくていいものが多いので、あまり手のかからない種類が多いそうです。

 

 

先週、広島県の洋ラン品評会が開かれ、県内の洋ランの生産者が栽培した洋ランを

一堂に集めて品評会を行い、品質の良さを競いました。

プロの部とアマチュアの部があり、広島県花卉園芸農協洋ラン部会、

広島洋蘭倶楽部に所属している人が出品しています。

見た目はもちろん、花の色、花の大きさ、咲きかた、葉の光沢、花持ちの良さなど

種類ごとに審査します。

そして2月27日まで「第39回広島県ラン展」が広島市植物公園で開催中。

広島市植物公園は、毎週金曜日は休園日ですが

今日は臨時開園しています!

 

詳しくはコチラをご覧ください。

今井さんありがとうございました。

LINEで送る
投稿者 MTadmin|13:06