最近の記事

次週予告

今年もお世話になりました!来年もよろしくお願いしますあなたにネッ中!

アーカイブ

コントラバス奏者 河口悠介さん

今日の『ひろしま・だんRUNトーク』 のコーナーでは、

コントラバス奏者の河口悠介さんをお迎えして、お話を伺いました✨

ゲスト0717.jpg

 

河口さんは、佐賀県有田町ご出身の23歳で、エリザベト音楽大学進学をきっかけに広島にいらっしゃったそうです☺

卒業後の現在はコントラバス奏者として演奏活動と合わせて、作曲などにも取り組んでいらっしゃいます。

今年4月に「平和を願うヒロシマ若者の会」を設立し、広島県原爆被害者団体協議会で平和学習講師としても活動中だそうです🌸

毎週末、南区にある被爆建物「被服支廠」を案内するガイドをしているそうですよ!

他にもひふくしょうラジオをYouTubeでスタートをされており、日々いろいろな活動をされています。

今後は

【被ばく・終戦75周年記念 第3回ピースコンサートinヒロシマ~若手音楽家による平和の祈り~】

8月16日(日)14時~ 無観客、有料配信で実施されるそうです!

チケットは1000円で申込受付中です☺

河口さん、ありがとうございました✨

LINEで送る
投稿者 MTadmin|14:58

「柳橋 こだに」 店主の小谷隆春さん

今日の『ひろしま・だんRUNトーク』 のコーナーでは

 

「柳橋 こだに」 店主の小谷隆春さんをお迎えしました。

ゲスト0710.jpg

小谷さんと柏村さんは50年来のお付き合いがあるそうですよ!

サーカスのバックキーボードを5年間担当していらっしゃったこともあるそうです✨

 

『柳橋 こだに』は1947年に創業され、うなぎ、すっぽん、カキ料理を専門に提供する、市民に愛され続ける老舗です。

一度は食べたことあるという方も多いのではないでしょうか☺

今年の土用の丑の日は7月21日と8月2日です!

昔から夏の土用には「う」のつく食べもの、例えば瓜や梅などを食べる習慣があり、

うなぎが食べられるようになったという説など、諸説あります。

うなぎは、何を食べているか知られてないなど、まだ知られてない生態が多いそうですよ。

7月21日(火)の土用丑の日は、ご予約分のお持帰りの引渡しのみ予定数に達し次第締め切るので、お早目にお申し込みください✨

美味しいウナギを食べて、暑い夏を乗り切りたいですね🌸

 

 小谷さん、ありがとうございました。

LINEで送る
投稿者 MTadmin|10:04

ヌマジ交通ミュージアム 広報の岩井正徳さん

今日の『ひろしま・だんRUNトーク』 のコーナーでは、ヌマジ交通ミュージアム 広報の岩井正徳さんをお迎えしました。

ゲスト0703.jpg

岩井さんは、ヌマジ交通ミュージアムにお勤めになって4年目で前職は、中学校の先生だったそうですよ!

 

「ヌマジ交通ミュージアム」は広島市立の登録博物館で、

乗り物と交通の歴史を見て、触れて、体験できる国内でも珍しいミュージアムとなっており、平成7年3月18日に開館しました。

2015年から命名権導入で、「ヌマジ交通ミュージアム」になりました。

 

新型コロナウイルスの影響で、休館していた時もあったそうですが、現在は営業を再開されています。

ヌマジ交通ミュージアムでは7月17日から、企画展「未来はこれカラダ!身体アシストテクノロジー」が開催されるそうです✨

重たい荷物を持ち運ぶ際の腰の負担を軽減する「アシストスーツ」などが展示されます。

乗り込んだ人が動く通りに操作できる、およそ3メートルのロボット、「スケルトニクス」も間近で見られるそうですよ!

入館料は、大人510円、高校生と65歳以上は250円で中学生以下は無料となっています。

特別展の会期は、8月30日までです。(休館日は、月曜と8月7日)

今日はヌマジ交通ミュージアム 広報の岩井正徳さんをお迎えしました。

ありがとうございました!!

LINEで送る
投稿者 MTadmin|14:32

「海老澤 孝公税理士事務所」 代表、中国税理士会会長の海老澤 孝公さん

 







今日の『ひろしま・だんRUNトーク』 のコーナーでは

海老澤 孝公税理士事務所 代表で、中国税理士会会長の海老澤 孝公さんをお迎えしました。

ゲスト0626.jpg

 

柏村さんと海老澤さんは、30年以上のお付き合いがあるそうです。

海老澤さんはご自身の税理士事務所を立ち上げられて40数年以上で

現在は、中国税理士会の会長も務めていらっしゃいます。

 

 

今日は持続化給付金について、詳しく伺いました。

持続化給付金ですが、税理士は直接の担当ではなく、行政書士のお仕事なのです。

海老澤先生は行政書士の資格もお持ちのため、資料の準備などサポートをしていらっしゃるそうです。

持続化給付金は感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、

事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、お金を国が支給する制度の事です。

中小法人などは、最大200万円をひと月の売り上げが前年の同月比で50%以上減少していると貰えるそうなんです。

手続きの方法はネットでの申請で、経済産業省のシステムから入力できます。その際メールアドレスが必要です。

まだ、詳細がはっきりしてない給付金もあります。

情報をいかに仕入れるかが大切なので、ラジオやニュース、インターネットなどだけでなく

横のつながりから入ってくる情報にも耳を傾けましょう。

また、過去の申告書が基本です!

毎年申告を出さないとこういう時困るので、毎年きちんと申告しましょう!

 

 

今日は「海老澤孝公税理士事務所」代表で、中国税理士会会長の海老澤 孝公さんをお迎えしました。

ありがとうございました!!

 

 

LINEで送る
投稿者 MTadmin|10:01

写真家 金山一宏さん

 



今日の『ひろしま・だんRUNトーク』 のコーナーでは、写真家の金山一宏さんをお迎えしてお話を伺いました✨

金山さん.jpg

 

金山一宏さんは、庄原市のご出身で、庄原市内で「はなや」という写真スタジオを経営していらっしゃいます。

地元の格致高校から、東京の写真専門の短期大学に進まれ、20代半ばで故郷に戻り実績を重ねられました。

その後、写真館の仕事に加えて2017年から広島東洋カープの契約カメラマンも務めていらっしゃいます。

2018年のセリーグ優勝で緒方監督が宙を舞う胴上げの写真は、翌年の公式カレンダーの表紙を飾られました❕

カープの契約カメラマンになられたきっかけは

庄原豪雨があった2010年はマツダスタジアムが開場して1年目のカープ創立60周年で

「第1回カープ赤ちゃん写真展」で撮影にかかわった事だったそうです。

実は、2017年に契約カメラマンになるまで、プロスポーツ写真って撮った事がなかったそうですよ!

現在カープでは、主にカレンダー、HP用に試合を撮影されており、

キャンプ時に選手全員の顔写真撮影を務めてらっしゃるそうです☺

今後の輝くカープのお写真も楽しみですね✨

 

金山一宏さん、ありがとうございました!

LINEで送る
投稿者 MTadmin|14:44