« 月・火コンビ~☆ | 大島能楽堂 »

2014.04.08

茂山 正邦 さん☆

今日のゲストは、狂言大蔵流の名門、茂山千五郎家の茂山正邦さんをお迎えしました。

20140408guest (2).JPG

茂山正邦さんは、文化庁芸術祭新人賞(2005年)、京都府文化賞奨励賞(2008年)

などを受賞されています。

京都を拠点に活動されていますが、月に一度は教室のために広島に来て、

狂言を教えています。生徒さんの8~9割は女性なんだそうですよ!

 

そんな茂山さんは、4歳で舞台に立ち、物心つく前から稽古をされています。

茂山さんにとって狂言の稽古は、ご飯の後の歯磨きと同じ感覚だったそうで、

小学3~4年生の頃までは、みんなもやっている、当たり前なことだと

思っていたそうです。

 

古典芸能には能や歌舞伎などがありますが、狂言は唯一「喜劇」。

難しいセリフの言い回しは、今風に変えています。

 

茂山さんに、狂言についての思いを伺ったところ、

「650年の歴史のある古典芸能ですが、取り扱う題材は

ちょっとした、身の回りに起こる事件を演じています。

ひとつの演目も20分から30分なので、日本の古典芸能の入り口として

気楽に楽しんでもらいたい」

とお話しされました。

 

4月19日(土)には、「第三回 厳島神社 奉納狂言会」が開催されます。

午後7時から、厳島神社の能舞台にて。

チケットは一般5,000円(当日5,500円)

≪さくらぴあ倶楽部会員500円引≫

 

興味を持たれた方は、この機会に狂言を体験されてみてはいかがですか?

 

茂山正邦さん、ありがとうございました!

FAX 082-252-2050
パーソナリティー
  • 月・火 近藤志保
  • 水・木 俊山真美

カテゴリ

カレンダー

最近の記事

SEARCH