« DAYS!週刊市場★今日は"20世紀梨"★ | 今日のゲスト:落語家 柳家三三さん★ »

2016.08.04

ひろしまこども夢財団~papamama smile club~

今日は、「語り継ぐ」というテーマで、

「人形劇のあひる座」代表の 中峠房江さんにお話しを伺いました。

ゲスト3S編集.png

 

中峠さんは、昭和12年に生まれ、現在までずっと呉に住んでいます。

「人形劇のあひる座」は、呉市で40年以上活動をしている

アマチュア人形劇団。県内各地の保育園や公民館などから毎年、

講演依頼を受けて、たくさんの子供たちに人形劇を届けているのです。

 

ふうちゃん変種.png

また、昨年。中峠さんが体験した、

呉空襲をもとにした紙芝居「ふうちゃんのそら」を制作。

ふうちゃんという名前のおばあちゃんが、孫に呉空襲の話を

聞かせるというストーリーです。

姉と二人で防空壕に逃げ、翌朝見た、焼け野原の呉の町。

爆弾で死んだお父さん。最後には平和のメッセージを

込めたお話しです。

 

7、8年前に、人形劇のあとに、呉空襲の自分の体験を話した時に、

子供たちはもちろん、若い先生や親御さんたちが、呉で空襲があった事を

知らない事に驚いた中峠さんは、本当にあった事を知ってもらおう。

そして、子供たちの未来が平和である事の強い願いを込めて

昨年、呉かみしばいのつどい 代表の関家さんと、

呉市在住の絵本作家 よこみちけいこさんと紙芝居を作ったのです。

 

この紙芝居を通して、呉空襲の話を語り継いでいってほしいと、

そして、この紙芝居を見た後に、平和について考えてもらえたら

いいな。とおっしゃっていました。

 

ふうちゃんラストhenn.png

 

紙芝居の様子など、こちらから見られますので、

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

http://www.ikuchan.or.jp/ouendan/shien/01/post_16.html

 

今日は「語り継ぐこと」というテーマで、

中峠房江さんにお話しを伺いました。ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

FAX 082-252-2050
パーソナリティー
  • 月・火 近藤志保
  • 水・木 俊山真美

カテゴリ

カレンダー

最近の記事

SEARCH