« ☆最終回☆ スタンのわいわいキャラバン | キムラガレージ supported by Jet City 第9回スタジオ編 »

2016.11.15

佐伯醤油有限会社 代表取締役 阿須賀謙治様③

「The FACE」

このコーナーでは、広島のさまざまな分野のトップ、V.I.Pの方々に
毎月お一人づつ、お話を伺っていきます。
11月の「The FACE」は、1963年6月19日生まれ
現在53歳でいらっしゃいます、
佐伯醤油有限会社 代表取締役 阿須賀謙治さんの
インタビューをお届けしています。
  
阿須賀社長②.png
3週目のテーマは、『醤油の魅力』
 
 
阿須賀社長は、11年前に実家の醤油屋を継がれましたが、その前は
サラリーマンとして20年間働いていらっしゃいました。
ですが、離れていても醤油の香りを"懐かしい"と思うなど、醤油好きの
DNAが染みついていると実感されていたそうです。
     
現在、阿須賀社長は、醤油の魅力を知ってもらうため
「醤油ものしり博士」として、自ら小学校に訪問し、醤油づくりの授業
を行っています。
「醤油ものしり博士」とは、研修を受けたうえで日本醤油協会から
任命されるもので、広島県内ではまだ7名しかいないそうです。
授業の目的は、醤油を好きになってもらうこと。
そのために、黒板を使って教えるのではなく、実際に醤油づくりの工程
を実践して、工程を経て変化したもろみや材料を嗅いだり食べたりして
もらって、子ども達の五感を刺激しながら授業を行っているそうです。
 
「食べないと物足りなくなってくる感覚があるように、香りや味はすでに
日本人のDNAに組み込まれている。そのDNAが海外の人にも浸透し
はじめていると思う。」
世界文化遺産として、海外で和食への関心が高まっていますが、その支え
となっているのは、醤油といった調味料だと阿須賀社長はおっしゃいます。
"和食文化の支え"を誇りに、醤油づくり、そして醤油の魅力を伝えている
阿須賀社長。
来週は、そんな阿須賀社長の休日について伺っていきます。
FAX 082-252-2050
パーソナリティー
  • 月・火 近藤志保
  • 水・木 俊山真美

カテゴリ

カレンダー

最近の記事

SEARCH