Category: ウィークエンドサプライズ
2018.03.08

ウィークエンドサプライズ☆ビーチコーミング

今日のウィークエンドサプライズは、

「 ビーチコーミング 」についてご紹介しました!!

 

「 ビーチコーミング 」とは・・・Beach=砂浜、combing=髪の毛をとかす意味。

海岸に打ち上げられている漂着物を拾い集め、観察することを言います。

貝殻や流木、サンゴ、石。

そして最近人気の砂で磨かれたガラス片(ビーチグラス)など漂着物を拾う事です♪

貝殻 & Beach・GlassBeach combing:元宇品海岸

 

拾ったものを加工してアクセサリーやインテリアなど

身近に使えるナチュラル・クラフトを作る楽しむもあります♪

海が穏やかであれば、一年中できる遊びではありますが、

比較的穏やかな日が多く、潮風が心地よい3月~5月頃と

人影が少なくなる夏の終わり頃から10月頃が最も

オススメの時期なんだそうです。

 

 

ビーチコーミング、海辺遊びに詳しいNPO法人「さとうみ振興会」の

田坂理事長に、家族でビーチコーミングが楽しめる、県内のオススメの

ビーチをご紹介いただきました♪

 

< オススメのビーチ >

① 広島市南区:元宇品(一部自然)海岸=漂着物は少量ですが、遊歩道や

  駐車場もあって、自然観察も出来ます。初心者家族で楽しむにはベスト。

 

② 廿日市市宮島:宮島包ヶ浦(人工海浜)=海浜植物等の観察が出来、

  漂着物は漁業由来、生活由来、その他が多く見られます。比較的交通の便が良く、  

  観察後のお楽しみ、BBQ宮島観光も出来るのでお勧めです。                      

 

③ 江田島市沖見町:サンビーチおきみ(人工海浜)漂着物は漁業由来が大半。  

  家族で海に親しむ週末、休日といった目的であればベターなビーチ。                     

 

④ 安芸郡坂町:ベイサイドビーチ坂(人工海浜)漂着物は漁業由来がほとんど。  

  ビーチバレー等スポーツが可能で、駐車場もあり、家族連れにお勧め。                     

 

⑤ 呉市音戸町:大浦崎海岸(自然海浜)=漂着物は自然由来が多く、

  岩場もあり生物観察にはお勧め。近くにスポーツセンターがありBBQもOK。                  

 

⑥ 竹原市忠海長浜:長浜海岸(自然海浜)漂着物、ゴミは比較的少ない。                       

 

⑦ 竹原市港町:的場海岸(人工海浜)­生活由来の漂着物、ゴミが多い。           

 

⑧ 尾道市浦崎町:海老(えび)干潟(人工海浜)生活由来の漂着物が多く、少量。

 

⑨ 福山市走島町:宇治島(無人島)漂着物が多く、野生の鹿の生息地です。

 

ビーチコーミング(Beach combing)を行う際の注意事項

▶11月の潮汐は夜潮が多い月ですので、日中の観察には制限があります。

 基本的に、海の活動は3月から10月に限定され、

 いつもより潮位が高くなる「高潮(たかしお)」などに注意してください。                                 

▶また、漂着物には、毒の棘(とげ)がある魚・ンズイや毒クラゲといった   

 危険な生き物、有害な物質が入っている瓶類、戦時中の爆弾や照明弾など   

 爆発物も流れ着いていることもあるので、海辺の雰囲気や楽しさで夢中に  

 なりやすい子供は特に注意、気配りが必要です。

  

 みなさんも、お出かけの参考になさってくださいね★

2018.01.11

ウィークエンド サプライズ☆ホットドリンクを親子で作ろう!

Days Original hot drink

チャイ(ジンジャー風味) 」(4杯分)レシピ

 

材料:紅茶 小さじ4杯、ティーバッグなら4~5個、水400ml(2カップ)、

牛乳400ml (2カップ)、砂糖(三温糖)大さじ3~4杯(甘め)、

皮付きのすり下ろしショウガ (2~2.5cm角程度)

 

作り方

① 鍋の水が沸騰したら、紅茶、すり下ろしショウガを入れて、

弱火で3~4分煮込みます。

② 小さな泡が立ってきたら牛乳を加え、再び強火にして再度沸騰させます。

③ ②が沸騰したら火を弱め、砂糖を入れて吹きこぼれないよう、

火加減に注意にしながら2~3分間煮出し、茶こしで漉しながら

カップに移し、温かいうちにいただきます。

 

Memo:メモ

*紅茶の茶葉はダージリンやアールグレイよりもミルクティーに向く  

アッサムやブレンドの方が良いです。

また、砂糖は一般的な上白糖よりも深い甘味と風味がある

三温糖を使った方が美味しく、本場インド風の チャイが出来ます。

gggg.jpg

レシピ提供:いまむらただし [DAYs スタッフ]

 

Days Original hot drink 

アップル・キャラメル・ホッとティー」(4杯分)レシピ

 

材料:リンゴ1個、ティーバッグ4個、水600ml、

グラニュー糖20g(大さじ1.5杯強)                            

 

作り方

① リンゴは良く洗い、皮をむいて芯を取り、1~2cmの角切りにします。

② 手鍋にリンゴとグラニュー糖、水ティースプーン2杯(分量外)を入れ、

強火にかけてかき混ぜながらキャラメリゼ=砂糖を

カラメルすること=します。

③ リンゴが透き通ってきて、まわりの砂糖が茶色くなり

キャラメル化したら火から下ろし、  

(濡れ布巾の上に置くと沸騰がおさまります)リンゴを取り出し

カップに入れておきます。

④ ③の鍋に水を600ml入れて火にかけ沸騰したら

火から下ろしティーバッグを入れ、フタをして2分ほど蒸らします。

⑤時間が来たらティーバッグを取り出し、リンゴの入ったカップに注ぎ分けます。

 

Memo:メモ

*砂糖が焦げすぎないように火を止めるタイミングに気を付けてください。

*ティーバッグはセイロン系のものか、一般的に20個入りとか50個

入りとかで売っているようなもので結構です。

vvvv.jpg

レシピ提供:太田ますみ さん

[日本紅茶協会認定シニアティーインストラクター &                                   

日本ティーインストラクター会顧問/日本ドリンク協会理事]

FAX 082-252-2050
パーソナリティー
  • 月~木 近藤志保
  • 月・火 山本三季雄
  • 水・木 屋形英貴

カテゴリ

カレンダー

最近の記事

SEARCH