5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
このブログのトップへ
Category: kuro先生の水曜教室
2015.04.22

kuro先生の水曜教室☆第55回

「これからはじめる中学受験勉強」というテーマで、
今日は、「中学受験は親で決まるのか?」というお話をしていただきました!
150422kuro先生.jpg

もちろん合格も不合格も含めて親で決まってくる、という話はあるそうです。

中学受験は10歳でスタートをするのが一般的、
10歳というのはちょうど論理的思考が出来始める年齢なんだそうです。

そして大きな目標に向かってひとりでチャレンジをすることに関してはまだまだ初心者なんですって。

そして親の助けを受けながら勉強をしていかなければならないのです。


kuro先生が話す合格させられる親の条件とは!
①長期的な目標ではなく、子どもがわかる中期や短期の目標を見せる
  今日1日にやること、なんてあるといいですね。
②勉強できるように、毎日、毎週の計画を立て、出来たかの確認をさせる
③勉強のやり方が正しいかどうかチェックをする

ただ、親がやらなくちゃ!と気持ちが先走ってしまうと、
お子さんに負担が行き過ぎてしまい勉強を強いるようになってしまうので、
距離感を考えつつ、子どもだけで難しいことは必ず手伝う、
徐々に手を離してあげる、それが合格させられる親なんだそうです。


そして来週は修道中高等学校の校長・田原俊典先生をお迎えします♪
4人でのトークがどうなるのか...お楽しみに!



 

2015.04.15

kuro先生の水曜教室☆第54回

「これからはじめる中学受験勉強」というテーマで、
今日は、「塾とのつきあい方」をお話ししていただきました!
150415kuro先生.jpg

中学受験を決めた後に塾選びを...というのは先週にもお話しましたが、
子どもを塾に入れたら後は塾にお任せ!というのではやはりうまくいかないそうです。

塾とうまく付き合っていくには
①連絡を取り合うこと
②不満や苦情は工夫して伝える
この2つが重要なカギになって来るそうです。

連絡を取るって?どのくらいで取ればよいのでしょうか...
目安としては1ヶ月に1度、なんだそうです。
塾には他にも生徒さんがいて、話しかけづらい...といって遠慮する方が多いそうです。
やはり顔を合わせたりすることはコミュニケーションの第1歩!
直接が難しい場合は、塾の提出物などに一言メモ書きを!
「次回の合宿、張り切っているようなのでしっかり鍛えてください」などのメッセージがあると
たくさんの生徒の中で、わが子を個人として意識してみてもらうことができるんだそうです♪

また塾に対する不満はそのまま苦情として伝えるよりも、
工夫して伝えることでその後の関係性に大きく響いて来るんだそうです。

まずはその不満をぐっと飲み込み、感謝の言葉を先に伝えそのあと、笑顔でやんわりと不満を伝える!
するとその不満や苦情が要望に変わるそうです。
そしてこれが塾の先生方にはかなり効果があるそうです。

塾と親で協力して子どもを育てている、
そのためにプロの力を借りているという考えが大事なんですね。

来週は「中学受験は親で決まるのか?」というお話です。


2015.04.08

kuro先生の水曜教室☆第53回

先週より「これからはじめる中学受験勉強」とテーマで、
中学受験、いつから、なにから始める?というお話をしていただきました!
kuro53.jpg

まずはお子さんへの中学受験の切り出し方!
一般的に小学4年生から準備を始める中学受験。
10歳の子どもに学校のカリキュラムの~なんて難しい話をしても伝わりにくいことが多いそう。

子どもが良いな、と感じそうなことを伝えてあげるといいですよ、とのこと。
中学高校ずっと一緒だから一生の友達が作れるかもね。なんて一言や
部活など、学校の特色を伝えてあげると良いそうですよ♪

そして話は塾選びの条件にまで!
塾の先生はベテランがいいのか?
合格者数の分母は?
拘束時間が長い塾って...?

kuro先生の挙げる2つの条件は
「他塾の悪口を言わない塾!」
「教育への熱意を持ってる塾」であるということ!

そして塾に通わせる前に必ず塾に行き、話をしてみるということ。
話してみると熱意がわかるそうですよ。



来週もお楽しみに♪

 

2015.04.01

kuro先生の水曜教室☆第52回

今日から新学期ですね。
今月は「これからはじめる中学受験勉強」!
中学受験と高校受験、どっちを選ぶ?というテーマでお話をしていただきました!
150401kuro先生.jpg

みなさんは中学受験と高校受験の違いはどんなイメージがありますか?

中学受験は「親○○○」、高校受験は「本人○○○」!?

中学受験は内申点が基本的に無いんですね。
広島の高校受験では一般的に学力テストと内申点が5:5の割合!
ここで内申点が大きく影響してくるんですね。

となると、実力が大きく影響してくる中学受験を選択肢の一つにするのは
お子さんのためにも必要になってきそうですよね。

中学受験、高校受験どちらにもメリットとデメリットがあります。
それを踏まえたうえで選択していくことがとても大切、というお話でした。

 


2015.03.25

kuro先生の水曜教室☆第51回

今日は、春休み時間がたっぷりあるので、勉強以外もやってみよう~!というお話でした♪

小DSC03700.jpg
部活も始まるので、自分にあうスポーツを探したり・・・

音楽でも芸術でも、なんでもいいので、趣味を探したり。

 

家族で卒業旅行もいいですね~!

部活に入ると長期の休みをとるのが難しいので、お父さんお母さんにとっても"卒業"かもしれないです。

 

新たな生活を迎える前に、何か新たな経験をすることは、とても大切。

そんなお話でした。

 

 

5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
このブログのトップへ
FAX 082-252-2050
パーソナリティー
  • 月・火 近藤志保
  • 水・木 俊山真美

カテゴリ

カレンダー

最近の記事

SEARCH