2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
このブログのトップへ
Category: kuro先生の水曜教室
2015.08.05

kuro先生の水曜教室☆第70回

今日のkuro先生の水曜教室、テーマは最新教育ニュース、
ということで『2020年ショック』というお話をしていただきました!
P1050050.JPG

まず始めに、2020年センター試験が廃止されて、2つの新たな試験が導入!
1.全高校生が受験する「基礎学力テスト」

2.大学受験希望者を対象にした「学力評価テスト」

それに加え、大学が個別に試験を行ったり、面接や討論を加えてもよいとなっているそうです。

また、英語の試験が「読む・書く・聞く・話す」の4技能を測るものに大きく変わるとのこと。
民間の英語試験のスコアや等級が重視され、英語入試の代わりにも使われます。
これからの大学進学には英語の資格が必須になると考えて良いでしょう。

そしていずれのテストも紙によるテストではなく、
コンピューターを使ったCBTの形で行う方向で考えているそうです。

今の中学1年生はすでに対応していかなければなりません...。

現段階では方針が示されているだけなので、詳細は今後の情報を待つしかないとのことですが、
従来の大学入試の常識は全く通用しなくなります。

保護者の皆さんも最新の情報を手に入れるようにしてくださいね。

2015.07.29

kuro先生の水曜教室☆第69回

P1050032.JPG
今日はkuro先生と修道中学・高校の校長、田原先生にお越しいただきました!

お話していただいた内容は...「私学は何が違うか...?」です。

広島県内に公立中学校は242校あります。
私立中はその約1割の28校です。少ない...!

私学は創始者がこういう学校を作りたい!という熱い思いを持って作ったのが私学。
いわゆる「建学の精神」という創始者の教育に対する熱い情熱が具象化されています。

それがいろいろな学校で『学校らしさ』として現れています。
専門的には「ハビトゥス」というそうです。
私学の広報ではよく使われる言葉。まさに「らしさ」はハビトゥスなんだそう。
それぞれの私学に不思議と必ずある「らしさ」。

修道中学・高校ですと
・卒業式の「ちょっと待った!」
 以上で、●年度卒業式を終わります。
という発言があった後に、何か行うそう。
先生からの指示があるわけでもなく、自然とリーダーが出来上がり、
リーダーの周りに人が集まっていくそうです。

そんな らしさ=ハビトゥス が私学には大きく現れていくんですね。


 

2015.07.22

kuro先生の水曜教室☆第68回

『夏休みにすること』というテーマで
「子供の夏といえば読書!」と題してお話を伺いました!
P1050018.JPG



夏休みは読書しましょう。
受験生だって、読書で気分転換するのはとってもいいこと!
(ミチタさんは勉強したくないからといって本を読んでる口実として使っていましたが...)



まず、どんな本を読むか。
せっかくなら実益を兼ねて入試で出る本を読みましょう!

入試によく出る本は、流行り廃りがあります。しかも数年単位で変わるとか。


最近の中学入試で頻出する作品や作家はネットで調べましょう。
よく出る作品を選ぶのがポイントです。

ただ、よその学校が出題した作品はいやだという先生は少なくないです。
そんな先生は今年発刊された作品を選びます。


そして実は入試問題を作るのは、先生たちの夏休みの宿題なんです!
学校の図書館や書店に足を運んで物色します。
先生が徘徊するこの7月の段階で書店に並んでいる新刊が狙い目。
しかし、素人ではなかなかさがせないので、
どの作品が良いかは、塾の先生に聞いてみましょう!ということでした。


2015.07.15

kuro先生の水曜教室☆第67回

kuro先生の水曜教室、今日も開校しました!

今週末で学校がお休みに入るんですね~

P1050010.JPG

今日のテーマは「受験生の夏休み、遊んでいいの?」

答えは...遊んでいい!

もちろん遊んでばかりではダメです。


理由は受験生と言えども、勉強ばかりでは効率は上がらないとのこと。

ただ、kuro先生は生徒にはかなり厳しく言うそうです。
先生が遊んでいいといったから...という理由が勉強の邪魔をしてはいけませんしね。


じゃあどれくらいなら遊んでいいのか?
1日の中に、2,30分、1週間に1日くらいが目安かな...とのこと。

遊ぶ内容は自由で構わない、ポイントは「メリハリ」をつけること!
そうしたコントロールができないと
「受験生の遊び」は悲惨な結果を生むのでご用心を...

今日の番組内容は↓の動画でチェックできますよ♪


 

2015.07.08

kuro先生の水曜教室☆第66回

P1050004.JPG
今日は『夏休みにすること』というテーマで
「夏の学習は何をどうする?」というお話をしていただきました!

夏休みの勉強の成否は、「何をどうするか」という準備にかかっています。
準備は夏休みに入る前にしなくてはいけません!

準備まず1つ目
生活リズムを夏休み仕様に変えない約束をしておくこと
毎日、起きる時間、寝る時間を普段学校がある日と同じにすることをお勧めします。
夏休みだからといって夜更かしをしているといけませんよ。
これがいちばん子どもが慣れているリズムなんです。

2つ目
親子で勉強計画を立てましょう!
家庭学習をいつどうやるか、子どもと話し合って決めましょう。
塾のある日とない日の一日の時間の使い方、何をやるかを決めることが大切です。
決めたら、一日のタイムテーブルを作って貼っておきましょう。

3つ目
夏休みだからこそできること、それが苦手の克服です。
克服するために、夏休みに入る前までに自分の苦手を調べましょう。
過去のテストなどを振り返って○×△をつける。
塾の先生に苦手な部分を相談して、何を優先するか、どんな教材を使うか把握しましょう。
塾のない日に、いつ・どれだけやるか予定を立てて、カレンダーに書き込んでおきます。

夏休みは準備が大切です。
あと2週間で夏休みはやってきますので、親子で話し合ってくださいね。

2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
このブログのトップへ
FAX 082-252-2050
パーソナリティー
  • 月・火 近藤志保
  • 水・木 俊山真美

カテゴリ

カレンダー

最近の記事

SEARCH