出演者プロフィール
中川真由美

神原隆秀

2012年入社。S63年生。大学時代に何の前触れもなくツーリング用自転車を買い、いきなり旅に出る無鉄砲者。道中、某球団のCS初優勝を観戦という幸運に恵まれるが、カープの優勝はまだ知らない。だって優勝当時3歳・・・。プロフィールを早く変えられることを願いながら応援中。

 
 
リンク

2011.6.30

中東直己&赤松真人選手へのメッセージ募集中!

なかまゆ

carp@hfmweb.jp
まで送って下さい。
お待ちしています!

LINEで送る

2011.6.27

チョー、お久しぶり!!

DoTheCarp

今日のインタビューは、チョー久しぶりの青木高広投手でした。

"ぺロ~ン"の愛称で親しまれている、青木投手。
番組的には、入団一年目の2007年シーズンオフに"DJ TAKA"
(詳しくは、番組HPのバックナンバー2008年3月24日~今日のスタジオ~を
見てくださいネ!)として、オフ期間のDJを務めてくれました。

そんな青木投手ですが、今年は中継ぎ投手として
すでに33試合(27日現在)に登板して、自己記録を更新中。
「去年は先発、今年は中継ぎですが、僕にとって今はとにかく投げれる
機会があることが嬉しく、役割はどこでもいいんです!」と言う青木投手。

投球フォームを、昨年までのいわゆる"ぺロ~ン"とした投球フォームから、
サイドスロー気味に変更しました。
「昨年秋のキャンプで、大野コーチからアドバイスをもらって、自分でも
変えた方がいいかなぁ~と思っていたので、迷いはなく変えることにしたんです」。

そしてフォームを変えて臨んだ、今シーズン。
中継ぎとして、左打者のワンポイント、そして"ここぞっ!"と言う大事な
場面で登板し、すでに何度もピンチを切り抜けてきました。

このままでいくと、シーズン登板数日本記録(阪神の久保田投手が2007年に記録した90試合)
を超える雰囲気もありますが、本人はいたって謙虚。
「特に今は登板数にこだわりはありません。投げる機会は自分が求めるもんじゃないし」
まぁ、確かに青木投手が登板するということは、ピンチの時は多い訳だから、
チームにとっては、余り良くないことではありますが、
澤崎コーチも番組内でおっしゃっていた通り、ぜひシーズン登板数日本記録を
狙ってみるのも、ありなんじゃないでしょうか?
(ちなみにカープのチーム記録は、2001年に菊地原投手が記録した78試合デス)

110627carp.JPG

LINEで送る

2011.6.27

チョー、お久しぶり!!

DoTheCarp

今日のインタビューは、チョー久しぶりの青木高広投手でした。

"ぺロ~ン"の愛称で親しまれている、青木投手。
番組的には、入団一年目の2007年シーズンオフに"DJ TAKA"
(詳しくは、番組HPのバックナンバー2008年3月24日~今日のスタジオ~を
見てくださいネ!)として、オフ期間のDJを務めてくれました。

そんな青木投手ですが、今年は中継ぎ投手として
すでに33試合(27日現在)に登板して、自己記録を更新中。
「去年は先発、今年は中継ぎですが、僕にとって今はとにかく投げれる
機会があることが嬉しく、役割はどこでもいいんです!」と言う青木投手。

投球フォームを、昨年までのいわゆる"ぺロ~ン"とした投球フォームから、
サイドスロー気味に変更しました。
「昨年秋のキャンプで、大野コーチからアドバイスをもらって、自分でも
変えた方がいいかなぁ~と思っていたので、迷いはなく変えることにしたんです」。

そしてフォームを変えて臨んだ、今シーズン。
中継ぎとして、左打者のワンポイント、そして"ここぞっ!"と言う大事な
場面で登板し、すでに何度もピンチを切り抜けてきました。

このままでいくと、シーズン登板数日本記録(阪神の久保田投手が2007年に記録した90試合)
を超える雰囲気もありますが、本人はいたって謙虚。
「特に今は登板数にこだわりはありません。投げる機会は自分が求めるもんじゃないし」
まぁ、確かに青木投手が登板するということは、ピンチの時は多い訳だから、
チームにとっては、余り良くないことではありますが、
澤崎コーチも番組内でおっしゃっていた通り、ぜひシーズン登板数日本記録を
狙ってみるのも、ありなんじゃないでしょうか?
(ちなみにカープのチーム記録は、2001年に菊地原投手が記録した78試合デス)

110627carp.JPG

LINEで送る

2011.6.22

青木高広投手へ直撃!

なかまゆ

久々に直撃してきます!

同級生のペロンこと青木高広投手☆

リーグ戦再開の金曜日に行く予定ですので

それまで質問・メッセージ送っておいて下さいね。

よろしくお願い致します♪

carp@hfmweb.jp

 

LINEで送る

2011.6.20

安部ちゃん

DoTheCarp

今週の「DO THE CARP」は、4年目の安部友裕選手のインタビューを
お届けしました。


昨年12月にスタジオ生出演以来となる安部選手。
大学・社会人では篠田投手、小窪選手と松山選手が、
高校生では、丸選手が同期入団となります。
「丸選手が先に一軍に昇格して活躍する姿を見て、悔しかったし...
オレもできる!と信じて、頑張ってきました」という安部選手。

プロ初打席では、キンチョーの余り、どんな球がきて、自分でどうバットを
振ったのかが、分からなかったとか...。そりゃ、そうですよね。

そんな安部選手が、今季念願の初の一軍昇格をつかむ
キッカケとなったのが、現在、すでに昨シーズンを上回る安打数を記録している
打撃面と、同じく、ウエスタン・リーグでトップを走る走塁面の向上とも
言えるでしょう。


「昨年、シーズンが終わって自分の成績が悔しくして、どうしたらいいのか、
考えていた時に、山崎二軍監督が"フリー打撃の時、逆方向へ打つ意識をして
取り組んでみては"とアドバイスをくれたんです。それまでは、とにかく
前へ前へ打球を飛ばすことを考えていたけど、その山崎二軍監督のアドバイス
をキッカケに、今度は逆方向に打つことを意識して練習に取り組むように
なったら、結果が残せるようになったんです」と。


また走塁面に関しても、山崎二軍監督からは"バントのサインが出ていても、
自分で走れると思ったら、走っていい"と指示が出ているとか...。

プロ初出場を果たした次の試合では、プロ初スタメン、初エラー、
そして初ヒットも記録。次は初盗塁...と思っていましたが、
残念ながら、番組インタビューをお届けした今日20日、安部選手の
一軍登録は抹消され、あすからは再び二軍でプレーすることとなりました。


...が、きっとまたファームで結果を残して、一軍昇格を果たしてくれるでしょう!
リスナーのみなさんも、その時を信じて、これからも安部ちゃんを応援していきましょう!!

110620carp.JPG
今日の写真。番組の途中、ちょこっとの時間ゲスト出演してくれた、
カミナリグモの上野啓示さん(中・右)と、スタジオの外で見守っていたghomaさん(中・左)
上野啓示さんは、熱烈なカープファン、
Ghomaさんは、カープの林昌樹投手と中学時代の同級生ということが発覚しました!

さて、番組では、福井優也投手への質問・メッセージ募集中デス。
メールcarp@hfmweb.jp
082-252-2050
までお待ちしています!!

LINEで送る

2011.6.20

安部ちゃん

DoTheCarp

今週の「DO THE CARP」は、4年目の安部友裕選手のインタビューを
お届けしました。


昨年12月にスタジオ生出演以来となる安部選手。
大学・社会人では篠田投手、小窪選手と松山選手が、
高校生では、丸選手が同期入団となります。
「丸選手が先に一軍に昇格して活躍する姿を見て、悔しかったし...
オレもできる!と信じて、頑張ってきました」という安部選手。

プロ初打席では、キンチョーの余り、どんな球がきて、自分でどうバットを
振ったのかが、分からなかったとか...。そりゃ、そうですよね。

そんな安部選手が、今季念願の初の一軍昇格をつかむ
キッカケとなったのが、現在、すでに昨シーズンを上回る安打数を記録している
打撃面と、同じく、ウエスタン・リーグでトップを走る走塁面の向上とも
言えるでしょう。


「昨年、シーズンが終わって自分の成績が悔しくして、どうしたらいいのか、
考えていた時に、山崎二軍監督が"フリー打撃の時、逆方向へ打つ意識をして
取り組んでみては"とアドバイスをくれたんです。それまでは、とにかく
前へ前へ打球を飛ばすことを考えていたけど、その山崎二軍監督のアドバイス
をキッカケに、今度は逆方向に打つことを意識して練習に取り組むように
なったら、結果が残せるようになったんです」と。


また走塁面に関しても、山崎二軍監督からは"バントのサインが出ていても、
自分で走れると思ったら、走っていい"と指示が出ているとか...。

プロ初出場を果たした次の試合では、プロ初スタメン、初エラー、
そして初ヒットも記録。次は初盗塁...と思っていましたが、
残念ながら、番組インタビューをお届けした今日20日、安部選手の
一軍登録は抹消され、あすからは再び二軍でプレーすることとなりました。


...が、きっとまたファームで結果を残して、一軍昇格を果たしてくれるでしょう!
リスナーのみなさんも、その時を信じて、これからも安部ちゃんを応援していきましょう!!

110620carp.JPG
今日の写真。番組の途中、ちょこっとの時間ゲスト出演してくれた、
カミナリグモの上野啓示さん(中・右)と、スタジオの外で見守っていたghomaさん(中・左)
上野啓示さんは、熱烈なカープファン、
Ghomaさんは、カープの林昌樹投手と中学時代の同級生ということが発覚しました!

さて、番組では、福井優也投手への質問・メッセージ募集中デス。
メールcarp@hfmweb.jp
082-252-2050
までお待ちしています!!

LINEで送る

2011.6.14

若鯉への質問・メッセージ受付中!

なかまゆ

中川真由美です★

 

日頃の感謝をリスナーの皆様にお届けするサンクスリスナーズウィーク、

前田健太マエケン×今村猛たけるんの対談クイズに

たくさんのご応募頂きましてありがとうございました!

これからも番組をよろしくお願いします☆

 

さて、番組では現在、安部 友裕選手への質問・メッセージを募集しています!

carp@hfmweb.jp

082-252-2050

までお待ちしています!!

 

LINEで送る

2011.6.13

マエケンVSたけるん

DoTheCarp

今日の「DO THE CARP」は、サンクスリスナーズウィーク スペシャル対談
として、マエケンと、番組初登場のたけるんこと、今村猛投手の対談をお届けしました。

「そんな覚悟だったら、初めからやらなかったらいいのに...」
マエケンの、後輩たけるんに対する怒りで、いきなりスタートした二人のスペシャル対談。
おろおろするたけるんを尻目に、マエケンは、
「野球の話は2割。あとはなかまゆさんが、仕切ってくれるので、適当に8割で大丈夫!」
といつもの通り、マイペースでインタビューを仕切ってくれました。


番組の中では、マエケンが今村投手について、そして今村投手がマエケンについて
それぞれ語る質問を用意。
「(マエケン)尊敬する部分は、気持ちが強いところですね」(今村投手談)
「たけるは、何があっても動じないポーカーフェースな部分が凄いですよね。
僕は何かあったら、すぐに表情に出ますもん」(マエケン談)
また、お互いの直して欲しい点について...
「目上の先輩に対しての言葉遣いが悪いんです」(マエケン談)
「でも...(マエケンさんは)気分が悪いと、何を言っても無視しますよね」(今村投手談)
...とまるで、夫婦漫才のよう。リスナーの方からは、なかまゆも交えて
「トリオ漫才のようで、面白い...」とメッセージもいただきました(笑)

で...番組冒頭、マエケンが今村投手に対して怒っていた理由は...と言うと、
今村投手の更新が止まっていること。ブログをまめに更新するマエケンにとって、
4月のブログ開設以降、わずか3度しか更新されていなかった今村投手のブログ
に対して、ブログの先輩マエケンが教育的指導!?を、インタビュー収録中に行った訳
なんです。
リスナーのみなさん、数多くの答えを送っていただき、ありがとうございました!!

野球人の先輩後輩としてはもちろん、プライベートでも、仲の良い二人。
ぜひ、これからも二人でカープ投手陣を引っ張っていって、欲しいですね!


また最後に二人は、これからのシーズンに向けて、こう決意を語ってくれました。
「まだまだいい部分や、悪い部分もありますが、精一杯プレーするので、
これからも応援宜しくお願いします」(今村投手)
「僕にとっては、今が底の時期。ファンのみなさん、期待していると思うので、
これからは去年とはまた違った形で、巻き返していきます!」(マエケン)


楽しみますよ~!!

110613carp2.jpg


<オマケ>

110613carp1.jpg
3人で撮った後に、'初登場なので、記念に2ショットを!!'という
マエケンの粋な計らいで実現しました~☆

LINEで送る

2011.6.13

マエケンVSたけるん

DoTheCarp

今日の「DO THE CARP」は、サンクスリスナーズウィーク スペシャル対談
として、マエケンと、番組初登場のたけるんこと、今村猛投手の対談をお届けしました。

「そんな覚悟だったら、初めからやらなかったらいいのに...」
マエケンの、後輩たけるんに対する怒りで、いきなりスタートした二人のスペシャル対談。
おろおろするたけるんを尻目に、マエケンは、
「野球の話は2割。あとはなかまゆさんが、仕切ってくれるので、適当に8割で大丈夫!」
といつもの通り、マイペースでインタビューを仕切ってくれました。


番組の中では、マエケンが今村投手について、そして今村投手がマエケンについて
それぞれ語る質問を用意。
「(マエケン)尊敬する部分は、気持ちが強いところですね」(今村投手談)
「たけるは、何があっても動じないポーカーフェースな部分が凄いですよね。
僕は何かあったら、すぐに表情に出ますもん」(マエケン談)
また、お互いの直して欲しい点について...
「目上の先輩に対しての言葉遣いが悪いんです」(マエケン談)
「でも...(マエケンさんは)気分が悪いと、何を言っても無視しますよね」(今村投手談)
...とまるで、夫婦漫才のよう。リスナーの方からは、なかまゆも交えて
「トリオ漫才のようで、面白い...」とメッセージもいただきました(笑)

で...番組冒頭、マエケンが今村投手に対して怒っていた理由は...と言うと、
今村投手の更新が止まっていること。ブログをまめに更新するマエケンにとって、
4月のブログ開設以降、わずか3度しか更新されていなかった今村投手のブログ
に対して、ブログの先輩マエケンが教育的指導!?を、インタビュー収録中に行った訳
なんです。
リスナーのみなさん、数多くの答えを送っていただき、ありがとうございました!!

野球人の先輩後輩としてはもちろん、プライベートでも、仲の良い二人。
ぜひ、これからも二人でカープ投手陣を引っ張っていって、欲しいですね!


また最後に二人は、これからのシーズンに向けて、こう決意を語ってくれました。
「まだまだいい部分や、悪い部分もありますが、精一杯プレーするので、
これからも応援宜しくお願いします」(今村投手)
「僕にとっては、今が底の時期。ファンのみなさん、期待していると思うので、
これからは去年とはまた違った形で、巻き返していきます!」(マエケン)


楽しみますよ~!!

110613carp2.jpg


<オマケ>

110613carp1.jpg
3人で撮った後に、'初登場なので、記念に2ショットを!!'という
マエケンの粋な計らいで実現しました~☆

LINEで送る

2011.6.10

怖いマエケン・・・?!

なかまゆ

10連敗脱出!で、ブログ更新する気になりました(言い訳)


13日(月)~のHFMは、サンクスリスナーズウィーク!
初日のDOTHECARPでは、
前田健太投手×今村猛投手の対談をお届けします!


(先輩)マエケンが(後輩)猛に一言物申す...?!?!

今村投手のブログを見てみて下さい★
あの言葉が!使われてる~!うれし~!

私には、この2人が恋人みたいに見えました(ニヤリ)
放送をお楽しみに~!

maekentakeru.jpg

2人のサイングッズのプレゼントもあります♪

LINEで送る

2011.6.06

正義の味方!

DoTheCarp

先週、復活登板をとげた河内投手についてお届けしましたが、
番組OAの2日後の6月2日、由宇練習場で行われた巨人とのファーム交流戦に、
3番手投手として登板した河内投手。
この日は、同点で迎えた八回に登板し、1イニングを「0」に抑え、
その裏、申選手の勝ち越しホームランで、ファームでは2006年以来の勝ち投手
となりました!!
ぜひ、また2勝目、3勝目...と勝ち星を積み重ねて、支配下選手契約を結び、
また一軍のマウンドに帰ってきて欲しいですネ!

さて、今日の番組でインタビューをお届けしたのは、
4年目の松山竜平選手でした。
入団直後から、"アンパンマン"の愛称で親しまれてきた松山選手。
「選手のみなさんには、いろいろなあだ名を付けられているんですが、
今ではファンのみなさんも、気軽にこのニックネームで呼んでくれるので、
自分は気に入ってます」。

5月26日の対西武戦(@マツダスタジアム)では、待望のプロ初ヒットも生まれ、
翌週5月31日の対楽天戦(@Kスタ宮城)では、プロ初スタメンも。
「昨年夏頃から、打撃フォームをシンプルな形にしたんです。それまでは、
足を大きく上げるスタイルだったけど、それではいずれ打てなくなるのが
分かっていたので...。無駄を無くし、シンプルなスタイルにしたことで、
今まで対処できなかったボールにも対処できるようになりました。

プロ初ヒットは、今まで自分の中で溜まっていたものが、一気に吐き出た
ような感じです。一塁ベースに立った時、こみ上げるものがあり、思わず涙も
出そうになったけど、試合中だったので"グッ"とこらえました。
山崎二軍監督からも電話を貰って...」。

「これから、どれだけ一軍に帯同できるかわからないけど、自分の一番の売りでも
ある打撃はもちろん、守備も、走塁もしっかり学び、実践していくので、応援
してください!」


う~ん、いいじゃないですか...。
先日のデーゲーム前、チームの全体練習が始まる1時間近く前から緒方コーチと一緒に
ライトで早出守備練習に取り組んでいた松山選手。
この3年間の努力が、今回の初ヒット、初スタメンに繋がっているハズ。
チームは苦しい状況ですが、今度は初打点、初タイムリーで、
チームを助ける、アンパーーーーーンチッ!
頼みますよ~!


110606carp.JPG

LINEで送る

2011.6.06

正義の味方!

DoTheCarp

先週、復活登板をとげた河内投手についてお届けしましたが、
番組OAの2日後の6月2日、由宇練習場で行われた巨人とのファーム交流戦に、
3番手投手として登板した河内投手。
この日は、同点で迎えた八回に登板し、1イニングを「0」に抑え、
その裏、申選手の勝ち越しホームランで、ファームでは2006年以来の勝ち投手
となりました!!
ぜひ、また2勝目、3勝目...と勝ち星を積み重ねて、支配下選手契約を結び、
また一軍のマウンドに帰ってきて欲しいですネ!

さて、今日の番組でインタビューをお届けしたのは、
4年目の松山竜平選手でした。
入団直後から、"アンパンマン"の愛称で親しまれてきた松山選手。
「選手のみなさんには、いろいろなあだ名を付けられているんですが、
今ではファンのみなさんも、気軽にこのニックネームで呼んでくれるので、
自分は気に入ってます」。

5月26日の対西武戦(@マツダスタジアム)では、待望のプロ初ヒットも生まれ、
翌週5月31日の対楽天戦(@Kスタ宮城)では、プロ初スタメンも。
「昨年夏頃から、打撃フォームをシンプルな形にしたんです。それまでは、
足を大きく上げるスタイルだったけど、それではいずれ打てなくなるのが
分かっていたので...。無駄を無くし、シンプルなスタイルにしたことで、
今まで対処できなかったボールにも対処できるようになりました。

プロ初ヒットは、今まで自分の中で溜まっていたものが、一気に吐き出た
ような感じです。一塁ベースに立った時、こみ上げるものがあり、思わず涙も
出そうになったけど、試合中だったので"グッ"とこらえました。
山崎二軍監督からも電話を貰って...」。

「これから、どれだけ一軍に帯同できるかわからないけど、自分の一番の売りでも
ある打撃はもちろん、守備も、走塁もしっかり学び、実践していくので、応援
してください!」


う~ん、いいじゃないですか...。
先日のデーゲーム前、チームの全体練習が始まる1時間近く前から緒方コーチと一緒に
ライトで早出守備練習に取り組んでいた松山選手。
この3年間の努力が、今回の初ヒット、初スタメンに繋がっているハズ。
チームは苦しい状況ですが、今度は初打点、初タイムリーで、
チームを助ける、アンパーーーーーンチッ!
頼みますよ~!


110606carp.JPG

LINEで送る

番組にメッセージを送る
カテゴリー
今週のDO THE CARP
 
気ままにカープ
 
INFORMATION
 
新着記事
カレンダー
7 July
s m t w t f s
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去の記事
検索
   
 
?