出演者プロフィール
中川真由美

神原隆秀

2012年入社。S63年生。大学時代に何の前触れもなくツーリング用自転車を買い、いきなり旅に出る無鉄砲者。道中、某球団のCS初優勝を観戦という幸運に恵まれるが、カープの優勝はまだ知らない。だって優勝当時3歳・・・。プロフィールを早く変えられることを願いながら応援中。

 
 
リンク

2011.9.26

おかえりなさい!

DoTheCarp

リスナーのみなさんを始め、多くのファンのみなさんが帰りを待っていた、
今日のインタビューゲスト、廣瀬純選手。
「五月に、京セラドームで怪我をした時、少し調子が落ちていたせいか、
少し無理をしたんですかね...。何とかしなきゃって。ベースを駆け抜けた瞬間、
ゴムが切れるように"ブチッ"て音がして...。何やってんだかって感じでした」。


四月のチーム快進撃を引っ張った、廣瀬選手。
その廣瀬選手の離脱とともに、チームは失速。TVや新聞などのメディアでは、
"廣瀬の離脱が痛い..."と報じられ、廣瀬選手ご本人もプレッシャーとなっていたと
言います。
「二軍、三軍のスタッフが支えてくれ、また配慮してくれたおかげで八月に戻ったん
ですが、やはり一度怪我をすると、下半身のバランスがおかしくて...。チーム事情も
あって、監督と話をして、再度降格することになりました」。
再度降格後は、今年チームを離れた、鈴川元トレーナーの下へ足を運んだとか。
「鈴川さんは、いい時も、悪い時も、僕の状態を知っているので、リフレッシュを
兼ねて行ってきたんです」。

九月上旬に復帰後は、カープの外野陣の兄貴分として、若い選手たちを引っ張っています。
「残り試合は少ないけど、一つでも二つでも、応援してくれるファンの人たちに、
いいプレーを見せれるように、頑張ります!」と言う廣瀬選手。

CS進出をかけて、厳しい試合が続きますが、気持ちで、
踏ん張って欲しいですね!

110926carp.JPG

来週は、澤崎コーチの今シーズンラスト登板!?
澤崎コーチへの、熱いメッセージもお願いしま~す!!

LINEで送る

2011.9.26

おかえりなさい!

DoTheCarp

リスナーのみなさんを始め、多くのファンのみなさんが帰りを待っていた、
今日のインタビューゲスト、廣瀬純選手。
「五月に、京セラドームで怪我をした時、少し調子が落ちていたせいか、
少し無理をしたんですかね...。何とかしなきゃって。ベースを駆け抜けた瞬間、
ゴムが切れるように"ブチッ"て音がして...。何やってんだかって感じでした」。


四月のチーム快進撃を引っ張った、廣瀬選手。
その廣瀬選手の離脱とともに、チームは失速。TVや新聞などのメディアでは、
"廣瀬の離脱が痛い..."と報じられ、廣瀬選手ご本人もプレッシャーとなっていたと
言います。
「二軍、三軍のスタッフが支えてくれ、また配慮してくれたおかげで八月に戻ったん
ですが、やはり一度怪我をすると、下半身のバランスがおかしくて...。チーム事情も
あって、監督と話をして、再度降格することになりました」。
再度降格後は、今年チームを離れた、鈴川元トレーナーの下へ足を運んだとか。
「鈴川さんは、いい時も、悪い時も、僕の状態を知っているので、リフレッシュを
兼ねて行ってきたんです」。

九月上旬に復帰後は、カープの外野陣の兄貴分として、若い選手たちを引っ張っています。
「残り試合は少ないけど、一つでも二つでも、応援してくれるファンの人たちに、
いいプレーを見せれるように、頑張ります!」と言う廣瀬選手。

CS進出をかけて、厳しい試合が続きますが、気持ちで、
踏ん張って欲しいですね!

110926carp.JPG

来週は、澤崎コーチの今シーズンラスト登板!?
澤崎コーチへの、熱いメッセージもお願いしま~す!!

LINEで送る

2011.9.26

永川投手への質問・メッセージ募集中!

なかまゆ

今シーズン。2度の二軍に降格しながらも、

再び一軍に戻ってきた、永川投手への

熱いメッセージをお待ちしています!!

 

carp@hfmweb.jp

まで送って下さい~♪

締切は、27日(火)午前中です~!

よろしくお願いします♪

LINEで送る

2011.9.19

願!復帰!!

DoTheCarp

19日行われたデーゲームで、今季最多12点21安打を放ち、大勝したカープ。
その勢いそのままに、番組冒頭から多くのリスナーの皆さんから、
メッセージをいただきました!

ありがとうございました!!

さて、そんな今日のインタビューは、菊地原 毅投手。
そう、インタビュー収録を行った日の夜に行われた、対ヤクルト戦に登板中、
足を負傷。左アキレス腱断裂で、14日に手術を行い、全治6ヵ月と診断されました。

そんな怪我で戦列を離れる直前に収録した今日のインタビュー。
7年ぶりにカープに復帰した、菊地原投手の意気込みや、その誠実さが伝わってくる
内容となりました。
「マツダスタジアムで投げるのは、初めてで、旧広島市民球場と比べても広く、
ホームランを打たれる心配をしなくてすみますね(笑) また、スタンドとグラウンドの
距離が近くて、ファンの声援がよく聞こえるので、ファンとの一体感を感じます。
マツダスタジアムで投げた初めての日は、僕が緊張しました...」。

「今、カープの投手陣は若い選手が多くて、昔と比べても、選手それぞれが個性を
持っているので、技術的には気にせずに、ひょうひょうと投げている感じがします。
また、若い選手は明るく、もっとも結果を出している、マエケンが、その他の投手を
引っ張っている感じがします。マエケンには、もっと成績を残して、これからも
投手陣をぐいぐいと、引っ張っていって欲しいですね」。


残念ながら、菊地原投手の7年ぶりのカープでのマウンドは、わずか5試合に終わって
しまいましたが、カープファンの多くが、菊地原投手が再びマツダスタジアムのマウンドに
戻ってくる事を願っています!

また、HFMでも、菊地原投手にまた「DO THE CARP」に出演していただけるように、
願っています! リスナーのみなさんも、懸命にリハビリに励む菊地原投手へ、
これからも熱い声援を送り続けましょう!!


110919carp.jpg

LINEで送る

2011.9.19

願!復帰!!

DoTheCarp

19日行われたデーゲームで、今季最多12点21安打を放ち、大勝したカープ。
その勢いそのままに、番組冒頭から多くのリスナーの皆さんから、
メッセージをいただきました!

ありがとうございました!!

さて、そんな今日のインタビューは、菊地原 毅投手。
そう、インタビュー収録を行った日の夜に行われた、対ヤクルト戦に登板中、
足を負傷。左アキレス腱断裂で、14日に手術を行い、全治6ヵ月と診断されました。

そんな怪我で戦列を離れる直前に収録した今日のインタビュー。
7年ぶりにカープに復帰した、菊地原投手の意気込みや、その誠実さが伝わってくる
内容となりました。
「マツダスタジアムで投げるのは、初めてで、旧広島市民球場と比べても広く、
ホームランを打たれる心配をしなくてすみますね(笑) また、スタンドとグラウンドの
距離が近くて、ファンの声援がよく聞こえるので、ファンとの一体感を感じます。
マツダスタジアムで投げた初めての日は、僕が緊張しました...」。

「今、カープの投手陣は若い選手が多くて、昔と比べても、選手それぞれが個性を
持っているので、技術的には気にせずに、ひょうひょうと投げている感じがします。
また、若い選手は明るく、もっとも結果を出している、マエケンが、その他の投手を
引っ張っている感じがします。マエケンには、もっと成績を残して、これからも
投手陣をぐいぐいと、引っ張っていって欲しいですね」。


残念ながら、菊地原投手の7年ぶりのカープでのマウンドは、わずか5試合に終わって
しまいましたが、カープファンの多くが、菊地原投手が再びマツダスタジアムのマウンドに
戻ってくる事を願っています!

また、HFMでも、菊地原投手にまた「DO THE CARP」に出演していただけるように、
願っています! リスナーのみなさんも、懸命にリハビリに励む菊地原投手へ、
これからも熱い声援を送り続けましょう!!


110919carp.jpg

LINEで送る

2011.9.12

我らが四番...

DoTheCarp

自身二度目となる、八月のセ・リーグ月間MVPを獲得した、栗原健太選手。
今回のインタビューを収録したのは、受賞発表の数日前...。
と言うこともあって、その内容からは自信が満ち溢れていました。
「オールスター明けぐらいから、頭の中でイメージしていた打撃フォームと
体の動きが一致するようになったんです。それが、八月の好調の原因ですね」。

「今年は開幕から交流戦途中までは五番で、自分の中でも違和感があったし、
慣れるために時間が掛かっていたんです。しかし、途中から四番に入ること
になったんですが、こちらはすんなり違和感なく入っていけました。やはり
慣れですね」と言う栗原選手。

現在(9/12現在)、打点はリーグ1位の「72」。その打点についても
「ホームランと打点。今は打点にこだわっています」と栗原選手は言い切ります。

「毎試合、選手自身もしびれるような試合が続いています。
まずは5割。そしてその後は、1勝でも多く勝ち星を積み上げていきたいです」
と最後は、力強いメッセージをくれた栗原選手。

インタビュー後の試合で、連敗を喫して少し大変な状況になりましたが、
CS進出をかけ、まだまだ試合は続きます。

ぜひ、栗原選手のバットで、CS進出を勝ち取って欲しいですね!


110912carp.JPG

★☆★☆★「カープ応援メッセージ次回の収録」★☆★☆★
HFMでは、今春からマツダスタジアムに来場された方々に、
カープへの熱い思いを、ひと言叫んでもらい、その声を、番組の合間に
随時流しています。

マツダスタジアムの次回の収録は、
9月15日(木)、
16時30分~18時頃
行います。

場所は、マツダスタジアム正面・入場口を通ってすぐの場所です。

HFMのスタッフジャンパーを着たスタッフが立っていますので、
"我こそは!"と思う方は、ぜひスタッフに声を掛けてくださいネ!
↓こんな感じで収録してま~す!
080829carp2.jpg

LINEで送る

2011.9.12

我らが四番...

DoTheCarp

自身二度目となる、八月のセ・リーグ月間MVPを獲得した、栗原健太選手。
今回のインタビューを収録したのは、受賞発表の数日前...。
と言うこともあって、その内容からは自信が満ち溢れていました。
「オールスター明けぐらいから、頭の中でイメージしていた打撃フォームと
体の動きが一致するようになったんです。それが、八月の好調の原因ですね」。

「今年は開幕から交流戦途中までは五番で、自分の中でも違和感があったし、
慣れるために時間が掛かっていたんです。しかし、途中から四番に入ること
になったんですが、こちらはすんなり違和感なく入っていけました。やはり
慣れですね」と言う栗原選手。

現在(9/12現在)、打点はリーグ1位の「72」。その打点についても
「ホームランと打点。今は打点にこだわっています」と栗原選手は言い切ります。

「毎試合、選手自身もしびれるような試合が続いています。
まずは5割。そしてその後は、1勝でも多く勝ち星を積み上げていきたいです」
と最後は、力強いメッセージをくれた栗原選手。

インタビュー後の試合で、連敗を喫して少し大変な状況になりましたが、
CS進出をかけ、まだまだ試合は続きます。

ぜひ、栗原選手のバットで、CS進出を勝ち取って欲しいですね!


110912carp.JPG

★☆★☆★「カープ応援メッセージ次回の収録」★☆★☆★
HFMでは、今春からマツダスタジアムに来場された方々に、
カープへの熱い思いを、ひと言叫んでもらい、その声を、番組の合間に
随時流しています。

マツダスタジアムの次回の収録は、
9月15日(木)、
16時30分~18時頃
行います。

場所は、マツダスタジアム正面・入場口を通ってすぐの場所です。

HFMのスタッフジャンパーを着たスタッフが立っていますので、
"我こそは!"と思う方は、ぜひスタッフに声を掛けてくださいネ!
↓こんな感じで収録してま~す!
080829carp2.jpg

LINEで送る

2011.9.07

選手への質問・メッセージ募集中!

なかまゆ

現在番組では、菊地原 毅投手と廣瀬 純選手への質問・メッセージを募集しています!

carp@hfmweb.jp

 

LINEで送る

2011.9.05

鯉女房

DoTheCarp

「僕も入団して14年目ですが、こんなに白熱した状態で試合をしている経験が無いのですが、
ベンチの中の雰囲気は良いですよ。試合に出ている選手はもちろんですが、出ていない選手
も大きな声を出して盛り上げていますから」と言うのは、今日のインタビューゲスト倉 義和
選手。

稀にみる、5チームによる混戦模様のセ・リーグ。
優勝、CS進出をかけて1戦も落とせない、緊迫した戦いが続いています。

「今年は若い投手が頑張ってくれています。その中で僕は、若い投手が登板する前には、
"自分が持っている球を全て投げろ! 四球を出すぐらいなら、まだ打たれた方がマシ。
打たれたら打たれたで、それが自分にとっての大きな勉強になるから"と伝えています」。
昨年と比べて、チーム防御率が1点近くも下がっている投手陣を石原捕手とともに
支えているのが、倉選手。

今日の番組の中でも、澤崎コーチが「5割の壁が厚くて、なかなか破れませんが、
一度破れたら、そのまま一気に突き進んでいきそうな気がします...」と仰っていたように、
今がまさに正念場。これから、6連戦、9連戦...と続いていく中で、投手陣が背負う役割は
非常に大きいハズ...。
倉選手にも、ぜひ踏ん張っていただき、そんな若い投手陣を支えていって欲しいですね!
110905carp.JPG

★☆★☆★「カープ応援メッセージ次回の収録」★☆★☆★
HFMでは、今春からマツダスタジアムに来場された方々に、
カープへの熱い思いを、ひと言叫んでもらい、その声を、
番組の合間に随時流しています。

マツダスタジアムでの収録、今週はお休みです。

来週の収録日時は、12日(月)の番組の中で紹介させていただきます。
お楽しみに~!!

LINEで送る

2011.9.05

鯉女房

DoTheCarp

「僕も入団して14年目ですが、こんなに白熱した状態で試合をしている経験が無いのですが、
ベンチの中の雰囲気は良いですよ。試合に出ている選手はもちろんですが、出ていない選手
も大きな声を出して盛り上げていますから」と言うのは、今日のインタビューゲスト倉 義和
選手。

稀にみる、5チームによる混戦模様のセ・リーグ。
優勝、CS進出をかけて1戦も落とせない、緊迫した戦いが続いています。

「今年は若い投手が頑張ってくれています。その中で僕は、若い投手が登板する前には、
"自分が持っている球を全て投げろ! 四球を出すぐらいなら、まだ打たれた方がマシ。
打たれたら打たれたで、それが自分にとっての大きな勉強になるから"と伝えています」。
昨年と比べて、チーム防御率が1点近くも下がっている投手陣を石原捕手とともに
支えているのが、倉選手。

今日の番組の中でも、澤崎コーチが「5割の壁が厚くて、なかなか破れませんが、
一度破れたら、そのまま一気に突き進んでいきそうな気がします...」と仰っていたように、
今がまさに正念場。これから、6連戦、9連戦...と続いていく中で、投手陣が背負う役割は
非常に大きいハズ...。
倉選手にも、ぜひ踏ん張っていただき、そんな若い投手陣を支えていって欲しいですね!
110905carp.JPG

★☆★☆★「カープ応援メッセージ次回の収録」★☆★☆★
HFMでは、今春からマツダスタジアムに来場された方々に、
カープへの熱い思いを、ひと言叫んでもらい、その声を、
番組の合間に随時流しています。

マツダスタジアムでの収録、今週はお休みです。

来週の収録日時は、12日(月)の番組の中で紹介させていただきます。
お楽しみに~!!

LINEで送る

番組にメッセージを送る
カテゴリー
今週のDO THE CARP
 
気ままにカープ
 
INFORMATION
 
新着記事
カレンダー
7 July
s m t w t f s
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去の記事
検索
   
 
?