出演者プロフィール
中川真由美

神原隆秀

2012年入社。S63年生。大学時代に何の前触れもなくツーリング用自転車を買い、いきなり旅に出る無鉄砲者。道中、某球団のCS初優勝を観戦という幸運に恵まれるが、カープの優勝はまだ知らない。だって優勝当時3歳・・・。プロフィールを早く変えられることを願いながら応援中。

 
 
リンク

2013.5.27

待ちに待った昇格

DoTheCarp

今週の「DO THE CARP」のインタビューゲストは、
お久しぶり、小窪哲也選手でした。

昨年秋、右肘を手術。今年は、開幕二軍スタートとなった小窪選手。
一軍に昇格すると、17日の対オリックス戦では5打数4安打3打点と大暴れ!
「昨年、怪我をしていろんなことを考えたり、バッティングはこういうところが
課題だと怪我したなりに色んなことを考えて、手術する時も思い切って手術を
して、こういうバッティングができたらいいな...と色んなことを思いながら
昨年はすごしたので、今年は勝負の年だと思いながらやっています」
まずは、今年に懸ける思いをこう語ってくれました。


リスナーさんから寄せられた、今回の一軍昇格についての質問に対しては
「一軍昇格は、チーム事情もあるし、二軍でずっと試合で使っていただいて
いたので、一軍で何かあった時に、自分で自信のもてる、そういう風に試合に
出ていたので、早く上がりたかったのは事実ですが、二軍に居る間にしっかり
自信をつけて、一軍に呼ばれるように頑張ろうと思っていました」と。
また、手術した右肘に関しては、
「キャンプ中は、サードやショートを守った時に、一塁まで強い球を投げれなかった
のですが、色んなトレーナーの方やケアをしてもらったおかげで、自分で
しっかりリハビリできたので、今は良い状態です」とファンの人たちにとっては、
安心するひと言をいただきました。

また、敬愛するタクローさんが一塁コーチに居ることに関しては
「特に緊張することはありませんが、打った時に一番に喜んでもらえる顔が
すぐに見えるし、一緒になって喜んでくれる。でも一番は、一軍にあがって
タクローさんがノックを打っている姿に緊張したかもしれませんね(笑)」。

外野手同様に、激しいポジション争いが続いている内野手。
ぜひ、小窪選手にもこの厳しい争いに勝って、一軍で活躍し続けて欲しいですね。

130527carp.jpg
試合直前、声を掛けてくれたリスナーの皆さん、スラィリー、楽天のマスコット
クラッチと一緒に、チームはもちろん、ファンの間でも話題の"敬礼"ポーズを!

でも...やっぱり神原アナは、お気に入りにシェークを持っているんですね

LINEで送る

2013.5.27

待ちに待った昇格

DoTheCarp

今週の「DO THE CARP」のインタビューゲストは、
お久しぶり、小窪哲也選手でした。

昨年秋、右肘を手術。今年は、開幕二軍スタートとなった小窪選手。
一軍に昇格すると、17日の対オリックス戦では5打数4安打3打点と大暴れ!
「昨年、怪我をしていろんなことを考えたり、バッティングはこういうところが
課題だと怪我したなりに色んなことを考えて、手術する時も思い切って手術を
して、こういうバッティングができたらいいな...と色んなことを思いながら
昨年はすごしたので、今年は勝負の年だと思いながらやっています」
まずは、今年に懸ける思いをこう語ってくれました。


リスナーさんから寄せられた、今回の一軍昇格についての質問に対しては
「一軍昇格は、チーム事情もあるし、二軍でずっと試合で使っていただいて
いたので、一軍で何かあった時に、自分で自信のもてる、そういう風に試合に
出ていたので、早く上がりたかったのは事実ですが、二軍に居る間にしっかり
自信をつけて、一軍に呼ばれるように頑張ろうと思っていました」と。
また、手術した右肘に関しては、
「キャンプ中は、サードやショートを守った時に、一塁まで強い球を投げれなかった
のですが、色んなトレーナーの方やケアをしてもらったおかげで、自分で
しっかりリハビリできたので、今は良い状態です」とファンの人たちにとっては、
安心するひと言をいただきました。

また、敬愛するタクローさんが一塁コーチに居ることに関しては
「特に緊張することはありませんが、打った時に一番に喜んでもらえる顔が
すぐに見えるし、一緒になって喜んでくれる。でも一番は、一軍にあがって
タクローさんがノックを打っている姿に緊張したかもしれませんね(笑)」。

外野手同様に、激しいポジション争いが続いている内野手。
ぜひ、小窪選手にもこの厳しい争いに勝って、一軍で活躍し続けて欲しいですね。

130527carp.jpg
試合直前、声を掛けてくれたリスナーの皆さん、スラィリー、楽天のマスコット
クラッチと一緒に、チームはもちろん、ファンの間でも話題の"敬礼"ポーズを!

でも...やっぱり神原アナは、お気に入りにシェークを持っているんですね

LINEで送る

2013.5.20

貴重な左腕

DoTheCarp

交流戦がスタート。普段、なかなか見るチャンスの無い、
パ・リーグのエースや、強打者とカープのエースや打者との対決を楽しめる
時期が今年もやってきました。
そんな楽しみな戦いの中で、今日のインタビューゲスト河内貴哉投手の存在も
際だってきています。

昨年2012年には、1482日ぶりに1軍登板を果たし、2004年以来となる
2904日ぶりの勝利も挙げました。
「今年は、キャンプは2軍スタートで、最初の頃は肩の調子があまり良くなくて
調子全体があがらなかったけど、徐々に中盤から後半にかけて自分の肩の
状態も良くなりはじめ、自分の球が投げられるようになりました。
チームメイトのみんなと同じキャンプのメニューをこなすのは久しぶりだったので、
充実していたし、昨年(2012年)28試合投げたことで、自分の中でも投げられる
という自信もついて、今年は開幕一軍を目指していこうという気持ちが強かった
ので、気持ち的にもすごく充実していたキャンプだと思います」。

そんな心理状態でスタートした河内投手の2013年度シーズン。
貴重な左腕投手として、ワンポイント、あるいは1イニングを見事に投げ切っています。
「自分自身としては、決して調子が良いとは思っていません。
1日1日、1人1人、一球一球というのを大切にして、投げ切れなかった頃は
どんぞこだと思うし、そういう時期を経験したので、投げれるだけで幸せだし、
「いくぞ!」と言われたところで、100%の力を出し切る、全力投球するのを
大切にしています」。

今季は、5月12日の対中日戦四番手投手として登板。
2/3を投げて、勝利投手にもなっています。
これからも、貴重な左腕として、投げ切って欲しいですね。

130520carp.jpg
写真は、マツダスタジアムバックスクリーン裏で販売されている神原アナのお気に入り(^^)
試合前に、これを食べながらコンコースを歩いて周るのが楽しみとか。。。

LINEで送る

2013.5.20

貴重な左腕

DoTheCarp

交流戦がスタート。普段、なかなか見るチャンスの無い、
パ・リーグのエースや、強打者とカープのエースや打者との対決を楽しめる
時期が今年もやってきました。
そんな楽しみな戦いの中で、今日のインタビューゲスト河内貴哉投手の存在も
際だってきています。

昨年2012年には、1482日ぶりに1軍登板を果たし、2004年以来となる
2904日ぶりの勝利も挙げました。
「今年は、キャンプは2軍スタートで、最初の頃は肩の調子があまり良くなくて
調子全体があがらなかったけど、徐々に中盤から後半にかけて自分の肩の
状態も良くなりはじめ、自分の球が投げられるようになりました。
チームメイトのみんなと同じキャンプのメニューをこなすのは久しぶりだったので、
充実していたし、昨年(2012年)28試合投げたことで、自分の中でも投げられる
という自信もついて、今年は開幕一軍を目指していこうという気持ちが強かった
ので、気持ち的にもすごく充実していたキャンプだと思います」。

そんな心理状態でスタートした河内投手の2013年度シーズン。
貴重な左腕投手として、ワンポイント、あるいは1イニングを見事に投げ切っています。
「自分自身としては、決して調子が良いとは思っていません。
1日1日、1人1人、一球一球というのを大切にして、投げ切れなかった頃は
どんぞこだと思うし、そういう時期を経験したので、投げれるだけで幸せだし、
「いくぞ!」と言われたところで、100%の力を出し切る、全力投球するのを
大切にしています」。

今季は、5月12日の対中日戦四番手投手として登板。
2/3を投げて、勝利投手にもなっています。
これからも、貴重な左腕として、投げ切って欲しいですね。

130520carp.jpg
写真は、マツダスタジアムバックスクリーン裏で販売されている神原アナのお気に入り(^^)
試合前に、これを食べながらコンコースを歩いて周るのが楽しみとか。。。

LINEで送る

2013.5.13

お待たせしました!

DoTheCarp

早いもので、シーズンも序盤が終わり、明日14日からは
交流戦が始まります!

例年、リスナーの皆さんをはじめファンの人たちにとって、"交流戦"
と言う言葉を聞くと、何故か暗~い気分になりますが、昨シーズンは
交流戦で岩本選手&天谷選手が打撃陣を引っ張り、7月中旬には
最大11もあった借金を完済。その後、上位進出への足がかりを作った
ことも記憶に新しいと思います。

先週の番組インタビューで、中東選手のインタビューをお届けしたら、
な、な、なんとっ、中東選手は、一週間で二度もお立ち台に立つ活躍!
ぜひ、この選手にも今週はお立ち台に立ってもらいたい、そんな願いを
込めてお届けしたのが、今週のインタビューゲスト岩本貴裕選手でした。
「昨年秋から打撃フォームを改造。試行錯誤しながらやる中で、
春ぐらいは上手くいかなかったのですが、徐々に徐々に良い形になって
いるのが、今の結果に繋がっていると思います」。
一軍昇格後、"ここぞ!"と言う場面でタイムリーを放っている岩本選手。
リスナーさんから「岩ちゃん自身は、打順は何番を打ちたいですか?」
と言う質問に対して
「特にそこまでこだわりはないんですけど、任された打順でしっかりと
自分の役割をやりたいなと思います。四番バッターは、良いバッターが
入ると思うし、五番はそれを避けてチャンスが回ってくるところなので、
本当に両方とも重要な打順だと思います」と。

栗原選手が戻ってくるまでは、一塁手として若い内野陣を引っ張る役目も
担っている岩本選手。
これからも、決定的な場面での一打を期待したいですね!

130513carp1.jpg
130513carp2.jpg
4月に、廣瀬純選手が記録した15打席連続出塁日本記録を記念したプレートが、
先日、マツダスタジアムレフト側、JR側ゲートからの階段を上った、外野指定席レフトの壁面に
設置されました。
ピカピカに輝く、記念プレート。ぜひ、探してみてください!

LINEで送る

2013.5.13

お待たせしました!

DoTheCarp

早いもので、シーズンも序盤が終わり、明日14日からは
交流戦が始まります!

例年、リスナーの皆さんをはじめファンの人たちにとって、"交流戦"
と言う言葉を聞くと、何故か暗~い気分になりますが、昨シーズンは
交流戦で岩本選手&天谷選手が打撃陣を引っ張り、7月中旬には
最大11もあった借金を完済。その後、上位進出への足がかりを作った
ことも記憶に新しいと思います。

先週の番組インタビューで、中東選手のインタビューをお届けしたら、
な、な、なんとっ、中東選手は、一週間で二度もお立ち台に立つ活躍!
ぜひ、この選手にも今週はお立ち台に立ってもらいたい、そんな願いを
込めてお届けしたのが、今週のインタビューゲスト岩本貴裕選手でした。
「昨年秋から打撃フォームを改造。試行錯誤しながらやる中で、
春ぐらいは上手くいかなかったのですが、徐々に徐々に良い形になって
いるのが、今の結果に繋がっていると思います」。
一軍昇格後、"ここぞ!"と言う場面でタイムリーを放っている岩本選手。
リスナーさんから「岩ちゃん自身は、打順は何番を打ちたいですか?」
と言う質問に対して
「特にそこまでこだわりはないんですけど、任された打順でしっかりと
自分の役割をやりたいなと思います。四番バッターは、良いバッターが
入ると思うし、五番はそれを避けてチャンスが回ってくるところなので、
本当に両方とも重要な打順だと思います」と。

栗原選手が戻ってくるまでは、一塁手として若い内野陣を引っ張る役目も
担っている岩本選手。
これからも、決定的な場面での一打を期待したいですね!

130513carp1.jpg
130513carp2.jpg
4月に、廣瀬純選手が記録した15打席連続出塁日本記録を記念したプレートが、
先日、マツダスタジアムレフト側、JR側ゲートからの階段を上った、外野指定席レフトの壁面に
設置されました。
ピカピカに輝く、記念プレート。ぜひ、探してみてください!

LINEで送る

2013.5.06

スペシャリスト登場

DoTheCarp

今年もGWが終わりました。
リスナーのみなさんを始め、カープファンにとっては。。。
悔しい思いばかりの、GWだったのではないでしょうか?

さて、そんな中、今日の『DO THE CARP』でお届けしたインタビューは
今のカープに欠かせない、ユーテリティプレーヤー中東直己選手でした。
「今年は、開幕してからずっと調子が良いですね。運もツキもある感じで、良い数字が残せて
いると思います」。
ここで1点欲しい...と言う場面、打者がヒット等で出塁すると代走で出る機会が多い中東選手。
今年は、早い回から出番が回ってきて、本来の外野手としてではなく、時には捕手としても出
場しています。
「試合の後半から出番が回ってくるので、試合が始まって2回、3回あたりで投手が肩を作る
時に、それをために受けに行きますね。捕手は、まず捕ることが大事なので、目をしっかりと
慣らす意味を込めて、練習をしています。サインは。。。実際に行くときに聞くこともありますし、
前もって知っていることもあるので、事前に準備はしています」。
「捕手は、どうしても守ることを考えて攻撃の意識が薄れたりするので、すごく難しいポジション
だと思います」。

また中東選手と言えば、やっぱり足の速さ。
チーム盗塁数が、両リーグ1位の「36」(6日現在)で、当然、中東選手も。。。と思いきや、
なんと現段階で中東選手の盗塁数は「0」。
やっぱり、ここぞ!と言う場面で、盗塁を決める中東選手を見たいですよね。

足と守、あと今年は渋いヒットを放つ場面を数多く見かける中東選手。
今年も欠かせない選手ですね!

130506carp.jpg
写真は、5月5日「こどもの日」。マツダスタジアムで行われた、
ウエスタン・リーグ試合中のひとコマ。スラィリーもこの日は、鯉のぼりを持って登場デス!!

LINEで送る

2013.5.06

スペシャリスト登場

DoTheCarp

今年もGWが終わりました。
リスナーのみなさんを始め、カープファンにとっては。。。
悔しい思いばかりの、GWだったのではないでしょうか?

さて、そんな中、今日の『DO THE CARP』でお届けしたインタビューは
今のカープに欠かせない、ユーテリティプレーヤー中東直己選手でした。
「今年は、開幕してからずっと調子が良いですね。運もツキもある感じで、良い数字が残せて
いると思います」。
ここで1点欲しい...と言う場面、打者がヒット等で出塁すると代走で出る機会が多い中東選手。
今年は、早い回から出番が回ってきて、本来の外野手としてではなく、時には捕手としても出
場しています。
「試合の後半から出番が回ってくるので、試合が始まって2回、3回あたりで投手が肩を作る
時に、それをために受けに行きますね。捕手は、まず捕ることが大事なので、目をしっかりと
慣らす意味を込めて、練習をしています。サインは。。。実際に行くときに聞くこともありますし、
前もって知っていることもあるので、事前に準備はしています」。
「捕手は、どうしても守ることを考えて攻撃の意識が薄れたりするので、すごく難しいポジション
だと思います」。

また中東選手と言えば、やっぱり足の速さ。
チーム盗塁数が、両リーグ1位の「36」(6日現在)で、当然、中東選手も。。。と思いきや、
なんと現段階で中東選手の盗塁数は「0」。
やっぱり、ここぞ!と言う場面で、盗塁を決める中東選手を見たいですよね。

足と守、あと今年は渋いヒットを放つ場面を数多く見かける中東選手。
今年も欠かせない選手ですね!

130506carp.jpg
写真は、5月5日「こどもの日」。マツダスタジアムで行われた、
ウエスタン・リーグ試合中のひとコマ。スラィリーもこの日は、鯉のぼりを持って登場デス!!

LINEで送る

番組にメッセージを送る
カテゴリー
今週のDO THE CARP
 
気ままにカープ
 
INFORMATION
 
新着記事
カレンダー
7 July
s m t w t f s
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去の記事
検索
   
 
?