« 4月3は、サンフレッチェ広島フロントスタッフ吉武雄太さんとサンチェくんをお迎えしました!!メイン4月17日は、サンフレッチェ広島フロントスタッフ鍋島史誉さんお迎えしました! »

2018年4月10日

4月10日は、ルヴァンカップ浦和戦とJ1リーグ柏戦を振り返りました!

今夜は、先週行われたYBCルヴァンカップ浦和戦やJ1リーグ柏レイソルを中心に皆さんからのメッセージとともに振り返りました!

さらに、今日エディオンスタジアムで行われた前日練習後に収録してきた選手のインタビューもお届けしました!

IMG_2367.JPG

※写真は前日練習開始前のエディオンスタジアム広島

 

サンフレッチェ広島の今シーズンの無敗は続き、躍進を続けています!

先週4日(水)に行われたYBCルヴァンカップグループステージ第3節浦和レッズ戦では0-0で勝ち点1を確実に積み重ねCグループ首位をキープ!

そして8日(日)に行われたJ1リーグ第6節柏レイソル戦では、佐々木翔選手の得点で先制すると、その後与えたPKのシーンではGKの林卓人選手がファインセーブ。

1-0で勝利して、勝ち点16。こちらも首位を守っています!

 

リスナー、サポーターの皆さんからも「昨年を思えば夢のよう」や「今シーズンのスローガンのようにみんなが‟ICHIGAN"となっているからこそ」という、現在のサンフレッチェの活躍を喜ぶメッセージをたくさんいただきました。

 

今日の前日練習後のインタビューには、

工藤壮人選手

「チームでどの選手が出てもおかしくない状況なので、出た選手がしっかりとチームのためにハードワークするだけだと思っています。

常に準備はできていますし、出たときは守備に攻撃に自分がやるべきことを意識してできているかなと思います。

連戦が続く中でチームとしての総合力が問われると思うので勝って成長できるようにしたいです。」

川辺駿選手

「メンバーが変わる変わらない関係なくチーム一丸となってやっていければと思います。

チームでいい守備ができているから今があると思いますし、みんながそういう意識があって、城福監督も根強くやっているのでそれを表現できたらと思います。

勝てば勝つほど波に乗れると思うので続けていきたいです。」

と、どの選手も現在の状況は選手や監督がひとつになれているからこそあって、連戦を戦っていく中でその勢いを加速させたいと強く熱い思いを語ってくれました!

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20180410190000

 

サンフレッチェ広島は次の試合は、

明日、4月11日(水)午後7時キックオフ。

明治安田生命J1リーグ第7節

ホーム エディオンスタジアム広島で、横浜F・マリノス戦。

そして、

4月15日(日)午後4時キックオフ。

明治安田生命J1リーグ第8節

アウェイで、湘南ベルマーレ戦です。