« 8月24日は、吉田安孝さんをお迎えしました!!メイン9月7日は、サンフレッチェ広島 MF 松本泰志選手がリモート出演!! »

2021年8月31日

8月31日は、トップチーム選手のインタビューをお届け!!

今夜は、先週収録してきたトップチーム選手の声をたっぷりとお届けしました!

IMG_5945.JPG

東俊希選手

「個人としてはもっと試合に出たいという気持ちが強いです。

いろいろなところができるというのが自分の良さだと思うので、それは自信を持っていいプレーをしたいです。

ポジションごとに役割はわかっているんですけど、自分らしさを忘れずにいたいです。

(秋は)夏よりは走れるので、気持ち的には楽だと思います。

チームとして得点量が少ないと思っているので、自分も含めて点をとっていきたいです。

点をとったときは何も考えずにリアクションをとってしまうのでああいう叫びが出てしまいます(笑)

今後も期待していてください!」

 

土肥航大選手

「(髪型変わりました?)

またちょっとこのあいだよりも明るくしました!髪型から明るく、ピッチで元気な姿を見せられるように頑張りたいです。

(ポジション争いが熾烈ですが)全員がいろんな特徴を持っているので、また違う部分で自分の特徴を出していきたいです。

自分から積極的に2列目から飛び出していくのを意識してやっていければなと思います。

後ろにつくのは簡単ですけど、もっと前へ前へとボールを運んでチャンスを少しでも作っていければなと。

自分がピッチに立った時は「戦っている!」というところを見せたいと思います!」

 

今津佑太選手

「(今シーズンここまで)チームとしてもなかなか厳しい結果が続いていますし、個人としても試合から離れている時間が長い中で「なんとかチームの力になりたいな」と、もがいているところです。

(試合の解説でも)「広島の3バックは鉄板だよね」というコメントが出ていた通り、世間から見たら広島の3バックは決まった3人がいるという見られ方をしている中で、新しい風を吹かせたいですし、自分が広島に移籍してきてチームの力になれていないなと思うので。

広島を応援してくれる皆さんが喜んでくれるプレーをしたいですし、そういう新しい風を吹かせたいですね。

いちプレーヤーとして切磋琢磨して、3人に割って入っていきたいし、ジェラ(住吉ジェラニレショーン選手)も含めた5人で争っていきたいですね。

出た時にできる準備ができていなければ「何をしていたんだ?」となるので、自分がピッチに立てていない時も準備をして、出た時にはいいパフォーマンスをしたいです」

 

棚田遼選手

「ずっと最近トップの方で練習させてもらっているんですけど、ユースのレベルや質とパススピードとか切り替えが全然違いますし、周りで見ているのと違ってピッチでやるとそれがよくわかるので、すごく刺激的です。

こういうプレッシャーの中でもっとやりたいなと強く思っていますし、楽しいです。

ルヴァンカップの横浜F・マリノス戦でデビューできて、あそこで試合前にすごく緊張したんですけど、ピッチに入ったら緊張とかなくて。

自分のプレーやるだけだなと思って。

小さい頃からこのスタジアムでやることを夢見ていて、サポーターとして見ていたので、そこに選手としてピッチに立てるのは、うれしい気持ちと楽しみな気持ちしかなくて、プレッシャーには感じなかったですね。

柴﨑晃誠さんや青山選手は、やっぱり基本のパスやトラップが、どんなところに来ても自分が思っているところに止めるので、前のフォワードの選手として見習いたいなと。

あとどの選手もシュートがうまくて、スピードも違いますし、自分の狙ったところ、四つ角を狙って全部入るので。

自分はまだまだで、決定力も足りないので、シュートの質を上げていきたいです。

トップチームで早くJリーグデビューしたいですけど、出ることだけが目標ではないし、高校生ですけど、記録に残る結果を出して、スタメンに入りたいです。

フォワードなので点にこだわっていけたらなと思います」

 

青山敏弘選手

ハードな試合をして、スタジアムで共感してもらいたい想いはいっぱいですけど、今は5000人しか入れない...。

でも気持ちはみんな一緒だと思うので、その気持ちを背負って試合にぶつけたいという想いを選手はみんな持っています。

試合なのでうまくいかないときは必ずあります。

そういう時にどう乗り越えるかが、自分たちの力、みんなの力をどう揃えて問題、難題を乗り越えるかというところがチームの総合力だと思います。

みんなで頑張りたいですね。もちろん若手はポジションとりに来てもらって構わないですし、それに自分は立ち向かう。そうやってみんなで成長していく。

それが一番今後のサンフレッチェに大切だと思うので。

もちろん僕もいつまでも試合に出たい。でもそれを超えていく若手を見たい!

(次節はピースマッチで)この季節、この時期は自分たちにとって特別で、当り前じゃない、サッカーをやらせてもらっている環境は特別なんだと考える時期です。

そういう想いを持って改めて平和というのは大切なことなんだとみんなで感じたいと思います」

 

松原志歩のレジーナ おしえてーな!#3【大内梨央選手③】

松「プレー面で質問したいと思います。

すごいヘディングが強いイメージがあるんですけど、どうしてあんなに強いヘディングが打てると思いますか?」

大「えへへ(笑)自分は"頭利き"だと思うので、ゴール前は全部頭でいけるくらいの覚悟でやっています!」

松「さすがフォワードですね!たくさん点決めてくださいね!」

大「はい!ありがとうございまーす!!」

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

https://radiko.jp/#!/ts/HFM/20210831180000

お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。