« 11月23日は、サンフレッチェ広島 MF 東俊希選手がスタジオ生出演!!メイン12月7日は、サンフレッチェ広島 DF 塩谷司選手がスタジオ生出演!! »

2021年11月30日

11月30日は、サンフレッチェ広島トップチーム選手のミニインタビューをお届け!!

 

今夜は、サンフレッチェ広島トップチーム選手に、リーグ最終戦に向けた想いを訊いたミニインタビューをお届けしました!

IMG_8847.JPG

野上結貴選手

「(今シーズンは)サポーターの方の期待に応えられなかった、悔しい気持ちが多いです。

当り前ですけど、全力でシーズン通して戦えたというのはありますけど、ホームで、皆さんが見てくれている前で勝ちを多くとれなかったのは、個人として責任を感じていますし、悔しい気持ちです。

(最終節)相手は、残留争いしているチームなので気持ちを持ってやってくると思います。

そういうチームに対して今年勝ち点をとれていないので、最後に勝ち点をとって、勝って終わりたいと思います。

(サンフレッチェファミリーの皆さんへ)

コロナの制限の中で応援してくださってありがとうございます。

なんとか最後勝ちきって、みんなで笑って終われるように全力で戦いますので、応援よろしくお願いします!

今シーズンもありがとうございました!」

 

青山敏弘選手

「(今シーズンは)勝てないシーズンでした。

何がいけないというのは、うまく見えてこなかったし歯車が回っていなかったのは確かで、それを修正する力もなかったと、それに尽きると思います。

ただ、若い選手がたくさん出てきていて、力を付けてきたのは間違いないので、それを最後までやり通して来年につなげたいと思います。

いろいろありましたけど、最後に勝ちたいという想いだけです。

うまくいっているかどうかは別として気持ちは常に出さないといけないし、勝ちたいという想いはサポーター・ファンの方たちと一緒なので、それをピッチで表現しないといけないなと。

(サンフレッチェファミリーの皆さんへ)

今年もコロナ禍という中で、たくさんの声援、応援をいただいて本当にありがとうございます。

自分たちにできることを全部出したかと言われれば、納得していただけないと思いますが、最後まで戦い抜く覚悟はあると思います。

リーグ最終戦に勝って、その感謝の想いを伝えたいと思います。

最後まで応援よろしくお願いします!」

 

藤井智也選手

「(今シーズンは)成長を感じられて嬉しい思いもあったり、自分の不甲斐なさを感じて、情けないなという思いもたくさんしましたけど、1シーズンを通して見たら大きく成長できた、そんなシーズンだったかなと。

監督が、未熟な僕を使い続けてくれて、コーチが自主練に付き合ってくれたり話を聞いてくれたので、成長できました。

チーム全体に感謝しています。

僕は、練習よりも試合が一番の成長できる場だと思っているので、試合で出た課題を短期間で次の試合が来るおかげで生かせる。

17連戦の過密日程はそういう意味ではよかったかなと思います。

(自分の武器として確信できたのは)裏抜けで走り続けることと、縦のスプリントの量は、数字的なところもあるし、やっている中でいけたな!と実感はあるので自信になりました。

(リーグ最終戦では)少しでも多くの勝ち点をとって、上の順位に行くのはもちろんですけど、チームとして最後勝って終わるか、負けて終わるかでは、来シーズンの入りに大きく影響すると思うので、勝っていい締めくくりをしたいです。

(個人としては)結果を残したいです!

(サンフレッチェファミリーの皆さんへ)

今シーズンいい時も悪い時もたくさんの応援をしてくださってありがとうございました。

まだラストゲームは残っているので、そこでいい試合を見せて、皆さんの期待に応えられるように頑張るので、応援よろしくお願いします!」

 

鮎川峻選手

「(ケガから復帰できて)チームに戻ってこられた嬉しさと、試合に出られる喜びをすごく感じています。

今年は一年間通して、試合に絡み続けることができましたけど、目に見えるような結果という部分では少し足らない部分があったので、心残りもあるシーズンでした。

今シーズンは、うまくいった試合があまり多くなかったので、最後いい形で締めくくることができればいいかなと。

ケガをしている期間に、自分の頭の中、心の中を整理することができ、吹っ切れたような形で復帰できたので、自分の良さが少しずつ出せていると思います。

(サンフレッチェファミリーの皆さんへ)

今シーズン、チームとしても、サポーターの皆さんからしても満足のいく結果が多くはなかったですけど、そんな中でも、いつもアツい応援をしてくださって力になりました!

ありがとうございます!」

 

浅野雄也選手

「(今シーズン)振り返ってみるとあっという間でしたね。

個人の感想としては、まだまだやれたなぁという部分もあるので、なんかモヤモヤ感が残っていますね。

やり切れていない感が。

できなかったことがほとんどなんですけど、とりあえず決定力のところと、結果というところが自分はまだまだかなと思います。

(徳島戦では)勝利というのは絶対条件であって、ただ勝つだけじゃなくて来シーズンにつながるような試合をして、チームで自分たちのサッカーを出して、いい終わり方をしたいですね。

監督が変わったからといって、ガラッと変わるのは違うと思うので、今まで先輩が積み上げてきたものを今度は自分たちが繋げていく意味でも、"広島らしいサッカー"を貫いていきたいなと思います。

(徳島にも)たくさん来てほしいですね。ファン、サポーターの方と喜べる、勝利を届けられるのは嬉しいことですし、たくさんの人と勝利を分かち合いたいです!

(サンフレッチェファミリーの皆さんへ)

今年一年間、コロナで大変な時期、結果が悪い時もありましたけど、僕たちを信じて最後まで応援してくれて本当にありがとうございました!

引き続き応援よろしくお願いします!」

 

サンフレッチェ広島レジーナインタビュー

山口千尋選手

「サンフレッチェ広島レジーナ、背番号14番、ミッドフィルダー、山口千尋です」

Q.WEリーグここまで振り返っての率直な感想は?

「たくさんのファン・サポーターの皆さんが会場にお越しいただいたり、SNS等で「頑張ってね」などの声をいただけて、すごくうれしい気持ちでいっぱいです」

Q.SNSは何をされていますか?

「Twitterとインスタをやっています。

移籍当時は毎日のようにフォローが来て嬉しかったです。

注目度が高いし、サンフレッチェのファンはアツい方ばかりだなと思いました」

Q.生活パターンに変化は?

「午後が割とゆっくりな時間になったので、ケアしたり、試合の映像見たり、自分と向き合える時間が増えたので、すごくいい環境でやらせていただけています」

Q.オフの時間料理はされますか?レジーナではやられている選手も多いですよね

「(料理は)左山桃子選手がよくやっているというのをよくききますね。

私も割と毎日自炊なんですけど。

(秋の味覚は)増矢理花選手のおばあさんから、サツマイモをいただいたので、家に持ち帰ってサツマイモご飯にして食べました」

Q.サンフレッチェファミリーに見てほしいプレーは?

「今まではドリブルで仕掛けて仕掛けてということが多かったんですけど、レジーナに来てからは選択肢を持つように心がけていて、ドリブルとパスの両方を使える選手になりたいと思っています。

そこに注目してもらえばなと思います!」

 

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

https://radiko.jp/#!/ts/HFM/20211130180000

お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。