« メイン

2018年12月11日

12月11日は、吉田安孝さんをお迎えしました!!

今夜は、吉田安孝さんをお迎えし、リスナーの皆さんから募集した『今シーズン印象に残った試合』をご紹介しながら、サンフレッチェ広島の2018シーズンを振り返りました!

IMG_1757.JPG

 

今夜は、サッカーコメンテーターの吉田安孝さんをお招きして、2018シーズンを振り返っていただきました。

まずは、シーズンを振り返っての課題を、

「昨シーズンのこと考えると,前半はびっくりするような勝ち点の稼ぎ方でしたよね。

選手、監督が代わって、我々も、不安がありながらの開幕。

そんな中での開幕戦での勝利で、いいスタートを切れた。

それがすべてだと思いますね。

あのまま中断期間がなかったら...と、今振り返ったら思いますね(苦笑)

Jリーグの厳しさを感じる1年、特に後半だったなと思いましたね。

中断期間中、どのクラブも対広島対策として、システムを変えたり、メンバーも変えてきたりして、苦しめられましたからね。

その中では、やっぱり得点、決定力、決めるべき時に決める力というのが来シーズンに向けての課題だと思います。

得点源となったパトリック選手が、点をとれなかった時に、どうやって点をとるか、一点差で勝つかという部分が大切だなと。

中央、サイド、セットプレー、遅攻、速攻、カウンターと、いろいろなバリエーションの攻撃、それこそ城福監督の求めるムービングフットボールといわれるようなサッカーを、来シーズンに期待したいですね。」

と挙げてくださいました。

 

収穫としては、

「2位というのはすごいなと。

最後の最後に勝ち点1をとって2位を死守し、ACLの出場権を得られたのは大きかったと思います」

と、まず順位とACL出場権獲得を挙げられたうえで、

「北海道コンサドーレ札幌戦は3バックに思い切って変更しました。

最初は選手も戸惑っていて、おそらく思い出しながらプレーして、2失点してしまって、どうかなと思ったんですけど。

その中で、選手自らが話し合いながら、考えながらプレーすることによって試合の中で、城福監督の3バックというものが出来上がってきたんですよね。

それで2点をとって同点に追いついた。

さらに、途中からサッカーを楽しそうにやっていたのが印象的で、見ていてワクワクしました。

素晴らしかったです」

とお話しされました。

 

来シーズンに向けては、

「城福監督が就任当初から言っている‟ムービングフットボール"。

これは攻撃においても、守備においても、ボールが動いて、とにかく、ワクワクするような、見ている人の心を動かすようなそういうサッカーを見せてもらいたいですね。

その中で地道に勝ち点を積み上げて、上位に食い込んで、今年できなかった優勝というものを、目指していってほしいなと思います!」

と、熱く期待感を述べられました。

 

最後にリスナーにメッセージ!

「今シーズンも応援ありがとうございました。

サンフレッチェ広島というチームは、ひとつにならないと勝てない。

監督、コーチ、選手、スタッフ、そしてサポーター。

みんなが気持ちを一つにして来シーズン戦っていただけたらなと思います!」

吉田さんありがとうございました。

来年もよろしくお願いします!

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20181211190000
聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

 

2018年11月27日

11月27日は、サンフレッチェ広島DF 馬渡和彰選手をお迎えしました!

 

 

今夜は、サンフレッチェ広島 背番号27 DF 馬渡和彰選手が

スタジオ初生出演してくださいました!!

IMG_1392.JPG

2014,2015年にJ3ガイナーレ鳥取、2016年にJ2ツエーゲン金沢、2017年にJ2徳島ヴォルティスを経て、今シーズンサンフレッチェ広島に完全移籍で加入した広島1年目の馬渡選手。

先日の名古屋戦では、J1リーグ戦初先発を飾りました!

 

まずは、広島の印象について伺うと

「‟ちょうどいい"です。

車走らせれば色々あるし、子育て含めても環境がいいし。

うちのお嫁さんは今までで一番楽しそうです!

イオンモール広島府中や、本通り、そごうによく行きますね。

基本子どもと接することができないので、休みの時は家族みんなで遊びに行っていますよ!」

と、ご家族みなさんで広島を気に入ってくださっている様子をお話ししてくださいました。

食べ物については、

「お好み焼きすごいおいしいです!

そばに、イカ天トッピングしたりして。広島に友達来たら一緒に行ったりしますね。

まだ詳しくはないのでネットで調べたり、人に聞いたりしながら(笑)

あと、このあいだカズさん(森﨑和幸選手)に焼肉連れて行っていただいて、コウネ食べたんですけど、めちゃくちゃ美味しかったです!

はじめて食べたんですけど、あれは美味しいですね。

ぜひ、サポーターの皆さんもおいしいお店教えてくださーい!」

と、広島ならではのグルメも、少しずつ堪能されている様子を笑顔で話してくれました♪

 

さらに、なぜかニックネームが「テッペイ」で定着しつつあることについて、そもそもなぜこう呼ばれるようになったのか伺うと、

「今、スタッフ陣が結構呼んでいるけど、スタッフも意味わかっていないと思うんですよね。

僕こんな声なんで、顔じゃないですよ。声が小池徹平さんに似てるんで、「テッペイ」だそうです。

ヤツ(千葉和彦選手)が勝手に決めましたよ(笑)。で、浸透しちゃいましたよ。

ただ、「カズ」という人もいるし、「カズくん」という人もいるし。それぞれ定まっていないですね(笑)」

と、よくインスタグラムにも登場する、仲の良い千葉和彦選手にニックネームを決められたといういきさつを笑いながら話してくれました。

笑顔も声も優しい印象の馬渡選手。

プレーはもちろん、そんなところにも惹かれている、魅力を感じる、というメッセージは今日もたくさん届きました!

 

最後にリスナーにメッセージ!

「次、最終節。

一年間の集大成ということで、本当に泣いても笑っても最後、ラスト一試合。

カズさんも引退なので、今年一年戦ってきた、同じメンバーで戦えるのも最後。

アウェイ北海道は遠いですけど、一人でも多くのお客さんに来てほしいですし、来られない人はパブリックビューイングで応援していただいて、少しでも選手に力を貸していただけたらと思います!

僕も試合に出たら得点ガンガン狙っていきたいので、応援お願いします!

ACL決めましょう!」

馬渡選手ありがとうございました♪

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20181127190000
聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

サンフレッチェ広島次の試合は、

12月1日(土)、午後2時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第34節

アウェイで、北海道コンサドーレ札幌戦、今シーズン最終戦です。

2018年11月20日

11月20日は、サンフレッチェ広島MF 森﨑和幸選手をお迎えしました!

 

今夜は、今シーズン限りでの引退を表明した、サンフレッチェ広島 背番号8 MF 森﨑和幸選手がスタジオに生出演してくれました!!

IMG_1138.JPG

25年間続いている‟GOA~L"ですが、森﨑和幸選手はサンフレッチェ広島一筋20年ということで、番組にも最多に近い出演をしていただいています。

そんなカズ選手は、先日、今シーズン限りの現役引退を表明( http://hfm.jp/blog/goal/2018/10/post_886.html )されました。

まずは引退を表明してからの今の気持ちを、

「引退発表の時も言いましたけど、すっきりしましたね。

一日一日がはやいなと。ホーム最終戦まで4日ですけど、本当にはやいなと。

充実しています。僕のためにクラブにグッズを作っていただいたり、たくさんのファンサポーターの方が吉田まで足を運んでくれたり。

すごい幸せな日々を送っているので、それが日々がはやく感じる理由かなと思います。

吉田も市内から離れているのに、時間を作ってきてくれるのはありがたいですし、泣いてくれる方もいたので、本当にうれしいというか幸せだなと思います」

とお話ししてくれました。

その上で、引退セレモニーも行われる11月24日、ホーム最終戦については

「当日にならないとわからないですけど、サンフレッチェの選手としてはエディスタでピッチに立つのは最後なので。

(出場については)監督が決めることですが、準備はしっかりしています。」

と話されました。

 

リスナーの方から多くの質問やメッセージをいただき、お時間の許す限り答えていただきました!

Q.20年間を通して一番印象に残っている試合、苦しかった試合は?

「一番印象に残っているのは、初優勝した時は最高の瞬間でしたね。ユースからずっとやってきて、初めての日本一だったので、その景色が見られたというのが忘れられないですね。

逆に苦しかったのは、J2に落ちた時です。

下も上も見てきたな。すべて見てきたなという感じです」

 

Q.サポーターの存在については?

「僕は何度も助けていただいていますし、サポーターの方がいなかったらこんなに長くできていないので感謝しています。

僕は、普段気持ちを伝えるタイプではないので、最後しっかり伝えられたらなと思います」

 

Q.ピッチに立っている姿を見るとまだやれるんじゃないかという気もします。もう後悔はない?

「選手としてはもう限界です(笑)。もうやり残したことはないです。後悔もないです」

 

最後にリスナーにメッセージ!

「24日が、サンフレッチェの選手とエディオンスタジアムのピッチに立つのが最後になるので、ぜひたくさんの方に足を運んでいただきたいなと思います。

最後は笑って終わりたいなと思います!」

カズ選手!ありがとうございました!

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20181124190000

※お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

サンフレッチェ広島次の試合は、

11月24日(土)午後2時キックオフ。

明治安田生命J1リーグ第33節。

エディオンスタジアム広島で今シーズンホーム最終戦となる、名古屋グランパス戦です。

2018年11月 6日

11月6日は、サンフレッチェ広島MF 柏好文選手をお迎えしました!!

 

今夜は、サンフレッチェ広島 背番号18 MF 柏好文選手が スタジオに生出演してくれました!!

IMG_0513.JPG

イベントに、特番にと、GOA~Lと色々コラボしていただいているので、一年に何度もゲスト出演していただいている錯覚に陥りますが、スタジオ生出演は、約一年ぶり。

前回は、DJウィングバックからインサイドハーフになって登場してくださいましたが、今夜は...

「どうも皆さん久しぶりです!

‟DJサイドハーフ"こと柏好文です!」

と、登場していただきました。

そんな柏選手。

ほかの選手はもっと緊張されて登場されるのに、「本当はもっと緊張しなきゃいけないんですけど、なんかもうリラックスしちゃって(笑)」と、スタジオ内での余裕な感じからあふれるベテランDJ感がすごいんです♪

今夜もキレキレのトークと、4曲選曲で番組を盛り上げてくれました!

 

まずは、今週末11月11日(日)に、THE OUTLETS HIROSHIMAで開催される、サンフレッチェ広島柏好文選手のトークショーについての告知!

1347.jpg

柏選手は、

「いつもは、僕の方から主導してやるんですけど、今回はオファーがあったからやるんだということを、リスナーの皆さんにはわかってほしいですね。

本業はサッカーなので、もしかしたら前日の試合で疲労困憊してトークショーは勘弁してくださいってなるかもしれません(笑)」

と冗談めかしつつも、

「いや、やるからにはやりますよ!

THE OUTLETS HIROSHIMAでやるということで、THE OUTLETS HIROSHIMAの魅力についてもたっぷり話そうかと。

話したい事たくさんありますけど、それは当日のためにとっておくので、今夜はこれくらいで。

答えられない質問はないので、ぜひ皆さん考えてきてくださいね!」

と、とっておきのトークを約束してくれました!

11/11(日)THE OUTLETS HIROSHIMAでサンフレッチェ広島柏好文選手のトークショー

詳しくは広島FMホームページ新着情報まで♪↓

http://hfm.jp/tops/whatsnew/detail.php?id=1347

 

さらに、くりーむパンの八天堂×柏好文選手スペシャルコラボレーション商品「カッシーの菓子パン」セット2018のご紹介!

IMG_0514.JPG

去年大好評だったこの企画。

今年は、パンもバッグもさらにパワーアップ!?

前回人気だった紫芋くりーむパンに加え、なんとなんと、八天堂初となる総菜パンがこの「カッシーの菓子パン」企画で実現!

中身の総菜は...広島ということで「お好み焼き」なんです!

スタジオで試食したトゥーロックも「これイケる!これは美味い!しっかり肉玉そばが入っていてパンと合う!」と大絶賛でした。

販売日は、

2018明治安田生命J1リーグ
【第31節】11月10日(土)14:00キックオフ vs.ベガルタ仙台
【第33節】11月24日(土)14:00キックオフ vs.名古屋グランパス

の二試合。

仙台戦では、ヴァイオレット地に「十八天堂」と柏選手の似顔絵がプリントされて、四角型の保冷バッグ、

名古屋戦では、淡い紫地におしゃれな某ブランドバッグを彷彿とさせるデザインが施された、三角柱型の保冷バッグに、

5個入りで販売されます!

詳しくはサンフレッチェ広島オフィシャルホームページをご覧ください。↓

http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=12454

 

最後にリスナーにメッセージ!

「次のベガルタ仙台戦では、試合はもちろんですけど、いろいろなイベントクラブ総出でやっていけたらと思っています。

一人でも多くの人に、足を運んでいただいて、選手と一緒に戦っていただいて、勝利をつかんで次につなげたいと思いますので、よろしくお願いいたします!」

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20181106190000

 

サンフレッチェ広島次の試合は、

11月10日(土)午後2時キックオフ。

明治安田生命J1リーグ第32節。

エディオンスタジアム広島でベガルタ仙台戦です。

2018年10月23日

10月23日は、株式会社ベアフットの中島浩司さんをお迎えしました!!

 

今夜は、サンフレッチェ広島OBで、株式会社ベアフットの中島浩司さんをお迎えし、皆さんから届いたメッセージとともにお送りしました!

IMG_0181.JPG

現在、4試合を残して首位の川崎フロンターレと勝ち点4差をつけられ、自力での優勝の可能性がなくなったサンフレッチェ広島。

しかし、2013年に同じような状況から、見事逆転優勝を決めたメンバーのひとりだった中島浩司さんは、

「2013年の時は、そんなに戦術を変えたわけではなかったですし、みんなで決起集会を開いて絶対優勝するぞという意気込んだ感じというのはなかったです。

もちろん前年優勝して、上位にいて、上は目指していましたけど、2節残して首位とは勝ち点が5離れていて。

自力優勝が現実的に無理だったので。

自分たちが目の前の試合に勝って、あとはどうなるかという中で、相当リラックスしていました。

そして最終節、勝利したら喜ばしいことだし、ひとつでも上にいけたらという、目の前のことだけやろうというそんな感じだったので、とにかく比較的リラックスして戦っていました。

昨年の今と比べれば、順位がまるきりひっくり返ったような状態なのでめちゃくちゃいいじゃないですか。

ただ、連敗ということで、昨年を思い出したり、前半2位との勝ち点差が大きく開いていたのを詰められて、ギリギリの緊張感の中でやってきたで、その貯金もなくなってきたことに対して、心理的、過剰に、マイナスに働いているような気がします。

今は、リラックスしてというのは難しいと思いますけど、優勝争いできていることを喜びに変えられるかどうかだと思うんですよ。

プロなので、一番上を目指すのは‟至上命題"だと思いますけど、今の状態は、自力での優勝は絶対にないし、上のチームが負けて初めて転がり込んでくるものですよね。

だからあとは絶対に勝つというよりは、一試合一試合、自分たちの最高のパフォーマンスを見せて、勝ちを積み上げることが大切だと思います。

前半戦がそんな感じで、昨年の結果を受けてチャレンジャーでいたからこそ、どっちに転ぶかわからない試合を勝ってこれたので。

色々な要素が選手のプレッシャーになって足を止めたり、もう一歩が出なかったりしていると思うので、そのあたりをとりはらうことが解決策だと思います。」

と、自らの経験を踏まえ、今のチームに、選手に必要なことをお話ししてくれました。

 

今夜のメッセージテーマは、

『「私たちにできること」「残り4試合、サンフレッチェ広島に期待すること」』

で、皆様から募集したところ、多くの「今こそICHIGAN!」というメッセージがたくさん届き、

離れていても思いがひとつにつながっているサポーターの力を感じました。

たくさんのメッセージありがとうございました♪

 

最後にリスナーと、サンフレッチェ広島に熱い激励メッセージ!

「全部勝って優勝します!

言っちゃわないと追いつけないので!

全部勝っても優勝できないかもしれないけど、全部は勝ちます!」

中島さんありがとうございました!

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/201810230000
聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

サンフレッチェ広島次の試合は、

11月3日(土・祝)、午後2時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第31節

アウェイで、ジュビロ磐田戦です。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11