« メイン

2020年11月24日

11月24日は、サンフレッチェ広島フロントスタッフ 有木陽祐さんがスタジオ初生出演!!

 

今夜は、サンフレッチェ広島フロントスタッフ 有木陽祐さんがスタジオ初生出演してくださいました!!

IMG_3876.JPG

スタジオ初登場の有木さん。

「緊張しています。この間のセレッソ大阪戦くらい手に汗握っています(汗)」

と、緊張状態を、先日行われたセレッソ大阪戦に例えてご登場!

 

有木さんのお仕事について

「昨シーズンの後半から今の部署になったんですけど、飲食の方は、コロナ禍明けの試合から担当させていただいていますのでまだまだです。

それまでは入社以来営業部で、企業さんを訪問させていただくのが日々の業務でした」

 

今年のスタジアムグルメは、徐々にブース拡大。ご苦労があったのでは?

「僕たちの中での苦労というよりは、出店いただいている業者の皆さんの方が環境がいろいろ変わってくる中で、先が読めず、出店いただく調整だったりとかメニューを絞って、"密"を回避したり並ばないように、工夫をしていただいたり、お願いしたので。

そういう意味での苦労はありました。

僕は、まだまだ勉強させていただきながらなので、コミュニケーションしながら勉強しなければなと。

来ていただくお客様に対しては、いろいろストレスがあるかと思いますけど、飲食やイベントを楽しんで帰っていただけるように、たとえ試合が負けても楽しかったと思っていただけるようにいつも心がけています」

 

試合が当日中止になった試合ではお弁当を買うためだけにスタジアムに来てくれたファン・サポーターも

「本当にありがたかったですね。大々的に"販売のアナウンス"ができなかったんですけど、SNS通じて買いに来てくださった方は、平日だったにも関わらず、スタジアムに弁当を買いに上がってきてくれたということはありがたかったです。

そこでお弁当を作っていただいている業者さんも笑顔で帰っていただけたので、皆さんがスタジアムの雰囲気を作ってくれていてありがたいなと」

 

サンチェプロデュースグルメを実施してきました。いずれもキックオフ1時間前にはほぼ完売!

「サンチェさんの方から、(今年は)グルメ大使としてなかなか役目を果たせていない中で、何かできないかということで。

『鮭まつり』に始まり今週末は『かきまつり』で、まつりばっかりなんですけど。

販売開始前から多くの方に並んでいただいて、買っていただいた方の表情が笑顔ばかりなので、その瞬間を見れたのがありがたかったなと思いました。あとはお腹いっぱいになってしっかり応援して帰っていただけたらなと思いますし、いい一日になったらなと思います!」

 

最後にリスナーにメッセージ!

「いろんなご意見いただき、同じようなキーワードが多かったのですごく参考になりました。

今シーズンも残り試合ありますので、改良しながら来シーズンに向かっていきます。

今後皆さんに満足していただけるように持ち帰り検討させていただきます。ありがとうございました!

次回ホームゲームとして開催される28日は試合開始4時間前からイベントができるようになりますのし、『かきまつり』はじめ、イベントでも皆さんに満足していただけるように準備していますの楽しんでいただけたらなと思います。

この日は寒くなると思いますので、しっかりと対策をしてお越しいただけたらなと思います!」

 

🔶番組の途中には前田食品の上久真さんと電話を繋ぎ週末の『かきまつり』についてお話を伺いました🔶

「サンチェさんからは、「広島といえば『かき』ということでなんとかしてよ」と命を受けまして。広島からかきを集めてきました!

今回お出しするのが、地御前の殻付きかき・大野町の大粒のカキフライ・坂町のかきのおろしポン酢をセットにして販売します!

価格は900円(税込み)です。お買い上げいただいた方にはオリジナルカードを進呈いたします」

上久さん電話出演ありがとうございました♪

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20201124180000

聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

♪今夜のリクエスト曲♪

スキマスイッチ『全力少年』

 

 

 

 

2020年11月17日

11月17日は、サンフレッチェ広島MF 川辺駿選手がリモート出演!!

今夜は、サンフレッチェ広島MF 川辺駿選手がリモート出演してくれました!!

IMG_3405.JPG

ハードスケジュールですが、息抜きはできていますか?

「やっぱり連戦なので、オフが月に1回か2回なんですけど、そういう時はゆっくりしていますね。

(二日連続のオフでは)一日は出かけましたけど、もう一日は家から全く出ていないです(笑)

中二日はハードですね」

 

J1通算150試合出場達成セレモニー。プレゼンターは森崎和幸CRMでした。

「ああいうのは、普通家族がやったりするんですけど、カズさんだとめちゃくちゃ嬉しかったですね。

カズさんという存在がすごくて、そういう人から受け取れるとすごいなと。

J1で150試合ってすごいので。タクトさん(林卓人選手)やアオくん(青山敏弘選手)に追いつきたいなと思いますね」

 

今シーズンは、全26試合に出場。パワーの源は?

「連戦なので、しっかり休むことが何より大切かなと思いますね。

普段(日常生活の中で)はサッカーのことは全然考えないです。ゲームしたりゴロゴロしています。

サッカーのこと考えてもサッカー三昧なので、できるだけ考えないようにしています」

 

今シーズン意識的に変わったことは?

「背番号が8番に変わったことで、自分が何も思ってなくても、自然にというか、自分がチームを引っ張らないとというか、勝たなきゃいけないというのが8番をつけたことで勝手に出てきたのかなと思います。

(40番つけていた時と)重みが全然違うなと。

いい部分と課題を追う部分が出せていいるのがいいところかなと思います」

 

チームとしてここまで振り返ってどうですか?

「早い時間帯での失点だったり点をとりきれないシーンが多いですし、今のチームの戦い方や順位を考えても悔しさが残る試合が多かったです。

ただ、自分たちが上の順位に行くためにも、そういう試合でも勝ち切れるようにしないとなと。

(ここ5試合負けなしで)上との差が縮まったことでACL圏内が現実味を帯びてきたので、そこに向かって戦いたいです。

今シーズン連勝が少ないので、負けないということもそうなんですけど、今の自分たちの順位を考えれば連勝しないといけないと思うので、できるだけ多く連勝して終わりたいなと思います」

 

最後にリスナーにメッセージ!

「シーズンも終盤に差し掛かってきて、残り試合も少なくなってきましたけど、最後までACLの可能性があるのでできるだけ最後まで勝って、連勝して終われるように頑張ります!」

 

♪今夜のリクエスト曲♪

ジャスティン・ビーバー『ホーリー feat.チャンス・ザ・ラッパー』

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20201117180000

お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

2020年10月20日

10月20日は、「紫熊倶楽部」編集長 中野和也さんがスタジオ生出演!!

 

今夜は、サンフレッチェ広島オフィシャルマガジン「紫熊倶楽部」編集長 中野和也さんがスタジオに生出演してくださいました!!

IMG_1885.JPG

川崎フロンターレ戦について

「悔しいですね。川崎からすればあんなに圧力かけられた試合は今シーズンなかったと、そういう話を聞きました。

点をとらなければいけないゲームで、ビッグチャンスもあったし、その数で言うと五分五分だったかなと。

だからこそあの一点目が本当に悔やまれますね。

強いチームはわずかな隙を見逃してはくれない。広島が勝ち点を積み上げるためには、ああいう細かいミスをやっちゃいけないんですよ。特に交代選手が投入されたときでしたよね。今季の川崎は一番あそこ狙うんですよ。それを考えたらあそこはきっちり守らなければならない。悔しいです」

 

ヴィッセル神戸戦について

「入場者が約8,000人ということで、手拍子がかなり選手を後押ししましたよね。

試合前にサポーターの方ともちょっとお話しできたんですけども、「声が出せない、選手に励ましのコールができないというのはツラい」と、おっしゃっていました。そんな中、手拍子ができたというのはありがたいですね。

(今シーズン初先発の野津田選手は)やっぱり緊張していたと思いますね。硬くなっていました。彼は経験豊富な選手なんですけど、ここはどうしても結果を出したい、貢献したい、自分の力をアピールしたいと思います。

おそらく30分くらいまではボールタッチもそこそこありましたけど、それなりの空回りだったなと。

ところが36分くらいにイニエスタからボールを奪ったシーンがあったんですよね。イニエスタがファールを主張したシーンなんですけど。そこからエンジンがかかってきたなと。

神戸のドウグラス選手が自身のエリアに入ってきたときもものすごいプレスをかけてボールを奪ったりとか。

特に守備のところでテンポを作るようになりましたよね。後半も縦パスをピシャっと出して、東から、エゼキエウ、レアンドロ・ペレイラというシーンもありました。

シュートを打ってほしいところで打てなかったところはありましたけど、彼の一番の課題だった守備で、チームのリズムを作ってくれたところで、僕はすごく感動しました。"成長"というのはこういうことなんだなと。7番8番のボランチは胸アツでしたね。

佐々木翔選手のヘッドもすごかったですね。ヘッドで相手のゴールキーパーの手を弾くなんてないですよ。どんだけ強いシュート打ったのかと。僕は、"想い"というか"闘志"の賜物だと思います。」

 

次節鹿島アントラーズ戦について。レアンドロ・ペレイラ選手出場停止。

「頭痛いですよね。フォワードをどうするんだという。どうしましょうかねぇ...という感じですね。

鮎川選手もゼロじゃないかなと。浅野雄也のワントップかなとも。

アントラーズは連戦なのでチャンスかなと思っています」

 

最後にリスナーにメッセージ!

「みんなで戦えば大丈夫です!」

中野和也さんありがとうございました♪

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20201020180000

聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

♪今夜のリクエスト曲♪

ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』

 

2020年10月13日

10月13日は、森崎浩司アンバサダーをお迎えしました!!

 

今夜は、サンフレッチェ広島森崎浩司アンバサダーをお迎えし、清水エスパルス戦を振り返り、明日からのホームゲーム2連戦についての想いを伺いました!

IMG_1734.JPG

清水エスパルス戦について

「連勝できてよかったです!

雨の中でかなり戦いが難しかったと思いますし、僕が現役の時にはなかなか日本平で勝ったことがないというか、鬼門のスタジアムで。

非常に勝利するのが難しかったんですけど、2013年以降ですか、2018年以外は勝っていて。

「鬼門鬼門」とメディアの方に騒がれると気になってしまうんですよね。ファンサポーターの方ももちろん鬼門のスタジアムで勝利したいという思いや願いを感じますし。

そういう中であのスタジアムに入って先に失点してしまうと「あぁ、今日勝てないのかな」っていう思いがどうしても、なかなか勝てないスタジアムだと思うんですよね。そういうことを思ってはいけないんですけど、耳に残っていたりして。

だからこそ先日、しっかり勝てた、ここで勝つのが当たり前になっているのは相性が良くなっているのかなという気がしてすごいなと。

それと、森島選手のフリーキック。(日本平では)逆にああいうゴールを決められていたイメージがあったんですけど。僕もフリーキッカーとして蹴らせてもらっていた立場として、あのキックはすごかったです。ブレ球でね。僕はブレ球蹴ることができなかったんですけど。よくあのコースに蹴ることができたなと。

僕も取材で吉田に行って、モリシ(森島選手)に話聞いたんですけど、最初は直接狙う予定ではなかったらしいんですよ。距離もありますし。合わせに行くようなボールを入れる思いはあったみたいなんですけど、「直接狙っていいんじゃないか」と柴崎晃誠選手からあったみたいで。背中を押してもらい、その背中を押してもらったキックがあれか、最初から狙えよと(笑)。

風にも乗ったのか伸びているような軌道でしたよね。思わずツイッターで「モリシすげぇ」ってつぶやきましたけど。

そのあとのペレイラ選手のゴールも素晴らしかったですよね。あれを正確にさせるというのは」

 

今週はホームゲーム2試合!

「勝ち切れて、連勝して明日の試合に臨める、強敵をホームに迎えられるというのは、いい意味で。

今日もいいトレーニングできていましたし良かったかなと。

相手9連勝中で独走していますけど、そういう相手に逆に強かったり、燃えるチームですよね、サンフレッチェって。

広島としても2連勝中で。やっぱり3連勝を川崎相手に飾ると、かなり後半に勢いつくんじゃないかなという気はします」

 

最後にリスナーにメッセージ!

「このホーム2連戦というのは、今後を占う試合になると思っています。

特にスタジアムにお客さんに来ていただくのが少しずつ緩和されてきて、感染防止対策もしっかり行われているので安心してきていただきたいなと。

ひとりでも多くの方に来ていただいて、選手の背中を押していただきたいなと。

花火とかイベントもいろいろあって、少しずつ日常に戻りつつあるので、皆さんにぜひ楽しんでいただきたいなと思います!!」

森崎浩司アンバサダーありがとうございました♪

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20201013180000
聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

2020年9月29日

9月29日は、サンフレッチェ広島DF 井林章選手がリモート出演!!

今夜は、サンフレッチェ広島DF 井林章選手がリモート出演してくれました!!

IMG_1464.JPG

約1年半ぶりのご出演。

30歳になられましたが、変わったことは?

「30歳というのは節目かなと。より身が引き締まるなという感じですね。考えられないですね。

"アラサー"というイメージが。年とりました(笑)。

やれることを全力でこの10年間やって、いい40歳を迎えられたらなと思いますね。」

 

2シーズン目のサンフレッチェ。改めてどんなチームだと思いますか?

「本当にいい雰囲気で、それはベテランの選手がいい雰囲気を作ってくれるからっていうのがあると思うんですけど。

サッカーもやりやすい環境ですし、非常に魅力を感じるチームですね。

(ベテラン選手は)厳しい時は厳しいですし、盛り上げるときはすごく声を出してくれる。頼もしい存在が多いなと思います。

自分の年齢は真ん中に近いので、上の選手と若手のつなぎになれるような、いい立場でありたいなと思っています」

 

今シーズン今月に入って3試合先発フル出場されていますね?

「去年からスタメンで出た試合は負けていなかったので、今回も"井林神話""は続くかなと思っていたんですけど、途切れちゃいましたね。でも勝率は高いと思います。自分がチームに与えられる影響を示せたらなと思っています。

1年目にACLを経験できたことは大きかったですね」

 

苦しい時期もありましたか?

「相変わらず苦しいといえば苦しいですね。

今のスタメンの3バックというのは非常に能力が高くて、どんな相手でも立ち向かっていく強さを見ていても感じるし、やっていても感じるので。

(スタメン争いで)勝負するには違う部分で勝負しなきゃと思います。それを日頃、出していければなと思います。

ディフェンスである以上ボールを奪われないのは大切なんですけど、ボールを奪われない力は、今のスタメンの選手はうまいんですけど。周りを動かす能力だったり、チームを統率する声っていうのは、自分のストロングなので。出していきたいですね」

 

ここまでの戦いを振り返って

「自分の中では手ごたえもあって、いい試合ができていることも多いので、今年はより攻撃への関与も増やしていければ、より自分が生きていくのかなと感じています」

 

今日は、オフだったとのことですが、どう過ごしていましたか?

「今日は1日休みで、1日中子どもといることもないので、いてあげようかなと。散歩行ったり、家の近くにドーナツ屋があるので、「ドーナツ買いに行こう」って手を繋いで歩いて散歩行って」

 

アニメは見ていますか?

「そうですね。ショウ君(佐々木翔選手)や、ガク君(野津田岳人選手)も見てますね。

最近のアニメの話もしますし、楽しませてもらっています!」

 

最後にリスナーにメッセージ!

「これから後半戦、厳しい戦いが続きますが、みんなで頑張っていい順位で終えられるように戦い抜きましょう!」

井林章選手、ありがとうございました♪

 

♪今夜のリクエスト曲♪

Aimer『SPARK-AGAIN』

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20200929180000

お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11