« メイン

2018年12月 4日

12月4日は、先日行われた城福浩監督シーズン総括会見の様子を中心にお届けしました!

今夜は、先日行われた城福浩監督のシーズン総括会見の様子を中心に、皆さんから

今シーズン印象に残るゴール、プレーを募集してお届けしました!!

IMG_1516.JPG

サンフレッチェ広島は、先日12月1日(土)に、最終節を戦い、北海道コンサドーレ札幌に2-2で引き分け。

3位の鹿島アントラーズも引き分けたため、サンフレッチェ広島の2位が確定!

AFCチャンピオンズリーグの出場権も獲得して、2018シーズンを終えました。

 

昨シーズン残留争いをしていたクラブを、2位に導いた城福浩監督は、来シーズンもサンフレッチェの指揮を執ることが発表されています。

今夜は、昨日市内で行われた、城福監督のシーズン総括会見の模様をたっぷりとお届けしました。

まずは、今シーズンを振り返り、
「残念という気持ちが一番強いです。

残念という単語がいいのか悔しいという単語がいいのか分からないですが、振り返ってみるとそういう単語が一番最初に出てきます。

ただ、最終的に2位で終われたというのは、選手が頑張ってきた証を得られた気がして、その部分に関しては、本当に嬉しく思います」

と話され、その上で

「悔しいとしか言いようがないです。

6、7試合前までは、我々の手の中にあったものがこぼれてしまった。皆さんの期待に応えられなかった。その思いが非常に強いです。

ただ、戦い方で言えば第33節、システムで言えば第34節になるが、タイミングがどうだったかは別として、自分で考え抜いた中で戦い方を変化させる決断をした。それに応えてくれた選手たちがいたことは、非常に光を見る思いでした。

選手たちの躍動している姿を見た時に、来年目指していくものがハッキリ見えたかなと思いました。

もう一つ上のレベル、我々が届かなかったものに手を届かせるために何をしなければいけないかを感じられたシーズンという意味では、34試合とも本当に意味があったと思います」

と、時に言葉を詰まらせながら、また、目頭を熱くされながら語られました。

 

さらに、

トゥーロックの「今年もたくさんの素晴らしいゴールが生まれましたが、今年の戦い方を象徴するようなゴールとして、監督の印象に残っているゴールがあれば教えてください」質問に対して、

「ベストゲームと同じで、おなかで押し込むような泥臭いゴールも、目が覚めるようなシュートも、同じゴール。そこに順位はつけられない。

ただ、おととい(最終節札幌戦)のゲームの、2-0から非常に苦しい状況で、前半のうちに1点を返した選手が、馬渡であったと。

そこに至る、自分たちはひょっとしたら自分たちは焦るかもしれない展開の中で、自分たちのやり方を通しながら、そこを貫きながら、ようやく先発を苦労して勝ち取った選手がそこに絡んだということは、今年の苦しさと今年の成果を象徴するような、チームがあれで息を吹き返したという意味でも、すごく印象に残ったゴールでした」

と応えてくださいました。

この、最終節の馬渡選手のゴールは、今夜のメッセージテーマ『印象に残っている、今シーズンのゴールは?今シーズンのプレーは?』として挙げて送ってくださったリスナーの方もたくさんいらっしゃいました。

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20181204190000
聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

サポーター・リスナーの皆さん

2018シーズンお疲れさまでした!

昨シーズンの結果を思えば2位というのはうれしい結果である一方、城福監督もおっしゃったように、昨年とはまた別の悔しさと、リーグ戦の厳しさを感じた2018シーズンではなかったかと思います。

2019シーズンは、ACLのプレーオフからスタートするシーズンになり、また厳しいシーズンになることが予想されます。

今シーズンを上回る成績を、躍進を果たせるよう、サポートしていきたいですね!

シーズンオフも、"GOA~L"はたっぷりとサンフレッチェ広島情報を熱くお届けしていきますので、よろしくお願いします!!!

 

2018年11月13日

11月13日は、先日行われた「イオンカード presents 広島FM×サンフレッチェ広島 柏好文トークショー」の模様をお届けしました!

 

今夜は、先日11日(日)に行った「イオンカード presents 広島FM×サンフレッチェ広島 柏好文トークショー」の模様を、オープニングから、質問コーナーの様子までたっぷりとお届けしました!!

DSC02268.JPG

 

過去には当選者しか参加できなかった大好評の「柏好文トークショー」が、ついに、先日THE OUTLETS HIROSHIMAにて公開録音ステージとして行われ、多くの方にお集まりいただきました!

今夜はそんなトークショーの模様を、当日ご参加いただいた方はもちろん、残念ながら行けなかった方のためにも、当日盛り上がった登場シーンや、質問コーナーを中心に、当日の雰囲気まで伝わるように編集し、たっぷりとお伝えしました♪

 

オープニングでは、スタジアムのコール風に、MCトゥーロックが「本日のゲスト!かしわー...」と叫ぶと、参加者の方が「よしふみーっ!!!」と応え、さらに何度も何度も「かしわー!」「よしふみーっ!!!」のコール&レスポンスがステージ周りに響き渡り、ステージ周辺はさながらエディオンスタジアムのように!

すると、なんと柏選手はステージ近くで運行しているキッズパークの汽車でステージ脇からサンチェと登場!!!

そのまま客席の周囲をぐるっとまわりステージに登壇!

DSC02233.JPG

実はこれ、台本にはないアドリブで、ステージ開始直前1分を切った頃に、柏選手が近くにあった汽車を見て「あれで登場できないですかね!?」と思い付いて急遽決まったサプライズ演出だったんです。

ステージ脇からなかなか登場しないので一瞬会場がざわつきましたが、思わぬ登場に会場もどっと笑いと拍手に包まれ、一瞬でお客さんを楽しませる雰囲気を作り出せる柏選手はさすがだなと思いました。

 

「Q&Aコーナー」では、小さなお子様からのかわいい質問をはじめ、サッカーをやっている高校生や小学生の子からはプレーに関する質問、そしてサンフレッチェのジャージを着たベテランサポーターの方からは、「柏好文トークショー」ではすっかり恒例となった‟アノ"質問まで、多くの方が柏選手に質問をぶつけてくれました!

DSC02276.JPG

Q「僕は高校生でサッカーをやっています。柏選手はハードワークや、サイドで切れのあるドリブルができてすごいと思いますが、高校生の時どれくらい練習していましたか?」

A「いい質問くれたね!

学校の門が開くのが7時からなんですけど、僕は6時くらいに行って学校の門をだれよりも早く開けて、夜の9時に門を閉めて出ていました。

それくらい本当にプロになるために逆算して練習していましたので、青春という青春はサッカーしかありませんっ!」

 

Q「バスケをやっています。チームワークをよくするためにどうしていますか?」

A「チームスポーツなので、雰囲気というのをいち早く察しないといけないと思うので、それを敏感に感じ取って、僕自身は声掛けだったり、どんな状況でもポジティブな声をかけるというが大事だと思います。そこを意識してやっています。

コミュニケーションをとることが大事だと思いますし、黙っていても思いはわからないので、しゃべってお互いの思いを理解してというのが(サッカーでもバスケでも)つながると思います」

 

そして...

Q「印象に残っているゴールは何ですか?」

という、すっかり柏好文トークショーの恒例ネタ(?)となった質問には、

「これ最初やった時にめっちゃウケたんですけど、過去のトークショーで5回くらいやったら、最後の方みんな疲れるんですよ(笑)」

と言いながらも立ち上がって、『2015年チャンピオンシップ第1戦』を挙げ、ガンバ大阪の今野泰幸選手のスローインからゴールまでの激しい流れを、当時を再現するべく実況と寸劇を交えながら、柏選手自身が再現して答えてくれました!

 

最後には会場にお集まりいただいたみんなで集合写真!

フレームから溢れんばかりのたくさんの方にお越しいただき大盛況で幕を閉じました。

お越しいただいた皆さん、ありがとうございました♪

DSC02283.JPG

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20181113190000

※お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

サンフレッチェ広島次の試合は、

11月24日(土)午後2時キックオフ。

明治安田生命J1リーグ第33節。

エディオンスタジアム広島で今シーズンホーム最終戦となる、名古屋グランパス戦です。

 

 

2018年10月30日

10月30日は、森﨑和幸選手の引退会見の様子と、吉田サッカー公園での選手のインタビューを中心にお届けしました!

 

俺たちのカズ、俺たちの誇り。森﨑和幸選手が引退。

IMG_0295.JPG

(森﨑和幸選手引退会見での「森﨑ツインズ」)

昨日、広島市内で森﨑和幸選手の引退会見が開かれました。

1999年にサンフレッチェ広島に入団して以来、広島一筋19年目の今年。

会見では、引退を決断し、このタイミングで引退を発表した理由として、

「一つはサンフレッチェの選手としてJ1でやっていく力がなくなったことです。今年だけでなく、過去を振り返ってもチームに迷惑をかけてきました。そういった思いもあります。また、心身ともに疲れたというのが正直なところです。

いろんなことを考えていました。チームがいま優勝争いしている中で苦しんでいますし、その中で僕のこの決断がいいキッカケになればという思いもあります。ただ、一番の思いは、これまでずっと僕の傍で応援してくれたサポーターのために、早めに決断することで試合を見に来てくれる方もいると思うし、練習場に来てくれる方もいると思いました。それが一番大きな理由です」

とお話しされました。

そして、

「やはり一番思い出に残っているのは初優勝のセレッソ大阪戦です。
たくさんの方に来ていただいて、スタジアムの雰囲気も素晴らしかったです。試合が終わり、優勝が決まって、サポーターのほうを見ると、たくさんの方が喜んでくれていました。うれし涙も流してくれていました。今まで頑張ってきて良かったと思いました」

と、一番印象に残っている場面には初優勝を決めた試合を挙げてお話ししてくださいました。

 

森﨑和幸選手といえば、ピッチ上ではもちろんのこと、直接プレーに関わっていない時でもチームメイトを鼓舞したり、雰囲気を作っている印象が強く、今夜はリスナーの方から、

「存在だけでまわりに安心感を与えてくれる本当にすごい選手」

「笑顔が印象に残っています」

「引退後も何らかの形でクラブに関わってほしい」

というメッセージがたくさん届きました。

今シーズン残り4試合も、ピッチ内外での、私たちを魅了する活躍を期待しています♪

 

先日吉田サッカー公園で収録してきた選手インタビューを、選手からいただいたリクエスト曲とともにお届けしました。

IMG_0293.JPG

(雲一つない秋空の元、吉田サッカー公園で練習に励むサンフレッチェの選手たち)

4試合を残し、現在2位のサンフレッチェですが、逆転優勝を果たすため選手たちは余念がありません。

今の想い、心情、そして意気込みを強く語ってくれました。

さらに、普段聞いている曲や、試合前に聞いている曲を教えていただき、リクエスト曲として番組内でかけさせていただきました♪

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20181030190000

※お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

サンフレッチェ広島次の試合は、

11月3日(土・祝)、午後2時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第31節

アウェイで、ジュビロ磐田戦です。

 

【イベント情報】

11/11(日)THE OUTLETS HIROSHIMAでサンフレッチェ広島柏好文選手のトークショー開催!

1347.jpg

広島FMでは、11/11(日)THE OUTLETS HIROSHIMAでサンフレッチェ広島柏好文選手のトークショー開催します!

詳しくは広島FMホームページ新着情報まで♪↓

http://hfm.jp/tops/whatsnew/detail.php?id=1347

2018年8月21日

8月21日は、神戸戦と川崎戦の振り返り、明日の天皇杯名古屋戦情報を、皆さんからの応援リクエストソングとともにお届けしました!!

 

IMG_7079.JPG

(写真:8月19日(日)川崎フロンターレ戦で、打ちあがった夏休み恒例の花火)

 

今夜は、15日にアウェイで行われたヴィッセル神戸戦と19日(日)にエディオンスタジアムで行われた川崎フロンターレ戦を振り返りました。

悔しい敗戦となった川崎フロンターレ戦後のインタビューには、

 

柏好文選手

「1位と2位のチームの戦い、大事な試合をホームで勝ち点3とれなかったのは非常に残念ですが、自分たちが上の順位にいることは間違いないので、切り替えて次やるだけだと思います。

天皇杯、リーグ戦とタイトな日程なので、もう一回チームとしていい準備をしてやれればと思います」

 

吉野恭平選手

「難しいゲームでした。(首位のクラブの選手として追われる怖さを感じる)こういう状況は初めてなので、すごい、日々色々なことを考えながらやっています。自分が成長できるいい機会だと思って、しっかり自分と向き合いながらやっていきたいです」

 

和田拓也選手

「守備の時間が長かったので、意識的にはそこに力を使いやすかったというのはありました。

元々、守備にまわる時間が長くなることは予想していて、理想の形で点がとれたんですけど、そのあと我慢しきれなかったのが残念かなと思います。

(天皇杯は)負けたら終わりなので、しっかり準備していい試合ができたらと思いますし、今年まだ連敗していないので、次、(リーグ戦のセレッソ大阪戦は)本当に大事になってくるのかと思います」

 

と、試合を振り返っての思いと、連戦となる天皇杯、リーグ戦への意気込みを話してくれました。

 

さらに、メッセージテーマ『いまこそICHIGAN!!応援ソングリクエスト大募集!』を設け、皆さんからの熱い想いのこもったリクエストソングを募集してお届けしました♪

たくさんのリクエストと応援メッセージありがとうございました!!

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20180821190000
※お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

サンフレッチェ広島は次の試合は、
明日、8月22日(水)午後7時キックオフ。

エディオンスタジアム広島で天皇杯3回戦、名古屋グランパス戦。

次のリーグ戦は、

8月25日(土)、午後7時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第24節

アウェイで、セレッソ大阪戦です。

 

次回8月28日(火)のGOA~Lは

サンフレッチェ広島MF川井歩選手がスタジオ生出演予定!お楽しみに!

2018年8月14日

8月14日は、選手のインタビューとともに長崎戦を振り返り、明日の神戸戦についての情報をお届けしました!!

 

今夜は、「ピースマッチ」として行われたV・ファーレン長崎戦を、試合後の選手のインタビューとともに振り返りました!

さらに、明日行われる、ヴィッセル神戸戦情報をたっぷりお届けしました!

IMG_6901.JPG

 

サンフレッチェ広島、V・ファーレン長崎両クラブと、広島、長崎にとって記念すべき特別な一戦になった「ピースマッチ」。

試合後のインタビューでは、選手たちは今までにないスタジアムの雰囲気や、両チームサポーターのあたたかさに触れたことで、特別な想いでプレーできたと語ってくれました。

林卓人選手

「今まで味わったことのない、あたたかい雰囲気の中でプレーできたことは選手として幸せでしたし、その雰囲気を作ってくれた両チームのサポーターに感謝したいです。」

柴崎晃誠選手

「(FKは)本当にいいところに飛んで、駆け引きにも勝てました。

(故郷である長崎との試合でゴールを決められたことは)運命的なものを感じました。もってましたね。

今日は得点を決められて、ゼロで抑えられたこともよかったなと思います。」

青山敏弘選手

「特別な試合で、スタジアムの雰囲気も素晴らしかったですし、試合前のセレモニーでも今まであれほど感情が高ぶったこともなかったです。

‟やれることを最後までひたむきにやりきる"という姿勢が、こういった試合だからより一層伝わるものがあると思いますし、それは毎日やっていないとできないと思います。

今できることを精一杯最後まで続けることでいい結果が出ると思うので、これから先もそう信じてやっていきたいです。」

 

さらに、イニエスタ選手の加入でなにかと話題の、ヴィッセル神戸戦については、

千葉和彦選手

「(神戸戦では)負けないように、勝ち点3目指しながら、勝ち点を獲って帰ることができるような試合にしたいと思います。」

佐々木翔選手

「話題のある試合だとは思いますが、僕らは特にやることは変わらないですし、一試合一試合大切に勝ち点3を獲りにいきます。

(ジュビロ磐田戦でのイニエスタ選手の)得点シーンを見たらびっくりするようなシーンだったので、これから攻略法考えたいと思います。」

と、あくまでもいつもどおりの姿勢は維持しつつ、少ない期間の中で対策すべきところを固めたいとの意気込みを話してくれました。

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20180814190000
※お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

サンフレッチェ広島次の試合は、

明日、8月15日(水)、午後7時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第22節

アウェイで、ヴィッセル神戸戦です。

次のホーム戦は、

8月19日(日)、午後7時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第23節

川崎フロンターレ戦です。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11