« メイン

2020年9月15日

9月15日は、先々週市内某所で収録してきた選手のミニインタビューをお届け!

 

今夜は、先々週市内某所で練習終了後に収録してきた選手のミニインタビューをお届けしました!

 

永井龍選手

「なかなか、勝てない試合も続いていますけど、チーム一丸で勝ち取っていかなければいけないと思います。

広島はまだまだこんなものじゃないので、その力に自分も加われたらなと思います。

ベンチやベンチの外から見ていてももどかしいですし、自分は点とってなんぼだと思っているので、そういう試合で勝負を決定づけられるようなゴールを、まずは一点とりたいなと。

何ヵ月かこのチームにいて、戦術もわかってきましたし、なによりチームメイトとのコミュニケーションだったり、コンビネーションも練習試合で増えてきたので、早く公式戦でも出したいなと思いました。

広島の一員としてゴールを決めたいです!」

 

松本大弥選手

「基本的に守備の部分で、いろんな課題が出てきて、自分の相手にやらせないために、味方を動かすのもそうだし、相手も動かせるようにならないといけないなと。難しいですけどそこにチャレンジしています。

マリノス戦出させてもらいましたけど、何もできずたくさん課題が見つかって、いろいろなことに挑戦しないといけないんだなと感じたので。

ピッチに立つことが一番成長につながると思うので、ピッチ外でもできることをしっかりやって準備して、またチャンスが来た時には活躍できればと思います。

なかなか勝てない状況が続いて自分としても、今少しチャレンジすることが多い中で、毎日しっかり準備してまたチームの戦力になって、勝ちに貢献できるように頑張ります!」

 

土肥航大選手

「(Q.食欲の秋ですが?)秋は魚で言ったらサンマですね。自分では買ったことないです。たまに寮で食べるくらいですけど、なかなか出てこないですね。

もうちょい魚出てほしいです(笑)。お肉が多いですね。暑いので、疲労回復ということでしっかり食べてます!

ルヴァンと、Jリーグ1試合しかベンチ入っていない(※インタビューは先々週)ですけど、次チャンスあると思うので、もっともっとアピールして、そこで勝ち取りたいです。

いろいろなポジション与えられても、自分のプレーを出すのが自分の特徴なので、そこは意識してやっています。

自分の得意なのは左足なので、左足のチャンスメイクを見てほしいです!」

♪土肥選手のリクエスト曲♪

ONE OK ROCK『欲望に満ちた青年団』

 

浅野雄也選手

「自分の持ち味を出せている部分はあるので、あとは結果をもっと出さないとなと思います。

自分にボールを預けていたら、チームが安心をするという選手にならないといけないなと思うので、そこを目指して。

攻撃に対して、(相手チームから見た)怖い存在でありたいなと思います。

どこのポジションで出ても、得点を意識していきたいです。

相手の背後に抜けることをどこのポジションでも大切にしていきたくて。

ポジションによって、抜け出し方も変わってくるんですけど、どこでも自分のタイミングで、チームの人に出してもらえるような動き出しを大事にしていきたいと思います

 

次の週末は4連休!!

19日(土)~22日(火・祝)まで庄原市の備北丘陵公園では、サンフレッチェ広島応援イベントが行われます。

様々なイベントのほか、いつもエディオンスタジアム広島に出店している「スタジアムグルメ」もお楽しみいただけます!

ぜひお出かけください♪

Egk_M4UVgAEetZr.jpgEgk_NlrU0AAARwK.jpg

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20200915180000

お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

 

2020年9月 8日

9月8日は、先日市内某所で収録してきた選手のインタビューをお届け!

 

今夜は、先日市内某所で練習終了後に収録してきた選手インタビューをお届けしました!

IMG_0773.JPG

野上結貴選手

「最近なかなか、勝ってなかったので、しっかりホームで勝ち点3をとれるようにしたいなと。

勝ち点は最低1でも、とるということはいいことなんですけど、それはアウェイの時であって、ホームでは勝ち点3をもぎ取れるような戦いをしたいなと思います。

勝ち点3だけを皆さんにお届けできるように頑張ります。

(今シーズンは)独特な雰囲気の中でやっていますけど、こういう中でも観に来てくれるサポーターがいるし、来たくても来れないサポーターもいるので、そういう人達のためにも勝ち点3をとりたいです。

点が取れているときに失点してしまったり、失点していないときに点が取れなかったり、バランスがうまくいっていないので、そこがうまくいくようにみんなで話し合っていますし、戦術も考えていますので、その辺ができればいいなと思っています」

 

佐々木翔選手

「なかなかチームが苦しい時期というか、勝ち点を掴めない時期があったので、そういった部分を、払拭して自分たちのサッカーをしていい結果を目指していくゲームにしたいですね。

チャンスは非常に増えていると思うので、そこをいかに仕留めていけるかというところを大事にしていきたいし、仕留めるということは難しいことなので、より多くチャンスを作っていくことが今後大切なのかなと思います。

(5人交代制については)ディフェンス陣としては大変だなと。相手のフレッシュな選手が何人も入ってくるのは厄介ですけど、そうも言っていられないので、僕らは相手の選手をシャットアウトしできるようにしたいですね。

勝つのが一番ですし、ホームでは勝たないといけないので、勝利にこだわっていきたいと思います!」

エゼキエウ選手

「まずは、ホームでやっとメンバーに入れて試合に絡めたというのはよかったなと。短い時間でしたけど、そこが90分であれ60分であれ、10分であれ5分であれど、全力をピッチの上で表現するのが自分らしさだと思っています。(そのうえで)勝ちたいので、今度は勝てるようなプレーを見せたいです。

いろいろなところでいろいろな方からのメッセージを聞けてありがたく思っています。そういう方々に対してピッチの上で感謝の想いを伝えたいし、それが短い時間じゃなくもっと長い時間皆さんの前でプレーできるように頑張りたいです。

1日も早く点を取りたいので頑張ります!」

 

森島司選手

「(清水戦は)ホームなので、しっかり皆さんの前で勝ちたいなと思います。最近勝てていないので、勝って波に乗りたいです。

"しっかり守って、そこから攻撃につなげる"というのをやっていかないといけないと思っているので、失点を最小限に減らせたらなと思っています。

個人的にはゴールに向かっていくプレーをもっと増やして、チャンスを作っていきたいなと思います。

アシストはできていないのでクロスとか、しっかり上げ切って、チャンスメイクをしたいです」

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。
2020年8月18日

8月18日は、先日吉田サッカー公園で収録してきた選手のインタビューをお届け!

 

今夜は、先日吉田サッカー公園で収録してきた若手選手インタビューをお届け&メッセージテーマは「明日のFC東京戦、期待する選手!」でお送りしました!

IMG_0120.JPG

 

浅野雄也選手

「(浦和戦では)あれだけ引かれた相手にシュート20本打っていても1点も入っていないので。最後のフィニッシュの確認をしました。次オーバーヘッドで決めたいです(笑)常にいいイメージはできているので、結果を残し続けるだけですね」

 

森島司選手

「ゴール前、クロスとシュートのところを練習しています。逆サイドまで行ってボールに絡んだりゴール前に入っていくところは意識しています。得点とアシストはゴールに直結していると思います」

 

柏好文選手

「暑い日が続きますけど、連戦しっかりいい準備して、ひとつでも勝てるように頑張ります。ひとつずつしっかり勝って、自分より上にいるチームに勝って、勝ち点を積み重ねて立ち位置を変えていきたいです。

アウェイが続いていたので、ホームで勝って次に向かいたいので、入場できる人数は限られていますけど、観ている人と一緒に勝利を喜びあえるように頑張りたいと思います。テレビでもプレーは見れると思うので、画面越しでも僕たちの元気な姿を届けられるように、ゲームの中で頑張っていきたいなと思います」

 

荒木隼人選手

「なかなか、勝てない試合もたくさんあって苦しい戦いが多いんですけど、一戦一戦いい準備をして、いい取り組みを続けられていると思うので、今後いい方向に向かっていけるのかなと思っています。

(度重なるコロナによる試合中止については)多少影響を受ける選手もいるのかなと思いますけど、僕自身は受けていないですし、ないところからあるとなるとモチベーションが難しいですけど、あるところからないとなると問題ないのかなと。こういう状況はネガティブになりがちですけど、そこからは何も生まれないので、ポジティブに前向きにというのは意識しています。

再開してからはここまでしっかりいいパフォーマンスができているのかなと思いますけど、結果としてチームの勝利には貢献できていないので、チームの勝利につながるようなプレーを続けたいです。1点、2点取れば上向きになれるかなと思うので、後ろからしっかり、安定した守備から前に安心を与えられるようなプレーをしたいなと思います」

 

大迫敬介選手

「連戦、タイトなスケジュールの中、チームとしてタフな戦いを毎試合やっていますけど、結果が求められる中で、自分としても完封を目指していますし、それが勝ち点にもつながると思います。もちろん苦しい試合も多いと思いますけど、そんなときでも絶対に後ろでゼロに、というのは意識しています。

(FC東京は)去年からも勢いあるチームですし、前回も強豪名古屋に勝って勢いもあると思うので、相手の攻撃をしっかり封じ込めて後ろでゼロに抑えながら、チャンスを生かして勝っていきたいと思っています。

昨年、ホームで負けているのでその借りはしっかり返したいなと思っています」

♪大迫選手のリクエスト曲♪

B's『DIVE』

 

茶島雄介選手

「(ここまで振り返って)しっかりプレーすることは徐々にできていますけど、個人としてゴールやアシストができているわけではないので、そこはもっと求めていかないといけないと思います。一番はチームが勝つことですけど、その中でも自分が結果を残していかないと生き残っていけないと思うので、チームが勝つことと、自分が勝利に貢献することが一番の目標です。

個人的にクロスの質は上げていかないといけないですし、いろいろな攻撃の形を見せてゴールに向かいたいなと思います」

 

藤井智也選手

「相手はJリーグの中でもトップのチームで、数々の名だたる選手が揃っていると思うので、個人で魅せていきたいし、まだまだ期待に応えられていないので、どこかで一つ結果を残すことで、"ひとやま"超えられると思うので、FC東京戦をそのきっかけにしたいなと強く思っています。結果を出さなければと焦りはありますけど、そこはがむしゃらにやるだけなので、強い思いをもってやり続けたいです」

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。
2020年8月11日

8月11日は、吉田サッカー公園で収録した若手選手のインタビューをお届け!

 

今夜は、先々週吉田サッカー公園で収録してきた若手選手インタビューをお届けしました!

IMG_9856.JPG

(ピースマッチで対戦したサンフレッチェ広島と湘南ベルマーレの代表が、平和公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花した花輪)

 

東峻希選手
「(先日誕生日を迎え)二十歳になったので精神的にも見た目も大人になりたいです。
(ルヴァンカップでは)オリンピックもあるし、同世代が活躍しているので自分も活躍したいです。
自分が、チームに貢献できるように頑張りたいです。
ゴールも狙っていますけど、守備だったり攻撃のところで仲間を助けるプレーを心がける方が大切だと思います」
 
松本泰志選手
「Jリーグに向けてのチャンスだと思うので試合への出場時間があったらアピールできたらなと思います。
チャンスだと思いますし、若手が多く起用されると思うので、おのおの自分が持っているものを最大限発揮できれば。
一日一日の練習が大切だと思うので、そこをしっかりして出番がいつきてもいいように準備したいです。
まだ入場制限はありますけど、皆さんもコロナに気を付けて応援しに来てください!」
 
藤井智也選手
「初めの鹿島の試合は出場していないんですけど、1万5千人くらいのお客さんの前に立った時、J1ってやっぱりすごい舞台だなと思って。
ワクワクがすごいあって、緊張はあったんですけど、クセになりました。もっともっとあの舞台に立ちたいなと思いました。
持ち味のところは一番大事にしたいので、売りはスピードで分かりやすいのでもっともっと見せていく中で成長もアピールできると思うので、貪欲にいきたいです。
クロスの精度や課題はありますけど、そこを考えていると小さいプレーになるのでまずは自分のストロングを出し続け、伸ばしていきたいです。
ルヴァンカップは広島にとって大きな試合だと思うので、その中でアピールしたいし絶対に勝ってサポーターの皆さんに勝利を届けたいです。
代表経験やJリーグで活躍している若手選手がいる中で、チームの中でもそういう選手に負けているようではオリンピックなどにも関われないと思うので。チームメイト、相手の若手に刺激受けながら、成長して負けないようにしたいです。
僕の得意なプレーとしてスピードがあるので見ていただきたい。特別指定として大学生ではありますけど、全力で戦うので"背番号50"の応援をよろしくお願いします!」
♪藤井選手リクエスト♪
Mr.Children『終わりなき旅』
 
土肥航大選手
「Jリーグで過密日程なのでそろそろチャンスが回ってくると思うので、自分のプレーを出してスタメン勝ち取って出場機会を得られたらいいなと思っています。
自分がカップ戦に出て、自分のプレーをして優勝したいです。
自分のプレーは左足、ボールコントロール、相手に奪われないドリブルで観客を沸かせるプレーをしたいです」
今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。
2020年8月 4日

8月4日は、吉田サッカー公園で収録した選手のインタビューをお届け!

今夜は、先週吉田サッカー公園で収録してきた選手インタビュー・ピースマッチに向けた想いをお届けしました!

IMG_9667.JPG

8月6日直近のホームゲームとして、8月9日に行われる 湘南ベルマーレ戦はピースマッチとして開催されます。

今夜は先週吉田サッカー公園にて収録してきた、選手たちのピースマッチに向けての想いをお届けしました。

 

井林章選手

「広島県民が毎年毎年やってきていることを、僕たちがどういう形で貢献できるかということ、サッカーで勇気を与えること、元気を与えること、そういう一つのきっかけとなる活動となるためには、勝利、自分たちがしっかりやっていることを表現することが、サッカー選手として、サンフレッチェに関わっている人の使命かと思います。

今年はほんと特別で、観に来られる方が少ない中で雰囲気が出しづらいというのはあると思いますけど、それ以上に自分たちのプレーで、気持ちのこもったプレーや、勝ちへの執念を、画面越しでも分かるようなアツい試合をすれば、観ている方にも感動や勇気を与えられると思うので、どんな時でもそれを心がけたいです。

より、結果と姿勢にこだわっていかなければならない試合かと思います」

 

川辺駿選手

「広島にとって、重要な日だと思いますし、8月6日に試合があるわけではないですけど、サッカーができる、自分が好きなことができるというのは幸せだと思いますし、そういうのを噛みしめながらプレーしなきゃなと思います。

選手にとっても、ファンサポータの方にとってもすべての人にとって、普通の日じゃないというのをずっと思っていますし、それを、スタジアムで作り上げるのは、選手だけじゃないと思います。みんなの力でいい試合にしたいですし、特別な思いを持ちながら試合を作っていければと思います。

勝つことが重要だと思いますし、勝ってより喜びを感じながら、いい日にしたいなと思います」

 

佐々木翔選手

「非常に、広島にとって重要な時間、日だと思うので、少しでもいい試合をして勇気づけられたらと思います。

僕は広島で育ったわけではないので、あまり大きなことは言えないですけど、県民の方たちにとっては非常に特別な日、思いも伝わってきますし、より熱が入っている日だと思います。僕たちが勇気づけないといけない日だと思うんですけど、いつも僕たちが力をもらっているイメージがあります。

僕らも気持ちの入ったプレーをしますので、応援していただけたらと思います」

 

青山敏弘選手

「梅雨が明けて、アツいサンフレッチェの季節が来ましたね!アツい夏にしたいです!

7月少し、課題や、うまくいかないところがありましたけど、うまく前進しながら、勝ちながら次に進んでいくためにも、ピースマッチ、ホームの試合は非常に大事になってきます。勝ちたい。勝って成長したい。

スポーツができること、コロナでいつもよりは難しくなっていますけど、こういう時だからこそ、サッカーが当たり前にできることが幸せだったと思います。(そんな中で)平和だったからこそできていたのだということをもう一回振り返らせてもらえる年になっているので、ピースマッチではスポーツができることに感謝しながら挑みたいと思います。

毎試合毎試合、感染症との戦いですけど、それをクリアしてピッチに立っているので、ピッチに立っているときにね、どれだけありがたいことなのかということをもう一度噛みしめてピッチに立ちたいと思います。

決して自分たちだけではサッカーはできないので、ファンサポーターの皆さん、サッカーをできる環境を整えていただいている皆さん、ピースマッチには一緒に平和について考えられる日にしたいし、アツい日にしたいと思います!」

 

サンフレッチェ広島、次のホームゲームは、

8月9日(日)、午後6時キックオフ、

明治安田生命J1リーグ第9節 湘南ベルマーレ戦です。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11