2018年9月 4日

9月4日は、鹿島戦を選手の声とともに振り返り、さらに日本代表に選ばれた青山選手、佐々木選手の声をお届けしました!

 

IMG_7697.JPG

(写真:9月4日(土)鹿島アントラーズ戦で、HFM「DAYS!?」とのコラボ商品【MEAT the BALL(ミート・ザ・ボール)】を販売するしほどんと、それを買いに来たトゥーロック)

ミート・ザ・ボールはおかげさまで大好評をいただき、「はじめは、ミートボールにジャムって、どうかと思っていたけどおいしかった!」と、意外な組み合わせが生む味を楽しんでいただけたようでした♪

小雨の降るあいにくの天気でしたが、列を作ってご購入いただきましたサポーター、リスナーの方ありがとうございました!

そして、この試合では、鹿島に先制をされながらも、前半のうちに逆転し、後半5分にさらに追加点を決め、3-1での逆転勝利!

鹿島相手にワンシーズンの中で2回、つまりホーム&アウェイでの勝利は、1998年以来実に20年ぶりとなりました!

この試合、勝利後のミックスゾーンでは、どの選手も笑顔を見せてインタビューに答えてくれました!

 

さらに、日本代表に選出された青山敏弘選手と、佐々木翔選手にもインタビュー!

日本代表としての意気込みをお聞きしました。

 

佐々木翔選手

「代表行くからどうのこうのではなく、まずはリーグが一番大事ですし、目の前の試合で勝ち点3を獲るのがすべてだと思っているので、今日勝ててよかったです。

(これで気持ち切り替えられましたけど)緊張しますね。

ただ、元々代表(レベルの力を持つ)選手がたくさんいるチームで、その人たちといつも練習やっているっているので、いつも通りやればいいのかなと。

結果出して勝つということがすべてなので、勝ちにこだわってやってきたいと思います。

広島代表して行くので精いっぱい頑張ってきます!」

 

青山敏弘選手

「(代表に選ばれていたが)シンプルに目の前の試合に集中しましたし、結果を出せたのでよかったと思いますし、試合が終わったら代表に切り替えてやって行けたらと思いますし、気持ちよくみんなが送り出してくれたので、思い切って行ってきたいと思います。

期待してもらう分責任も伴うし、日本代表として勝たなきゃいけない戦いが待っているので、いいトレーニングして勝てるように頑張ります!」

 

今夜は、皆さんからメッセージテーマ『祝!日本代表選出!青山敏弘選手、佐々木翔選手へのエールメッセージ大募集!!』に宛ててたくさんのメッセージをいただきました♪

特に、大きなけがを乗り越えたという共通点を持つ両選手の代表選出には、多くのリスナーの方から「二人がけがをしてリハビリしていた姿が思い出され、感慨深い」「けがを乗り越えて強くなった姿を森保JAPANで見せてほしい」というメッセージがたくさん寄せられました。

そのほかにも、サンフレッチェ広島で指揮していた森保一監督の元でプレーするとあって「ぜひ大活躍して森保さんにアピールしてほしい」「森保さんをしっかり支えてほしい」という声も多くありました。

 

改めまして、本当におめでとうございます!

青山選手、佐々木選手、森保JAPANの活躍を期待したいですね♪

日本代表は、9月7日(金)に森保JAPAN初陣となるチリ代表戦を、そして、9月11(火)にはコスタリカ代表戦を戦います。

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20180904190000
※お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

サンフレッチェ広島次の試合は、

9月15日(土)、午後5時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第26節

アウェイで、サガン鳥栖戦です。

次のホーム戦は、

9月22日(土)、午後7時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第27節

FC東京戦です。

2018年8月28日

8月28日は、サンフレッチェ広島MF川井歩選手がスタジオ初生出演してくれました!!

今夜は、サンフレッチェ広島 背番号26MF 川井歩選手がスタジオ初生出演してくれました!!

IMG_7469.JPG

ルーキーの川井歩選手は、‟GOA~L"初生出演!!

まずは、プロA契約締結&U-19日本代表メキシコ遠征メンバー選出おめでとうございます♪

プロA契約締結については、

「契約したということで、より一層責任と自覚をもって努力して、プレーを見せていかないと、と思いました」

と、今の気持ちを笑顔で話してくれました。

また、U-19遠征メンバー選出についても、

「もちろんうれしいですし、最終予選の前の最後の遠征となるので、最終予選のメンバーにも入れるようにアピールしつつ、チームに戻ってもしっかりいいプレーができるよう個人としても成長できたらと思います」

と力強く意気込みを語ってくれました。

 

サンフレッチェジュニアユース出身の川井選手は、

「大変でしたよ(笑) 岩国から電車で一時間かけて通ってました。

学校に親に迎えに来てもらってから、車の中で着替えながら駅行って。電車で向洋まで電車に乗って、向洋から自転車こいで練習場まで...と。

夜帰ったらもう10時とか。ほんと大変でしたけど、やりがいがありましたし、楽しかったですよ。」

と当時を振り返ってくれました。

 

ルーキーイヤーのここまでを振り返っては、

「プロの壁というか、ユースからの壁を感じていますし、このままではダメだなという危機感を常に持ってやっています。

すべてのレベルが高いですよね。スピードだとか、体格面も、メンタル面も、プレースピードも...。

左サイドで試合に出るのは初めてで、不安しかなかったですけど、与えられたポジションでやるしかないという気持ちでした。

まだまだですけど、左も慣れてきたかなというのはあります。

(今の課題は)一番はやっぱり守備面で、自分のところでやられないというところだと思います」

と挙げつつ

「まだまだ試合では出せていないですけど、(自分の強みである)クロスとか、キックの部分だとかもっともっと伸ばしていきたいと思っています」

とお話ししてくれました。

 

今夜スタジオ初出演の川井選手には、リスナーの皆さんからたくさんの質問やメッセージが届き、時間の許す限り川井選手にぶつけて、答えてもらいました♪

山口県岩国市出身の川井選手は、

「定番なんですけど、山賊からの錦帯橋ですかね。食事がおいしいし雰囲気が好きです。帰った時は友達とドライブがてらよく行きますね」

とおすすめの場所を挙げてくれました。

なんと呼ばれたいか?という質問には、

「なんでも呼ばれたらうれしいです!」

と笑顔で答えてくれました♪

 

最後にリスナーにメッセージ!

「まだまだしっかり努力してチームの勝利に貢献できるように頑張っていきたいと思います。

チームが優勝するためにも皆さんの応援が必要になってくると思うので、これからも熱い応援よろしくお願いします!!!」

川井選手ありがとうございました♪

「たのしくてあっという間でした」とおっしゃっていただけて良かったです!

ぜひまた遊びに来てくださいね。

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20180828190000
※お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

サンフレッチェ広島次の試合は、

9月1日(土)、午後7時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第25節

エディオンスタジアム広島で、鹿島アントラーズ戦です。

2018年8月21日

8月21日は、神戸戦と川崎戦の振り返り、明日の天皇杯名古屋戦情報を、皆さんからの応援リクエストソングとともにお届けしました!!

 

IMG_7079.JPG

(写真:8月19日(日)川崎フロンターレ戦で、打ちあがった夏休み恒例の花火)

 

今夜は、15日にアウェイで行われたヴィッセル神戸戦と19日(日)にエディオンスタジアムで行われた川崎フロンターレ戦を振り返りました。

悔しい敗戦となった川崎フロンターレ戦後のインタビューには、

 

柏好文選手

「1位と2位のチームの戦い、大事な試合をホームで勝ち点3とれなかったのは非常に残念ですが、自分たちが上の順位にいることは間違いないので、切り替えて次やるだけだと思います。

天皇杯、リーグ戦とタイトな日程なので、もう一回チームとしていい準備をしてやれればと思います」

 

吉野恭平選手

「難しいゲームでした。(首位のクラブの選手として追われる怖さを感じる)こういう状況は初めてなので、すごい、日々色々なことを考えながらやっています。自分が成長できるいい機会だと思って、しっかり自分と向き合いながらやっていきたいです」

 

和田拓也選手

「守備の時間が長かったので、意識的にはそこに力を使いやすかったというのはありました。

元々、守備にまわる時間が長くなることは予想していて、理想の形で点がとれたんですけど、そのあと我慢しきれなかったのが残念かなと思います。

(天皇杯は)負けたら終わりなので、しっかり準備していい試合ができたらと思いますし、今年まだ連敗していないので、次、(リーグ戦のセレッソ大阪戦は)本当に大事になってくるのかと思います」

 

と、試合を振り返っての思いと、連戦となる天皇杯、リーグ戦への意気込みを話してくれました。

 

さらに、メッセージテーマ『いまこそICHIGAN!!応援ソングリクエスト大募集!』を設け、皆さんからの熱い想いのこもったリクエストソングを募集してお届けしました♪

たくさんのリクエストと応援メッセージありがとうございました!!

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20180821190000
※お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

サンフレッチェ広島は次の試合は、
明日、8月22日(水)午後7時キックオフ。

エディオンスタジアム広島で天皇杯3回戦、名古屋グランパス戦。

次のリーグ戦は、

8月25日(土)、午後7時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第24節

アウェイで、セレッソ大阪戦です。

 

次回8月28日(火)のGOA~Lは

サンフレッチェ広島MF川井歩選手がスタジオ生出演予定!お楽しみに!

2018年8月14日

8月14日は、選手のインタビューとともに長崎戦を振り返り、明日の神戸戦についての情報をお届けしました!!

 

今夜は、「ピースマッチ」として行われたV・ファーレン長崎戦を、試合後の選手のインタビューとともに振り返りました!

さらに、明日行われる、ヴィッセル神戸戦情報をたっぷりお届けしました!

IMG_6901.JPG

 

サンフレッチェ広島、V・ファーレン長崎両クラブと、広島、長崎にとって記念すべき特別な一戦になった「ピースマッチ」。

試合後のインタビューでは、選手たちは今までにないスタジアムの雰囲気や、両チームサポーターのあたたかさに触れたことで、特別な想いでプレーできたと語ってくれました。

林卓人選手

「今まで味わったことのない、あたたかい雰囲気の中でプレーできたことは選手として幸せでしたし、その雰囲気を作ってくれた両チームのサポーターに感謝したいです。」

柴崎晃誠選手

「(FKは)本当にいいところに飛んで、駆け引きにも勝てました。

(故郷である長崎との試合でゴールを決められたことは)運命的なものを感じました。もってましたね。

今日は得点を決められて、ゼロで抑えられたこともよかったなと思います。」

青山敏弘選手

「特別な試合で、スタジアムの雰囲気も素晴らしかったですし、試合前のセレモニーでも今まであれほど感情が高ぶったこともなかったです。

‟やれることを最後までひたむきにやりきる"という姿勢が、こういった試合だからより一層伝わるものがあると思いますし、それは毎日やっていないとできないと思います。

今できることを精一杯最後まで続けることでいい結果が出ると思うので、これから先もそう信じてやっていきたいです。」

 

さらに、イニエスタ選手の加入でなにかと話題の、ヴィッセル神戸戦については、

千葉和彦選手

「(神戸戦では)負けないように、勝ち点3目指しながら、勝ち点を獲って帰ることができるような試合にしたいと思います。」

佐々木翔選手

「話題のある試合だとは思いますが、僕らは特にやることは変わらないですし、一試合一試合大切に勝ち点3を獲りにいきます。

(ジュビロ磐田戦でのイニエスタ選手の)得点シーンを見たらびっくりするようなシーンだったので、これから攻略法考えたいと思います。」

と、あくまでもいつもどおりの姿勢は維持しつつ、少ない期間の中で対策すべきところを固めたいとの意気込みを話してくれました。

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20180814190000
※お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

サンフレッチェ広島次の試合は、

明日、8月15日(水)、午後7時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第22節

アウェイで、ヴィッセル神戸戦です。

次のホーム戦は、

8月19日(日)、午後7時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第23節

川崎フロンターレ戦です。

2018年8月 7日

8月7日は、サンフレッチェ広島フロントスタッフ常森大和さんをお迎えしました!

 

 

今夜は、サンフレッチェ広島フロントスタッフ常森大和さんをスタジオにお迎えし、8月11日に行われる「ピースマッチ」についてお話を伺いました。

IMG_6693.JPG

昨日、8月6日は、広島平和記念日。

広島は、多くの人々の祈り、平和への想いに包まれました。

サンフレッチェ広島は、広島を代表するプロチームとして、『サッカー』を通じて、恒久的な平和を発信し続ける使命を〝永遠に〟持ち続け、 8月6日直近の開催ホームゲームにて、この想いを発信するため、「One Ball. One World. スポーツができる平和に感謝」のキャッチコピーのもと、8月11日に、V・ファーレン長崎と、被爆都市である広島・長崎にあるプロチーム同士で『ピースマッチ』を行います。

今夜は、その『ピースマッチ』のプロジェクトリーダーも務める、サンフレッチェ広島フロントスタッフの常森大和さんをスタジオに初めてお迎えし、『ピースマッチ』に込められた思いや、当日実施されるイベントについて伺いました。

 

「まず、大きな取り組みとして、平和の想いを込めて折ったおりづるを持参した小学生・中学生を無料でご招待させて頂きます。

スポーツを通じて平和を感じてもらえる瞬間を、より多く作っていきたいなと思っています」

8月11日(土・祝)V・ファーレン長崎戦『ピースマッチ ~One Ball. One World. スポーツができる平和に感謝~』平和の想いを込めて折ったおりづるを持参した、小学生・中学生を無料でご招待

http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=11966

IMG_6692.JPG

 

「また、学生の方が中心となってご協力いただき、平和をPR、体感するためのブース展開をしています。

テレビモニターを使って、原爆ドームの中を紹介するブースや、サポーターと学生で一緒に平和に関する連歌を作ろうというイベントがあります。

さらに、V・ファーレン長崎の高田明社長がいらっしゃいます。

当日は長崎からもたくさんのサポーターの方にお越しいただけると思っていますので、V・ファーレン長崎さんご協力の元、広島と長崎の両チーム一緒になって平和を発信していこうというテーマの元、色々取り組みをおこないます」

 

『ピースマッチ』では、そのほかにも様々な平和に関する取り組みが行われます。

詳しくは、サンフレッチェ広島『ピースマッチ』特設サイトをご覧ください。

https://www.sanfrecce.co.jp/peace2018/

 

最後にリスナーにメッセージ!

「8月の広島で、V・ファーレン長崎さんと試合ができるということは、本当に歴史的な試合になると思います。

この試合に、一人でも多くの方に足を運んでいただき、スタジアムから平和のメッセージを一緒になって発信していけたらと思っています。

皆様の『ピースマッチ』へのご来場をお待ちしています!

そして、この夏はシーズンの中でも厳しい期間になりますので、選手の後押しとなるご声援をいただけたらと思います!」

 

常森さんありがとうございました!
今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

 

サンフレッチェ広島次の試合は、

8月11日(土)、午後7時キックオフ

明治安田生命J1リーグ第21節

ホームのエディオンスタジアム広島で、V・ファーレン長崎戦

『ピースマッチ』です。

 

 

 

5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15