2020年8月11日

8月11日は、吉田サッカー公園で収録した若手選手のインタビューをお届け!

 

今夜は、先々週吉田サッカー公園で収録してきた若手選手インタビューをお届けしました!

IMG_9856.JPG

(ピースマッチで対戦したサンフレッチェ広島と湘南ベルマーレの代表が、平和公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花した花輪)

 

東峻希選手
「(先日誕生日を迎え)二十歳になったので精神的にも見た目も大人になりたいです。
(ルヴァンカップでは)オリンピックもあるし、同世代が活躍しているので自分も活躍したいです。
自分が、チームに貢献できるように頑張りたいです。
ゴールも狙っていますけど、守備だったり攻撃のところで仲間を助けるプレーを心がける方が大切だと思います」
 
松本泰志選手
「Jリーグに向けてのチャンスだと思うので試合への出場時間があったらアピールできたらなと思います。
チャンスだと思いますし、若手が多く起用されると思うので、おのおの自分が持っているものを最大限発揮できれば。
一日一日の練習が大切だと思うので、そこをしっかりして出番がいつきてもいいように準備したいです。
まだ入場制限はありますけど、皆さんもコロナに気を付けて応援しに来てください!」
 
藤井智也選手
「初めの鹿島の試合は出場していないんですけど、1万5千人くらいのお客さんの前に立った時、J1ってやっぱりすごい舞台だなと思って。
ワクワクがすごいあって、緊張はあったんですけど、クセになりました。もっともっとあの舞台に立ちたいなと思いました。
持ち味のところは一番大事にしたいので、売りはスピードで分かりやすいのでもっともっと見せていく中で成長もアピールできると思うので、貪欲にいきたいです。
クロスの精度や課題はありますけど、そこを考えていると小さいプレーになるのでまずは自分のストロングを出し続け、伸ばしていきたいです。
ルヴァンカップは広島にとって大きな試合だと思うので、その中でアピールしたいし絶対に勝ってサポーターの皆さんに勝利を届けたいです。
代表経験やJリーグで活躍している若手選手がいる中で、チームの中でもそういう選手に負けているようではオリンピックなどにも関われないと思うので。チームメイト、相手の若手に刺激受けながら、成長して負けないようにしたいです。
僕の得意なプレーとしてスピードがあるので見ていただきたい。特別指定として大学生ではありますけど、全力で戦うので"背番号50"の応援をよろしくお願いします!」
♪藤井選手リクエスト♪
Mr.Children『終わりなき旅』
 
土肥航大選手
「Jリーグで過密日程なのでそろそろチャンスが回ってくると思うので、自分のプレーを出してスタメン勝ち取って出場機会を得られたらいいなと思っています。
自分がカップ戦に出て、自分のプレーをして優勝したいです。
自分のプレーは左足、ボールコントロール、相手に奪われないドリブルで観客を沸かせるプレーをしたいです」
今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。
2020年8月 4日

8月4日は、吉田サッカー公園で収録した選手のインタビューをお届け!

今夜は、先週吉田サッカー公園で収録してきた選手インタビュー・ピースマッチに向けた想いをお届けしました!

IMG_9667.JPG

8月6日直近のホームゲームとして、8月9日に行われる 湘南ベルマーレ戦はピースマッチとして開催されます。

今夜は先週吉田サッカー公園にて収録してきた、選手たちのピースマッチに向けての想いをお届けしました。

 

井林章選手

「広島県民が毎年毎年やってきていることを、僕たちがどういう形で貢献できるかということ、サッカーで勇気を与えること、元気を与えること、そういう一つのきっかけとなる活動となるためには、勝利、自分たちがしっかりやっていることを表現することが、サッカー選手として、サンフレッチェに関わっている人の使命かと思います。

今年はほんと特別で、観に来られる方が少ない中で雰囲気が出しづらいというのはあると思いますけど、それ以上に自分たちのプレーで、気持ちのこもったプレーや、勝ちへの執念を、画面越しでも分かるようなアツい試合をすれば、観ている方にも感動や勇気を与えられると思うので、どんな時でもそれを心がけたいです。

より、結果と姿勢にこだわっていかなければならない試合かと思います」

 

川辺駿選手

「広島にとって、重要な日だと思いますし、8月6日に試合があるわけではないですけど、サッカーができる、自分が好きなことができるというのは幸せだと思いますし、そういうのを噛みしめながらプレーしなきゃなと思います。

選手にとっても、ファンサポータの方にとってもすべての人にとって、普通の日じゃないというのをずっと思っていますし、それを、スタジアムで作り上げるのは、選手だけじゃないと思います。みんなの力でいい試合にしたいですし、特別な思いを持ちながら試合を作っていければと思います。

勝つことが重要だと思いますし、勝ってより喜びを感じながら、いい日にしたいなと思います」

 

佐々木翔選手

「非常に、広島にとって重要な時間、日だと思うので、少しでもいい試合をして勇気づけられたらと思います。

僕は広島で育ったわけではないので、あまり大きなことは言えないですけど、県民の方たちにとっては非常に特別な日、思いも伝わってきますし、より熱が入っている日だと思います。僕たちが勇気づけないといけない日だと思うんですけど、いつも僕たちが力をもらっているイメージがあります。

僕らも気持ちの入ったプレーをしますので、応援していただけたらと思います」

 

青山敏弘選手

「梅雨が明けて、アツいサンフレッチェの季節が来ましたね!アツい夏にしたいです!

7月少し、課題や、うまくいかないところがありましたけど、うまく前進しながら、勝ちながら次に進んでいくためにも、ピースマッチ、ホームの試合は非常に大事になってきます。勝ちたい。勝って成長したい。

スポーツができること、コロナでいつもよりは難しくなっていますけど、こういう時だからこそ、サッカーが当たり前にできることが幸せだったと思います。(そんな中で)平和だったからこそできていたのだということをもう一回振り返らせてもらえる年になっているので、ピースマッチではスポーツができることに感謝しながら挑みたいと思います。

毎試合毎試合、感染症との戦いですけど、それをクリアしてピッチに立っているので、ピッチに立っているときにね、どれだけありがたいことなのかということをもう一度噛みしめてピッチに立ちたいと思います。

決して自分たちだけではサッカーはできないので、ファンサポーターの皆さん、サッカーをできる環境を整えていただいている皆さん、ピースマッチには一緒に平和について考えられる日にしたいし、アツい日にしたいと思います!」

 

サンフレッチェ広島、次のホームゲームは、

8月9日(日)、午後6時キックオフ、

明治安田生命J1リーグ第9節 湘南ベルマーレ戦です。

 

2020年7月28日

7月28日は、サンフレッチェ広島 森崎浩司アンバサダーがスタジオ生出演!!

 

今夜は、サンフレッチェ広島 森崎浩司アンバサダーがスタジオ生出演してくれました!!

IMG_9415.JPG

 

ガンバ大阪戦について

「連戦の真っただ中なので、選手も少し入れ替えながらやっていましたね。セットプレーから失点してしまいました。

90分通して、内容的には勝ち点3を持って帰りたい試合だっただけに、残念でした。

しっかり戦った上で負けてしまったので、サポーターの方も残念な気持ちだとは思いますけど、決して悲観する内容ではなかったかなと思います。

大分戦から自分たちのミスからや、もったいない失点というのが続いていると思います。

チャンスも作り出した中で決められないことがあるのも、そういう焦りが出てくるのもサッカーの一部だと思います。

悲観せず自分たちがやってきていることをやり続けるだけなのかなと思います」

 

名古屋グランパス戦中止について

「連戦中で勝利が遠かった時なので選手たちもリフレッシュを挟めたというのは良かったかなと思います。

ただ、これだけのスケジュールの中でまた今度どこに入れていくのかというところがどうなのかと思いますけど。選手は大変ですよね。今まで以上に自己管理が。特にオフの部分で気分を切り替えるために食事行ったりということができないので。上手に、やるときはやって抜くところは抜くということを大事にしてほしいです」

 

スタグル出張販売会について

「スタジアムグルメはおいしいものがたくさんあるので、こういうところで食べてスタジアムに行こうと思ってもらえるといいなと思いますね。」

 

今サポーターにできることは?

「ぱっと思いつくのが、まずは感染防止に努めていただくことですね。すでにしていただいているかとは思いますけど、手洗いうがい、そして周りの方への呼びかけを。

スタジアムにご来場いただけない中ですけど、グッズを買っていただくという形で貢献してもらいたいという思いはありますし、サンフレッチェに力を与えていただきたいなと思います」

 

最後にリスナーにメッセージ!

「コロナ禍で前向きになれない中で、気持ちが沈んでいる方も多いかと思いますけど、僕自身は開き直ってうまくコロナと付き合いながら生活していくしかないのかなと思っています。自分ができることというのは感染防止はそうですし、外出を控えることもそうかと思います。

たくさんの方にご協力いただいてJリーグも再開し順調に進んでいると思います。

意識を持って生活していただけたらなと思います!」

浩司アンバサダーありがとうございました♪

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20200728180000

お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

♪今夜のリクエスト曲♪

瑛人『香水』

2020年7月21日

7月21日は、中島浩司さんをお迎えしました!!

今夜は、中島浩司さんをお迎えし、C大阪戦を振り返り、次節G大阪戦、次々節名古屋戦についてお話しを伺いました!

IMG_9172.JPG

「リモートマッチはいろいろ工夫されていましたけど、やっぱりスタジアムで解説しているとむなしかったですからね。

制限があって少ないですけどお客さんが入っているだけで、リアクションや人の存在感がある。

その人たちのつくる生の臨場感や、人がいることで選手が感じられるものってあると思うんですよ。

選手もウサギと同じなので(笑)見られて張り合いがあってなんぼだと思います」

と、J1再開後初のエディオンスタジアムでの有観客試合となった前節C大阪戦について話すナカジさん。

 

フォーメーションを変更したことについては、

「フォーメーション変えたり、少し新しいことにチャレンジしていましたけど。そんなに最初からうまくいくわけではないので。

それを受けて、次の試合どうするかということだと思いますけど。でも、はまってなかったなという印象ですね。

変更点の一番大きかったところは、一番前(フォワード)がふたりになったことですね。

引いて守るのではなく前から奪いに行って、自分たちが支配している時間を長くしようと3-5-2にしたと思うんですけど、うまく機能しないまま失点してしまいましたよね。それが追いかける状態になってもうまくはまらなかったし、交代して入った選手もいつもと違うところに入るから戸惑いもあったのかなと。

チャレンジするのはいいことだと思います」

と前向きに振り返られました。

 

良かった選手として

「ガク(野津田岳人選手)が短い時間でしたけどいい感じで。

ダ・ゾーンで解説していたんですけど、ペナルティエリアの前くらいから、目の前に相手選手がいるのに思いっきりシュート打って、相手に当たっていましたよね。「いいんじゃないですかぁ」って言いましたもん。結婚したのがよかったんですね(笑)。そういうところが見られたのは好材料だと思いました」

と、途中出場の野津田岳人選手の積極的なシュートシーンを上げられました。

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20200721180000
聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

♪今夜のリクエスト曲♪

class『夏の日の1993』

2020年7月14日

7月14日は、吉田安孝さんをお迎えしました!!

今夜は、吉田安孝さんをお迎えし、大分戦、鳥栖戦を振り返り、次節セレッソ大阪戦についてたっぷりとお話しを伺いました!

IMG_9030.JPG

「嬉しいです!十六さんの顔を見れて!ほんと幸せです((笑))」

とご登場いただいた吉田安孝さんは昨年10月以来のご出演。

 

前半では、先週行われた大分トリニータ戦とサガン鳥栖戦についてお話を伺いました。

まずは大分戦について、

「僕も画面越しで観ていたんですけど、違和感なかったです。試合の流れに応じて、この攻撃の時にはこれ、守りの時にはこれっていうのがあるじゃないですか。そういうのが自然に聞こえてきて。無観客、リモートマッチのはずなのに「いつも通りじゃん」という感じで観ていました。

ホームの試合をスタジアムじゃないところで観るというのは、いつぶりかという違和感はありましたけど。

先制しただけに勝ちたかった、勝たないといけなかったという試合でした。

最後の最後に同点逆転されて、失点に絡んでしまった大迫(敬介)選手は反省していると思いますけど、大迫選手のミスっていうのが2失点とも内向きのミスじゃなくて、攻撃的なミスだったんですよ。

相手のロングフィードに対して出ていったというところは間違いなかったと思います。

2失点目はアディショナルタイム「最後の数秒間で点をとりにいけ」「勝ち点3をとりにいけ」というメッセージを込めたフィードだったと思います。相手の素晴らしいインターセプトから失点してしまいましたけど。これを糧に大迫選手すごく成長できると思います。」

と、無観客で行われたリモートマッチの感想と、大迫選手への期待感をお話しされました。

 

さらに鳥栖戦について、

「両チーム前節のメンバーから何人か変えて挑んできましたよね。全体的に疲れや身体が重たいなというのがあったと思いますね。課題としては、サンフレが勝っている試合も含めてボールポゼッション率の低さがありますね。

林選手、素晴らしいですね。ベテランの林選手が難しい局面でビッグセーブをしながら完封。日ごろからしっかり準備しているという証だと思いますし、城福監督もそこを見ていたということでしょうね。

とにかくこの夏場の連戦を考えたら総力戦になると思うんですよね。交代枠5人もそうだし全員で戦わなければと思います。

(今回の交代出場で)特に光っていたのが、藤井(智也)選手。ファーストプレーで左サイドを突破して決定機を作っていましたよね。途中から入ってあの動きは期待が持てますね。どんどん仕掛けていってもらいたいですね。」

 

後半は18日に行われる、セレッソ大阪戦について伺いました。

「前節負けたセレッソ、引き分けたサンフレ。お互い勝ち点3が欲しいので、激しい攻撃的なサッカーになるのかと思いますね。

総力戦、5人交代を考えた監督の采配で一気に流れが変わる試合が各チームありますからね。そこが面白いかなと思います。」

 

最後にリスナーにメッセージ!

「次の試合からお客さんが入って応援できるということですが、選手も規制やルールを守ってトレーニング、試合をやっているので、サポーターもぜひルールを守りながら、サッカーを楽しんでいつもの日常が戻ってくるのをね、楽しみにしたいなと思います。僕はテレビを見ながら応援します!」

吉田安孝さんありがとうございました♪

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓
http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20200714180000
聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

♪今夜のリクエスト曲♪

嵐『Turning Up』

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11