2019年5月 7日

5月7日は、先週行われた横浜F・マリノス戦を、試合後の選手の声とともに振り返りました!

 

今夜は、先週行われた横浜F・マリノス戦後の選手のインタビューや、昨日トゥーロックが吉田サッカー公園で収録してきた、ACL広州恒大戦に向けた選手のミニインタビューなど選手の声をたっぷりお届けしました!

D52Sah0UEAEOkXq.jpg

(吉田サッカー公園でトレーニングに励み汗を流す選手たち) 

 

3日(金)に行われた横浜F・マリノス戦は、大型連休ということもあり、

シーズン最多の、23,559人が来場し、エディオンスタジアム広島はサポーターの熱気に包まれました。

試合が動いたのは34分。

F・マリノスのマルコス・ジュニオール選手がペナルティエリアにスルーパスを出すと、これに反応した仲川輝人選手に先制点を決められます。

なんとしても追いつきたいサンフレッチェは、果敢に攻め込み、何度もゴールチャンスを作るも、オフサイド判定などもありゴールには至りません。

さらに、試合終了間際には川辺駿選手のヘディングシュートがゴールラインを超えたように見えましたが得点は認められず、0-1で試合終了。

これでサンフレッチェは3連敗となり、順位を7位に落としています。

試合後のインタビューに選手は、

 

佐々木翔選手

「非常に悔しいです。落ち着いて対応しなければいけなかったと思います。

こんな人数の方に来ていただけると思っていなかったので幸せだなと思いますし、ありがたいです。

本当に、サポーターの声援は間違いなく力になりましたが、結果で恩返しできず、すみません

吉野恭平選手

「先に失点して自分たちで難しいゲームにしてしまい、3連敗でもったいなかったなと思います。

ワンチャンスで一点入れられたらどうしようもないので、どうにかすべきでしたし、自分の力も、チームとして盛り返す力も足りなかったので、また練習からしっかりやるしかないと思います」

柏好文選手

「ジャッジ含めて色々あるが、そこを決め切るという意味ではもっともっとやっていければゴールを割れると思うので、根気強く、粘り強く、エネルギッシュに90分間やって行けるようにしたいです。

いつもは空きの、上の方の席まで入っていただいて応援していただいたにも関わらず、自分たちの敗戦によって、皆さんを笑顔にすることができなかったので、次回はしっかり勝ってお客さんに喜んでもらえるようにしたいです」

 

と、痛い失点シーンを振り返りつつ、そこから課題を挙げ、次を見据えた話をしてくれました。

 

 

さらに、明日行われるACL第5節、中国、広州恒大戦に向けての選手の意気込みインタビューをお届けしました!

 

大迫敬介選手

前回アウェイで負けているのでその借りを返す意味でも、Jリーグでの連敗を止める意味でも、明日を勝ち切って、

グループステージ突破を決めるとともに、リーグ戦に向けてもいいゲームにしたいです」

森島司選手

「リーグ戦は負けているので、しっかり勝ってリーグにつなげたいですし、グループリーグ突破もかかっているので、勝ち点狙っていきたいです。

自分は前目のポジションなので、得点やアシストを狙いたいのと、課題である守備も頑張りたいです」

清水航平選手

「ホームですしここで決めたいと思います。

(ポジションは)どこで出ても、求められることをやりたいと思いますし、勝利に貢献したいです。

荒木隼人選手

「前回アウェイでやられているので、ホームで勝って借りを返してグループリーグ突破を決めたいし、みなさんと一緒に喜べるように頑張りたいです。

(大邱FC戦に続き)次の試合も点を獲りたいですけど、しっかりゼロで抑えて、チームが勝つことに全力で貢献したいです」

 

この試合には、サンフレッチェは『勝ち』か『引き分け』で2014年以来2回目のグループステージ突破が決まるとあって、選手たちの声からは、より強い気持ちで挑みたいという意志が伝わってきました。

 

サンフレッチェ広島、次の試合は、

明日、5月8日(水)、午後7時キックオフ

広島広域公園陸上競技場で、

ACLグループリーグ第5戦、広州恒大戦

です。

 

さて、今夜の放送中、じ・つ・は...トゥーロックにカメラが密着していました!!!

IMG_4960.JPG

密着してくださったのは、この番組のゲストでもおなじみの、サンフレッチェ広島オフィシャルカメラマン 西尾浩二さん!

スカパーのサンフレッチェTVのカメラマンも務める西尾さんは、今夜は5月16日の放送の中で、トゥーロックについて紹介する映像を撮影するために放送中ずっとカメラをトゥーロックに向けていらっしゃいました。

もしも、今夜聴いていて、トゥーロックがぎこちないと感じられた方がいらっしゃったら、カメラを向けられることに慣れずに緊張していたのだと思ってください(汗)

そして、気になる放送予定日ですが、以下の通りとなっていますのでぜひご覧ください♪↓

『サンフレッチェTV』 #88

放送日時:05/16 (木) 後9:00

チャンネル:CS800 スカサカ!/Ch.580 スカサカ!

https://soccer.skyperfectv.co.jp/program/detail/11463345

※放送スケジュールは現地事情、及び悪天候などにより変更となる場合があります。最新スケジュールはEPG などでご確認下さい。

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20190507180000

聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

 

 

2019年5月 7日

2019広島フラワーフェスティバル!!

どうも!
今年のゴールデンウィークもサンフレッチェ広島の応援を
ありがとうございます。

引き続きJ1リーグとACLの連戦が続きますが
熱いサポートをお願い致します。

さて、今年もフラワーフェスティバル
マツダZOOM-ZOOMひろばでは
サンフレッチェタイムがもうけられ
ゲストに森崎浩司アンバサダーをお迎えしました。
IMG_4958.JPG
J1リーグは3連敗と苦しい戦いが続いているにも関わらず
会場内の客席は満員御礼。
たくさんの方にお越し頂きありがとうございました。
アンバサダーのお話の中で
「連敗は辛いが、内容は上回っていると言っても
過言では無い試合もある。
幸いにも次の試合は大会の異なるACLのグループステージ。
ここで良い結果が出れば、必ずその次のJ1リーグも良い戦いができる。」
このように話して下さったのがとても印象に残っています。

長いシーズンにはラッキーもアンラッキーも共存しております。
勝利の風をおこすのは、いつだって我々サポーター!
引き続き、共に戦って行きましょう。

トゥーロック

2019年4月30日

4月30日は、サンフレッチェ広島MF 松本泰志選手をお迎えしました!!

 

今夜は、サンフレッチェ広島 背番号17 MF 松本泰志選手がスタジオに生出演してくださいました!!

IMG_4847.JPG

前回ご出演いただいたのは2年前に新加入されたシーズン。

当時は初々しい感じで、出演も「緊張しています...」ととても緊張されていましたが、

2回目の登場となる今夜は、キリっとした堂々とした感じで登場され、

選手として成長されただけでなく、ラジオ出演も落ち着いて楽しまれている様子でした♪

 

まずは自身のプレーに関して、

「周りの先輩がたくさん声をかけてくれているので、緊張感はありますが、気持ちよくプレーさせてもらっています。

縦の意識が強くなったりとか、守備面では絶対にやらせないという意識が強くなっていると思います。

元々は前目(のポジション)をやっていて、ボランチはプロになってからプレーしています。

カズ(森崎和幸)さんや、海外でいったら、セルヒオ・ブスケツ選手のプレーはよく見ますね。

今向上している守備の面で継続的に成長したいし、攻撃面でももっと攻撃のキーになれるよう頑張りたいです」

と、今シーズン出場機会に恵まれてプレーを重ねている中で感じ、さらに意識面でもさらに上を目指したいという思いが強くなっていると、意気込みを熱く語ってくれました。

 

そして、松本泰志選手といえば、前回ご出演いただいた際に、チームには"まっちゃん"と呼ばれる松本コーチがいて若干ややこしいと問題になった"呼び方問題"。

今季は、松本大弥選手が加入し、松本マネージャーと合わせて3人の『松本』が居合わせることに!

ですが、呼び方については

「大弥は"ひろや"ですね。

僕は"まっちゃん"だったんですけど、そういえば最近"たいし"が増えましたね。

サポーターの方も"たいし"と呼んでくれる人が増えています」

と、呼び分けに関しては2年前より特に問題なくなっていると笑いながらお話ししてくれました。

 

最後にリスナーにメッセージ!

「チームは二連敗という苦しい状況下ですが、チーム、サポーターが一丸となって頑張りたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします!」

松本選手ありがとうございました!

また遊びに来てくださいね!

 

★松本泰志選手のリクエスト曲★

アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ/バックストリート・ボーイズ

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20190430180000

 

サンフレッチェ広島、次のホームゲームは、

5月3日(金・祝)、午後2時キックオフ

エディオンスタジアム広島で、

明治安田生命J1リーグ第10節 横浜F・マリノス戦です。

 

 

 

 

2019年4月23日

4月23日は、先週行われたFC東京戦を、試合後の選手の声とともに振り返りました!

 

今夜は、先週行われたFC東京戦後の選手のインタビューや、ハーフタイムショーに登場したCHEMISTRYのミニインタビューをお届けしました!

 

IMG_4646.JPG

今シーズン負けなしだったサンフレッチェについに黒星。

首位直接対決となったFC東京戦は、両者譲らずスコアレスで折り返すも、後半26分に一瞬のスキを突かれ失点を喫し、0-1で敗北。

順位は2位に後退しました。

 

しかし!

あくまでもまだシーズン前半、第8節が終わったばかり。

試合後のインタビューに選手は、落胆することなく次に向かいたいとの思いを口々に語ってくれました。

 

清水航平選手

「たくさんのお客様が入ってくれましたし、CHEMISTRYさんもハーフタイム歌ってくれました。

そういう中で、笑顔になって帰ってもらえるように勝ち点3プレゼントできたらよかったんですけど...。

敗しないことが大切なので、しっかり切り替えて、次、勝ち点3獲りに行きたいです。」

川辺駿選手

「試合的に、自分の目の前の選手に負けないようにプレーしましたし、必死に食らいついていきましたけど、一点取られ難しい試合になったかと思います。

(次節からは現在1位のFC東京に)常にピタッとくっついて、常に1位を狙える位置で、勝ち点を積み重ねていきたいと思います。」

柏好文選手

「平日金曜日に、1万5千人近く来ていただいたにも関わらず勝ち点3を届けられなかったので、申し訳ないです。

(FC東京には)自分たちの良さを消されましたし、僕個人としても相手選手が良さを消そうと対策してきているというのがわかりました。

研究されるということは、自分たちが勝ち点を積み上げてきて、この位置、首位にいて結果を残してきたからだと思います。

こうやって対策をされたときにでも、自分たちが成長できれば、また違ったチームができてくると思うので、前向きにとらえて、もう一度切り替えたいと思います。

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20190423180000

お聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

サンフレッチェ広島、次のホームゲームは、

5月3日(金・祝)、午後2時キックオフ

エディオンスタジアム広島で、

明治安田生命J1リーグ第10節 横浜F・マリノス戦です。

 

次のホームゲームはゴールデンウィーク開催!

いつもはスタジアムに行けないという方々も、エディオンスタジアムに集結し"ICHIGAN"となり、熾烈な上位争いを繰り広げる紫の戦士を後押ししましょう!

 

 

2019年4月16日

4月16日は、サンフレッチェ広島MF 野津田岳人選手をお迎えしました!!

 

今夜は、サンフレッチェ広島 背番号7 MF 野津田岳人選手がスタジオに生出演してくださいました!!

IMG_4498.JPG

2014年以来のスタジオ生出演の野津田岳人選手。

今夜は、『貢藤十六のGOA~L』の前には、先日、代打DJストライカーを務めてくれた"えもっちゃん"こと江本一真がDJの『江本一真のゴッジ』にも出演してくださいました。

※ゴッジご出演についてはこちらから↓

http://hfm.jp/blog/godj/2019/04/no-1.html

えもっちゃんとは4歳のころからの幼馴染という野津田選手。

まずは、

「楽しかったです!

なんか不思議な感覚でした

と、ゴッジでえもっちゃんと共演した感想を話してくれました。

 

そして、新潟→清水→仙台への移籍を経て、3季ぶりに帰ってきた広島では、

「広島に改めて帰ってきて、地元でやれることに対してうれしいですし、幸せだなと感じることが多いです。

生まれ育った地で、サッカーできて、応援してもらえるというのはうれしいです!」

と笑顔で、広島でプレーできる喜びについてお話してくれました。

 

今シーズンからまた広島でプレーするにあたってつけることになった背番号『7』についてお話を伺うと、

「7番は、シーガルでつけていた時から好きな番号ですし、あこがれの浩司さん(森崎浩司アンバサダー)がつけていた番号なので、今こうやって、広島で7番をつけられてうれしいです。

着心地がすごくいいですし、着るたびにうれしいですね。

まずロッカーに入ったときに、自分のロッカーに7番があると、そのたびに興奮しますし、うれしいです。

そんな気持ちは今までにはなかったし、頑張ろうという気持ちになります!」

と、選手にとって、背番号とは特別なものであり、野津田選手にとっての『7』は、より特別で、プレーへの励みにもなっていると熱く語ってくれました。

 

そしてそして、ここまでゴールはないものの、2試合連続アシストを記録している野津田岳人選手は、

ゴールを決めるモチベーションを高めるためにも、

「GAKUTOの"G"。GODJの"G"。GOALが決まった"G"」で"G"をモチーフにしたゴールパフォーマンスをすると、ゴッジでえもっちゃんと約束しましたが、トゥーロックが「貢藤十六のGOA~Lの"G"も入れて!」とお願いしたところ、

「そうですね(笑)

つの"G"ですね。

これは、ゴール決めてパフォーマンスするまで皆さんは楽しみにしていてください!

金曜日のFC東京戦では、一真がピッチレポーターなので、一真の前でやりたいですね~」

と、ゴールへの意欲と絶対にパフォーマンスをしたいとの思いを言葉にしてくれました。

 

最後にリスナーにメッセージ!

「この金曜日の試合は大切ですし、これに勝ってチームとしてもたくさんのサポーターの皆さんと喜びたいので、

ぜひ一緒に戦ってください!よろしくお願いします!!!」

野津田選手、ご出演ありがとうございました♪

 

今夜の放送を聴き逃した、もう一度聴きたいという方はこちらから!↓

http://radiko.jp/#!/ts/HFM/20190416180000

聴きいただけるのは放送後一週間に限ります。

 

 

サンフレッチェ広島、次の試合は、

4月19日(金)、午後7時キックオフ

エディオンスタジアム広島で、

明治安田生命J1リーグ第8節 FC東京戦です。

 

♪今夜のリクエスト曲♪

MONKEY MAJIK『アイシテル』

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11