HFMの"お祭り男"江本一真が、毎週月~木曜日夕方4時から
思いっきり調子に乗らせていただきます!

しゅうちゃんの駆け込み寺 第8回

毎月第1水曜と第3水曜 16時30分ごろは
【しゅうちゃんの駆け込み寺】をお届け!
認定こども園せいれんじ 副園長の"しゅうちゃん"こと明田 周士さんによる
お悩み相談コーナーです!

ht.jpg

本日のファッション☆
チェック柄のセーター!
チェックの目が大きいほうが、可愛いですよね・・・!

今回お届けしたお悩み、まずはこちらでした。

「最近、職場で苦手な人がいて、その人を見るだけでイライラします。
 自分が直接何かイヤなことをされる機会は少ないのですが、
 ついイライラしてしまいます。
 どうすればこのイライラが解消されるのでしょうか?」

このお悩みに対して、周ちゃんは、

「この方が今、人生の大きなチャンスを掴もうとしているから、
 感じていることだと思います!
 相手の行動のなかに、自分が嫌だと思うことが表れているということなんですよね!
 悪い鑑だと思って、その方がすることは絶対に真似しないようにして頂きたいです!
 悪い手本だな、と思って接するくらいにしたら、イライラも少しはなくなるかも?
 ただ、その方へのイライラを避けたとしても、
 結局どこかでイヤな人・イヤなことに出会ってしまいます。
 困難は何度もやってくるので、あまり深く考えずに避けるのがちょうどいいと思いますよ!」

と答えてくださいました!


さらに、こんなお悩みも。

「私には中学1年生の娘がいます。きっちりした性格で髪の毛のアホ毛が気になるみたいで、
 毎日のように抜いたり切ったりしています。そのせいか髪の毛がどんどん薄くなっています。
 一度病院に行って薬をもらって塗っていましたが、止める気配はありません。
 注意してもすねて聞く耳をもたず、明らかに薄くなっていく頭皮を見て、
 何もできない自分がいます。
 このまま見守っているだけでいいのでしょうか?
 よいアドバイスがありましたら、よろしくお願いします。」 


このお悩みに対して、周ちゃんは

「お母さまの想い、すごくわかる気がします。
 ですが、中学1年生といえば多感なお年頃なので、
 アホ毛が気になるのはもちろん、他にも色々な思いがあって、
 髪の毛を切ったり、抜いてしまっているのだと思います。
 お母さまからは、髪の毛を触るなというお話をするのではなく、
 娘さんのお悩みについて話を聞いてあげたり、
 ご自身の経験談や、恋愛についてのお話など・・・
 肩を揉むようなお気持ちで、違う話をしてあげてください!
 お母さまが おかしい と言ってしまうと、
 娘さんはより傷ついてしまうのではないかと思います。
 ちょうど時期的にもクリスマスがあったり、
 楽しいイベントが控えていますので、
 そういったお話をしながら、優しく包み込んであげてほしいです」


と答えてくださいました!



周ちゃん、今回もありがとうございました!

しゅうちゃんの駆け込み寺 第8回

毎月第1水曜と第3水曜 16時30分ごろは
【しゅうちゃんの駆け込み寺】をお届け!
認定こども園せいれんじ 副園長の"しゅうちゃん"こと明田 周士さんによる
お悩み相談コーナーです!

htkt.jpg

本日のファッション☆
しゅうちゃん、今日はレザーのジャケットで渋く決まってます!
首元から見えるスカーフもカラフルでオシャレ☆


今回お届けしたお悩み、まずはこちらでした!

「私は自分の決めたことを実行することが本当にできません。
 やせるぞ!と思ってダイエットを始めても、
 3日坊主どころか1日ももたず。
 前日の夜に、休日の行動プランを練っても、
 結局翌日に起きてしまい、家の中でダラダラ・・・
 楽な方に逃げているのはわかっているのですが一向に治らず、
 とにかく自分で決めたようにできません!
 どうすれば自分で考えたことが実行できますか?」


このお悩みに対して、周ちゃんは、

「私も高校を卒業するまでは太っていたのですが、
 オシャレな服に恋をしてから、ダイエットに成功しました!
 お家にお菓子を持ち込まないようにしたり、
 お金の節約と合わせて、安くて低カロリーなものを食べたり、
 たしかに、何か成し遂げようと思うと、
 面倒くさいことばかりしなければいけませんが、
 小さなことからゆっくりと始めてみてください!
 それと、考えただけでも素晴らしいです!
 しんどいことについて考えた!その自信を持ってください!」

と答えてくださいました!


さらに、こんなお悩みも。

「私は人と話すのが苦手です。
 心の中では色んな人と楽しくたくさん話をしたのですが、
 緊張して上手く話が出来ずに、
 相手に迷惑をかけてしまうのではないかとか、
 変な人に思われるのではないかと、
 いつも悪いことばかり考えてしまい、遠慮してしまいます。
 何かアドバイスをいただけないでしょうか?」 


このお悩みに対して、周ちゃんは

「以前カウンセリングの勉強をして、驚いたことがあるのですが、
 会話では、自分が話すよりも相手の話を聞くことが大事なのだそうです!
 しっかり話の内容を理解してあげながら、
 相手の言葉に相づちを打って、聞いているよ!とアピールする。
 そうしたら、お話を聞き終わったあとに、
 必ず自分の心の中に、一言でも感想があるはずなので、
 その本音を相手に届けてみてください。
 しゃべろう!ではなく、聞こう!の姿勢で会話をしてみてほしいです!」


と答えてくださいました!




周ちゃん、今回もありがとうございました!

しゅうちゃんの駆け込み寺 第7回

毎月第1水曜と第3水曜 16時30分ごろは
【しゅうちゃんの駆け込み寺】をお届け!
認定こども園せいれんじ 副園長の"しゅうちゃん"こと明田 周士さんによる
お悩み相談コーナーです!

sfh.jpg

本日のファッション☆
しゅうちゃんは黒いパーカーにジーンズスタイル!
えもっちゃんは黒いパーカーにスキニーパンツ!
おそろいコーデ☆ですね!

今回お届けしたお悩み、まずはこちらでした。

「私はご縁を頂いて好きな仕事についているのですが、
 最近休みの日に頭痛がしたり、仕事の日に吐き気がしたり、朝ご飯を食べながら涙が出てきたり、
 心も体もつらくて、今はお休みをいただいています。
 目標があったはずなのに、こんなつらいなら目指さなくていいや って気分になって、
 楽しめなくなっています。
 よく 迷ったら難しい方・きつい方を選べ、今が踏ん張りどき なんて聞きますが、
 体に出てしまってそんな風に思えないし、仕事に戻って体調を崩すのも怖いです。
 仕事に戻るべきか、辞めてしまうべきか。
 しゅうちゃん・えもっちゃんならどうしますか?」


このお悩みに対して、周ちゃんは、

「悩んでいたら難しいほうを選べって、
 悩んで疲れている人にとってはありがた迷惑な言葉ですよね!
 まず心と体が疲れているのでゆっくり癒しながら、
 そこから冷静に心の声を聞いてあげればいいと思います。
 そして好きな事とお仕事の線引きを上手にしたらいいと思います。
 お仕事とは、良い面と悪い面があり、
 好きなことだから、悪い面に戸惑うのだと思います。
 嫌なことに最初から全部対応しようと思わず、少しずつ対応して、
 嫌だったらやめる。また次にやってみて、嫌だったらやめる。
 繰り返しで嫌なことに対する免疫が付くはずです。
 それでも続けられない!と思ったら、
 思い切って仕事を止めてしまうのも手だと思いますよ!」

と答えてくださいました!


さらに、こんなお悩みも。

「私は十数年前に後天性の視覚障害になり、
 それ以前は視力が1.5以上ありましたが、ほとんど見えなくなりました。
 今までなんとか過ごしていますが、できないことも多く、
 時々絶望感を感じてしまいます。
 また自分の性格の問題もあると思うのですが、
 本当に困っている場面でも 大丈夫です と言ってしまって、
 助けを求めることができません。
 そもそも見えなくなって随分経つのに、
 人に助けてほしいと思ってしまう自分が情けないですし、
 今まで出来ていたことができない自分が情けないです。
 他人に助けを求めず障害を受け入れていくためのアドバイスを頂けないでしょうか」 


このお悩みに対して、周ちゃんは

「人にお願いできる事はお願いしてみてもいいと思いますよ。
 みんな周りにいる方が困っていたら助けてあげたい!と思うはずなので、
 きっと助けになってくれるはずです。
 それでも頼るのがつらいと感じてしまったら、
 頼る以外の形でコミュニケーションをとってみたり、
 自分にとって無理のないように、
 自分のもうひとつの気持ちに向き合ってみてほしいです。
 僕はこういう生き方をするんだ!って、
 固く決めてしまうのも良いとは思いますが、
 物事への触り方を、ほんのちょっとだけ変えてみたりするのも大事だと思いますよ!


と答えてくださいました!




周ちゃん、今回もありがとうございました!

しゅうちゃんの駆け込み寺 第6回

毎月第1水曜と第3水曜 16時30分ごろは
【しゅうちゃんの駆け込み寺】をお届け!
認定こども園せいれんじ 副園長の"しゅうちゃん"こと明田 周士さんによる
お悩み相談コーナーです!

czf.jpg

本日のしゅうちゃんファッションはこちら!
本日は黒のパーカー・・・ですが!
ただのパーカーではございません!オレンジ色の龍が2体!個性的なデザインです♪
しかも、このパーカーも一点物ということです・・・!
ちなみにえもっちゃんは白パーカー!
黒白のパーカーでお揃いっぽい感じですね~☆

今回お届けしたお悩み、まずはこちらでした!

「職場でのお悩みなのですが、去年入社した新人の子に、
 最終学歴が専門学校であることを知られてしまって、
 おそらく大卒である新人の子から、
 学歴マウントを取られるようになってしまいました・・・。
 自分が選んだ学校なので後悔は全くないのですが、
 彼女には苦手意識が出来てしまいました。
マウントをとってくる相手に対して、
 どんなふうに接していくのがいいでしょうか?」


このお悩みに対して、周ちゃんは、

「自分が選んだ学校に自信を持ってほしいです!
 専門学校を卒業したということは、
 その分野ではたくさんの知識があるということですから、
 苦手意識を持つ必要はありませんよ!
 私は社会に出たら学歴は一切関係ないと思っています。
 それよりも会社のどんな小さな仕事でも手を抜かず、
 誇りをもって取り組むことが大事だと思います!
 その姿勢で仕事を続けていけば社内で信頼されるので、
 お相手の態度も変わっていくはずです」


と答えてくださいました!


さらに、こんなお悩みも!

「いつも悠々自適に人生を送っているようにふるまっていますが、
 実はめちゃくちゃコンプレックスを抱えていて、自分に自信が持てません。
 自分に自信をもって生きる心がけなどあればアドバイスを頂きたいです」 


このお悩みに対して、周ちゃんは

「誰にでもコンプレックスがあって、自信満々に見える人でも、
 何かしらの悩みは持っているものです。
 私は人生のなかで、心から自信満々の方に出会ったことがありません!
 みんな不安のなか、悩みながら生きていると思います。
 悠々自適に人生を送りながら、本当に好きなことに取り組んで、努力をする!
 その姿は周りの人から見たら"自信のある姿"に見えているはずですよ!
 それに、好きなことに取り組むと生活が楽しくなるので、
 悩みも少しは楽になると思います!」


と答えてくださいました!




周ちゃん、今回もありがとうございました!

しゅうちゃんの駆け込み寺 第5回

毎月第1水曜と第3水曜 16時30分ごろは
【しゅうちゃんの駆け込み寺】をお届け!
認定こども園せいれんじ 副園長の"しゅうちゃん"こと明田 周士さんによる
お悩み相談コーナーです!

ghk.jpg

本日のしゅうちゃんファッションはこちら!
いつもとは違うパーカースタイルで登場!
なんとこのパーカー、おそらく日本で持っているのはしゅうちゃんだけとか・・・?
鮮やかな発色と、かっこいいシルエットです☆

今回お届けしたお悩み、まずはこちらでした!

「僕は人を怒ることができません。
 怒ろうとしても怒り方が分からなくて、
 結局、諭すぐらいになり、
 なぜか逆に論破されてしまうこともあります。
 人を怒るにはどうすればよいのでしょうか?」


このお悩みに対して、周ちゃんは、

「そのままが良いと思います!
 どうしても怒らないといけない時があるのかもしれませんが、
 それでも怒るのはやめてほしいです!
 どんなときでも冷静さを失わず、真剣に伝える。
 つまり諭す!ということですね。
 これがいま出来ていらっしゃるのであれば、
 とても素敵なことだと思います。
 それに怒ると、どうしても嫌われてしまいますし、
 もし怒れたとしても、きっと良い気持ちにはなれないですよ!」


と答えてくださいました!


さらに、こんなお悩みも!

「1歳4か月になる息子がいるのですが、
 自分のやりたいことを止められたときとか、
 嫌なことがあったときに、起こって床におでこを打ち付けるんです。
 部屋にはマットを敷いているのに、わざわざフローリングに移動して
 頭を打ち付けたりして・・・。
 あと嚙まれることもあって、保育園でトラブルにならないか心配です。
 個人的には気が済むまでやらせてあげるのがいいと思っているのですが、
 どうしたらいいのでしょうか?」 


このお悩みに対して、周ちゃんは

「きちんと目を見て、ダメよ。としっかり注意してあげてください!
 息子さんは今、善悪の判断を身につけている最中なんです。
 自由を尊重してあげたい気持ちはとてもわかりますが、
 1歳4か月ではまだわからないことが沢山あるので、
 きちんとお母さまが教えてあげてほしいです。
 そして、他のやりたがっていることに興味を持つように支えてあげください。
 子どもって10歳までは"この人が本当に自分の親なのか"試しているんです。
 色々な壁にぶつかると思いますが、これを乗り越えたら、
 親子の良い絆が生まれると思いますので、できるだけ向き合ってあげてください!
 もちろんお母さまも、気分転換を忘れずに!」


と答えてくださいました!




周ちゃん、今回もありがとうございました!