神原隆秀の四国一周自転車の旅 その40

旅の10日目。2018年9月22日(土)6時00分ごろ・・・

181219gj (1).jpg

ホテルから街並みを眺めると、少しずつ明るくなってきました。

いよいよ旅の最終日。こんな気持ちで夜明けを感じるのも、今日が最後となります。

181219gj (2).jpg

誰もいないホテルのロビーを出発して

181219gj (3).jpg

準備完了!僕自身は大きなケガをしてしまいましたが、

この自転車は最後の最後まで、頑張ってくれています。

あと1日、何もないことを願いながら、走りはじめます。

181219gj (5).jpg

まずはせっかくなので観光を、と思い、宇和島城へと行きます。

181219gj (6).jpg

災害の影響か、通行止めとなっている道もありました。

181219gj (7).jpg

181219gj (8).jpg

181219gj (10).jpg

上までたどり着きました。

何人かの人とすれ違い、朝のジョギングのような、散歩のような形で

こちらまで来ている人もいました。

181219gj (13).jpg

街並みを眺めます。

雲は多いですが、天気はなんとか大丈夫そう。

走り始めます。

181219gj (16).jpg

松山まで93キロ!

181219gj (18).jpg

登り的にはゆるやかですが、標高的にはこの旅の中で1番高い・・・のかな?

250m近くまで登る最後の登りが始まりました。

綺麗な山並みに癒されながらも横を見ると、こちらも災害の爪痕。

181219gj (19).jpg

美しい緑と広がる水面。

181219gj (21).jpg

登りがずっと続く中で、片側通行に遭遇。

どうしたらよいのかと思っていたら、警備の方がうまく案内してくださり、

途中で走れなくなる部分があるからそこだけは気を付けてね!

と規制している側を通行させてくれました。

僕だけでなく、歩きお遍路さんもいました。

181219gj (22).jpg

なるほど、ここですね。こちらの側が通れなくなるのは・・・。

現在も災害からの復旧をされている姿を見ました。

181219gj (23).jpg

我々に牙を向く自然

181219gj (25).jpg

我々に癒しを、そして命をくれる自然

 

西日本豪雨を受け、北海道胆振地方の地震を受けての旅。

旅の中で色々なことを考えながら走りましたが、答えは出ぬまま。

色んなことがあるけれど、でも自然は好きだ。自然はやはり美しい。

心の中にあるのは、そんな声でした。

181219gj (28).jpg

松山まで70キロほどになると始まったのは

「土器ドキ街道」

 

いやー、ドキドキしてきますねぇ。

181219gj (30).jpg

なんて走りやすく、そして青空も見えて気持ちの良い1日でしょうか。

181219gj (31).jpg

ちょっとドキッとしましたけど。笑

 

181219gj (35).jpg

こんな景色の見える道の駅に到着しました。少し休憩。

181219gj (41).jpg

オレンジの飲み比べというのもやってみました。

いやー、それぞれに全然違うんですね。個性というのがあります。

181219gj (40).jpg

さすが愛媛県!!!

181219gj (42).jpg

海沿いの気持ちよさを感じながら走っていると・・・

ついに!!!

181219gj (44).jpg

999キロ!!!

そして・・・・

181219gj (45).jpg

1000キロ!!!

表示が1周して0に戻りましたが、

この旅のスタートから1000キロとなりました。

感慨深い。

 

1000キロになった場所は

181219gj (47).jpg

会社の搬入口のど真ん中でした。苦笑

 

撮影している間、動こうにも動けないし

車が来たらどうしようかと焦りました。笑

 

つづく