神原隆秀の北海道縦断自転車の旅 その35

旅の8日目

2019年9月5日(木)12時44分ごろ

 

191107gjh (4).jpg

 

宗谷岬を出発して、来た道を戻り、再び稚内へと向かいます。

宗谷岬まで向かっているときは風が追い風でしたが帰りは向かい風。

 

しかも超強烈な向かい風!!

 

全く自転車が進みません。笑

だいたい時速20キロぐらいで進んでいたのですが、

時速10キロ出るか出ないかの強烈な風。

もちろん旅のゴールに到着し、

気が抜けている部分もあるとは思いますが、

それにしてもすごい風です。

 

何度も何度も休憩をしながら途中の道を入り

通らなかった観光道を見に行きます!

最後のヒルクライムだ・・・・!!

 

191107gjh (1).jpg

 

白い道!!

 

最後まで行くのは難しいなと思い、途中までで折り返しましたが

 

191107gjh (2).jpg

 

とても良い景色が広がっていました。

この白い道の白さ、なんだかわかりますか??

 

191107gjh (3).jpg

 

ホタテの貝殻なんです!!

元々廃棄される予定のホタテ貝を敷き詰めて観光地かしているんですね。

自転車で行くと突き刺さってパンクしそうな感じがありましたが、

そんなことはなく、しっかりと踏みしめられているようでした。

 

191107gjh (5).jpg

 

向かい風の突風に相変わらずやられながら

コンビニで買ったおむすびの袋が飛んでいき、それを必死にとりに行ったり

鹿にあったりしながら、頑張って頑張って戻ります。

 

191107gjh (6).jpg

 

綺麗な花だなぁと思って瞬間、もう無理だと休憩をして(笑)

こんなに走れないと思ったのは初めて。

最北の地のパワーを感じています。

まぁ・・・風力発電のプロペラたくさんありますからねぇ。笑

 

そして帰ってきました。

行きに忘れていたことをやります。

 

191107gjh (7).jpg

 

一緒に記念撮影。笑

いや、しておかないとですもんね。笑

 

速さてきには1時間以上遅いタイムで戻ってきました。

「みどり湯」

 

違うところに宿泊しようかなとも思ったのですが、

2日連続で同じところにお世話になることに。

前日にその話をすると、「荷物置いて行っても良いよ」と

おっしゃってくださったんですが、

帰れなくなっちゃいけないので念には念を、ということで

フル装備で出発させていただきました。

191107gjh (12).jpg

191107gjh (11).jpg

 

またあっつーーーいお風呂に入り、

そしてライダーハウス内で洗濯、乾燥をして

近くのセイコーマートで買ってきたご飯をバクバク食べます。

 

天塩のライダーハウスで一緒になった学生が

とよとみミルクコーヒーが美味しい!と言っていたので買いました。

 

さすがに水分を取りすぎた感じはありました。笑

 

少し気持ち悪さを感じながら2Fで荷物の整理をしながら

一緒になったヒッチハイカーの方、バイクツーリングの方と

談笑をして、旅中の写真などを見せ合ったり、旅の思い出を語ったり

旅の苦労話をしたり、今後のことを語ったり、あっという間に夜9時になりました。

 

191107gjh (10).jpg

 

記念撮影を行い

 

191107gjh (9).jpg

 

もう一度、松山千春 大空と大地の中でを熱唱!!

 

昨日とはまた違う感覚。旅を終えて振り返りながら歌うこの歌

これから先、この曲が何度も何度も、この日の感動を思い返させてくれて

そして僕に力をくれることでしょう。

 

歌い終わった後は談笑タイムですが、

今回はヒッチハイカーが

1名(大学生)1名(大学生)3名(大学生)2名(夫婦)とかなり多かったです。

 

その3名グループの方が、「それじゃぁ乾杯をしきっていいですか!?」と言い

 

「KP~~~~~!!!!!!!!!」

 

と言ったときには、よく旅をしていると大学生に間違われますが

もう大学生は無理だな、と思った瞬間でもありました(笑)

 

夫婦でヒッチハイクをしながら全国の場所でウエディングフォトを撮影

ヒッチハイクで全国縦断

大学生の最後にできることをとヒッチハイク

昨年もきた北海道のバイクツーリングが忘れられず今年もツーリング

北海道ツーリングが大好きだった友人が亡くなり、

その友人の描いた地図を見ながら初の北海道ツーリング

 

たくさんの方たちの旅が続いていきます。

僕は恒例の挨拶で

 

僕の夢は今日叶いました。

これからはみなさんの旅の無事を願いながら、ここで旅を終えたいと思います。

 

そう話しました。

 

これからは、楽しんできてね、と見送る立場なのです。

 

まだまだみなさんと一緒に話したかったのですが、

楽しい時間はあっという間。就寝時間となりました。

 

191107gjh.jpg

191107ggjh.jpg

 

往復60キロのライドでした。

 

つづく