映画「82年生まれ、キム・ジヨン」をご紹介!

昨日に引き続き、GOOD JOG映画アドバイザー
広島の映画館「サロンシネマ・八丁座」の
蔵本健太郎さんとの映画トークをお届け🎥

202010131.jpg
1日だけ職業変えるなら「岡本太郎」になってみたい!という蔵本さんです。笑

今日紹介したのは、映画「82年生まれ、キム・ジヨン」🎬
韓国では社会現象にまでなったベストセラー小説を映画化した作品!

平凡な女性の人生を通して
韓国の現代女性が担う重圧と、生きづらさが描かれています。
(以前紹介した映画「はちどり」でも同年代の少女の生きづらさが描かれていました)

~結婚を機に仕事を辞め、育児と家事に追われるジヨンは
母、そして妻として生活を続ける中で
時に閉じ込められているような感覚に襲われるようになる。
単に疲れているだけと自分に言い聞かせてきたジヨンだったが
ある日から、まるで他人が乗り移ったような言動をするようになってしまう。
そして、ジヨンにはその時の記憶はすっぽりと抜け落ちていた。
そんな、心が壊れてしまった妻を前に
夫のデヒョンは真実を告げられずにひとり精神科医に相談に行くが...。~

監督は、今回が長編デビューとなる女性監督キム・ドヨン!
映画に出てくる夫婦は、以前にも何度か共演してきている
チョン・ユミとコン・ユの2人が演じています。

ずばり!この映画の蔵本さん的評価は「星5つ」☆

映画「82年生まれ、キム・ジヨン」は、現在サロンシネマで公開中👏
来月の映画コーナーもお楽しみに✨