神原隆秀の四国一周自転車の旅 その42

旅の10日目。2018年9月22日(土)15時45分ごろ・・・

181224gj (1).jpg

3連休初日ということもあってか、道後温泉周辺はかなりの人でにぎわっていました。

もちろん温泉の中もすごい人でしたが、

ゆっくりと、ゆっくりと浸かって疲れをとります。

もちろん右膝あたりのマッサージもしっかりとしながら。

181224gj (2).jpg

17時にゲストハウスチェックインの予定にしていので、そろそろ。

181224gj (3).jpg

Guesthouse Miso soup

良い名前でしょ??ドイツ?からの外国人の方4名(遭遇せず)

さらに同じタイミングでチェックインした方が広島から来られた同年代の女性だったので

す・・・が・・・・「あれ?神原さん広島なんですか?」という話だけで

特に何もありませんでした。はい。

181224gj (7).jpg

荷物を置いて散策へ。

181224gj (5).jpg

生クリームぱんみかん!!

181224gj (12).jpg

ジェラート!!

181224gj (8).jpg

世界一当たる恋のおみくじ!笑

 

やるしかないですよね。

181224gj (11).jpg

自分を磨きなさい!

はい。そりゃぁ当たりますわ。笑

181224gj (15).jpg

181224gj (16).jpg

夜になりました。

待ち合わせしていた大学時代からの付き合いの友人とご飯!!

181224gj (19).jpg

こちらは美味しかった鶏。

181224gj (20).jpg

こちらは大将の自撮り。笑

忙しい中付き合ってくれた友人に感謝感謝です!

 

そして旅の11日目、2018年9月23日(日)6時58分ごろ・・・

181224gj (21).jpg

ゲストハウスを後にします。

181224gj (22).jpg

向かった先は朝から日帰り入浴ができる温泉。

前日にご飯を食べた友人が、朝風呂も良いよーとオススメしてくれたんです。

181224gj (24).jpg

朝食バイキングをつけるとかなりお得だったので、こちらで朝ごはんも済ませて。

181224gj (25).jpg

朝から温泉へ。

松山市内が一望できる、素晴らしい眺めでした。

181224gj (27).jpg

松山聖陵高校の横を通り抜けて。

181224gj (29).jpg

フェリー乗り場に帰ってきました。

181224gj (28).jpg

本当に少しだけ、11日目は走りました。

181224gj (30).jpg

181224gj (33).jpg

181224gj (34).jpg

さぁ広島へ帰ります。

最後の最後にも、四国を自転車で走ったという方に声をかけていただき。

思い出話に花が咲きました。

旅を彩ってくれた、たくさんの出会いと、たくさんの支えに感謝です。

181224gj (35).jpg

またいつか、四国を自転車で走ることもあるでしょう。

最高の旅をありがとう四国!!

 

長い長い更新、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

ちなみにその後、右膝の状態ですが、旅から3か月が経過した最近になって

ようやく根本的な原因を治す方法が自分の中でしっくりときて

快方に向かっているところです。まだ運動するのは怖いですが。

普通に歩くのには違和感がなくなりました。

実はここ最近まで普通に歩くだけで痛みはありました。

しっかりと治して、また思いっきり運動できる日がくることを願います。

あたたかいメッセージなど、日々ありがとうございます。

 

神原隆秀

神原隆秀の四国一周自転車の旅 その41

旅の10日目。2018年9月22日(土)10時47分ごろ・・・

 

181219gj (46).jpg

この旅で1000キロを突破し、達成感に満ち溢れて

青空の下、また走りだします。

181219gj (48).jpg

この旅の中で一番長いのではないか、というトンネルにも出会いました。

通過後に振り返ってトンネルの長さを見てみると2156m!

ひたすら暗闇を走っていたような気がします。幅のある場所で良かった。

181219gj (50).jpg

海側に出ました。

181219gj (51).jpg

向こうに島が見えます。海の向こうには島が見えない場所も通ってきました。

一周して、目の前に広がるは瀬戸内海!戻ってきました。

181219gj (52).jpg

この青のラインに沿って走っていくだけです。

181219gj (54).jpg

少し・・・四万十川の時に感じたような、あまり景色が変わらないので

自分が進んでいるのかわからないような錯覚におちいります。苦笑

今日は土曜日、三連休の初日ということもあって、

自転車でツーリングをされている方、バイクでツーリングをされている方もいます。

181219gj (55).jpg

エネルギーを補給し、最後の追い込みへ!!

181219gj (57).jpg

トライアスロンのゴール前で感じた、終わってしまうという寂しさを感じながら

記念撮影をして、この景色を、この空気をかみしめながら進んでいきます。

 

すると・・・・

 

あれ!?!?!?!?

なんか見たことのある自転車があるぞ!!!!!

181219gj (58).jpg

なんとー!!!!!!

覚えていますでしょうか?今いる場所からはちょうど真反対!

室戸岬の手前、高知県の日和佐というところで出会ったベテランライダーさん!

その時の様子はコチラをクリック!

ちょうど木陰で休憩をされているところでした。

「覚えていますか!?」と声をかけると

「おおおおお!!!???」とお互いにビックリの再会となりました。

 

お互いに良い旅をしていきましょう!と。

道は違えど、同じ時計回り。

翌日は同じ道だったので会うのかなぁと思っていたのですが遭遇せず。

その後、まさかゴール前のこんな場所で再会できるとは!!!

 

最後の最後までお互いの旅の無事を願い、そして別れました。

ありがとうございました!!

181219gj (59).jpg

青空を青い海と青いライン。

181219gj (60).jpg

絶景で有名な下灘駅!連休初日、観光客も多かったです!

181219gj (62).jpg

松山まで24キロ!!

181219gj (63).jpg

最後の登りを終えて・・・

181219gj (65).jpg

松山まであと14キロ!!!

181219gj (66).jpg

市街地に入り・・・・

181219gj (69).jpg

松山市にイン!!

 

そして・・・・自分の中で1周のゴールと決めていた場所へ。

ゆっくりと進んでいきます。

あぁ、懐かしいな。

何回か来たことのある場所。

でも四国一周をしてたどり着くこの場所は一味違うな。

よく身体が最後までもってくれた。自転車もよく走ってくれた。

181219gj (79).jpg

最終日の走行距離は110.9キロでした。

 

そして・・・・

181219gj (73).jpg

2018年9月22日(土)15時45分

四国一周のゴール地点!道後温泉に到着しました!!

 

 

旅を諦めないで、良かった。

 

つづく

神原隆秀の四国一周自転車の旅 その40

旅の10日目。2018年9月22日(土)6時00分ごろ・・・

181219gj (1).jpg

ホテルから街並みを眺めると、少しずつ明るくなってきました。

いよいよ旅の最終日。こんな気持ちで夜明けを感じるのも、今日が最後となります。

181219gj (2).jpg

誰もいないホテルのロビーを出発して

181219gj (3).jpg

準備完了!僕自身は大きなケガをしてしまいましたが、

この自転車は最後の最後まで、頑張ってくれています。

あと1日、何もないことを願いながら、走りはじめます。

181219gj (5).jpg

まずはせっかくなので観光を、と思い、宇和島城へと行きます。

181219gj (6).jpg

災害の影響か、通行止めとなっている道もありました。

181219gj (7).jpg

181219gj (8).jpg

181219gj (10).jpg

上までたどり着きました。

何人かの人とすれ違い、朝のジョギングのような、散歩のような形で

こちらまで来ている人もいました。

181219gj (13).jpg

街並みを眺めます。

雲は多いですが、天気はなんとか大丈夫そう。

走り始めます。

181219gj (16).jpg

松山まで93キロ!

181219gj (18).jpg

登り的にはゆるやかですが、標高的にはこの旅の中で1番高い・・・のかな?

250m近くまで登る最後の登りが始まりました。

綺麗な山並みに癒されながらも横を見ると、こちらも災害の爪痕。

181219gj (19).jpg

美しい緑と広がる水面。

181219gj (21).jpg

登りがずっと続く中で、片側通行に遭遇。

どうしたらよいのかと思っていたら、警備の方がうまく案内してくださり、

途中で走れなくなる部分があるからそこだけは気を付けてね!

と規制している側を通行させてくれました。

僕だけでなく、歩きお遍路さんもいました。

181219gj (22).jpg

なるほど、ここですね。こちらの側が通れなくなるのは・・・。

現在も災害からの復旧をされている姿を見ました。

181219gj (23).jpg

我々に牙を向く自然

181219gj (25).jpg

我々に癒しを、そして命をくれる自然

 

西日本豪雨を受け、北海道胆振地方の地震を受けての旅。

旅の中で色々なことを考えながら走りましたが、答えは出ぬまま。

色んなことがあるけれど、でも自然は好きだ。自然はやはり美しい。

心の中にあるのは、そんな声でした。

181219gj (28).jpg

松山まで70キロほどになると始まったのは

「土器ドキ街道」

 

いやー、ドキドキしてきますねぇ。

181219gj (30).jpg

なんて走りやすく、そして青空も見えて気持ちの良い1日でしょうか。

181219gj (31).jpg

ちょっとドキッとしましたけど。笑

 

181219gj (35).jpg

こんな景色の見える道の駅に到着しました。少し休憩。

181219gj (41).jpg

オレンジの飲み比べというのもやってみました。

いやー、それぞれに全然違うんですね。個性というのがあります。

181219gj (40).jpg

さすが愛媛県!!!

181219gj (42).jpg

海沿いの気持ちよさを感じながら走っていると・・・

ついに!!!

181219gj (44).jpg

999キロ!!!

そして・・・・

181219gj (45).jpg

1000キロ!!!

表示が1周して0に戻りましたが、

この旅のスタートから1000キロとなりました。

感慨深い。

 

1000キロになった場所は

181219gj (47).jpg

会社の搬入口のど真ん中でした。苦笑

 

撮影している間、動こうにも動けないし

車が来たらどうしようかと焦りました。笑

 

つづく

神原隆秀の四国一周自転車の旅 その39

旅の9日目。2018年9月21日(金)12時36分ごろ・・・

181218gj (1).jpg

稲穂を横目に見ながら登り路をひたすら突き進んでいきます。

緩い登り坂ですね。

181218gj (6).jpg

道の駅があったので休憩。愛南町のキャラクターですね、なーしくん。

そしてやっぱり愛媛県に帰ってきたということで

181218gj (7).jpg

ポンジュース!!!甘さが体に染み渡りますねぇ。

少しの休憩とエネルギー補給!まだまだがんばれまっす!!

181218gj (8).jpg

だって何より景色が良いから。

これだけで頑張れるんですよね。さらにはゴールが見えてきてますから。

いや、見えはしないですけど(笑)

181218gj (10).jpg

ひたすら続く長いトンネル。歩行者や自転車専用のものがありました。

ありがたい。怖い思いをしなくて良いですからね。

誰もいなかったので・・・歌いますよね(笑)

反響するのが気持ちよいですよねー、うまくなったような気がします。

気がするだけなんですけど(笑)

181218gj (11).jpg

トイレ休憩。緑いっぱい。

181218gj (12).jpg

181218gj (13).jpg

181218gj (15).jpg

181218gj (16).jpg

ローソンでさらに栄養補給。していると・・・あれ?

181218gj (18).jpg

いきなり天気悪くなりすぎじゃないですか??

ちょっと心配しながらも、なるべく早く着こうと意識しながら、

まぁそんなに飛ばすことはできないので、しっかりと進んでいきます。

181218gj (21).jpg

ここが最後の峠!!

181218gj (22).jpg

登っていると、対向車の原付に乗っている方。

「がんばってくださーーーーーーい!!!!」

と声をかけてくれました。ありがとうございます!

181218gj (23).jpg

そして、登り切りました!!!

181218gj (28).jpg

市街地に入ると交通量が増えるのでスピードは遅くなりますが・・・

181218gj (27).jpg

16時24分、宇和島の宿泊するホテルに到着!!!

ゲストハウスが空いていなかったため、こちらの宿を予約。

エアコンのない部屋でよければかなり安い、とのことだったので、

元々エアコンは着けないので、安く泊まることができました!

181218gj (34).jpg

自転車は安全のために中に入れて良いよ、という優しいお言葉。

181218gj (35).jpg

扇風機は備えてありました。扇風機さえあれば完璧。

ゆったりとお風呂に入って疲れをとり・・・

181218gj (39).jpg

ホテルの方に聞いてこちらに。

郷土料理とか食べたいですー!と話をしたら教えてくださいました。

181218gj (40).jpg

ひとりということを見てか、新聞を置いていってくださいました。

気が利く―。ありがたいですね。

久しぶりに読みましたね。笑

181218gj (43).jpg

じゃこかつ!

181218gj (45).jpg

真珠貝柱バター焼き!

181218gj (46).jpg

鯛めし!!

181218gj (44).jpg

食べすぎ?笑

 

宇和島の鯛めしは混ざった状態ではなく、自分で混ぜるんですねー。

181218gj (47).jpg

こんな感じにして、これをご飯にかけるんです!!

お腹まんぷくになりました。まんぷく。

181218gj (31).jpg

112キロのライドでした。

しっかりとアイシングをして就寝。

 

いよいよ、ラスト1日!

 

つづく

神原隆秀の四国一周自転車の旅 その38

旅の9日目。2018年9月21日(金)7時7分ごろ・・・

181214gj (1).jpg

民宿を後にし、土佐清水市を出発します!

昨日降っていた大雨も止み、綺麗な空が広がっていきそうな気配があります。

181214gj (2).jpg

猫ちゃんを発見。

僕は犬も猫も好きですが、どちらか、というなら猫派です。

猫アレルギーなのが残念なところなんですが・・・・。

181214gj (3).jpg

なんとも素晴らしい光と雲と海の融合。

今日は宇和島市まで向かいます。10日間で一周をする計画。

残すところ、いよいよあと2日となりました。

181214gj (5).jpg

もちろん今日も右足をかばいながら慎重に走ります。

ですが、昨日までとは少し違う感覚・・・

あれ?動く??と思っても、そこは悪化をさせてはいけないので

思いっきり漕ぐことはやめて、自分をセーブしますが、

明らかに痛みが少しだけ和らいだ気配。

昨日のアイシングの効果があったんでしょうか??

181214gj (7).jpg

日が出てきそうだったので、道の駅 めじかの里にて

休憩と日焼け止めをしっかりとぬりぬり。

朝早いですからねー。まだ食料を補給したりはできないですが、

まぁさっき食べたばかりですからね(笑)

181214gj (9).jpg

「やばくなーい!?」

と海側の景色をバックに自撮りしている女性2人組の横を駆け抜け

道を登っていきます。どんどん高度を上がっていくとそこには

181214gj (8).jpg

やばくなーい!?!?

と思うような景色が広がっていました。

181214gj (11).jpg

今の足の状態だったら、1キロ先の寄り道はしませんが、

300m先なら寄り道をしようということで、

標識に出てきた叶崎という場所に向かいます。

181214gj (12).jpg

すぐに到着しました。

ここに待ち構えていたのは・・・!

181214gj (13).jpg

猫!!

181214gj (17).jpg

猫!!

181214gj (15).jpg

イケメン猫!!!

 

が待ち構えていました。猫が突然多くなりましたねぇ。

181214gj (18).jpg

もちろん素敵な景色も待っていました。

さらに走っていると・・・

181214gj (21).jpg

足摺サニーロードはまだ続いていたのか・・・とびっくりするような石碑。

181214gj (22).jpg

181214gj (23).jpg

さらに走っていくと9時30分を過ぎ、ちょっとお腹が空いてきたなぁというところで

181214gj (24).jpg

コンビニ!!!

の看板だけを発見し・・・ぬーんとしていたところに現れた救世主。

181214gj (25).jpg

道の駅 大月!

なんと第1回道-1グランプリで準グランプリに輝いた

この甘そうなものがあるとのこと!!!!

もちろん買いますよね。

181214gj (28).jpg

なんてとろけていく感じでしょうか。

食べてもとろけて、甘さでもとろけて、素晴らしいブレイクタイム。

181214gj (29).jpg

いつの間にか宿毛に入っていました。

だるま夕日が有名なんですね!もちろん見たかったのですが、

ここで滞在する予定ではないので先に進みます。

お昼時になってきましたが、宿毛でちょうど食べたいものがあったんです。

181214gj (31).jpg

下り道を突き進み、この橋を渡った先にあるご飯やさん。

181214gj (32).jpg

とんかつ かつ村!!

ここのとんかつがものすごーーーーーく美味しいということを聞いたので。

11時前に着いたのですが、休憩をしながら11時まで待ちます。

181214gj (35).jpg

四国美鮮豚!!びせんとんですって!!!

そしてこのボリューム・・・すごいですなぁ。

そしてこの美鮮豚を食べてみると・・・・

 

 

・・・・

 

とんかつでこんなに柔らかいってある!?!?

すごかった。何だろうあの柔らかさ。

おいしすぎて一人で「え!?」と言ってしまいました。笑

 

店を出るときに店員さんにも

「美味しすぎまして柔らかすぎましてびっくりしました」とお伝えしました。

「私も一番好きなんですよー」と言っていました。

うまい。また食べたい。

とんでもない食べ物でした。

 

そして再び走り始めると・・・・

181214gj (37).jpg

愛媛県との県境!!

全ての県を周りました・・・あとは愛媛県内を走り切るのみ!!

 

つづく

神原隆秀の四国一周自転車の旅 その37

旅の8日目。2018年9月20日(木)15時10分ごろ・・・

181212gj (13).jpg

足摺岬からの帰り道は大雨に打たれながらではありましたが、

安全運転を意識して、土佐清水市の宿に着きました。

「民宿 清龍」

位置的にも土佐清水市で1泊したかったので今日は少し奮発。

181212gj (14).jpg

土佐清水の街並みです。

予定より時間は早かったのですが、大丈夫ですか?と聞くと

いいよいいよー!とのことで部屋にご案内していただきました。

びしょ濡れですからね。

荷物を置いて着替えをもって、銭湯とランドリーに行きたかったんです。

181212gj (17).jpg

いいですねぇ。和室最高です。

自転車は置いて、テクテクと歩きながら銭湯に向かいます。

事前に調べていたので、スムーズに到着!

が、その前に見つけた看板。

181212gj (21).jpg

「まことや」

いや、せいやじゃろう!と広島的には思ってしまいます。笑

181212gj (24).jpg

銭湯到着。いいですねぇ。趣がありますねぇ。

実はこちらの銭湯は土佐清水市に唯一残る銭湯「旭湯」

今年のはじめにボイラーを交換して、もう10年はやろう!という思いとのことです。

ちょうど僕がたどり着いたのがオープンした時間だったんですが(たまたま)

次から次へと常連と思われる方が入ってきました。

 

番台のある、昔ながらのスタイルですね。

181212gj (19).jpg

中でゆっくりと入っていると、湯船につかって

「はぁーーーーーー(*´Д`)」

と気持ちよさそうに入る方が。そうですよねぇ。

気持ち良いですし、そういった声もでますよなぁと思っていると

「はぁーーーーーー(*´Д`)」

「はぁーーーーーー(*´Д`)」

「はぁーーーーーー(*´Д`)」

ずっと言っていました。笑

なんかほっこりとしました。笑

僕はというとサウナに入ったり、水風呂で足を冷やしたりとしていました。

サウナでは地元の漁師さんたちの会話が豪快に聞こえていましたが、

ちょっと、うん。地元の言葉が強く。はい。なかなかわからなかったです。

181212gj (27).jpg

隣のコインランドリーに移動!!

181212gj (28).jpg

181212gj (29).jpg

いやー、この雰囲気も良いですねぇ。

こういった洗剤を使うのは、学生時代に東京~鹿児島間を走った時に

京都で使ったことがあるぐらいですかねぇ。

181212gj (31).jpg

181212gj (32).jpg

謎のメモが大量に。管理している人がいるのかな・・・?

お会いできませんでしたが。

洗濯を待っている間に雨が降ったり止んだり降ったり止んだり。

181212gj (33).jpg

ご飯を食べに行きます。

今回のお店は旅をしている方のブログで事前に調べていた・・・

181212gj (34).jpg

「あしずり」

そして

181212gj (37).jpg

サバの刺身!!!

181212gj (36).jpg

うひょー。

楽しみにしていたサバの刺身。やっと食べることができました。

うまい。サバなんだけど、刺身。これはもう一度食べたい。

これだけの量を頼んだのでお腹いっぱいなんですが

181212gj (38).jpg

ペラ焼

 

ペラ焼!?元祖!?

気になったので、入りました。

181212gj (41).jpg

こんな感じでした。

辛いソースを塗って食べるんですよね。

結構辛くてですね、神原は汗ダラダラになってという感じでしたが、

美味しくペラリンと食べることができました。

鉄板を使うものということで気になりますよね。

お店の方とも話せて満足。

181212gj (43).jpg

部屋でノンアルコールを楽しみながら

181212gj (42).jpg

コンビニで買ってきた氷を使ってアイシング。

あっているかわかりませんが、もう冷やせればなんでも良いと思い、

寝るまで行っていました。

 

スマホでカープの試合のラジオ中継を聞いていたのですが、

大雨により中断中断中断で、序盤で中断となり、

試合がスタートしたのが21時ごろでした。

スタートと同時にもう無理、と眠りにつきました。

181212gj (15).jpg

走行距離は111キロでした。

 

つづく

神原隆秀の四国一周自転車の旅 その36

旅の8日目。2018年9月20日(木)12時00分ごろ・・・

181212gj (1).jpg

足摺岬のあたりの散策を始めました。

自転車はこれ以上は進めないので、置いていきます。

まずは展望台!

181212gj (5).jpg

181212gj (4).jpg

四国最南端。その言葉がずっしりと心に響き渡ります。

181212gj (2).jpg

灯台も見渡すことができます。

天気が良くないからか水平線はおぼろげに写り、

それはまた幻想的にも見えます。

181212gj (6).jpg

21世紀に残したい日本の風景

四国第一位 天狗の鼻から灯台を望む

もちろん行かなくてはいけません!!

181212gj (7).jpg

木々の横や下を通り抜けてたどり着きました。

天狗の鼻。先端に伸びている様子が天狗の鼻みたいだから・・・ということですよね。

181212gj (9).jpg

天狗の鼻から記念撮影!!!

181212gj (11).jpg

こちらは地獄の穴。

この穴にお金を落とすとチリンチリンと音がして落ちていきます。

そしてその穴は金剛福寺の本堂のすぐ下まで通じている

と言われています。

試しに硬貨を入れてみると、降下していきました。

 

・・・・・

かなり下の方まで音が続いていきました。

一体どうなっているんでしょうか??

181212gj (14).jpg

足摺岬灯台もしっかりとみてきました。

181212gj (15).jpg

万次郎の像もしっかりとあるんです。

この近くには

181212gj (1).jpg

「ジョン万次郎をNHK大河ドラマへ 署名活動にご協力を!!」

という張り紙。これを至る所で見るんですよね。

僕ももっと詳しく知りたいので、願います。

181212gj (2).jpg

三十八番!金剛福寺!!

181212gj (3).jpg

181212gj (4).jpg

立派な庭園と立派な亀さまでございます。

181212gj (5).jpg

しっかりとご飯でエネルギーを補給して足摺岬を後にします。

時計回り、反時計回り、どちらからでも行けるのですが

・・・あれ?結局どっちから行ったんだろう。笑

とにかく逆の方向から帰ろうとしますが

181212gj (6).jpg

181212gj (8).jpg

元々来た道の途中に無料の足湯があったのを思い出し、

こちらで少しまったりします。

181212gj (7).jpg

貸し切り状態でした。

少し休んだ後、出発しようとすると雨が降り始めました。

観光している間は雨が降らなかった。

 

やっぱり晴れ男じゃないですか?笑

 

つづく

神原隆秀の四国一周自転車の旅 その35

旅の8日目。2018年9月20日(木)7時51分ごろ・・・

181211gj (7).jpg

街中に入ると同時に・・・

181211gj (8).jpg

雨が降り始めました。雨が降らない中、結構な距離を稼げました。

181211gj (9).jpg

高知市内の自転車屋さんで買った補給食で

ここまで持たせましたが、さすがにお腹はペコペコ。

181211gj (10).jpg

さらに補給食としてウィダーインゼリーを鞄の中へ。

ストレッチとレインコードを着用して、これから予報される大雨に備えます。

後ろの荷物は防水のバッグのみとなっているので、

自分の体とカメラを心配するだけになり、かなり楽になります。

181211gj (11).jpg

アーケードって地元っぽくて少し安心しますね!

181211gj (12).jpg

いざ足摺岬へ!

181211gj (15).jpg

雨はすぐにやみました。

名前を忘れましたが、足摺サニーロードというルートが整備されていて

とても気持ちよく走ることができました。

 

・・・・・

181211gj (17).jpg

来ました。大雨。笑

181211gj (18).jpg

 

ローソンでいったん休憩。ホットドリンクで体を温めます。

一日目にも土砂降りの雨に襲われましたが、それをはるかに超える雨。

そんな中、お遍路さんは歩いて次の目的地へと向かわれていました。

多くの方に旅の途中すれ違います。

181211gj (19).jpg

足摺岬まで25キロ!!

181211gj (20).jpg

こんな感じ。完全びちゃびちゃ。

ってあまり分からないですね。笑

181211gj (21).jpg

ここまでの大雨になると、怖いのはやはり下り!!!

滑らないように気を付けながら進みます。どの道も油断できません。

そんな中出逢った人(?)がこちら。

181211gj (23).jpg

ほう・・・これは立派な立派な・・・・

すごいなぁと思っていると・・・下に書いてあったのが

181211gj (24).jpg

(株)一休さんグループ

ほう!!!???

良い名前ですね。すごいセンスです。

181211gj (26).jpg

足摺岬まで19キロ!!!

181211gj (27).jpg

きょう宿泊する土佐清水市の街中をいったん通り過ぎ、

いよいよあのでっぱり部分に入るところで

体に当たると痛く、白くなって前が見えないほどの大雨直撃!!

さすがにこれは・・・と少し休憩すると一時的なもので少しだけ弱くなりました。

181211gj (30).jpg

途中、七子峠で出会ったような湧き水に出会いました。

右足を清めさせていただきました。

走れども走れども着かないことで有名な足摺岬。

でももうすぐ到着するのです。

181211gj (31).jpg

181211gj (32).jpg

181211gj (36).jpg

足摺岬は右!!

181211gj (37).jpg

ようこそ足摺岬へ!!

幾多の登りを乗り越え

181211gj (38).jpg

木々を抜けると・・・

 

ありました。

足摺岬のあの場所が。

やっと着いた・・・そう思って自転車を止めると。

「兄ちゃん!写真撮ってあげようか!?」

と自分から声をかけてくれたお兄さん。

「いいんですか!?」とお願いすると

「俺も自転車乗っているからねー!こういう場所はやっぱり一緒に撮らないとね!」

ありがとうございます。

181211gj (34).jpg

2018年9月20日12:00 四国最南端 足摺岬到着!

 

雨は上がっていました。

 

つづく

 

神原隆秀の四国一周自転車の旅 その34

旅の8日目。2018年9月20日(木)4時10分ごろ・・・

ゲストハウスのベッドで目が覚めました。

相部屋なので迷惑にならないようにすぐに目覚ましを止めるつもりでしたが、

目覚ましが鳴る前に目が覚めました。

いつもは休みの日にうんざりとするこの習慣、今日ばかりはとても感謝をしました。

181209gj (1).jpg

支度をして玄関の戸をゆっくりと開けると、もちろんまだ外は真っ暗でした。

181209gj (3).jpg

自転車を置いた場所もライトがなければ見つけられない暗さ。

なんとか荷物をキャリアに括りつけて、

お世話になった「かっぱバックパッカーズ」を後にします。

181209gj (4).jpg

4時40分ごろ、足摺岬に向けて出発します。狙い通り、まだ雨は降っていません。

自転車が照らす僅かな灯りを頼りに、ただただひたすら暗闇の中を走ります。

 

恐怖です。

右側には山々が連なり、そして左側には雄大な四万十川が流れる。

その美しい景色を昨日見ていたのに、今はその景色はなく

暗い闇に自分が全て飲まれているかのような、

いや、これから飲み込まれていくような

もしかしたら自分は戻れないんじゃないのか

そんな恐怖にどんどん浸食されていきます。

 

しかし、何も見えないというのは、他の余計なものを排除して

自分自身と徹底的に向き合うことでもあるんだなと思いました。

この旅で痛めた右膝。

その痛みをこらえながら、もう少しスピードを上げたいが

これ以上あげると、さらに痛みが増す状態。

自分自身の限界を知りながら、それでも走る自分は一体何がしたいのか。

何がしたかったのか。これから何がしたいのか。

 

人生全て意味がある。プラスのことでもマイナスのことでも

きっと何かしらのメッセージがある。

 

痛みと向き合いながら前に進むのは難しい。

その痛みが肉体的にでも精神的にでも。

それでも前へ進むのは、その先にはきっと何かが待っているから。

だから人間は立ち上がれる、前へと進める。

 

それを身をもって味わったんだなと。

そんなことを考えながら、四万十川の暗闇を走っていました。

181209gj (6).jpg

途中、道の駅のあたりの灯りに少し癒されながら走っていくと5時になりました。

 

「おはようございます」

 

真っ暗の状態から少し日が出てくる気配が表れた頃、暗闇から突然声がしました。

え!?と驚いてみると、散歩をしている方がいました。

この真っ暗の中・・・

 

さらにはトンネルでランニングをしている方とすれ違いました。

この真っ暗の中・・・!?!?!?

 

ストイックですねぇ・・・

181209gj (7).jpg

さらに明るくなり、周りの景色が見えるようになってきました。

181209gj (9).jpg

181209gj (10).jpg

これはこれで、なかなか見られない光景をこの時間だからこそ見ることができました。

生命力あふれる緑はまだ隠れ、ただただその静けさだけがたたずんでいます。

181209gj (13).jpg

181209gj (14).jpg

明るくなっても周りには誰もいません。

ただただ、自分と自転車とそして自然があります。

181209gj (17).jpg

お腹がすいたので少し休憩。

朝ごはんも結局食べられていないので・・・

ですが、室戸岬空腹事件のようなことにはなりませんでした!!!

高知市内の自転車屋さんで補給食を用意しておいたので!!

やっぱり買っていて良かったですね。本当大事。

 

そして自分自身と向き合えた、

長い長い四万十川も終わり学校が見えてきました。

181209gj (18).jpg

木曜日の7時30分。

通学中の子供たちとすれ違います。

181209gj (21).jpg

さらに走ると高校などもありました。

通学のために高校の制服で原付に乗っている子もいて、

初めてみる光景に少し驚きました。

181209gj (22).jpg

 

つづく

神原隆秀の四国一周自転車の旅 その33

旅の7日目。2018年9月19日(水)18時27分ごろ・・・

 

181205gj (32).jpg

だんだんと暗くなってきました。

僕の中で自転車の旅は日の出ている時に完結。

というのが基本的なスタイルなのですが、

進行速度が遅いこともあり、またこの日のライド予定が長かったこともあり

こんな時間になってしまいました。

 

急遽予約したゲストハウスに伝えていた到着時間にはとてもつきそうになかったので

すでに電話をしていました。しかし真っ暗になる前には到着したい。危ないので。

181205gj (34).jpg

そんなことを思いつつ、四万十川と書かれているところがあったので記念撮影。

181205gj (35).jpg

181205gj (36).jpg

完全に真っ暗になってきました。しかし目的地に到着!!

十川駅。この近くにゲストハウスがあるんです。

入口が難しいということで、下にあるスーパーのところで

待ち合わせをして無事に到着。

181205gj (37).jpg

120キロに迫るライドでした。

181205gj (46).jpg

ゲストハウス「かっぱバックパッカーズ」

部屋にまず荷物を置かせてもらって、

いろいろと手続きやら説明やらを受けていて・・・

「あのー、近くにある温泉行きたいんですよー!たしかまだ間に合・・・」

「いや、たぶんもう空いていないと思うなぁ。人がいなくなったら閉めたりするんだよね。

ちょっと電話で聞いてみようか・・・・・・空いていないね(笑)」

マジですか!!??

と言うと、田舎をなめないでよー?と言われました。苦笑

そういう感じで使いますか?その言葉(笑)

 

 

さらに、

「19時で下のスーパーが閉まって、特に何もなくなるからとりあえず行きます?」

食べるものが・・・!またなくなってしまう!!!

ということで、もう一人の方と宿の方2人と4人でスーパーへ。

 

スーパーで買うときに悩んでいるともう一人の方がお肉を買っていました。

そうだ!!ゲストハウスなんだから焼けばいいんだ!

 

ということで、生まれた料理が・・・

181205gj (42).jpg

UFO焼肉乗せ。笑

 

ここまでは良かった。ここまでは良かったんですが、

この後にUFOに付属している焼きそばソースをかけたのが間違いだった。笑

181205gj (43).jpg

もう一人の方は、まさかのお酒のおつまみ乗せを作っちゃいました。笑

さらにもう一人宿泊の方も来られて

181205gj (38).jpg

落花生のサービスなんかもいただいて!!!

181205gj (41).jpg

みんなで色んな話をしながら盛り上がった食事時を過ごしました。

こちらの宿の方ですが、左の方は長期間海外にいて、

それこそわけのわからないぐらいの距離を自転車やバイク、

ヒッチハイクなどでめぐったという方。

いやー、規模、レベル、世界観、素晴らしいものでした。

室戸岬空腹事件の話をすると、「日本でそんなことになるとは・・・」

と言われました。笑 レベルがやっぱり違います。笑

 

そしてお風呂ではシャワーを冷水にして右膝にとにかく当てました。

 

そしてもう一度盛り上がりのピークを見せたのが

181205gj (44).jpg

スーパーで割引していたアイスを大量に買って冷蔵庫に詰めたところ

これはインスタ映えなんじゃないか!?

と盛り上がり。

181205gj (45).jpg

やべぇ!やべぇ!インスタ映えだ!!!

と盛り上がっていましたが

今思えば

全然インスタ映えでもなんでもない。笑

 

盛り上がりというのはすごいものです。笑

 

その他、バイクでツーリングをしている方と話していると

あのナスのアイスうまかったのか―!!気になったけど通り過ぎちゃったー!

といった話などもありましたが、一緒にテレビで天気予報を見ると

翌日昼前ぐらいから雨。

 

どうします??という話をしながら、いろいろ二人で考えて出した結論・・・

 

「僕はできる限り朝早く出て距離を稼いで、足摺岬に行きます」

 

きっと自転車を飛ばせるんだったら、

そんなに早く出なくても体力の限り飛ばして

あまり雨が降っていない間に距離を稼げたことでしょう。

 

でもこの状態ではスピードは出せない。

だからとにかく時間を使うしかない!

 

早く寝て、早く起きて、出発します。

たぶん明日の朝はお会いできないので・・・

みんなに「ありがとうございました」と告げて

明日に備えて就寝しました。

 

つづく