180321 Teenager Kick Ass

きょうは誰も知らない、これからのバンド!
全然情報がないけれどちょっと特別な気がする...
ご覧ください、メンバーのこの目つき。
なにかしでかしそうで、ほっとけない。
Teenager Kick Assをご紹介しました!


TKA_aphoto.jpg


圧倒的なライブパフォーマンスで、若手バンドシーンにおいて
一目置かれている、注目を集めつつあるバンドです。

 

東京を拠点に活動。中でも新宿JAMというライブハウスをメインにライブ活動を
しているのですが、先日新宿JAMが閉店。
さらに、先月ベーシストが脱退。
現在Vo&Gtオオスカさん、Dr大森チヒロさん、2人で活動中。
ライブはスリーピース編成でやってます。

 

3/21に2ndミニアルバム『チカシツノハナ』という作品をリリースしました。

 

SPMD-1011.jpg


まだ西日本では大阪のタワレコさんしか扱いがないそうです...!
広島では、おそらくHIROSHIMA RECORDSが
はじめて紹介させていただいたのでは、と思います!

まだ駆け出しのバンドなので、全然情報がないのに、なぜここで取り上げたか。
それは、今しかできない音を詰め込んでいるから!

 

先ほどご紹介した新宿JAMでの思いを込めたタイトル曲「チカシツノハナ」をはじめ、
全6曲入りの作品。
若さゆえの未熟さ、青さ、粗削りだけど重たい熱量、、、
すーっごくどろっどろした感情が
再生ボタンを押した途端にあふれてくるようです。
若いバンドはたくさんいるけれど、初々しさが全然ない!
(悪口じゃないですよ...)

 

ライブはわたしも未体験ではありますが
ライブでこれ見たら、ハラハラドキドキするんだろうな~
というちょっと長めのイントロや間奏は、
スリリングでちょっと力込めて聴き入ってしまいます。
今日お届けしたROCK′N(ot)ROLL(ロックンロール)なんて、
イントロ55秒ありますから!

リード曲「Void」は全編スタジオでのストイックな演奏シーンのみで構成。
新宿JAMで使われていたドラムで演奏しているらしいです。
ほんとうに大事な場所だったんですね。

 

Teenager Kick Ass - Void

 

まだ広島でのライブ予定はないそうですが、
彼らの音楽を聴いていると、これからのロックンロールの未来は明るいなぁ!
なんてわくわくする気持ちは、春のせいだけじゃないと思います。
ぜひ!まだこれからのバンド、だからこそいまのうちに聴いてみてください。

Written by 濱野 歩