2017/11/28 キイチビール&ザ・ホーリーティッツ

11/28(火)HIROSHIMA RECORDSでは
今年のうちに知っておきたい!
来年、周りに自慢したい!インディーズバンド
キイチビール&ザ・ホーリーティッツをご紹介しました!


キイチビール&ザ・ホーリーティッツアー写真.jpg


キイチビールさん(ボーカル, ギター)、紅一点のKDさん(コーラス)、
橋本=タフネス=樹さん(ベース, コーラス)、りょうさん(キーボード, シンセサイザー)、
タカヒロさん(ドラム)による5人組バンド。
駒澤大学のジャズ研究会で出会ったメンバーです。
KDさんだけ、早稲田大学のブラックミュージックのサークルに所属していたそう。

 

まったりゆるくて、心地よい。
でも時にみせる鋭い表情。油断して聴くのは危険です...!
いつの間にか、ずぶずぶ沼にハマってしまいますよ。
わたし、最近キイチビールさんが夢に出てきます笑

 

しかし、なぜジャズミュージシャンたちがロックバンドになったのか。
気になりますよね...


元々ベースのタフネスさんがコード進行を適当に弾いて
キイチビールさんがそれに合わせてメロディと歌詞を即興で歌う
即興ポップスごっこで夜な夜な遊んでいたそうです。
ある日、タフネスさんは「キイチビールさんは天才なんじゃないか!」と気づき、
バンドを結成したとのこと。
もともとキイチビールさんもウッドベースプレイヤーだったのに、
これを機にギターを練習するようになったとか。
ちょっとしたところに、ジャズエッセンスがちりばめられていたり、
いなかったり、、、そんなところもぜひご注目ください。

 


さてさてこの即興制作における代表作は、「かっぱえびせん」
そうです、あの、やめられないとまらないヤツです。

 


キイチビール&ザ・ホーリーティッツ - かっぱえびせん 初LIVE映像

 

 

まずは15秒CMバージョンを制作すると、30秒CMバージョンも制作。
飽き足らず、Aメロ...Bメロ...と作っていたら、ついに1曲完成しちゃいます。
昨春行った初ライブで披露すると、キャッチ―な曲の良さと
「かっぱえびせん」の知名度の相乗効果でみるみる話題となり、
この曲が収録された自主制作1stEP「俺もハイライト」は1年で完売。

 


この勢いで、今年の夏はサマソニやロックインジャパンフェスにも出演。
一躍大注目バンドの仲間入りを果たした彼ら、10/9には1500枚限定の1stミニアルバム
「世の中のことわからない」をリリース。(全6曲入り)


キイチビール&ザ・ホーリーティッツジャケ.jpg

 


キイチビール&ザ・ホーリーティッツ「世の中のことわからない」(Official Music Video)

 

バンドロゴもいいかんじ!
レコードコレクターズなどでおなじみ
レコスケくん作者の本秀康さんが手がけているそうですよ。

 

わたしはこのゴキゲンなロックナンバーが好きですが、
季節的にオンエアしなかったので、ぜひお手元で聴いてください。


キイチビール&ザ・ホーリーティッツ「夏の夜」(Official Music Video)

 


サニーデイ・サービス、Yogee New Wavesなどの作品を手がけている池内亮さんを
エンジニアに迎えて制作しているとのことなので、
なんとなく音の雰囲気も感じていただけるかと思います。


キイチビール&ザ・ホーリーティッツ「パウエル」(Official Music Video)

 

来年2/7には、初の全国流通盤となる1stアルバム『トランシーバ・デート』リリースを発表!
曲を作っているキイチさんは、ザ・ピーズが大好きということもあり、
90年代の邦楽ロック好きの方々、まずはご確認くださいませ。


聴いていると、素直な気持ちになれます。
いいなぁ、はやく広島でライブしてくれないかなぁ。

Written by 濱野 歩