2018/01/23 平賀さち枝とホームカミングス

更新が遅くなってすみません!

1/23(火)HIROSHIMA RECORDSは
平賀さち枝とホームカミングスをご紹介!


HIRAGAHOMECOMINGS_A2017_YOKO.jpg


グループサウンズじゃありませんよ~色彩豊かなギターポップです。
ナイスな2組のコラボレーションワークス、第2弾!
1/24リリースの「カントリーロード/ヴィレッジ・ファーマシー」
待ってました!という音楽ファンも多いと思います。

 

お互いのイベント企画に呼び合い、ゆっくり親睦を深めていった
ということもあり、相性バッチリ。
人懐っこさと、ちょっぴりの切なさやハッピーが
さわやかに詰まっています。

 

平賀さち枝さんは、岩手出身のシンガーソングライター。
驚きなのは、ギターが弾けない中アカペラでライブ活動をスタートさせたこと!
歌わずにはいられなかったんでしょうね。
透明感があってさわやかなのに、
なんだかちょっとウエットな感じで切なさも同時に押し寄せてくる
平賀さんの歌声、すごく存在感があります。


軽やかな活動で、様々なアーティストのコーラスにも参加。
個人的には、SAKANAMONとの「ミイとユウ」という曲のコラボは
強く、印象に残っています。
ぜひ聴いてみてください!(SAKANAMON『INSUROCK』収録)

 

そして、ホームカミングスは、
京都在住の女子3人+男子1人の4人組バンド。
Homecomingsとして活動していますが、
英語詞でバンドでは歌っているので、
海外インディーアーティストの来日公演のゲストで
呼ばれている印象が強いです。
ティーンエイジファンクラブのノーマン・ブレイクや
カナダのSSW マックデマルコなどと共演。
独特のギターポップは、日本人離れしていて
LAのインディーバンドって言われたら、信じちゃいそうな
からっとした西海岸みたいなボーカル。


対照的な女性ボーカル同士のハーモニー。
お互いのいいところを引き出し合える、理想のコラボレーション!

 

 

平賀さち枝とホームカミングスジャケ.jpg

 

 

 

先ほど、このコラボは第2弾とご紹介しましたが、
約3年目にリリースされた「白い光の朝に」が音楽好きから注目を集め、
昨年は平賀さち枝とホームカミングスでフジロックにも出演!
木道亭での演奏は、入場規制になったほど。
確かに、森の中での彼女達の音楽が聴けるなんて
きもちいいに違いない!

 

平賀さち枝とホームカミングス "白い光の朝に"

1/24リリースのコラボ 2作目
「カントリーロード/ヴィレッジ・ファーマシー」
5曲入りで、平賀さん弾き語りの「夏風邪」や
HomecomingsによるPavementのカバー、
スピット・オン・ア・ストレンジャーなど収録の
全5曲入り!それぞれの個性的な楽曲にもご注目あれ。

Written by 濱野 歩