聴いても観ても心地よい!大橋トリオ広島公演

2016.05.29(日)
@NTTクレドホール 
Ohashi Trio TOUR 2016 ~10[TEN]~
ステージの10(TEN)の看板に、オレンジのランプが灯り、青い光に包まれると、ラグジュアリーな音楽空間が、幕を開けた。一発目は、ニューアルバム収録曲「恋するライダー」観客も思い思いに、手拍子をしたり、音に身を委ねて踊ったり。とにかく、リズムが、心地よい!!

曲間に聴こえる鳥のさえずりが、リラックスムードを演出する中、「これからゆっくりした曲をします。じゃけぇ、お座りください」と伸びやかで優しい大橋トリオの世界が広がる。まるで森の中の演奏会に招待されたよう。NTTクレドホール、マイナスイオンが感じられるほど、気持ちよかった。


キーボード、打楽器、グランドピアノ、エレキ、アコギ、縦笛...と、かわるがわる色んな楽器で、バリエーション豊かなメロディを奏でる大橋トリオは、自由自在に音を操る魔術師のようだ。

バンドメンバーが個性派天才ぞろいなのも、やはりすごかった。Gt長岡亮介・key伊澤一葉、Ba近藤零、Dr神谷洵平、それぞれの音のセンスが結集して、最強だった。ライブ中盤のセッションシーンは見もの!!遊び心を忘れない、ハイクオリティな演奏に、ドキドキさせられた。

観終わったあと、全身が優しい気持ち、幸福感に包まれ、帰りのバスで、思わず頬がゆるんでしまうようなライブだった。
癒し空間度
★★★★★
音楽センスの高さ
★★★★★
広島マニア度
★★★★☆

MCでは、広島県民でもぽかんとするような場所、切串や三高に行ったエピソードを披露。
Dr.神谷が繰り広げた広島ラップもマニアック!
ぜひまだ知らない広島を満喫してほしいとの思いから、星4つ!

Written by Shadow☀