Viva La広島!Dragon Ashと七夕の夜。

2017.7.7(金)
@BLUE LIVE広島
Dragon Ash
Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC

待ちわびたこの瞬間、、、
照明が落ち、会場全体の緊張感が高まると同時にDJ.BOTS、ダンサーのATSUSHI、DRI-Vがステージに登場。DJ&ダンスパフォーマンスを繰り広げ、徐々にメンバーがステージに集まりセッションが始まる。
まるで宇宙にいるかのような浮遊感と、心地よいシンセサイザーにリズム音、それに重なり合うようなオーディエンスの込み上げる熱い想いが渦巻き一つになると、一気に吸い込まれるように『Stardust』へと続く。

厚い雲に覆われた七夕の広島の夜空にDragon Ashという星団が威風堂々光を放つように繊細かつ力強い音を、会場の一人一人に響かせ奮い立たせる。
そして壮大な宇宙を駆け巡る感覚から、急に地面に叩きつけられるように『MIX IT UP』へ 。 この反動と昂ぶる気持ちは、もちろん抑えられるわけもなく、ダイブにヘドバン、モッシュに歌ったり踊ったりと老若男女それぞれが自由に楽しむ景色には毎回感動させられる。これぞロックバンドDragon AshのLIVEだ!

もちろんお世辞は一切無しでとにかく全てが最高なDragon Ashはどこを切り取ろうか、とても迷うところであるが、今回のツアーの見所は『Ode to Joy』といっても過言ではない。アルバム『MAJESTIC』のなかで、個人的にもライブでどのように表現されるか楽しみにしていた曲でもある。ダンサーDRI-VのLEDポイ(ジャグリング道具にLEDが付いたもの)をつかったジャグリングパフォーマンスはライブで見るとさらに迫力満点で、回転するたびに赤と青の光が浮かび上がり会場をさらに盛り上げる。ツアーを重ねるごとに新しさを取り入れ、見る側を楽しませてくれる。

そしてこの日ならではのパフォーマンスといえば、名曲中の名曲『静かな日々の階段を』。なんとスペシャルバージョンでRIP SLIMEの『ONE』を間奏のメロディーにのせてVo.Gt.Kjが歌い始め、観客から大合唱が沸き起こる。どうやら、今回のツアーでは初めて見る光景らしい!広島は普段あまり見られないDragon Ashの一面が見られる場所なのかもしれない。そう思うとファンとして心からうれしい。

アンコールでは、カープ優勝記念の限定Tシャツで登場したKj。実はカープの大ファンのKjと、『それ行けカープ』を歌えるのも広島ならでは。他のメンバーもカープのポンチョ!マイクにはぶら下がるしゃもじ!まさにステージはカープ祭りだ!

実は広島ライブ前日は、マツダスタジアムでのカープ観戦に出かけたKj、Gt.HIROKI、DRI-Vの3人。この試合では丸選手が100号ホームランを放ったこともあり、とてもご機嫌。
『few lights till night』からの 『For divers area』、最後は『Lily』で締めくくる最高の広島ライブは幕を下ろした。
こんなにも激レアなDragon Ashを見る事が出来たのは、カープが絶好調なせい?いやいやメンバーの広島愛があるから!Kjから「日本で一番この会場が好きです」と言う言葉まで出てくるのは広島のファンへの最高の贈り物に違いない。

発汗度
★★★★☆
広島愛
★★★★★
ファンの助け合い度
★★★★★

日々Dragon Ashの音楽にどれだけの人が救われているか。
ファンを代表して私からありがとうございます!と伝えたいです。
Dragon Ashと同じ時代に生まれてこれてよかった!! 20周年おめでとうございます!

Written by SAYAKA AIHARA