コイまち散歩 -BIGMAMA金井政人と歩く京橋川-

DSC_4482.jpg

 

昨年デビュー10周年を迎え、今年は現体制になって10周年となるBIGMAMA。今年3月には7枚目のアルバム『Fabula Fibula』をリリースし、これに伴う全国ツアー『ファビュラ旅行記 2017』でまた広島にやってくる。6/18(日)広島クラブクアトロでの開催だ。

 

広島には仲の良い友人や知り合いが多く、スケジュールが合えば長く滞在することも多いというBIGMAMAのフロントマン金井政人。今回は広島の街中を流れる京橋川を散歩しながら、広島のこと、彼のライフワークであるジョギングについて、そしてBIGMAMA最新アルバム『Fabula Fibula』について話をした。

 

DSC_4472.JPG

 

「いい風が吹いて、水面がキラキラ光っていていい時間ですね。」と語りだす金井。ツアー中は、ランニングシューズを持っていき、旅先で走ることが多いという。広島のお気に入りジョギングコースを尋ねると、平和記念公園や原爆ドーム、広島城、マツダスタジアム...と、次々出てくる広島のランドマーク。「行くことに価値がある場所だし、目印があると頑張れる」と話す。

 

そもそも金井が走るきっかけは、ミュージシャンとしての危機感だった。「声が出ないライブをしたことがあって、ミュージシャンとして、人間として、致命的だと思ったんです。周りにはなるべく元気な姿をアピールしたいし、"ライブで声が出ませんでした"はニュースになるけれど、声が出るようになったことはニュースにならないことがすごくイヤで。自分なりにミュージシャンとしてやり直す切り替えとして、仕事のオファーを断らないことにしたんです。そこで最初に来た仕事が東京マラソンの仕事で。フルマラソンを一度走ると、やめるのがもったいないんですよ。せっかく走れる身体になったのに、だるんとしちゃうから。」HIROSHIMA RECORDSでの未知数な新企画『コイまち散歩』に付き合ってくれたのも、この心意気のおかげだ。

 

DSC_4478.jpg

 

走るようになってよかったことを尋ねると「気分転換が上手になったことと、あとは友達が増えたことですね。フルマラソンを走ったことがある人と情報交換ができる。サブフォー(4時間以内に42.195kmを完走すること)を達成するには、とか。どのタイミングがしんどい、とか。」金井政人のストイックさは、音楽だけではない模様。ちなみに最新タイムは3時間50分。最近はフルマラソンは走っていないものの、月間100kmを走っており、「習慣になればなんてことないんですよ。」と涼しい顔でさらりと言いのける。

 

金井は「ツアーで訪れる街を走るときには、街の特性を感じ、そこに住む人々の暮らしをイメージしている」という。『仮想の街』をテーマにしたBIGMAMA 7枚目となる最新アルバム『Fabula Fibula』のアイディアも、この日々のジョギングから得た構想が活きている。
『Fabula Fibula』制作にあたって掲げたコンセプトは、『曲の数だけ街がある。曲の数だけルールがある。曲の数だけ物語がある』。壮大で多角的なコンセプトを『旅』というキーワードに、街と物語の設定を楽曲に添えて昇華させた。

 

DSC_4526.jpg

 

「BIGMAMAの大好きなところであり、面倒くさいところが、いろいろな曲を作れちゃうところ。ロックサウンドで攻撃的なメロディーも、包み込むようなバラードも、どんな曲にも一貫性を持たせたい。『旅』をテーマにすると、どんな大都会もスラム街も、荒野も、旅でまとめることができる。」と話す。

 

アルバムのブックレットは、『旅を続けよう』という言葉で締めくくられる。金井は、「このアルバムを聴き終えた時に、「ツアーが始まる!」と各地の観客の表情やまだ見ぬライブの光景がイメージとして湧いてくる。」と語る。

 

最後に、散歩に合いそうなアルバムの曲を聴いてみたところ、即答だった『Make Up Your Mind』。音楽とスポーツを繋ぐ仕事が増え、大阪のランイベントのプロデュ―スをした際にこの曲を使用したという。「走ることをライフワークにしたことで書けた曲であり、周囲のスポーツをする人々と一緒に作り上げた部分が大きかった。会場の長居スタジアムでこの曲が流れた時に、自分も背中を押される気分になった。」と語る金井の表情は何とも誇らしかった。

 

DSC_4528.jpg

 

リリースから3か月を経て、全国ツアー『ファビュラ旅行記 2017』 も折り返し点の広島公演。「今年でBIGMAMAが現在のメンバーになって、10年。アルバムのツアーでもあるから、初めて来た人にも、10年分好きだと言ってくれる人にも、誰が来ても満足してもらえるいいライブにしたい。」広島クラブクアトロでのBIGMAMAのステージは、今年10月に開催されるBIGMAMAのキャリア初となる東京・日本武道館での単独公演『BIGMAMA in BUDOKAN』を見据えている。今までとは一回りも二回りも大きな熱量で、BIGMAMAの音楽を打ち鳴らす彼らの勇姿は、見逃せない。

 

LIVE INFORMATION

BIGMAMA「ファビュラ旅行記 2017」

2017年06月18日(日)広島クラブクアトロ

Open 17:00/Start 18:00

¥4,320(Dr別・All Standing・整理番号付)

 

NEW RELEASE

16th single DOPELAND

2017.07.19 in store

RX134_H1_M1.jpg

M1 CRYSTAL CLEAR
M2 ILLUSION
M3 愛はハリネズミのように

住野よる 掌編小説「DOPELAND」

[CD x 本 特殊ブックレット仕様] ¥1400+税

Written by 濱野 歩 photo by 石丸貴子