ライブトライブ

« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

Get Lucky~1/19土岐麻子さん×Schroeder-Headz

2014年1月28日

 

グラミー賞発表になりまして
ダフト・パンクが最優秀アルバムと最優秀レコードを
ゲットラッキーしましたなぁ。


ちなみにダフト・パンクのサウンドって
デビューの時(94年)には
最新型フレンチエレクトロってイメージだったけど
いつの間にやら懐かしきオトナの音楽な佇まい。


ま、20年前じゃモンね
う~ん、いろいろと年取ったねぇ(笑)


なつかしきといえば
土岐麻子さん×Schroeder-Headzのライブ。
80年代シティポップの正統後継者
アーバンなライブをLIVE JUKEの絶景バックに
懐かしくも新しい演奏を聴かせてくれました~。

番組プレゼントのサイン入りマグカップ
Get Luckyしたのはだれでしょ~

オイラも欲しかった~~





次に突撃するのは、
今年デビュー10周年のこの3人じゃ!
HOMEMADE.JPG

LINEで送る

突撃!楽屋でもみじまんじゅう
土岐麻子×Schroeder-Headz編

2014年1月24日




来たよー!
michi-ta-juke.JPG

今回突撃したのは、土岐麻子さん×Schroeder-Headz


土岐さんは、
Cymbalsのリードシンガーを経てソロシンガーとして活動中。
化粧品のCMソング
♪あな〜たぁ〜って〜 不思議だわ〜 
あなたっていくつなの〜? 
の歌声は、彼女!


HFMリスナーの皆さんには、
毎週(土)正午〜『TOKI CHIC RADIO』でも
おなじみですね。




1.19(日)広島Live Jukeでのライブは、
なんと約8年ぶりの広島公演。


渡辺シュンスケさんのソロプロジェクト
"Schroeder-Headz"とのコラボスタイルでした。


チャイナ服(超艶綺麗!)で登場した土岐さん。
煌めく夜景をバックに
JAZZ、シティポップ、民謡...
音楽のマナーを熟知したメンバーと繰り広げる
遊び心いっぱいのステージは、
上質で贅沢な時間でした。
途中、ピアノ×ベース×ドラムのSchroeder-Headzタイムもあり。


心もカラダも躍らせるそのグルーヴ!
ソロライブも観たくなりましたね。




ほんじゃ、行きましょか〜






にしき堂のもみじまんじゅうをもって突撃!!!


toki-watanabe-michita.JPG
THE ボーダーズ!


「ライブのときは、
ラジオをやっている自分とはスイッチが違うので、
ステージではなるべく喋らないようにしてます」 
という土岐さんでしたが、
MCでも観客のハートをグッと掴んでいました。




レギュラー番組『 TOKI CHIC RADIO 』については
「全国の中でも、広島での反応がほんとうに良いんです!」と
嬉しそう。
広島だけの公開収録イベント、
近々実現なるのか!?






ミチータがおどおどしながらGETした
お宝プレゼントはコチラ!
cop.JPG


サイン入りオリジナルマグカップ 
をペアで2名様に♡♡♡

欲しい・・・


ご希望の方は、
■メール: l@hfm.jp
twitter:「ライブトライブ」をフォローしてRTかQTで
"マグカップほしい!"と送ってください
■〆切: 1.26(日) 23:59必着

※頂いた個人情報は、プレゼント発送目的にのみ使用します




■INFO
Schroeder-Headz ALBUM「Synesthesia」 2.19 Release


LINEで送る

オンエアヨテイ(1月下旬)

2014年1月23日


レアチケットの枚数限定予約もあり!
番組先行電話予約で確実にゲットしてください♪
(※予定は変更になる場合があります。ご了承ください)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■1.24 先行予約→松任谷 由実
( 公演日; 2014. 3.8(土)9(日) 広島文化学園HBGホール )

ユーミン2年ぶりの全国ツアー!
名曲の数々と最新作「POP CLASSICO」の世界を
堪能できるステージ!番組限定レアチケットを確保して!


■インタビューOA→ 土岐麻子×Schroeder-Headz


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■1.31 先行予約 → 玉置浩二
( 公演日; 2014. 4.4 (金) 広島上野学園ホール )

圧倒的な存在感と歌声で
多くのリスナーを魅了してきた
玉置ワールドに迫ります!




※予定は変更になる場合があります。
ご了承ください。

LINEで送る

日記 Start Me Up~1/13斉藤和義

2014年1月14日

2014年のライブ初めは
斉藤和義@HBGホール


繊細で大胆でシャイでエロい...
もうメロメロでしたねぇ


迷いなきロッケンロールでした。。


いつものゆる~いMCネタで、
斉藤さんの出身地・栃木の名産『かんぴょう話』の流れから
ギター藤井さんの出身地・福山に「名物はあんの?」って疑問が出てたので...


終演後の楽屋で「福山は...くわい」が有名っスと伝えときましたw
福山のみなさま、ご安心アレ(なんのこっちゃ)


今年もいいライブと出会えそうな
最高のスタート切れましたーーーー!!
いぇ~い(斉藤さん風)

LINEで送る

キムライブ日記 新春のご挨拶『コウシン』

2014年1月 7日

ちょっと遅くなりましたが
2014年も始まりました~。
1月3日のバーチャルライブ&ホルモンインタビュー
楽しんでもらえましたかね?


福山の実家で、おせちのクワイ食べてたら
「シッポは食べんのよ」とつっこまれたキムラっす。
う~ん、まだまだ知らんこといっぱいですな。


ことしは午年。


ウマいライブのネタを
鼻息荒くヒヒーンとお届けしていきますよ


今年のテーマは『コウシン』かな?


しっかりすすむ『行進』
しっかり繋がる『交信』
そして‥
昨年末のライブレポが、まだ『更新』されておりませんが‥
新たな年ということで
なかったことにしたいと思います(笑)

ま、なにはともかく
6年目もさらに『昂進』して行きますので
よろしくおねがいいたしまーーす!!

uma__.JPG


ウマ面の男より
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
Cinnamon Girlを聴きながら。。

LINEで送る

突撃!楽屋でもみじまんじゅう
~マキシマム ザ ホルモン編~

2014年1月 3日


2013.12.21(土)
BLUE LIVE 広島。




三度の飯より飯が好き!!!!!
マキシマム ザ ホルモンの楽屋を突撃!


ALBUM「予襲復讐」からの楽曲はもちろん
女子限定サークルや
"恋のおまじない"コーナーなどで
広島の田吾作・・・もとい腹ペコ達は完全燃焼!!


激しいライブ後
メンバーはどうなっちゃってんでしょう!?






終演2分後
マネージャーさんに楽屋に案内された我々。


扉の先には・・・






半裸のメンバー。




horumon-member.JPG


お疲れながらも
最後のチカラを振り絞って
応えてくれたインタビュー。


4人揃っての爆笑自己紹介からは
お決まり "にしき堂のもみじまんじゅう"差し入れタイム!
ナヲさんは「お餅もみじ」を
ダイスケはんは「抹茶生もみじ」をセレクト。


Q.2014年一番会ってみたい人は?
ダイ「半沢直樹の大和田常務」。


そして
ラストはご両親が広島出身という(B.)上ちゃんの
広島弁で〆てくださいました。






終始やられっ放しで
消化不良のDJミチータでしたが(笑)
お宝プレゼントはしっかりGET!!


直筆サイン入りBAG を 1名様に。
maximum-present.JPG


ご希望の方は、
メール: l@hfmweb.jp

twitter:「ライブトライブ」をフォローしてRTかQTで
"ホルモン希望"と送ってください

〆切: 1.3(金) 23:59必着

※頂いた個人情報は、プレゼント発送目的にのみ使用します




最後は、ホルモントライブのみんなと。
horumon-tribe.JPG
真冬の海を前に全員汗だく。


この春結婚予定のホルモントライブ。
音楽が結んだふたり。おめでとう!
maximum-kekkon2ninn.JPG



PS
ナヲさんの影響で、岩下の新生姜にはまりつつあります・・・スタッフ

LINEで送る

レキシ、レキツ、レキミ

2014年1月 3日



どきどきが鳴り止まない。
ワクワクが止まらない。




行ってきました、
2013年の笑い収め
いや間違えました
ライブ収めに。


池田貴史さんのソロユニット・レキシ






華やかな紋付袴姿のレキシさまは
凄腕ぞろいの顔ぶれと共にステージに降臨!!
ギター:健介さん格さん (奥田健介 from NONA REEVES)
ピアノ&コーラス:元気出せ!遣唐使 (渡 和久 from 風味堂)
ベース:御恩と奉公と正人(鈴木正人 from LITTLE CRETURES)
ドラムス:伊藤に行くならヒロブミ(伊藤大地 from SAKEROCK)
※注
レキシと共演するミュージシャンには
それぞれ「レキシネーム」を与えられています。



ステージは、ひとことで言えば「大人の真剣な音遊び」。


ソウルな歌声、ファンキーなグルーヴ。
それに乗っかる歌詞は、
日本史をベースにしたユーモアセンスに溢れた言葉たち。

教科書で見た歴史用語をふんだんに散りばめながら
激センチなラブソングからナンセンスなものまで。
その悪ノリ感とコミカルさは
他の追随を許しません。笑




唄って
踊って
鍵盤を弾いて
終始オーディエンスとコール&レスポンス。
機関銃のようにMCを畳み掛けながらも
丁寧にお客さんの声に答えてました(200%の笑いをもって)。


ほんでもって、
ステージに仰向けに寝転がったり、
(本人曰く「自由になりすぎた。俺の中のオザキが出ちゃった」そう)
東京ラブストーリーネタを挟みこんでみたり、
金パチ先生になっていたり、
おなみじ稲穂コール&レスポンス
(稲穂を模ってハンズアップ&「稲HO~!」と叫ぶ)もあったり。


こんなにも
休む間もなく
笑いのツボを刺激されるライブが
かつてあったでしょうか。


もちろん、魅せるところは、みせてくれます!


圧巻だったのが、ライブ終盤の「ハニワニワ」。
池田さんの弾き語りからスタートしたこの曲、
遣唐使、正人、健介さんと
メンバーが次々入れ替わりながら
見事なピアノの連弾を披露!
曲のラストは3人が並んでフィニッシュ!
オーディエンスの大喝采に
主役のレキシ様が嫉妬するという流れも、らしくて素敵でした。笑


水戸黄門が印籠をなくしちゃったという新曲
"僕の印籠知りませんか?"も披露!




終演後、せっかくなので
にしき堂のもみじまんじゅうを持って
レキシ様を突撃~!
rekishi.JPG
愛しくて、ほおずり。


レキシ様、
最高のグルーヴと笑いをありがとうございました。
ようけ腹筋使いましたわ。




おまけ:レキシ様とご対面
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフ (以下ス) 
「 アルバムタイトルも振り切れてますよね。
次のアルバムタイトルも気になります。
レキシ、レキツ、レキミときて・・・」


池 「うん、次ね、『アビイロード』にするわ(真顔)」
ス 「・・・それって・・・」
池 (ニヤリ)
   「それか、『Tomorrow Never Knows』にするわ」
ス 「それも・・・」
池 「んぐふふふふ・・・」


次回作も楽しみにしつつ
レキシ様の宴が近々開かれることを期待してます。



LINEで送る

目次

  • 豪華ゲスト陣
  • キムライブ日記
  • スタッフ編集後記
  • twitter
  • 最新情報

DJプロフィール キムラミチタ

最近のエントリー

アーカイブ