« 7/30オンエアリスト | トップ | 広島県内の花火大会 »


[ 気になる世界のあれこれ ]

長い間、胃の痛みを訴えてきたスウェーデンの男性が、このたび、ようやくその痛みから解放されたということです。どのくらい長いかって、現在、65歳の男性が、40歳の時からだといいますから、およそ25年間です。四半世紀もの間ずっと、胃が痛い、胃が痛いって、100回以上も病院で診てもらってきたそうですが、原因は分からずじまい。それでも痛みは確実にあるわけで、これは、胃を切り開いてみなきゃわからない、という事にでもなったのでしょう。思い切って手術をしたところ、なんと、爪楊枝のような長さ6cmほどの尖った木のカケラが見つかったということです。男性は25年前に胃潰瘍の手術を受けたことがあり、木のカケラはその時、なんらかの理由で体内に取残されたとみられているようですが、レントゲンなんかでもみつからなかったんでしょうかね。

Calendar

April 2019
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
MAZDA