« 2017年1月28日 | トップ | 2017年2月11日 »


[ オンエアリスト ]
2017.02.04 | Saturday
2/4 オンエアリスト

ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ/アデル
ワン・ハート/セリーヌ・ディオン
マイ・アイズ/ブレイク・シェルトン
ザ・ウーマン・ウィズ・ユー/ケニー・チェズニー
アイム・ゴーイン・ダウン/メアリー・J・ブライジ
ライク・ユール・ネヴァー・シー・ミー・アゲイン/アリシア・キーズ
ウィ・メイド・イット(リミックス)feat.西寺郷太/ティト・ジャクソン
リフト・ミー・アップ/ハワード・ジョーンズ
ウェイティング・フォー・ザット・デイ/ジョージ・マイケル
アイム・ライク・ア・バード/ネリー・ファータド

[ KENSHI’S NAVI ]

世界で最も栄えある音楽賞と言われるグラミー賞の授賞式が近付いてきました。ロサンゼルスの現地時間で2月12日(日)に開催されます。今週と来週の2回にわたり主要4部門にスポットをあて、おさらいしてみたいと思います。まずは、「最優秀レコード賞」。アデルの「Hello」は、セールスまた認知度でも頭一つ抜けている、そんな存在です。ビヨンセの「Formation」は、黒人としてのルーツとプライドを歌っています。ルーカス・グラハムの「7 Years」は、泣けるバラード。リアーナの「Work」は、ドレイクをフィーチャーした楽曲です。トゥエンティ・ワン・パイロッツの「Stressed Out」は、2016年の上半期に大ヒットを記録しました。この部門の本命は、アデル。他のアーティストとひと味ちがう仕上がりであるバラードのルーカス・グラハムが面白い存在だと思います。続いては、「最優秀アルバム賞」。世界中で大ヒットしたアデルの「25」ビョンセの「Lemonade」は、非常にバラエティーに富んだ、旬なアーティスト達とコラボレーションした1枚。ジャスティン・ビーバーの「Purpose」は、アイドルからアーティスティックな歌手へと変貌した、そんな気概を感じます。ドレイクの「Views」は、ストリーミングの再生回数で10億回を超えるという記録を打ち立てました。カントリーのスターギル・シンプソンは、過去にインディーズから2枚のアルバムを出していて、今回のアルバム「A Sailor's Guide to Earth」でメジャー・ デビューを果たしました。この部門は、アデルとビョンセの一騎打ちになりそう。そんな予想を個人的にしています。残る主要4部門の2つ「最優秀楽曲賞」と「最優秀新人賞」は、来週のこの時間に取り上げたいと思います。

[ ピックアップアーティスト ]

今週のドライビング・ミュージックは、あのジャクソン5、そしてジャクソンズのメンバーで、マイケル・ジャクソンの兄「ティト・ジャクソン」の作品をピックアップ。昨年末、全世界に先駆けて、アルバム「TITO TIME(ティト・タイム)」をリリース。このアルバム「ティト・タイム」は、ジャクソン5のメンバーとして1966年にプロとして演奏を始めた彼が、キャリア50年目にして、初めて放つソロ・デビュー・アルバムになります。因みにこのリリースは、ジャクソン兄妹の中9番目、兄弟最後の新作発表になります。63歳でのソロ・デビュー作です。「ティト・タイム」には、マイアミ・ソウルを代表する歌姫ベティ・ライト、自身の愛息子3兄弟によるヴォーカル・グループ、3T(スリー・ティー)らがゲスト参加していて、ティトが愛するブルースやソウル、ファンク、ブラック・コンテンポラリーといった往年のテイストをモダンな感覚でブレンドした上質のR&Bアルバムであると同時に、極上のポップ作品に仕上がっています。

[ 気になる世界のあれこれ ]

イギリス・北アイルランドにある、ベルファストの街であったお話です。一軒の飲食店に、インターネットを通じて、女性からピザの注文が入りました。この飲食店では食事の宅配も行っていて、インターネットで注文をする際、何かあれば書込みができるよう、コメント欄を設けているのですが、ピザを注文した女性は、コメント欄に、「薬を持って来て下さい。お願いです。風邪で死んでしまいそう。」と書き込み、つらい病状を訴えていました。飲食店は、女性の求めに応じてピザと風邪薬を届け、風邪が治った事を教えてくれたら無料で食事を提供すると約束したそうです。そんな飲食店に対し、女性は「あなた方は天使です」と、深く感謝したと云う事です。"イイネ。"

Calendar

February 2017
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
MAZDA