« 2018年3月31日 | トップ | 2018年4月14日 »


[ 気になる世界のあれこれ ]
2018.04.07 | Saturday
ワラビーちゃん。

オーストラリア南西部には、クアッカワラビーという、カンガルー科の動物がいます。まさにワラビーの一種で、体長は40~50センチ、ちょっとみると、ネズミにも似ていて、可愛いらしくて、人なつっこい事でも知られています。先日、オーストラリア西部、パース沖にある島で、サイクリングを楽しんでいた女性が、自転車を降りて休んでいると、一匹のクアッカワラビーが彼女の自転車に近付き、そのペダルを嘗め始めました。よほど気に入ったらしく、目を閉じて脚でペダルを押さえ、もう、嘗めるのに無我夢中。女性も、「靴に残った木の実の味がしたのかしら」と、その様子に驚きながらも、クアッカワラビーを嘗めるように見ていたようです。

[ ピックアップアーティスト ]

今週のドライビング・ミュージックは、「スティング」をピックアップ。先日、新曲「ドント・メイク・ミー・ウェイト」がリリースされました。何と、レゲエ・アーティストのシャギーとのコラボで、スティングには珍しいカリビアン風に仕上がっています。この曲は今月リリース予定のアルバムに収録予定だとか。シャギーは何度もグラミー賞を受賞している代表的なレゲエ・アーティストで、ここ日本でも「エンジェル」や「イット・ワズント・ミー」などの大ヒット・シングルで広く知られています。スティングとシャギーのコラボのきっかけは、スティングのマネージャーでありプロデューサー、そして以前シャギーのA&Rエグゼクティヴを務めた事もある「マーティン・キーゼンバウム」。スティングはシャギーの制作中の新曲を聴き、一緒にスタジオに入る事になったとか。まずは1曲だけレコーディングする予定だったそうですが、この2人からはリズム、歌詞、メロディが次々と溢れ出てきて、結果としてさらに多くの新曲が生まれたとのことです。スタジオにはジャマイカとニューヨークのミュージシャンが参加。ロビー・シェイクスピア(スライ&ロビー)や、スティングの長きに亘るギタリスト「ドミニク・ミラー」もいたそうです。

[ KENSHI’S NAVI ]

昨日から、フランス語で「エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル」を意味するFISE(フィセ)の大会が広島市民球場跡地で開催されています。それが、「FISE WORLD SERIES Hiroshima 2018」です。種目として、BMX、スケートボード、ボルダリング、ブレイクダンス等があります。速さや高さを競いながら、派手なパフォーマンスを目の当たりにするチャンスです。その他、音楽ライブもありますがこちらは別途チケットが必要です。気を付けて頂きたいのが、FISE Hiroshima 2018は入場無料ですが、後夜祭やライブイベントには別途有料のチケットが必要です。また、中学生以上(13歳以上)の方の入場には登録が必要となります。公式サイトで事前の登録が出来るので、その準備を済ませてお出掛け下さい。当日の登録は、混雑が予想されます。広島牛や牡蠣を使ったフードに広島のレモンを使ったレモネードと地元ならではのメニューも揃っています。グルメ片手にスポーツ観戦なんて楽しみ方も出来ますよ。「スポーツ×ミュージック×グルメ」の3つのエンタテインメントを融合したフェスティバル「FISE WORLD SERIES Hiroshima 2018」で新しい体験はいかがでしょうか?明日まで広島市民球場跡地で開催されていますので、お時間ある方は是非どうぞ!

[ オンエアリスト ]

タイアード・オブ・ビーイング・ソーリー/エンリケ・イグレシアス
ホエン・アイ・ドリーム・アット・ナイト/マーク・アンソニー
エヴリバディ・ウォンツ・トゥ・ゴー・トゥ・ヘヴン/ケニー・チェズニー
ラヴィン・ユー・オン・マイ・マインド/ジョシュ・ターナー
メイビー/ジェイ・ショーン
イフ・イッツ・ラヴィン・ザット・ユー・ウォント/リアーナ
ドント・メイク・ミー・ウェイト/スティング&シャギー
チェインズ/ティナ・アリーナ
イフ・オンリー/KTタンストール
フィールズ・ライク・ヘヴン/ピーター・セテラ

Calendar

April 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
MAZDA