2016年6月アーカイブ

放送
2016年6月28日 11:00

「レクイエム イン ヒロシマ実行委員会」 齊城英樹さん・小林晴美さん

齊城小林さん.JPG

13回目は「レクイエム イン ヒロシマ実行委員会」をご紹介しました。

レクイエム イン ヒロシマは30年前に立ち上がりました。
立ち上げのきっかけは「平和を広島から発信」

演奏者も広島の方々です。
今年のコンサートはイギリスの作曲家ジョン・ラターの
親しみやすい曲をセレクトしました。

「レクイエム イン ヒロシマ」は
2016年7月24日
広島県民文化センターホール
夕方4時30分〜開催。

音楽は楽しいと感じる時は
齊城さん「趣味が音楽と答えるほどで、ほかの事はやらないので、いつも楽しい」
小林さん「合唱の練習を重ねていくうちに、フッと綺麗なハーモニーを奏でる瞬間、
そして演奏の後のお客様からの拍手をいただいた時」

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:レクイエムより第3曲 ピエ・イェズ
作曲家:ジョン・ラター

放送
2016年6月21日 11:00

指揮者 秋山和慶さん

秋山さん.JPG

12回目は日本を代表する指揮者の秋山和慶さんにお話を伺いました。

 

秋山さんは広島交響楽団の音楽監督であり、常任指揮者でいらっしゃいます。

来年3月末には退任され、「終身名誉指揮」に就任される予定です。

広響とのお付き合いは20年ということもあり、広島の思い入れも強くていらっしゃいます。

 

指揮者になりたい!と思っていた時、偶然か、必然か、運命に導かれるように出逢った小澤征爾、齊藤秀雄さん。

そこから秋山さんの指揮者としての人生がスタートしました。

 

秋山さんが音楽は楽しいと感じるときは

「丁寧に練習を重ねて、オーケストラとも気持ちが通じ、本番で燃える演奏が出来、お客さんも喜んで下さって、オーケストラも終わった時笑顔だった時が楽しい」

そうです。

 

一方で...鉄道・電車・汽車が大好きという一面もお持ちで、相当の'てっちゃん'でいらっしゃるということも分かりました!

現在75歳。ますますのご活躍を楽しみにしております!

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:交響曲第2番  指揮:秋山和慶 演奏:広島交響楽団
作曲家:ラフマニノフ

放送
2016年6月14日 11:00

広島大学付属中・高等学校 管弦楽班 班長 元兼璃子さん

元兼さん.JPG

11回目は広島大学付属中・高等学校 管弦楽班 班長 元兼璃子さんにお話を伺いました。

 

1971年創部の歴史ある広大付属最大規模の部活です。

現在部員が100人もいらっしゃるそうです!!

 

元兼さんが音楽は楽しいと感じるときは

練習してきた成果を発揮する演奏会で後輩たちが一生懸命笑顔で演奏してくれている姿を見るのが楽しいそうです。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:韃靼人の踊り 演奏:広島大学付属中・高等学校 管弦楽班
作曲家:ボロディン

放送
2016年6月 7日 11:00

人の心に平和のとりでを築くコンサート 一大輔さん・野村紀子さん

一野村さん.JPG

 

10回目は、来月行われる「人の心に平和のとりでを築くコンサート」

合唱団パートリーダー 一大輔さんとオーケストラのコンサートミストレス 野村紀子さんにお話を伺いました。

 

このコンサート、指揮に田中裕子、佐藤眞を迎えてモーツァルトの「魔笛」や「大地讃頌」の演奏を予定しています。

2016年7月10日(日) 15時から、場所は広島文化学園HBGホールです。

 

音楽は楽しいと感じる時は

 

一さん「ハーモニーを大切にしたい。そのハーモニーが合った時の高揚感と

その後皆と飲む楽しいお酒でまた一緒に歌いたいねと思える音楽を創りたい」

 

野村さん「家で練習をして、皆さんとリハーサルを重ねて本番に持っていく工程と

本番の緊張感と終わった後の開放感が楽しい」

 

だそうです。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:アヴェ・ヴェルム・コルプス 演奏:広島交響楽団 合唱:東京オペラシンガーズ
作曲家:モーツァルト