2016年11月アーカイブ

放送
2016年11月29日 16:10

安芸区民文化センター館長 石田さん

FullSizeRender.jpgのサムネイル画像

 

35回目は安芸区民文化センター館長の石田さんにお話を伺いました。

安芸区民文化センターは平成13年に開館し、会館以来「あきクラシックコンサート」を実施、今年で170回目を迎えます。

「あきクラ」は若手音楽家に活動の場を提供して、その育成を目的に始まりました。

番組ナビゲーターの坪北さんも、大学3年の時出演しました。

 

あきクラシックコンサート 第170回 「イタリアーナ・聞いてミーナ」

12月17日(土)

安芸区民文化センター・ホール

14時開演。入場は無料

 

あきクラシックコンサート 第171回 「あきクラ・クラリネット祭り」

12月18日(日)

安芸区民文化センター・ホール

14時開演。入場は無料

 

石田館長の音楽は楽しいと感じる時

「コンサートで生の演奏を聴いているとき」

 

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:愛の挨拶
作曲家:エルガー

放送
2016年11月22日 11:00

ピアニスト 萩原麻未さん

hagiwara.jpg


34回目は、ピアニストの萩原麻未さんをお迎えしました。
広島市出身、広島音楽高等学校卒業後、パリ国立高等音楽院へ。
第65回ジュネーブ国際コンクールピアノ部門で、日本人で初めて優勝されました。

最初、親の勧めで始めたピアノですが、練習を練習と思わなくていろんな曲が弾けるようになるのが嬉しかったそうです。
パリでの生活は音楽漬けでしたが、初めての一人暮らしで、生活力も身についた。

 

世界各国で活躍されている萩原さんですが、来月12月3日(土) 広島文化学園HBGホールで

15時から「人の心に平和のとりでを築くコンサート」で、指揮 大野和士さんと共演されます。


音楽は楽しいと感じる時
音楽を通して、人と人との繋がりが広がる事が嬉しい。
自分が演奏をしていなくても、良い音楽に包まれてたら満たされる。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:Allegramente
作曲家:ラベル

放送
2016年11月15日 11:00

原武さん

IMG_5805.JPG

33回目は、元NHK交響楽団副理事であり、元サントリーホール総支配人の原武さんにお話を伺いました。

呉市出身、国立音楽大学声楽家を卒業後NHKに入局。

音楽番組一筋に28年間勤務し、最終的にクラシックの音楽番組部長を務められました。

この間「N響アワー」「名曲アルバム」などを担当されました。

原さん、中学時代まで音楽との関りはなかったのですが、高校の音楽授業で聞いた音楽に感銘を受けて音楽の道へ進まれました。

 

現在は、呉市下蒲刈の蘭島閣ギャラリーコンサートのコーディネートもされています。

今月のギャラリーコンサートは

11月19日(土)、ヴァイオリンにライナー・キュッヒル、ピアノはステファン・シュトロイスニックさんをお迎えして開催されます。

チケットは1500円で無料駐車場もあります。

 

音楽は楽しいと感じる時

家でCDを聴くとき。

コンサートを聞きに行くと、トラブルが起きた時のことを想像してしまい、落ち着いて聞けないそうです。

長年クラシックコンサートの舞台裏をご経験された原さんならではの言葉でした。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:コーレングラート
作曲家:ジュゼッペ・ディ・ステファノ

放送
2016年11月 1日 11:00

広島交響楽団 首席ヴィオラ奏者 安保恵麻さん

安保さん.png

31回目は広島交響楽団 首席ヴィオラ奏者 安保恵麻(あんぼ えま)さんにお話を伺いました。
安保さんは東京藝術大学音楽学部卒業。世界の若手音楽家を育成する国際教育音楽祭PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)では首席奏者も務められました。
ビオラの魅力は、人の声に近い。そして心の声が出やすい楽器ではと思うとおっしゃってました。
指揮者 大野和士さんとの共演コンサートがあります。
12月3日(土) 広島文化学園HBGホール 15:00〜
音楽は楽しいと感じる時は
演奏会で気持ちが高揚して、今日はやりきったなと思えるコンサート、そしてお客さんも盛り上がった場に立ち会えると、自分が音楽家で与える側の人間で良かったなと心から思います。
Step by step
浜崎あゆみ

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:Step by step 歌:浜崎あゆみ
作曲家