2017年1月アーカイブ

放送
2017年1月31日 11:00

ひろしま美術館 ミュージアムコンサート

FullSizeRender.jpg

44回目は、ひろしま美術館 ミュージアムコンサートについてお話を伺いました。

ひろしま美術館では音楽演奏家の方々に発表の場を提供すること、美術館に親しんで頂くことを目的に、毎月第2土曜日14時~から定例のコンサートを実施。

今年で12年目になります。

本物の絵に囲まれて、普段とは違った安らぎの空間で音楽をお楽しみ下さい!

 

今後のコンサート予定

2/11 広岡真紀(フルート)、末永佑美子(クラリネット)、荻原里香(マリンバ)

3/11 MIHO×MIHO 熊谷美保(フルート)、戸梶美穂(ピアノ)

 

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:カルメン幻想曲
作曲家:サラサーテ

放送
2017年1月24日 11:00

声楽家 小畑佳子さん

IMG_6015.JPG

43回目は、声楽家 小畑佳子さんをお迎えしました。
広島音楽高等学校から国立音楽大学声楽家を卒業。二期会オペラスタジオ研究生修了。これまで数々のオペラに出演。現在は、エリザベト音楽大学・広島文化学園大学 学芸学部音楽学科非常勤講師をされています。

ビジュアル系声楽ユニット4匹のこぶた(フィア・シュヴァインヒェン)メンバー。 
広島市新人演奏会、プロミシングコンサートに出演、広島にて8回、ドイツで2回リサイタル開催。オペラでは「魔笛」パミーナ、「フィガロの結婚」伯爵夫人、「秘密の結婚」カロリーナ、「トロヴァトーレ」レオノーラ、「蝶々夫人」蝶々さん、「電話」ルーシー、
「領事」マグダ他、多くのオペラで主役を演じる。特に「ヘンゼルとグレーテル」においては声種の違った母親、グレーテル、魔女の三役を歌われました。

舌が長いので喋りにくいとおっしゃってましたが、オペラで日本語の発音がとても丁寧に歌えることにより、たくさんの方たちにとても日本語がよく分かったと言われたということです!

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:サルビア
作曲家:歌:小畑佳子

放送
2017年1月17日 11:00

ヴァイオリニスト 正戸里佳さん

IMG_5962.JPG

42回目はヴァイオリニストの正戸里佳さんをお迎えしてお送りしました。
広島市出身。桐朋女子高校音楽科3年生の時、「パガニーニ国際バイオリンコンクール」で3位入賞。

パリ国立高等音楽院修士課程を首席で終了し、現在はパリを拠点にヨーロッパや日本で活動されています。
ヴァイオリンを始めたのは3才で、テレビで見て「やりたい!」と思ったそうです。

去年夏、フランスのモンブランで行われた「第1回ドミニク・ペカット国際バイオリン
コンクール」決勝で、審査員満場一致で1位を獲得!
モンブランは標高が高く、呼吸が苦しい場面もありましたが、呼吸を多めに心がけて乗り切ったそうです!

番組収録ではヴァイオリンを持ち込んで、生演奏も披露していただきました。

 

正戸里佳さんが今週末、ひろしま美術館でコンサートを行います。
「正戸里佳 国際コンクール 優勝記念コンサート」
ひろしま美術館本館ホールでお昼2時~3時半。先着100名程度となっています。
コンサートは無料ですが、当日有効の本展入館券が必要です。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:ヴァイオリン ソナタ
作曲家:ラヴェル

放送
2017年1月10日 11:00

サイトウ・キネン・オーケストラ ブラス・アンサンブル 寺本知生さん

FullSizeRender.jpg

41回目は「サイトウ・キネン・オーケストラ ブラス・アンサンブル」
このコンサートに関して寺本知生さんにお話を伺いました。

「サイトウ・キネン・オーケストラ」とは
桐朋学園の創立者であり、生涯日本のクラシック音楽教育に情熱を注いだ齋藤秀雄。
没後10年にあたる1984年、小澤征爾と秋山和慶の呼びかけで、世界各地に羽ばたいていった齋藤の門下生100余名が集まり、盛大なメモリアルコンサートが開催された。その時のオーケストラが基礎になって生まれたのがサイトウ・キネン・オーケストラです。
毎年8・9月に長野県松本市で開かれています。

松本以外では初となるコンサート。
東京、松本、広島、水戸の4ヵ所のみでの開催です。

「サイトウ・キネン・オーケストラ ブラス・アンサンブル」とは、サイトウ・キネン・オーケストラの金管、ティンパニ―&打楽器セクションのプレイヤーを集めたもので、今年(2017年)1月から始動。今年25回目を迎えたフェスティバルの名を全国に広めるべく、'夏の松本'でしかしてこなかったコンサートを全国4ヵ所で開催します。

 

「サイトウ・キネン・オーケストラ ブラス・アンサンブル」
1月21日(土) お昼2時~

エリザベト音楽大学 セシリアホール

 

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:ホルン協奏曲第1番
作曲家:モーツアルト

放送
2017年1月 3日 11:00

「笙」の演奏家 大津典子さん

IMG_5952.JPG

40回目は雅楽 「笙」の演奏家 大津典子さんをご紹介しました。

広島女学院高校から国立音楽大学教育音楽科へ。卒業後は2年間限定で幼稚園教諭もされたことがあるようで、人のつながりで笙の知り、笙の宇宙観に魅せられ演奏家になられたそうです。

 

大津さんはお医者さんになりたいと思われたこともあるということですが、病院で笙の演奏をした時に元気を与える事が出来たので、音楽家とある意味共通点があると思っていらっしゃるそうです。


音楽が楽しいと感じる時

楽しい事はない。でも聞いてもらって喜んでもらえた時、ということです。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:ゆうやけこやけ
作曲家:演奏:大津典子